初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

タイヤエアゲージのおすすめ人気ランキングTOP10|使い方は結構簡単?

皆さんはタイヤの空気圧点検をしっかり行っていますか?タイヤの空気圧をチェックするには、タイヤエアゲージという道具が必要になるのですが、種類が多いのでどれを選んだらいいか分からないという方や、そもそも使い方が分からないという方もいるはずです。本記事では、タイヤエアゲージの使い方やおすすめの人気商品ランキングTOP10を紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

タイヤエアゲージとは?

タイヤ空気圧 チェック

皆さんは普段からタイヤの空気圧チェックをしていますか?
タイヤの空気圧は適正値でないと、燃費性能や走行性能の低下を引き起こし、パンクやバーストのリスクまで増大させてしまいます。

最悪の場合、重大な交通事故を引き起こす可能性まであるので、タイヤの空気圧チェックは一ヶ月に一回は必ず行うようにしましょう。

そして、そんなタイヤの空気圧を確認するには、タイヤエアゲージ(タイヤゲージ)という専用の道具が必要になります。

本記事では、タイヤエアゲージのおすすめ人気ランキングTOP10を紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

タイヤのパンク・バーストに関する情報はこちらの記事

タイヤエアゲージの使い方

タイヤエアゲージの使い方は非常に簡単です。

タイヤのエアバルブキャップを取り外し、タイヤエアゲージのノズルの先端(エアチャック)を空気が漏れないようにタイヤのバルブに押し付けます。

そして、メーターに表示された空気圧を読み取るだけです。

実際の点検方法は上の動画で確認することができるので、参考にしてみて下さい。

タイヤの空気圧点検についてはこちら!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第10位】

デイトナ(DAYTONA) 小型タイヤエアゲージ

■Amazon価格:1,620円(2017年1月現在)

■仕様
測定可能単位:kPa、psi
測定可能範囲:0~400kPa/0~60psi
メーターパネル径:φ50

工具箱の中でかさばらない、シンプルな小型タイヤエアゲージです。

本体はラバーで覆われており、ツーリング中に落としたとしても衝撃から保護してくれます。
測定値の誤差も少ないので、日常点検にはこれさえあれば十分でしょう。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

今まで10数年使っていたエアゲージが大分くたびれてきて、測定値が信用できなくなったので、新規購入しました。
数回、の測定値の誤差も少なく(ほぼ同じ)安心できる製品でした。

出典:https://www.amazon.co.jp/

とても良いです。エアー抜きも出来るし、手のひらサイズなので軽いし。本体はゴムで覆われています。万が一落としてもゴムがクッションになって、ダメージは少ないと思われます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第9位】

ミシュランMN-4203デジタルタイヤゲージ&トレッドデプスゲージ

■Amazon価格:2,990円(2017年1月現在)

■仕様
空気圧測定可能単位:PSI、BAR、Kpa、kg/c㎡
空気圧測定可能範囲:40~680kpa
トレッド測定可能単位:mm、inch
トレッド測定可能範囲:0~15 mm (0~19/32inch)

世界大手のタイヤメーカー、ミシュラン製のタイヤエアゲージです。

この製品一つで空気圧からトレッド(タイヤの溝)の深さまで測ることができます。
大きなデジタルディスプレイで測定値も見やすく、測定単位の変更も可能です。

日常点検でタイヤのトレッド深さと空気圧を測っていれば、タイヤの使用限界が近づいていることにすぐ気付くことができるでしょう。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

クルマのエアチェックの為に購入しました
使い方はバルブに当てるだけで操作は簡単、エアの数値も見やすく、タイヤ溝の残量も確認できる為、安心して運転できます

出典:https://www.amazon.co.jp/

片手にすっぽりと納まるコンパクトさなので、なにかと手狭なバイクのエア圧確認にはもってこいだと感じました。計測単位もBar(バール)、KPa(キロパスカル)、kg/cm2、Psiで切り替えることが出来るのでよっぽど特殊な場合でないかぎりどんなメーカの製品にも対応するはずです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第8位】

Lantoo 車用 デジタルゲージ ナイト付き 多機能 緊急脱出ハンマー シートベルトカッター付き

■Amazon価格:1,288円(2017年1月現在)

■仕様
測定可能単位:PSI、BAR、Kpa、kg/c㎡
測定可能範囲:2~150PSI
測定誤差:±1PSI
サイ ズ:162mm*30mm*65mm
材質:ABS+ステンレス鋼
重さ:120g

こちらのタイヤエアゲージには、デジタル式の空気圧測定機能の他に、シートベルトカッターやガラスハンマー、赤色非常灯、LED懐中電灯といった非常時に役立つ機能が付いてきます。

多機能でありながら価格も安いので、愛車のダッシュボードにでも入れていおけば、点検時以外にも様々な場面で活躍するでしょう。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

機能としては、
・空気圧チェッカー
・照明及び非常灯
・ガラスハンマー
・シートベルトカッター
となりますが、空気圧チェッカー、照明以外は実際に使用したわけではありませんが、
もしもの備えとしてダッシュボード内に常備しておくといいのではないでしょうか。
空気圧チェッカーも4つの単位(PSI, Bar, KPA, Kgf/cm2)で計測できるため
外車等でも安心です。
それとなによりも安いと思います。
この値段でこれらの機能が備わっているので文句ありません。
ただ、照明ボタンがボロリとよく取れるので☆−1しました。

出典:https://www.amazon.co.jp/

便利な機能がたくさんついたハンマーです。
水没した際などに車内に閉じ込められた場合に使用するハンマー
はもちろんのこと、シートベルトカッター、LEDライト、非常灯、
タイヤの空気圧測定器などが搭載されています。
ダッシュボードに常備しておけば、車内に閉じ込められても
脱出できる可能性がかなり高まりますし、非常時以外にも
タイヤの空気圧を確認したりもできるので、日常的にも
利用できて無駄がありません。空気圧測定はPSI、BARなど
一般的な単位4つでの表示が可能。ガソリンスタンドなどが
遠い場所で自分でスペアタイヤに交換した場合など、
スペアタイヤの空気圧確認にも役立ちます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第7位】

MONSTER SPORT モンスタースポーツ(MonsterSport)エアゲージ 白

■Amazon価格:3,240円(2017年1月現在)

■仕様
測定可能単位:PSI、Kpa
測定範囲 / 誤差
0~25% / 3%
25%~75% / 2%
75%~100% / 3%

メーター外径:φ60
厚さ:43mm
重量:280g
ホース長:450mm
ホース外径:φ10

こちらのタイヤエアゲージは、限りなくプロ仕様に近い高品質の製品です。

メカニックやドライバーの意見をもとに開発され、米国規格協会(ANSI)の厳格な製品規格に基づいて製造されているので、非常に高い精度を誇ります。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

普通乗用車に使用。メーター部は直径7.7cm(工業用ゴムで包み耐震補強)と大きく、ホースは50cmと長さ充分。接続はクリップ式で使い易い。減圧ボタンで圧力調整も簡単。メーター部は重量感あり握りごたえがあります。安価簡便品に比べて2-3倍高いですが、それだけの値打ちがあります。圧力表示も安定しております。これまで使用の安価なミニ製品はホースが短く、接続にコツが要り、圧力表示も安定しておりませんでした。 ただし、欲を言えば、裸で工具箱に放り込んでおくのは気がひけます。プラ製でよいので収納箱が欲しいところです。耐久性はまだ分かりません。(完)

出典:https://www.amazon.co.jp/

これまで¥1000前後のエアゲージを使用していました。
バルブに先端を密着させるときに、角度が少しでも悪いと空気が漏れてうまく測れない点が不満でした。
今回初めて¥3000もするゲージを使用しましたが、「使いやすい」の一言です。
今後は、多少高くてもこのレベルのエアゲージを使用しようと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第6位】

ラフアンドロード(ROUGH&ROAD) パワー デジタル エアゲージ PRO

■Amazon価格:2,769円(2017年1月現在)

■仕様
測定可能単位:PSI、BAR、Kpa、kg/c㎡
測定可能上限値:11kg/c㎡
測定誤差:±2%
ホース長:24cm
ヘッドタイプ:角度40、360度回転式デュアルヘッド
リセット機構
エアー調整(減圧)機構
測定値保持機構

ラフ&ロードのタイヤエアゲージは、デジタル式なので非常に精度の高い空気圧測定が可能であり、測定単位の変更もできるようになっています。

バックライト付きなので暗い場所でも問題なく測定値が読み取れる上、自動で電源を切ってくれるので、電源を切り忘れていざという時に使えないなんてこともありません。

デジタル式エアゲージなので、価格はアナログ式のエアゲージより高くなりますが、その分多機能となっており、価格分の価値は十分にあると言えるでしょう。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

計測が完了するとピピッと音が鳴ってくれるので、空気圧チェックが気軽に出来る。デジタル表示・バックライト実装なので、暗所での測定も行い易い。

ホースは、本体周囲に収納出来るので持ち運びにも便利。ジャケットのポケットに入れて出先でも。一定時間経つと自動で電源オフ、リチウム電池も長持ちする。

値段も手ごろだし、手軽に使いたい方にはお勧め。別に電子機器だからと言って操作に難は無い。計測だけなら、起動時にボタン一回押すだけ笑。
メモリ機能なども有り、希望測定値の管理もしやすい。

ソケット部は首振り可動域が有り、上下どちらからでも計測可。エア抜きも片手で操作し易い。自転車からスクータ、大型車、4輪まで使える事でしょう。

計測して数値がもろに判ると、空気圧の意識が格段に高まりますよ笑。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第5位】

BAL ( 大橋産業 ) タイヤゲージ ホース付

■Amazon価格:2,110円(2017年1月現在)

■仕様
測定可能範囲:50~400kPa
精度:±5%
ホース長:270mm
本体サイズ:480(L)×53(W)×31(H)mm
質量:220g
測定値保持機能付
ワンタッチリセットボタン付

BALのホース付きタイヤエアゲージです。

価格と品質のバランスが取れており、測定値の誤差も少ないので、エアゲージに確実性を求めている方は、この商品を選ぶといいでしょう。

付属のケースに収納した際の見栄えも良く、お洒落なスポーツカーにもピッタリです。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

いつも空気圧をみているスタンドと違うスタンドで空気圧を確認したところ、とっても高めに入っていました。スタンドで空気圧計に差があることを実感したこともあり、評判の良いこちらの商品を選んでみました。最近、ディーラー車検に出した車の空気圧を測ったところ、規定値ぴったりに4輪ともなっていましたので、精度的には十分だと判断しました。ホース付きで使い勝手も良くお勧めです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

ホースが付いているので、タイヤの空気バルブの位置が少々離れていても、測定口部分をバルブに垂直に持っていくことができ、空気漏れがないように測定できます。非常に使いやすい商品です

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第4位】

エーモン工業 エアゲージ(ペンシル) 最大測定値350KPa

■Amazon価格:291円(2017年1月現在)

■仕様
最大測定値:350kPa
材質:スチール

エーモン工業のペンシル型タイヤエアゲージです。

こちらは単純に空気圧を測るためだけのエアゲージであり、必要最低限の機能しかありませんが、その分コンパクトで価格も安くなっています。

一本持っておけば、どこでも手軽に空気圧を図ることができるので、日常点検にうってつけのエアゲージだと言えるでしょう。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

バイクのボックスに忍ばせていつでもエア確認ができるので安心です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

良くダイヤル式や、デジタル表示にこだわる人がおられますが、なんとこのエアゲージのバネは精密機器の下請けで名をはせる中小企業の部品が入っているなんて、知らない人多いだろうな。侮る無かれの一品です。
整備士2級持ってる(1級はありません)人なら、これがかさばらず壊れず一番って人が多いのです。^^)/

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第3位】

エーモン工業 エアゲージ 最大測定値500kPa ケース付

■Amazon価格:842円(2017年1月現在)

■仕様
最大測定値:500kPa
測定誤差:±10kPa以内
リセット機構
エアー調整(減圧)機構
測定値保持機構

エーモン工業のタイヤエアゲージです。

手頃な価格に対して、その性能は実用性十分であり、質感の安っぽさもないことから、エアゲージの定番商品となっています。

エアゲージを購入する際、どれを選んだら分からないという方は、このエアゲージを購入しておけば間違いはないでしょう。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

値段(購入時は千円以下)で考え、またケースや物自体の作りがしっかりしている点で勧められます。
実は、この商品を買う前に、同等の物を買ったのですが、実際の精度は判りませんが、ずっとしっかりしており、信頼できる物という使用感覚があります(個人的見解ですが)。
アマチュアでの使用で月に1度使うか使わないかの頻度ですが、逆にこれで計って大丈夫という信頼感は得難いものです。文句なく「とても気に入った」で評価5を献上したく。

出典:https://www.amazon.co.jp/

2個目の購入です。
前回は完全に自分の不注意で壊してしまった為、
今回の購入になりました。

使い勝手で特筆すべき事は特にありませんが、
価格を考えれば、これで十分です。
困る事もありません。

年に数回空気圧チェックできればいいや、
と思っている方にオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第2位】

エーモン工業 エアゲージ(ホース付) 最大測定値500kPa

■Amazon価格:1,291円(2017年1月現在)

■仕様
最大測定値:500kPa
測定誤差:±10kPa以内
リセット機構
エアー調整(減圧)機構
測定値保持機構

エーモン工業のタイヤエアゲージです。

ホース付きタイプなので、バルブが狭い場所にあるタイヤにも使用することができます。

リセット機構や減圧機構、測定値保持機構など、エアゲージに必要な基本的機能が一通り揃ったホース付きエアゲージの決定版です。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

・操作がとても簡単。
・ホース付きなのでミニバイクの後輪のような狭い場所にも楽に入る。
・測定中、空気が漏れやすいとのレビューがあるが、特にそのような感じはない(改良された?)。
・バルブから外しても測定値が保持されるのが結構便利(その代り、使用後はリセットボタンを押してゲージ内のエアー抜きが必須)。

ゲージ付き空気入れだけで空気圧を確認していると誤差が大きので、これまではパナレーサーのデジタルゲージを使用していました。しかし操作が複雑で覚えられず、アナログで簡単そうなこちらの商品を試してみたのですが、買って正解でした。

出典:https://www.amazon.co.jp/

今まではエアを入れることができるエアゲージを使っていましたが、メーター部の表示が小さくまた、あまり使わない空気圧域までありました。この商品は乗用車やバイクの実用域の空気圧を測定することができます。また目盛りの間隔も広く、減圧バルブにて調整した場合に合わせやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージのおすすめランキング【第1位】

エーモン工業 エアゲージ(ラバープロテクト付) 最大測定値500kPa

■Amazon価格:591円(2017年1月現在)

■仕様
最大測定値:500kPa
測定誤差:±10kPa以内
カラー:ピットブラック
リセット機構
エアー調整(減圧)機構
測定値保持機構

エーモン工業のタイヤエアゲージです。

コンパクトで持ち運びしやすく、側面はラバーで保護されています。

価格も1,000円以下とお買い得な上に、それでいて性能も申し分ありません。コスパで選ぶなら、このタイヤエアゲージ以外の選択肢は無いでしょう。

こちらのタイヤエアゲージのAmazonレビュー

スタンドで空気を入れこの器機で測定しましたが
 誤差は有りませんでした
安価で正確な器機です
空圧の微調整をする時は少し高めに空気を入れ
 この器機で空気を抜きながら規定値に設定すればOKです
圧力(測定値)はホールドしますので数値の確認がし易いです

出典:https://www.amazon.co.jp/

デジタル式のものを・・と当初思ってていましたが、電池の使用を考えるとどうかな~と。
で、こちらを購入。
正解でした。
ちょうど、(?)愛車のフロントタイヤがスローパンクチャー状態だったので、2日に一度はタイヤの空気圧を確認する必要があったのですが、
使いやすい!
重量、手に持ったフィーリング、回転する可動口金部、・・。
この価格でこの使いやすさは星5つでしょ。

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらのタイヤエアゲージのAmazonでの最新価格での購入はこちらから!

タイヤエアゲージで空気圧点検を忘れずにしよう!

エアゲージ

タイヤエアゲージの使い方、おすすめ人気ランキングTOP10を紹介してきましたがいかがでしたか?

タイヤの点検は車を運転する上での義務であり、安全上必要なことですので、定期的な空気圧チェックを忘れないようにしましょう。

もちろんタイヤだけでなく、車全体の定期的な点検も忘れないでください!

そして、車の日常点検をしっかりと行うためにも、点検に使う道具は信頼できるメーカーの評価の高い製品を選ぶようにしましょう!

人気のおすすめタイヤはこちら!

タイヤ&ホイール国内最大級のオートウェイ

タイヤ・空気圧に関する情報はこちらの記事

車の点検・メンテナンスに関する情報はこちらの記事

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す