初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型シビック・セダン フルモデルチェンジ最新情報!発売日は9月29日で燃費や価格も

新型シビック・セダンが2017年9月に日本国内販売復活されます! ホンダの名車シビック・セダンの新型の外装デザイン、エンジン性能、燃費といったスペックをまとめてご覧頂けます!新型シビック・セダンの車両価格はいくらに?

ホンダ新型シビックの発売日が正式発表!

ホンダ 新型 シビック セダン

ホンダ新型シビックシリーズの発売日が2017年9月29日になると正式発表されました!

新型シビックシリーズは、世界のCセグメントでトップクラスの「操る喜び」の提供を目指して開発されました。
新開発のプラットフォームを核に、機能美を追求したロー&ワイドな先進フォルムや、力強くスムーズな加速と高い環境性能を両立した直噴VTEC TURBOエンジンを採用しています。

タイプは、洗練された上質な走りのセダン、よりスポーティーさを際立たせたハッチバック、究極のFFスポーツであるTYPE Rの3つを展開します。

本記事ではホンダ新型シビック セダンのエンジンスペックや主要装備などの最新情報から先行発売された欧州や北米モデルの情報までお伝えしていきます。

ホンダ新型シビックのプロモーション動画

北米版のホンダ新型シビックの30秒のプロモーション動画が公開されています。
アメリカではモータースポーツでの活躍が販売台数に大きく影響すると言われています。
映像ではモータースポーツ並の走行体験ができるかのようにアピールしています。
プロモーション動画の製作に力を入れているのが伝わる内容です。

ホンダ新型シビック・セダンの外装(エクステリア)デザインは?

ボディカラー:プレミアムクリスタルレッド・メタリック

ホンダ 新型 シビック セダン
ホンダ 新型 シビック セダン

ロー&ワイドを基本に機能美を追求した造形で、ダイナミック性能を高めながら、動体としての姿をより美しく魅せるスタイリングとなりました。
セダンは、クーペのような流麗なルーフラインに、硬質で彫刻的なサイドパネルを持つ、先進的で上質なフォルムが特長です。

東京オートサロン2017で発表された新型シビック・セダンは、日本仕様のプロトタイプでしたが、その外装デザインは現在、USホンダが発売中の2017年型シビック・セダンとほぼ同じ外装デザインでした。
シビックはホンダの世界戦略車となっており、世界共通のプラットフォーム、パワートレインを採用し、販売する地域の道路事情やマーケットに併せて小変更を加えています。

日本仕様の新型シビック・セダンでは高い骨格剛性に加え、ロードノイズを抑えるノイズリデューシングアルミホイールも採用。
一段と静粛性の高い走りを実現しています。

新型シビック・セダンのカラーバリエーション

新型シビック・セダンのカラーバリエーションは5種類です。

ホワイトオーキッド・パール
ルナシルバー・メタリック
クリスタルブラック・パール
プレミアムクリスタルレッド・メタリック
コスミックブルー・メタリック

ホンダ新型シビック・セダンの内装(インテリア)デザインは?

ホンダ 新型 シビック セダン 内装
ホンダ 新型 シビック セダン 内装
ホンダ 新型 シビック セダン 内装

Cセグメントでトップクラスとなる、ゆとりある室内空間を確保するとともに、大開口かつ大容量な荷室とし、使いやすさも追求しています。

しっかりと縦に伸びるセンターコンソールは、横構造のインストルメントパネルは薄くし、なおかつメーターまわりを目立たせ、ワイド感とスポーティーさが強調されています。

さらにメカのスペースは最小に、人のための空間は最大にというM・M思想に基づき、ダウンサイジングターボエンジンの搭載などでメカスペースを縮小し伸びやかな室内長を実現しています。

ホンダ新型シビック・セダンはホンダセンシングを採用

「ホンダセンシング(Honda SENSING)」は本田技研工業が2014年に発表した先進安全運転支援システムです。
高精度のミリ波レーダーと単眼カメラで歩行者や車を検知して、衝突事故を未然に防ぎます。

ホンダセンシングを含む新型シビック・ハッチバックに搭載の安全機能や運転支援機能は以下の通りです。

●Honda SENSING(衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉、渋滞追従機能付ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉、LKAS〈車線維持支援システム〉、路外逸脱抑制機能、オートハイビーム、標識認識機能)
●アジャイルハンドリングアシスト
●VSA
●EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS
●運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム
●前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム
● LEDヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付)
●LEDフォグライト
●ポップアップフードシステム
●電子制御パーキングブレーキ
●オートブレーキホールド機能
アイドリングストップシステム など

ホンダセンシングについての詳しい解説はこちら!

新型シビック・セダンに搭載の快適装備

●エンジンスタートボタン付Hondaスマートキーシステム
●降車時オートドアロック機能
●プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ
●ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器
●8スピーカー(4スピーカー+4ツィーター)
●運転席&助手席シートヒーター など

ホンダ新型シビック・セダンの価格は?

ホンダ 新型 シビック セダン

新型シビック・セダンの日本国内モデルの価格は265万円となっています。
シビックは8代目から、それまでの大衆車、コンパクトカーからミドルクラスに格上げされ、新型シビックもミドルセダンとなり、価格はフィットのような安い部類には入りません。

参考にUSホンダのシビック セダンの価格は、最安価グレードの18,740ドルから最高グレードの23,800ドル(2017年1月16日時点の為替レート換算で約214万〜272万円)となっています。

ホンダ シビックの中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ新型シビック・セダンのエンジン性能などのスペック

1.5LVTEC TURBOエンジン

新型シビック セダン ハッチバック 1.5LVTEC TURBO

北米仕様エンジン

米国仕様 ホンダ・シビックセダン 2017年型 エンジン

新型シビック・セダンには直列4気筒1.5L直噴VTECターボエンジンが搭載されます。
加速と伸びのよさが味わえるダイナミック性能を実現したと発表しています。

同時期に発表された新型シビック ハッチバックとシビックタイプRのスペックの比較表は以下の通りです。

シビック セダンシビック ハッチバックシビック タイプR
エンジン種類直噴VTECターボ直噴VTECターボ直噴VTECターボ
排気量1.5L1.5L2.0L
最高出力127[173]/5,500134[182]/5,500〈6,000〉235[320]/6,500 
最大トルク220[22.4]/1,700-5,500240[24.5]/1,900-5,000
〈220[22.4]/1,700-5,500〉
400[40.8]/2,500-4,500
トランスミッションCVTCVT,6速MT6速MT
駆動方式FFFFFF
使用燃料ガソリンハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ホンダ 新型シビックのディーゼルエンジンが改良もセダンは対象外?

マルチインフォメーションディスプレイ

ホンダ 新型シビック セダン ハッチバック マルチインフォメーションディスプレイ

ホンダは欧州向け新型シビックのディーゼルエンジンを大幅に改良して搭載することを発表しました。

エンジンの種類は1.6L 直列4気筒ターボディーゼルのi-DTECであり、最大出力120PS、最大トルク30.6kg・mを誇ります。
100km到達時間は10.4秒です。

このディーゼルエンジンはWLTP導入以来初のホンダエンジンとなり、その燃費は27km/L、CO2排出量は99g/kmになるといいます。

ホンダはこのエンジン改良にあたり、強化ピストンや低フリクションシリンダーボアを採用したとのことです。

しかし、この新型ディーゼルエンジンは欧州仕様車が対象のため、欧州で販売されていないセダンには残念ながら適用される予定が現状ありません。
日本仕様車にもこのエンジンが搭載されるかどうかは未定ですが、日本で改良ディーゼルモデルのシビックセダンに乗れることに期待しましょう。

WLTPについてはこちら

ホンダ新型シビック・セダンの燃費

燃費

ホンダ新型シビック・セダンのJC08モード燃費は19.4km/Lとなっています。

米国仕様のシビック・セダンとエンジン形式が異なりますが、カタログ燃費では、市街地で約12〜14km/L、高速道路で17〜18km/L(日本のJC08モード燃費とは計測方法が異なる)となっています。

ホンダ新型シビック・セダンの続報に期待!

ホンダ 新型 シビック BlackSporty スタイリング

2017年秋に日本で発売が決定された新型シビック・セダンの外装デザイン、エンジン性能や燃費スペックなどをご紹介しましたが、いかがでしょうか?
「早くも買いたい!」と思った方がいらっしゃるのではないでしょうか。

新型シビック・セダンの発売は2017年9月29日と間近に迫っています。
今後は発売に向けてCMの公開やイベントが開催されるでしょう。
MOBYでは新情報が入り次第、この記事でご紹介していきます。
どうぞご期待ください!

人気のあるホンダ車の記事

新型 シビック ハッチバック 欧州仕様 2017年

ヨーロッパでは、すでに10代目となる新型シビック ハッチバックが発売開始されていますが、ここで初めて新型シビック セダンの仕様が明らかにされました。
エンジンは、1.5L VTECターボのみとなり、欧州仕様シビック ハッチバックに採用されていたダウンサイジング1.0Lターボエンジンは差し当たり採用されないようです。
新型シビック セダンに採用されるエンジンの最高出力は182PS、トランスミッションは6速MTと、7速マニュアルモード付きCVT、MT車は最大トルクが240N・mにアップされているとのことです。
欧州仕様は、最高速度の制限がないアウトバーンを走行することを想定にセッティングされるため、日本国内販売モデルとは仕様が異なるのが通例ですが、高い基本性能は変わりがありません。

米国仕様シビック・セダンのエンジンスペック

2.0L直4 i-VTEC1.5L直4直噴ターボ 
 117kW [160PS]
/ 6,500 rpm
130kW [176PS]
/ 5,500rpm (MT)
/ 6,000rpm (CVT)
187N・m [19.1kgm・f]
/4,000 rpm
226N・m [23.1kgm・f]
/ 1,800 - 5,500 rpm (MT)
220N・m [22.4kgm・f]
/ 1,700 - 5,500 rpm (CVT) 

ホンダ新型シビック・セダンの国内販売復活の発表時

新型シビックを紹介するホンダ 寺谷公良 日本本部長

ホンダ 新型シビック 東京オートサロン2017で発表

2017年1月に開催された「東京オートサロン2017」の初日、ホンダのプレスカンファレンスでは、新型シビック・セダンの日本国内販売を復活させると発表しました。
ホンダ・シビックは2011年の9代目へのフルモデルチェンジを期に、日本国内販売を止め、セダンモデルは米国仕様でのみ販売することとなりました。
このシビックセダンの日本国内販売終了は、多くのホンダファンを悲しませましたが、2017年年明け早々には嬉しいニュースとなりました。

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す