MOBY

【新型シビック全比較】ハッチバック/クーペ/セダン/タイプRの違い最新情報!

2017年1月13日、東京オートサロン2017でホンダは新型シビックを2017年夏に日本仕様を発売すると発表!惜しくも2010年の8代目シビックで日本販売が終わりましたが、6年ぶりの復活となります。この記事では、10代目となる新型シビックを既に販売中の米国モデルの外装デザイン、エンジン性能などをご紹介しながら、日本仕様のセダン・ハッチバック・タイプRはどうなるのかをまとめました。

2017年1月13日にホンダは新型シビックの日本導入を発表!

東京オートサロン2017で新型シビックを発表するホンダ 寺谷公良 日本本部長

ホンダ 新型シビック 東京オートサロン2017で発表

2017年1月13日から15日に幕張メッセで開催された、東京オートサロン2017 でのホンダのプレスカンファレンスで、2017年夏に10代目となる新型シビックを日本で発売することが発表されました!
日本発売となるシビックは、セダン、ハッチバックとスポーツモデルのハッチバック「タイプR」の3モデルとなります。
尚、10代目新型シビックは、すでにアメリカで発売が開始されています。
米国仕様のシビックは、セダン・クーペ・ハッチバックの3モデルとなっており、タイプRも近々ラインナップに加わることが決定しています。
タイプRは、イギリスを始めとしたヨーロッパ圏で発売される欧州仕様でのみラインナップされていますが、10代目新型シビックではなく9代目モデルとなっています。
また、欧州モデルは米国仕様のラインナップとは異なり、セダンとクーペがなくハッチバックと「ツアラー」という名称が与えられた5ドアステーションワゴンのラインナップとなっています。

欧州仕様のみにラインナップされるシビック・ツアラー


タイプR GTパ…
498.0万円
本日の在庫
499
平均価格
164.5 万円
本体価格
5 ~ 525 万円

2017年夏に日本へ導入される新型シビックは米国仕様と同じモデルか

東京オートサロン2017で発売されたシビック・タイプR

ホンダ 新型シビック タイプR 東京オートサロン2017で発表

2017年1月13日の「東京オートサロン2017」で発表された日本仕様の新型シビックはプロトタイプでしたが、その外装デザインは米国仕様のものとほぼ同じでした。
ホンダは兼ねてよりシビックを世界戦略車として位置付け、世界各国共通のプラットフォーム、パワートレインを採用してきました。
これは、日本で発売される新型シビックでも同様になることでしょう。
尚、パワートレインは日本の道路事情やマーケットを考慮した仕様となるようです。

東京オートサロン2017のコンパニオンもご覧ください!

【米国仕様】10代目新型シビックの全タイプの外装を比較

10代目 新型シビック・ハッチバック(米国仕様)

10代目 新型シビック・セダン(米国仕様)

米国仕様 ホンダ・シビック セダン 2017年型

10代目 新型シビック・クーペ(米国仕様)

米国仕様 ホンダ・シビック クーペ 2017年型

10代目 新型シビック・タイプR(米国仕様)

ホンダ 新型シビック タイプR 2016年パリモーターショーで発表

セダン・クーペ・ハッチバック・タイプRの外装デザインを比較

米国仕様 ホンダ・シビック フロント-サイド外装比較 2017年型

画像左上から時計回りに、クーペ・セダン・タイプR・ハッチバック

画像左上から時計回りに、セダン・クーペ・タイプR・ハッチバック

画像左上から時計回りに、セダン・クーペ・ハッチバック・タイプR

米国仕様 新型シビックのエンジン性能

クーペ・セダンのエンジンスペック

 2.0L直4 i-VTEC1.5L直4直噴ターボ 
 117kW [160PS]
/ 6,500 rpm
130kW [176PS]
/ 5,500rpm (MT)
/ 6,000rpm (CVT)
187N・m [19.1kgm・f]
/4,000 rpm
226N・m [23.1kgm・f]
/ 1,800 - 5,500 rpm (MT)
220N・m [22.4kgm・f]
/ 1,700 - 5,500 rpm (CVT) 

クーペとセダンは共通して、2.0L iVTEC ガソリンエンジンと、1.5L直噴ターボガソリンエンジンが搭載されています。

ハッチバックのエンジンスペック

1.5L直4直噴ターボ  
LX・EX・EX-L NAVISPORT
130kW [176PS]
/ 5,500rpm (MT)
/ 6,000rpm (CVT)
134kW [182PS]
/ 5,500rpm (MT)
/ 6,000rpm (CVT)
226N・m [23.1kgm・f]
/ 1,800 - 5,500 rpm (MT)
220N・m [22.4kgm・f]
/ 1,700 - 5,500 rpm (CVT)
240N・m [24.5kgm・f]
/ 1,800 - 5,500 rpm (MT)
220N・m [22.4kgm・f]
/ 1,700 - 5,500 rpm (CVT)

ハッチバックのスポーティーグレード「SPORT」の6速MTのみ、若干パワーを向上したチューニングがされています。

タイプRのエンジンスペック

USホンダは、新型シビック・タイプRのエンジン性能はまだ発表していません。
参考までに、現在ヨーロッパ圏で販売されているタイプRでは、2.0L直噴VTECターボエンジンで最高出力310PS、最大トルク40.8kgf・mとなっています。
最低でもこの性能は下ることはないでしょう。

日本仕様の新型シビックの性能・燃費などスペックは?

ホンダ 新型シビック 東京オートサロン2017で発表

2017年1月13日の東京オートサロン2017での発表では、1.5L直噴VTECターボエンジンが搭載とされましたが、その最高出力、最大トルクなどの性能については言及されませんでした。
米国仕様の1.5L直噴ガソリンエンジンは、VTECではありません。
日本仕様のエンジンは米国仕様とは異なる模様です。
従って、現在、USホンダで発売されているシビックのエンジンの性能は、日本仕様のエンジン性能の参考にはあまりなりません。

新型シビックの燃費

日本仕様は米国仕様と同じエンジンとはならない様子で、前述同様、燃費についての言及もありませんでした。
もとより環境性能、燃費性能に定評のあるホンダのエンジンですから、クラストップレベルの燃費性能を誇ることでしょう。

日本ホンダからの新型シビックの続報に期待!

新型シビック、セダン・ハードトップ・クーペ・タイプRの4車種の比較は、いかがでしたか。
まだまだ新型シビックの情報が不足している状況ですが、今年の夏に向けて続々と新情報が出てきますので、それを待ちましょう!

日本では9代目シビックが発売されず、悲しい思いをしたホンダファンはたくさんいました。
約6年ぶりとなるホンダの名車、シビックが日本国内で走る姿を見れる日が待ち遠しいですね。

ホンダ車についての人気の記事