MOBY

【CX-5で車中泊するならこれを読め】おすすめグッズ・マットやカーテンまとめ

マツダの人気クロスオーバーSUV、CX-5。2017年の2月にフルモデルチェンジを予定しているCX-5で、車中泊を楽しむ事は可能なのでしょうか。CX-5のスペックや評価、内装の広さが車中泊に適しているかどうか、また、CX-5で車中泊を楽しむ際のおすすめグッズなどをご紹介します。

マツダのCX-5ってどんな車?車中泊にも向いてる?

マツダ CX-5 SKYACTIV-D

CX-5はマツダから販売されているクロスオーバーSUVです。
マツダがゼロから設計を見直した新技術、スカイアクティブテクノロジーを全面採用した最初の車で、2012年に初代モデルが発売されました。

2017年2月2日、新型CX-5となってフルモデルチェンジしたことで話題になっています。マツダが得意とするクリーンディーゼルエンジンの搭載車もラインナップされており、非常に高い人気を獲得しています。

このCX-5、車中泊を楽しむにも適している!?

新型CX-5に関する最新情報!

新型CX-5の紹介動画

マツダ・CX-5のスペック

マツダ CX-5 新型 2016年 内装

【SKYACTIV-G 2.5】
2.5L 直列4気筒DOHCターボエンジン
最高出力 230ps/5000rpm
最大トルク 43.0kgf.m/2000rpm

【SKYACTIV-G 2.0】
2.0L 直列4気筒DOHCエンジン
最高出力 155ps/6000rpm
最大トルク 20.0kgf.m/4000rpm

【SKYACTIV-D 2.2】
2.2L直列4気筒ディーゼルエンジン
最高出力 175ps/4500rpm
最大トルク42.8kgf.m/2000rpm
SKYACTIV-Dには、ディーゼルエンジン特有の発進時に起こる騒音を抑える装置が搭載されています。

駆動方式 FF/4WD
トランスミッション 6速AT

マツダ・CX-5の内装

マツダ 新型 CX-5 2017年 シートアレンジ

マツダ 新型 CX-5 2017年 シートアレンジ

車中泊をするにあたって気になるのは車内の広さです。

新型CX-5の室内長は1890mm、室内幅が1540mm、室内高が1265mmとなっています。さらに、シートアレンジで後部座席を倒すと、ラゲージスペースと合わせて広い空間を創り出す事ができます。

これだけのスペースがあれば、よほど身長の高い方でなければ大人二人が眠るスペースは確保できると言っていいでしょう。

ただし、座席の段差がありますので、そのままでは快適に眠るには厳しいかと思います。

そのため、車中泊用のマットなどを準備しておきたいところです。

マツダ・CX-5で車中泊を楽しむ際に揃えておきたいグッズ

マツダ・CX-5は車中泊を楽しめる広さを備えていますが、快適に車中泊を楽しむにはそれなりに準備をしておきたいところです。

座席の段差を気にならなくするマットや、外光を遮るカーテン類、電気製品を使えるインバーターなどなど、車中泊を楽しむためのグッズを揃えて快適に楽しみましょう。

車中泊におすすめのグッズ①車中泊用マット

車中泊専用マット オンリースタイル

出典:http://amzn.to/

シートアレンジでフルフラットにしても、座席の段差などが完全にはなくならないため、長時間横になるには辛いもの。
車中泊の際は、段差を解消してくれるマットレスを用意しておきましょう。

画像のマットレスは車中泊専用に開発されたもので、厚み10cmのウレタンフォームが段差を解消してくれます。
適度な硬さと厚みが快適な寝心地を実現します。

使わない時は収納袋に畳んで入れておくことも可能。

amazon価格は2017年1月現在で18783円より。

この商品の購入はこちら!

ユーザーレビューより引用

後部座席をフラットにした際にできる段差は、10センチもある厚みのおかげでほとんど気になりませんでした。折りたたんで収納袋に入れる際、空気を出し切れていないためか、一度でなかなか入りませんでした。コツがいるかも。

出典:http://amzn.to/

厚みは十分でフカフカ♪
まるで家のベッドで寝ているかのような安心感♪空気調整で弾力の調整も可能です。素材のレベルも高いです。

出典:http://amzn.to/

車中泊マットに関連する記事!

車中泊におすすめのグッズ②サンシェード

CX-5 サンシェード

出典:http://amzn.to/

今回ご紹介する商品は前モデルに適合している商品です。2017年2月2日に発売開始された新型CX-5には適合しない可能性がございますのでご注意ください。

車中泊をする際は外からの光や視線が気になるかと思います。
快眠を妨げないためにも、カーテンやサンシェードなどがあると便利です。

リヤ用とフロント用で分かれている商品もありますが、これは一台分フルセットなのでお手軽です。吸盤で装着できるので取り付け、取り外しも簡単です。

amazonでの価格は2017年1月現在で7800円です。

この商品の購入はこちら!

車中泊におすすめのグッズ③インバーター

PORTEC カーインバーター

出典:http://amzn.to/

車の中でノートパソコンやDVDプレイヤーなどの家電を使うために、車のDC電源をAC電源に変換してくれるインバーターがあると便利です。
スマホの充電をする際も、シガーソケットから充電するよりも早く充電する事ができます。

車用のインバーターは定格出力が150Wのものが多いですが、画像のインバーターは300Wまで使用可能。
万が一ヒューズが飛んでしまっても、外付けなので簡単にヒューズ交換が行えます。

日本のメーカー品で一年保証もあり、日本語の取り扱い説明書もあるので安心です。
2017年最新モデルで、価格のリーズナブルさも魅力です。

【2017年モデル】【日本メーカー1年保証】【日本語取扱説明書】出力:ACコンセント 2口、USB2.4A 2ポート、定格出力:300W、最大出力:350W、瞬間最大出力:600W

入力電圧:DC12V(動作範囲11~14V)
AC出力:AC100V x 2口 55Hz (50Hz/60Hz表示機器使用可能)
USB出力:DC5V/2.4A x 2口
定格出力:300W
出力波形:短形波
交換効率:90%以上
ヒューズ:40A
サイズ:129×77×46mm
質量:436g(本体ケーブルを含む)
本体素材:アルミ
本体シガーソケット接続ケーブル:約80cm

amazon価格は2017年1月現在で2950円から。

この商品の購入はこちら!

インバーターに関する記事

車中泊におすすめのグッズ④アタッシュテーブル

アタッシュテーブル

出典:http://amzn.to/

車中泊をする際に、車内で食事を楽しむ事もあるかと思います。
後部座席で使えるアタッシュテーブルがあれば、ちょっとした食事や飲み物を置くのに便利です。

折りたたみ式のドリンクホルダーも備わっているので、うっかりこぼす事もなく安心です。
リーズナブルな価格も魅力。

amazon価格は2017年1月現在で1280円から。

ユーザーレビューより引用

子供達が 早速使ってます 届いたその日から(((o(*゚▽゚*)o)))簡単に取り付けられるし 結構安定してるので オススメですが シートは あまり後ろに倒さないのが いいです

出典:http://amzn.to/

この商品の購入はこちら!

車中泊におすすめのグッズ⑤シートヒーター

車用 シートヒーター

出典:http://amzn.to/

寒い日にアウトドアレジャーを楽しむ際は、目的地にたどり着くまでの道中に体が冷えてしまう事もあるかと思います。
また、エアコンをかけずにとりあえず温まりたい、といった時などにも、シートヒーターがあると便利です。

画像のシートヒーターはDC12Vのシガーソケットに差し込むだけで手軽に使えます。
手頃な価格で購入できる点も魅力です。

amazon価格は2017年1月現在で2200円から。

ユーザーレビューより引用

愛車は10年以上でエアコンの効きも悪く冬の通勤は凍えてました。こちらを購入してから、すぐにあたたまるし、車のエアコン使ってません。何より、腰回りが冷えずに通勤できるのはこんなに快適かと感動。簡単そうな留め具とかも付いてますが面倒なので私はそのまま据え置き(笑)座りごこちも何も不自由してません。来年までもつのかは不明ですが安いし一冬越してくれれば十分と思えます。もっと早く出会いたかった!!

出典:http://amzn.to/

この商品の購入はこちら!

シートヒーターに関する記事

車中泊グッズを揃えてマツダ・CX-5で快適な車中泊を楽しもう!

マツダ・CX-5で車中泊を楽しむためのグッズを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

マツダのCX-5は2017年の2月にフルモデルチェンジした事もあり、購入を検討されている方もいらっしゃるかと思います。

新型も車中泊を楽しめる広さを持った車ですので、車中泊グッズを揃えて快適な車中泊をお楽しみください。

新型CX-5に関連する記事!

車中泊に関するおすすめ記事!

人気SUVに関する記事!