初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新型カマロ 2017年フルモデルチェンジ最新情報】日本発売日や価格と燃費は?

アメリカンスポーツクーペの代表車であるシボレー・カマロがフルモデルチェンジ!ゼネラルモーターズ・ジャパンでは新型シボレー・カマロの発売にさきがけ、2月1日から先行予約を開始すると発表しました。本記事では、新型シボレー・カマロのデザインや性能、価格といった最新情報について紹介しています。

シボレー・カマロが新型にフルモデルチェンジ!日本発売日はいつ?

新型シボレー・カマロの日本発売日は2017年後半!

シボレー カマロ

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社は、2017年後半に発売を予定している新型シボレー・カマロの先行予約キャンペーンを開始しました。
今回の先行予約では、新型カマロを特別価格で購入できる上に、約280通りの組み合わせから自分だけのカマロをオーダーできるという特典が付いてきます。
先行予約の開始は2月1日からで、2月26日までの期間限定で行われるとのことです。

本記事では、新型シボレー・カマロの性能や価格といった最新情報について解説しているので、是非ご覧になっていってください。

シボレー・カマロとは?

5代目シボレー・カマロ トランスフォーマー仕様限定車

シボレー カマロ

出典:http://www.goo-net.com/

シボレー・カマロ(Chevrolet Camaro)とは、ゼネラルモーターズがシボレーブランドで製造・販売しているスポーツクーペです。
1967年に初代モデルが発売されて以降、アメリカを代表するスポーツクーペとして、圧倒的な人気と知名度を誇ってきたカマロは、2017年に50周年を迎えます。

現行モデルである5代目カマロは、全世界で大ヒットした実写映画「トランスフォーマー」において、主役キャラクターのバンブルビーが変形する車として採用されたことから、日本国内でも非常に人気が高く、2010年には限定モデルとしてトランスフォーマー仕様車も発売されました。

パワートレインには3.6L V型6気筒エンジンと6.2L V型8気筒エンジンの2種類を用意しており、トランスミッションには6速ATが組み合わされます。
グレードは3.6Lエンジンを搭載した「LT RS」と6.2Lエンジンを搭載した「SS RS」に、3.6Lエンジンを搭載したオープンモデルの「コンバーチブル」を加えた全3種類のラインナップです。

■現行型シボレー・カマロ新車販売価格
LT RS:4,680,000円
コンバーチブル:5,450,000円
SS RS:5,810,000円

シボレー・カマロの中古車価格もチェック!


2SS 2017…
598.0万円
本日の在庫
148
平均価格
340.7 万円
本体価格
23 ~ 1280 万円

新型カマロはフルモデルチェンジでどこが変わった?

新型シボレー・カマロ

6代目 シボレー カマロ 内装

新型シボレー・カマロ コンバーチブル

6代目 シボレー カマロ

6代目 シボレー カマロ 内装

初代モデルから数えて6代目にあたる新型カマロは、「Evolution is never without purpose/理由無き進化は無い」をコンセプトに、より俊敏なパフォーマンス、さらに洗練されたエクステリアとインテリア、最先端の技術を導入したコネクティビティ・インフォテイメントなど、前世代から卓越した進化を遂げたモデルとなっています。

より洗練された新型カマロのエクステリア&インテリア

新型カマロのエクステリアは、従来型よりもコンパクトにまとまっていながら、より力強くスポーティーで彫刻的なスタイリングを実現しています。
初代カマロにインスパイアされたフロントグリルや、新デザインのモダンなLEDシグネチャーランプ、新造形のリアデザインなども、新型カマロをアグレッシブに印象付けています。

インテリアは初代カマロにインスパイアされつつも、よりモダンで洗練された、上質な室内空間になるようにデザインされ、主要部にはタッチパネルを配し、シートにはレザーを採用しました。

■新型シボレー・カマロの車体寸法
全長:4,780mm
全幅:1,900mm
全高:1340-1350mm
車両重量:1,570-1,710kg

軽量・高剛性の新型カマロのボディ

新型カマロのサスペンションには、新開発のアルミ&コンポジット素材が使用されており、従来モデルから21%も軽量化されています。
また、ボディは入念なCAD設計により車両重量が90.7kg以上も軽量化され、それでいてフレーム剛性は28%も向上しているとのことです。

新型カマロの先端テクノロジー

新型カマロの室内空間には、先端技術を使用した便利な装備が満載されます。
標準装備の「シボレーMyLink(マイリンク)」は、シボレー独自開発のインフォテイメントシステムであり、メータパネル中央の8インチディスプレイを使用することによって、音楽や写真、動画再生といったエンターテイメント機能を楽しむことが可能です。

また、「Apple CarPlay」や「Android Auto」といったカーナビにも対応している他、Boseのプレミアムオーディオシステムも用意されています。

新型シボレー・カマロのパワートレイン

新型シボレー・カマロのパワートレインには、カマロ史上最も効率的な2.0L直列4気筒ターボエンジンと、カマロ史上最もパワフルな6.2L直噴V型8気筒「LT1」エンジンが用意されます。
トランスミッションには、それぞれ8速パドルシフト・オートマチック・トランスミッションが装備され、思い通りの快適な走りを楽しむことが可能です。

■2.0Lエンジン諸元
エンジン:直噴直列4気筒DOHC VVT(インタークーラー/ターボチャージャー付)
総排気量:1,998 cc
最高出力:205kW(279PS)/5,500rpm
最大トルク:400N・m(40.8kg・m)/3,000-4,500rpm

■6.2Lエンジン諸元
エンジン:直噴V型8気筒OHV VVT
総排気量:6,153 cc
最高出力:339kW(461PS)/6,000rpm
最大トルク:617N・m(62.9kg・m)/4,400rpm

新型シボレー・カマロの価格・燃費は?

新型シボレー・カマロのラインナップは、2.0L直列4気筒エンジンを搭載した「LT RS」と「コンバーチブル」、および6.2L V型8気筒エンジンを搭載した「SS」の全3種が用意されています。
それぞれの燃費性能に関しては、未だに詳細は不明です。

また、今回の先行予約キャンペーンにおいては、ボディカラー、インテリアカラー、幌カラー(コンバーチブル)、サンルーフ(クーぺ)を自由に組み合わせることで、自分だけのオリジナルシボレー・カマロを注文することが可能となっています。
価格に関しても、先行予約限定の特別価格での販売です。

■新型シボレー・カマロ 先行予約特別価格
シボレー・カマロ LT RS:4,890,000円
シボレー・カマロ コンバーチブル:5,690,000円
シボレー・カマロ SS:6,190,000円

■有償オプション
ペイント:64,000円(ブライトイエロー、ハイパーブルーメタリック、ガーネットレッドティントコート)
電動サンルーフ:149,000円(クーペのみ)

新型シボレー・カマロ 2017年後半の発売に期待!

6代目 シボレー カマロ

新型シボレー・カマロの最新情報はいかがでしたでしょうか?

日本での発売日は2017年後半と、もう間近に迫っており、先行予約も2月1日から開始されるので、新型カマロへの期待がより一層高まりますね!
先行予約者は自分だけの組み合わせで新型カマロをオーダーできるというのも、なんだか特別感があって非常にワクワクします。
先行予約は2月1日から2月26日までの期間限定で行われるので、既に新型カマロの購入を決意しているという方は、早めに予約しておきましょう!

MOBYでは、今後も新型シボレー・カマロに関する最新情報を追って記事を更新していくので、どうぞご期待ください!

シボレーの歴史やカマロ以外の車種・新型車についてはこちら

アメ車やスポーツカーが気になる方はこちらも必見

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...