初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ランサーエボリューション歴代モデル(ランエボ10など)の歴史と現在の評価は?【日本の名車】

ランサーエボリューションといえば、2016年4月まで生産が終了となった三菱の自動車です。ランエボの愛称で長らく親しまれてきました。1992年にデビューし、24年の歴史の中にいったいどんな歴史があるのでしょうか?今回は、本記事でその歴史と、現在の評価に至るまでを洗いざらいまとめてみました!

ランサーエボリューションってどんな車?

三菱 ランサーエボリューション

©Shutterstock.com/ Ed Aldridge

ランサーエボリューションは、かつて三菱自動車より販売されていた乗用車の名称です。

2015年に、突如生産が終了となり、最終モデルとしてランサーエボリューションファイナルエディションが発表されましたが、1000台限定ながらわずか2週間で完売してしまいました。

ファンを中心に、絶大な人気を誇っていた、ハイパワーで強靭なスポーツカーとして、今もその伝説は語り継がれています。

わずか24年の歴史の中で10代目までマイナーチェンジ、フルモデルチェンジを繰り返し、ファンにはランエボという通称で親しまれていました。

日本国内外で、生産が終了した今もなお高い人気を誇り、車両盗難遭遇率が極めて高いことでも有名です。

そんな、ランサーエボリューションの歴史を紐解いてみましょう。

三菱の歴史についてはこちら

ランサーエボリューションI 第1世代(CD9A/CE9A)

ランサーエボリューションI 第1世代(CD9A/CE9A)

元々、ランサーエボリューションはシリーズ化を想定されていたわけではありませんでした。

エボリューションというのは、英語で「進化」を意味しています。

当時、三菱から販売されていたギャランのターボエンジンを、ランサーに移植した進化版ということですね。

三菱社内においては、FIAのホモロゲーション取得のため間に合わせで開発されたという背景があったため、TVCMや店頭での告知は一切なく、2500台限定という消極的な販売ながらも、そのゲリラ的な販売方法から逆に人気となり、一瞬で完売したといいます。

追加の声を受け、再販を繰り返し、最終的には当初の3倍の台数を販売してしまいました。

小型セダンにハイパワーエンジンを搭載した、すさまじい車ということで、ランサーの歴史はロケットスタートを切ることになったのです。

ランサーエボリューション Iのスペック

販売期間:1992年9月~
乗車定員:5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4G63型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD
最高出力:250PS/6,000rpm
最大トルク:31.5kg-m/3,000rpm
変速機:5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,310mm
全幅:1,695mm
全高:1,395mm
ホイールベース:2,500mm
車両重量:GSR:1,240kg/RS:1,170kg

ランサーエボリューションII

ランサーエボリューションII

限定生産されたにも関わらず、追加販売で売れ過ぎた初代から、正式にシリーズ化され販売された、ランサーエボリューションIIですが、2代目も限定販売されました。

ちなみに2代目からは、フルモデルチェンジごとのナンバリングはローマ数字で表記されています。

前モデルの問題点を改善し、ボディ剛性の向上と走行性能の飛躍的な向上を見せながらも、しばらくシリーズ内で続くブレーキやタイヤの容量の不足と、タイヤのグリップの持続性などの問題と、長きにわたり向き合っていく羽目になっていくのです。

ランサーエボリューションIIのスペック

販売期間:1994年1月~
乗車定員:5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4G63型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD
最高出力:260PS/6,000rpm
最大トルク:31.5kg-m/3,000rpm
変速機:5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,310mm
全幅:1,695mm
全高:1,420mm
ホイールベース:2,510mm
車両重量:GSR:1,250kg/RS:1,180kg

ランサーエボリューションIII

ランサーエボリューションIII

1995年に販売された、エボIIIことランサーエボリューションIII。
2代目ですでに完成された基本構造にプラスし、エンジンの冷却性能や空力性能の向上を目的に開発されました。

こちらのモデルで初めて、販売台数は1万台を突破しています。
時代がまだバブルの影響が残っていた時期だったこともありますが、自動車という高額商品で1万台というのは半端ではありません。

このエボIIIでは大幅に開口部を拡大し、大きなウイングを装備するなど、先代、先々代と比べ外装のビジュアルも大幅に変更されています。

しかし、大幅な出力向上の為に、少し過給圧を上昇させるだけでもトラブルが発生しやすくなるなど、課題の残るフルモデルチェンジとなってしまった事は三菱自動車としても否めませんでした。

ランサーエボリューションIIIのスペック

販売期間:1995年1月~
乗車定員5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4G63型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD
最高出力:270PS/6,250rpm
最大トルク:31.5kg-m/3,000rpm
変速機:5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,310mm
全幅:1,695mm
全高:1,420mm
ホイールベース:2,510mm
車両重量:GSR:1,260kg/RS:1,190kg

ここまでが、ランサーエボリューション第1世代と言われています。

続いて、第2世代に時代の移り変わりと共にランサーエボリューションも進化を遂げます。

ランサーエボリューションIV 第2世代(CN9A/CP9A)

ランサーエボリューションIV 第2世代(CN9A/CP9A)

1996年8月に発表された、ランサーエボリューションIV。
ベースモデルのランサーがフルモデルチェンジを果たしたことを受け、シリーズ始まって以来、初のフルモデルチェンジを果たしました。

それまでのシリーズ同様、限定販売で発表されています。

特筆すべき点とすれば、当時の日本車には最高出力を280馬力以上にしないという暗黙の規制があったにも関わらず、それをしれっと達成してしまった事で、これまで以上にプレミアムな車になった点です。

III以前のシリーズと大きな変更点といえば、エンジンの搭載方向を左右反転することで、駆動ロスを激減し、全く違う乗り心地となった事で、当時のファンは度肝を抜かれるほどに旋回性能を向上させています。

しかし、歴代最高の販売台数をマークしながらもランエボIVの旋回性能を上げたシステムは、まだまだ発展途上だったため、異音が発生するなど様々なトラブルが発生し、やはりそれまでのシリーズ同様、次なる課題となって、歴史はVへと続くことになるのです。

ランサーエボリューションIVのスペック

販売期間:1996年8月~
乗車定員:5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4G63型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD
最高出力:280PS/6,500rpm
最大トルク:36.0kg-m/3,000rpm
変速機:5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,330mm
全幅:1,690mm
全高:1,415mm
ホイールベース:2,510mm
車両重量:GSR:1,350kg/RS:1,260kg

ランサーエボリューションV

ランサーエボリューションV

1998年1月に登場した、ランエボV。

今回のシリーズでついに、それまでのシリーズの不安要素だった、ブレーキやタイヤ容量の不足を解消すべく、3ナンバーサイズとなる車幅1,770mmのワイドボディを初めて採用したことで制動力・走行性能・旋回性能などが大幅に改善されました。

凄まじい走行安定性を保ちながら最高出力280PSということで、当時の国産車の中では加速力と走行安定性と共に大変な評価を集めたといいます。

評価だけでなく、ランエボVはその性能をレースでもいかんなく発揮し、好成績を収めつつも、わずか1年後にマイナーチェンジが施され、VIへと移行していきます。

ランサーエボリューションVのスペック

販売期間:1998年1月~
乗車定員:5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4G63型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD
最高出力:280PS/6,500rpm
最大トルク:38.0kg-m/3,000rpm
変速機:5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,350mm
全幅:1,770mm
全高:1,415mm
ホイールベース:2,510mm
車両重量:GSR:1,360kg/RS:1,260kg

スポーツカーが好きな方・検討中の方はこちらも必見

最新の国産スポーツカーについてはこちら

ランサーエボリューションVI

ランサーエボリューションVI

抜群の性能で好評を博したVからわずか1年、空気抵抗と冷却性能を強化し、フロントリフトを改善したランサーエボリューションVIが発表されました。

しかし、ユーザーの声に影響され過ぎたせいで、レースでは前ナンバリングシリーズのVに勝つことが出来ず、一部のファンの間では「退化した」との声もあったようです。

2000年1月には、トミ・マキネンエディションという限定版がリリースされています。

こちらは、当時破竹の勢いを見せていたトミ・マキネン選手の4年連続ドライバーズ・チャンピオン獲得を記念して、同選手の名前を冠した特別仕様車でした。

制作者である三菱が工夫に工夫を重ね、シリーズが変革していったことがよく解る一台です。

ランサーエボリューションVIのスペック

販売期間:1999年1月~
乗車定員:5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4G63型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD
最高出力:280PS/6,500rpm
最大トルク:38.0kg-m/3,000rpm
変速機:5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,350mm
全幅:1,770mm
全高:1,415mm
ホイールベース:2,510mm
車両重量:GSR:1,360kg/RS:1,260kg

ランサーエボリューションVII 第3世代(セダン:CT9A/ワゴン:CT9W)

ランサーエボリューションVII 第3世代(セダン:CT9A/ワゴン:CT9W)

ここからは、俗にランエボの第3世代と呼ばれるモデルに突入していきます。

それまで外装、ビジュアルにも拘ってきたランエボシリーズですが、ここにきてベースモデルの外装が大人しめになった事に習い、こじんまりとした外観となっています。

とはいえ、印象がこじんまりとしただけで、むしろ歴代のシリーズと比べるとボディの大きさ自体は大型化しています。

また、シリーズ初となるAT車もラインナップされ、手に取りやすくなったのもこの第3世代からといえるでしょう。

様々な改善点がありながらも、VIより安価になった為、ファンからはバーゲンプライスだと評価されたといいます。

ランサーエボリューションVIIのスペック

販売期間:2001年2月~
乗車定員:5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4G63型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD
最高出力:280PS/6,500rpm
最大トルク:39.0kg-m/3,500rpm
変速機:5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,455mm
全幅:1,770mm
全高:1,450mm
ホイールベース:2,625mm
車両重量:GSR:1,400kg/RS:1,320kg

ランサーエボリューションVIII

ランサーエボリューションVIII

ランエボシリーズにしては、随分と間が空き、およそ2年ぶりのマイナーチェンジがなされ、発表となったランサーエボリューションVIII。

MTが5速から6速になったり、アルミルーフを量産者として初めて導入したりと、さまざまな実験をされたのも、VIIIの大きな特徴です。

また、このVIIIから国内を飛び出し、国外への輸出が正式に開始されました。

しかし、世界に飛び出したと同時に、年々増加傾向にあった盗難対策として、イモビライザーというキーの照合システムが本格的に搭載されました。

ランサーエボリューションVIIIのスペック

販売期間:2003年1月~
乗車定員:5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4G63型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD
最高出力:280PS/6,500rpm
最大トルク:40.0kg-m/3,500rpm
変速機:6速MT/5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,455mm
全幅:1,770mm
全高:1,450mm
ホイールベース:2,625mm
車両重量:
・GSR:1,410kg
・RS[6MT]:1,350kg
・RS[5MT]:1,320kg

ランサーエボリューションIX

ランサーエボリューションIX

2005年3月に発表された、ランサーエボリューションIX。

従来のアルミニウム合金ではなくマグネシウム合金にコンプレッサーホイールを変更することで、最大トルクの発生回転数が下がった事で、逆に性能同士ががっちりとはまり、高回転域でのレスポンスが向上しました。

ランエボIXでは、エンジン性能向上に欠かせない連続可変バルブタイミング機構「MIVEC」といったシステムを採用するなど、それまでと変わらず三菱自動車としては実験的な挑戦もされています。

また、IXでは歴代で初めてワゴンモデルも採用されています。

ランサーエボリューション ワゴン

一般的に、ワゴン車はボディ剛性面で劣るとされていますが、エボワゴンは十分な剛性をもって設計されており、ラゲッジスペースに12Vのアクセサリーソケットを装備されていたりと、走行性能に関わる装備以外も充実したモデルとなっていました。

また、IXをベースに改造された電気自動車「ランサーエボリューションMIEV」も発表され、今も尚実験段階であるとされています。

ランサーエボリューションIXのスペック

販売期間:2005年3月~
乗車定員:5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4G63型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD
最高出力:280PS/6,500rpm
最大トルク:
・GSR:40.8kg-m/3,000rpm
・GT/RS:41.5kg-m/3,000rpm
変速機:6速MT/5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,455mm
全幅:1,770mm
全高:1,450mm
ホイールベース:2,625mm
車両重量:
・GSR:1,410kg
・GT:1,390kg
・RS[6MT]:1,360kg
・RS[5MT]:1,320kg

ランサーエボリューションX 第4世代(CZ4A)

ランサーエボリューションX 第4世代(CZ4A)

この、第4世代でもあり、シリーズ10作目という節目で、ランサーエボリューションはその歴史に幕を閉じます。

2005年の東京モーターショーで原型となるコンセプトカーが発表され、更にその2年後に「Prototype-X」として展示された車を量販用に改良され、市販されたのがこのXでした。

第3世代までのランエボとは一線を画すほどにありとあらゆる面での性能向上が施され、およそ年に1度のマイナーチェンジを繰り返しながらも徐々に在庫のみの販売となり、5MTが2015年8月まで生産されました。

そして、冒頭でも触れたランサーエボリューション ファイナルエディションの発表がされたのです。

8年もの間、ナンバリングシリーズを更新することなくマイナーチェンジを繰り返し、ファンは当然XIへと続くものと思っていたでしょうが、三菱の会社の事情と、ファンのニーズ多様化の問題など様々な点から、開発が困難となったのがランエボ終焉の直接的な原因でした。

ランサーエボリューションXのスペック

販売期間:2007年10月 - 2016年4月
乗車定員:5人
ボディタイプ:4ドア セダン
エンジン:4B11型:2.0L 直4ターボ
駆動方式:4WD(S-AWC)
最高出力:
・MC前:280PS/6500rpm
・MC後:300PS/6500rpm
最大トルク:
・MC前:43.0kg-m/3500rpm
・MC後:43.0kg-m/3500rpm
変速機:6速DCT(ツインクラッチSST)/5速MT
サスペンション:
・前:マクファーソンストラット式
・後:マルチリンク式
全長:4,495mm
全幅:1,810mm
全高:1,480mm
ホイールベース:2,650mm
車両重量:
・GSR[TC-SST]:1,540kg~1,600kg
・GSR[5MT]:1,520kg~1,580kg
・RS:1,420kg

現在のランサーエボリューションの中古車価格は?

ランエボ中古は高額なものがほとんど


中古車情報
システムメンテナンス中


現在、ランサーエボリューションは中古車市場でも400~500万円台のものが多く、やはりほとんどのシリーズが限定販売されているので、プレミアがついているものがほとんどといえるでしょう。

しかし、中にはほとんど距離も走っていないものがあったり、コレクターが購入したと思われるものもあったりするので、もしお金に余裕があるなら、購入を検討してもいいかもしれません。

ランサーエボリューションの現在の評価は?

現在でも、国内ラリーでは現役で活躍しており、2014年の全日本ラリーを始めとした主なタイトルでもランエボが大活躍し、チャンピオンを獲得しています。

三菱自動車の技術は、変革しながらも、とりあえずこのシリーズで実験しようと言わんばかりにランエボに投入されており、まだランエボの正式な後継車は決まっていないといいます。

エボVIII以降は世紀に輸出が行われたこともあり、今もレース関係者を中心になくてはならないブランドとなっているのです。

ブランドとして、地位が確立された三菱のランエボは、現在でも評価の非常に高い車といえます。
生産が終了してしまった現在でも、十分すぎるほどの結果を残しているランエボの評価が低いはずはありません。

先ほどご紹介した、中古車価格が非常に高いのも評価の高さの裏付けと言えるでしょう。

新型三菱グランドランサーが台湾で発売!ランエボ復活の可能性は?

自社開発の終了が発表されてたランサーですが、2017年に台湾で新型グランドランサーが発売されました。
これまでのモデルと比べると多くの改善点が施されており、台湾をはじめとした世界中のファンを沸かせています。
そんな中でランサーエボリューションが復活するか否かは気になる点だと思われます。
現時点では三菱の利益的な面を考えても復活は見込めない状況ですが、今後に期待したいですね。

新型ランサーとランエボ復活については以下の記事をどうぞ

「ランサーエボリューション」は今でも愛される日本の名車!

国産スポーツカーの代表格

三菱 ランサーエボリューション

©iStockphoto.com/ 4X-image

日本の名車・ランサーエボリューションの歴史を紐解いてみましたが、いかがでしたか?

三菱自動車の技術と、国産スポーツカーのすべてが詰まっていたといっても過言ではないスペックのランエボ。

本記事を読むことで、あなたがランサーエボリューションに少しでも興味を持って頂けたら幸いです。

三菱自動車のセダンランキングについてはこちら

ランサーエボリューションと並ぶ日本のスポーツカーの歴史についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社