初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ディーゼルエンジンvsガソリンエンジン徹底比較】燃費や維持費の違いは?

車にとっての心臓部となるエンジンは「ディーゼルエンジン」と「ガソリンエンジン」の2種類に分けることができますが、その違いは何でしょうか? 「ディーゼルエンジンについてよく知らない」「ガソリンとディーゼルで検討中」といった方に向けて、今回は2つのエンジンの仕組み、性能、使用燃料から、燃費や維持費についての違いを徹底的に比較!

ディーゼルエンジン・ガソリンエンジンの基本的な違いを比較!

ボンネットの中 エンジンルーム

ディーゼルエンジンの仕組みと構造

ディーゼルエンジンは空気をシリンダー内で圧縮し、高温となった空気に燃料を吹きかけて燃焼させる、という仕組みで動力を得ています。
構造としては、燃料を吹きかけるためのインジェクターシリンダー内にあり、スパークプラグがないことが特徴的です。

ガソリンエンジンの仕組みと構造

ガソリンエンジンは、インテークパイプから入った空気と、パイプ内のインジェクターから噴出された燃料が混ざった「混合気」を、シリンダー内のスパークプラグで点火して燃焼させる、という仕組みで動力を得ています。
構造としては、インジェクターがインテークパイプ内にあり、シリンダー内には着火用のスパークプラグがあることが特徴となります。
ちなみに「直噴ガソリンエンジン」は、ディーゼルエンジンと基本的な仕組みが同じとなります。

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの燃料の違いを比較

ガソリンスタンド

ディーゼルエンジンの燃料

ディーゼルエンジンの燃料は「軽油」です。
軽油は家庭でストーブなどに使用する「灯油」と全く同じで、エンジンの構造だけで言えば灯油でもディーゼルエンジン車は普通に走ります。
しかし、法律ではディーゼルエンジンは軽油を使用することが定めされており、「軽油税」が科せられています。
ディーゼルエンジン車に灯油を入れて走ると法に違反した脱税となってしまいます。

ガソリンエンジンの燃料

文字通り「ガソリン」です。
ガソリンには「ハイオク」と「レギュラー」があります。この点について詳しくは下記の記事をご覧ください。

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの性能を比較

エンジン ピストン 画像

ディーゼルエンジンの性能

ディーゼルエンジンは、シリンダー内で高く圧縮された高温の空気を一気に爆発させることで強力なトルクを低回転から得られる性能の特性があります。
逆に、エンジンの回転数は高くできない特性となり、出力(カタログスペックでいう「kW」「PS」など)はガソリンエンジン程高くできなくなります。
ディーゼルエンジンの性能特性は「低回転・高トルク」となり、加速時のパワーが求められる重量のあるトラックやバスなどに採用されていることが象徴的です。

ガソリンエンジンの性能

ガソリンエンジンは、圧縮する空気にガソリンが混合されているため、圧縮比を高くすると、不適切なタイミングで爆発を起こしてしまうため、圧縮比はディーゼルより低くなりますが、高回転までエンジンを回すことができるため、高い出力を得ることができる性能特性があります。
ガソリンエンジンは、速さが求められるスポーツカーから、日常生活の足となる小型車まで幅広く採用されています。

圧縮比のついて詳しくはこちら

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの燃費を比較

クリーンディーゼル車の良さを世に知らしめた、「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー」受賞の「マツダ CX-5」を含む、マツダ車を例に挙げて燃費特性についてご紹介します。

CX-5の画像

マツダのディーゼルエンジンの燃費

・マツダCX-5(SUV):17.2~20.0 km/L
・アテンザセダン(セダン):18.2~22.4km/L
・デミオ(コンパクトカー):22.8~30.0km/L

マツダのガソリンエンジンの燃費

・マツダCX-5:14.6~17.6 km/L
・アテンザセダン:10.8~17.4km/L
・デミオ:13.8~25.0km/L

ディーゼルエンジンはなぜガソリンエンジンより燃費が良いのか?

「ディーゼルエンジンの性能」の項で説明したように、ディーゼルエンジンはシリンダー内の圧縮比を高め、高温で一気に軽油を爆発燃焼させているため、発生するエネルギーがガソリンエンジンより大きくなります。
この圧縮比の差が、使用する燃料の差と密接に関係し、より少ない燃料でエンジンを回すことができるディーゼルエンジンが燃費が良くなるのです。

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのメンテナンスの違いを比較

車 メンテナンス 点検

©iStockphoto.com/gilaxia

ディーゼルエンジンのメンテナンスのポイント

ディーゼルエンジンには、DPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)という、ススや黒煙などのPMを除去してくれるフィルターがあります。
このフィルターは自動でクリーニングが行われるのですが、フィルターそのものを保護する成分がエンジンオイルに含まれているため、オイルの交換時期をしっかりと守りましょう。
「水抜き」もメンテナンスでの重要なポイントです。
燃料となる軽油に水分などの異物が混入していると、エンジンに異常をきたす恐れがあるため、およそ20,000km走行毎に、販売店や整備業者で水抜きを行うことが推奨されている場合があります。

ガソリンエンジンのメンテナンスのポイント

ガソリンエンジンのメンテナンスは、オイル交換を適切な時期、走行距離で行う程度で十分となります。
メンテナンスではディーゼルエンジンよりガソリンエンジンの方が神経を使わない、と言えるでしょう。

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの維持費を比較

維持費 イメージ画像

ディーゼルエンジンの維持費の特徴

ディーゼルエンジンは、燃費も良く、燃料である軽油もレギュラーより安く購入できるため、燃料代は安く済みます。
ただ、車種によってはエンジンオイルやオイルフィルターが指定され、ガソリンエンジンより多少高くつくものがあります。
例えば、マツダのディーゼルエンジンは、専用のエンジンオイルが指定され、ガソリンエンジンのオイルより高価となっています。
自動車税については、ディーゼルエンジン車の乗用車の場合、新規登録後10年が経過すると1割増しになりますが、ガソリンエンジンでは13年経過後といった差があり、この点は不利となります。

ガソリンエンジンの維持費の特徴

燃費はディーゼルエンジンより悪く、燃料代も高くなります。
尚、車種によってはメンテナンス費用がディーゼルエンジンより安くすむ車があります・

ガソリン・ディーゼルどっちが維持費が安い?

結論から言えば、走行距離が伸びれば伸びる程、ディーゼルエンジンの方がガソリンエンジンより維持費は安くなります。
燃費が良く、燃料代が安いディーゼルエンジンに維持費の面で圧倒的に有利ですが、ある程度の走行距離がないとガソリンエンジンの方が維持費が安くなるケースがあります。

同一車種にディーゼルエンジンとガソリンエンジンの両方のモデルがあれば、
(年間走行距離÷燃費×燃料単価)+(エンジンオイル・フィルター交換費用×回数)=年間維持費
を求めてみて、さらに車両価格の差も考慮するのがわかりやすい比較となります。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのメリット・デメリットを比較まとめ

メリット デメリット はてな 考える人

ディーゼルエンジンのメリット

・低回転から太いトルクが得られる「力強く粘り強い走り」
・燃費が良い
・燃料費が安い
・環境に優しい

ディーゼルエンジンのデメリット

・エンジンが重くなる
・高回転が苦手、回転数を上げにくい
・エンジン音、振動が大きい

ガソリンエンジンのメリット

・高回転までスムーズに回せて高い出力が得られる
・エンジン音は静か、低振動
・エンジンを軽量化できる

ガソリンエンジンのデメリット

・維持費はディーゼルエンジンより高くなる
・環境性能が不利になりやすい

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンのどちらを選ぶ?

マツダ CX-5 新型 2016年 エンジン SKYACTIV-D2.2

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの性能、維持費、燃費などを徹底比較してきましたが、いかがでしたか?

クリーンディーゼルの人気が高まり販売台数も着実に伸ばしてきています。
これから車を買おうかと思っている方で、ガソリンエンジンにしようか、ディーゼルエンジンにしようかと悩まれているなら、ぜひ、この記事でご紹介しました違いを検討の材料にしてみてください。

人気のクリーンディーゼルを搭載した車の記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す