初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【車庫証明 住所変更マニュアル】引っ越しの車庫証明手続き9ステップ

引越をする際、もし車を所有していたら、当然車も引っ越します。その際、車庫証明や住所変更など、手続きが色々あるのはご存知ですか?今回は、そんな車庫証明・住所変更マニュアルとして、引っ越しの際の車庫証明手続きをまとめてみたので、是非ご覧ください!

車庫証明ってなに?

カップル 書類

©iStockphoto.com/ kzenon

あなたは、車を所有されてから引っ越しをしたことはありますか?
その際、車庫証明が必要になります。
車庫証明は正確には「自動車保管場所証明書」といい、自動車をここに置いてますよと照明する書類です。

基本的には、車庫証明の手続きは以下の2パターンがあります。

▶車の取扱店などに依頼する
▶自分で手続きする

業者に車庫証明を依頼すると、大体1万5千円から2万円ほどかかるのに対し、自分で手続きをするとおよそ3千円弱で済ませる事が出来ます。

今回は、とりわけ引っ越しに関しての車庫証明手続きをまとめますが、知人に車を譲渡する場合など、様々な場所で必要となります。

もしあなたが引っ越しをせずとも、車を持ってさえいるのであれば、いつか必要となってくるはずですので、車庫証明の手続きの仕方をしっかりと覚えてくださいね!

車庫証明はどこで取得できるの?

©Shutterstock.com/ Monkey Business Images

車庫証明の申請書自体は、都道府県の警察署のホームページからダウンロードすることが可能です。

ただ、ダウンロード版の車庫証明の場合は、複写しない為、すべてを手書きで書かなければいけませんが、警察署で配られている正規版なら複写するため、記入は最小限で済みます。

もし、あなたのご自宅近くに警察署がある。あるいは、なにかのついでに警察署に行くことが出来るのであれば、警察署で書類をもらうことをおすすめします。

車庫証明をするための必要書類は?

相談

©iStockphoto.com/ LuckyBusiness

車庫証明の為に、まず必要な書類があります。

▶保管場所照明申請書
▶車庫そのものの「所在図」「配置図」
▶保管場所使用承諾証明書 または 自認書

詳しくは、警察署で説明して貰えますが、問題は「保管場所使用承諾証明書」です。

駐車場を、例えばあなたが借りている場合は、その駐車場を管理している大家あるいは不動産業者に連絡を取りましょう。
その際「保管場所使用承諾証明書」に署名・捺印してもらう必要があるので、余裕をもって手続きするようにしましょう。

契約

©iStockphoto.com/ dolgachov

逆に、駐車場を借りている訳ではなく、自宅の敷地に車を駐車している場合は、「保管場所使用承諾証明書」ではなく自認書を準備しなければいけません。

その場合、自認書に自ら署名・捺印すればOKです。

車庫証明の書類の作成をしてみよう!

©Shutterstock.com/ LuckyImages

いざ、もろもろの準備が出来たら、さっそく車庫証明申請書を作成します。

やり方は以下の通りです。

▶車庫の寸法を測る → 「配置図」
▶自宅から車庫までの地図を作る →「所在図」

手順としては単純ですが、ルールがあるので気をつけなければなりません。
それは「自宅から車庫まで直線距離で2km以内であること」が絶対条件となります。

ちなみに、所在図や配置図は、不動産業者などで手配してくれる場合もありますので、自分で作ってみる前に必ず問い合わせをしてみましょう。

車庫証明書の書き方のポイントはある?

©Shutterstock.com/ intararit

車庫証明は、記入場所に関しては特に迷うような場所はありません。
安心して、すべて記載しましょう。

ただし、どこか抜けている箇所があると当然書き直しになりますから、気を付けてください。
抜けていなくても、間違って記載した場合も、きちんと訂正印を押しましょう。

時折、修正ペンや修正テープなどで提出してしまう人がいるようですが、その場合容赦なくNGとなり、最初から書き直しとなります。

もっとも気をつけなくてはならないことが、自ら記載する「自認書」ではなく、業者や大家に委託して書いてもらうことになる「保険場所使用承諾証明書」です。

「保険場所使用承諾証明書」は、先方が記入・捺印をするため、間違いがあったらわざわざ訂正を依頼せねばなりません。
自分で訂正印を押して書き直すわけにもいかないので、必ず確認を取るようにしましょう。

車庫証明を窓口で申請しよう!

©Shutterstock.com/ Stock-Asso

車庫証明の書類が出来たら、さっそく手続きにいきましょう。印鑑を忘れずに準備して向かうようにしてください。

ありがちなのが、書類だけ持って行って「あ、ハンコ忘れちゃった」というパターンです。

またその際、予め警察署のどこの窓口にいって手続きすればいいのか事前にリサーチしておくと、あとあとスムーズです。現地で迷うこともないでしょう。

申請から交付までは、およそ7日間かかります。
ただしこの際、不備があるとやり直しになります。
提出前に必ず、不備がないかは一度確認することをおすすめします。

サイン 車 購入

©iStockphoto.com/ Gajus

警察署から、予め車庫証明の交付予定日が事前に教えられるので、実際にとりにいきます。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す