初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタiQの評価は実際どうなのか】実燃費やカスタムからスペック&内装の口コミは?

トヨタiQは約8年間販売され、去年で販売が終了したマイクロカーです。人気で好調な売り上げだったわけでもなく、マイナー車のまま販売が終了してしまったように思えますが、実際にトヨタiQはどう評価されているのでしょうか。さまざまな観点からトヨタiQに迫ってみたいと思います。

トヨタiQとは

トヨタiQ

トヨタiQは、トヨタが2008年から2016年の間に製造・販売を行ったコンパクトカーです。

軽自動車でもなく、普通車のコンパクトカーよりも小さい、従来のサイズの概念から全く新しい車を目指し、「マイクロプレミアムカー」を掲げたトヨタで珍しい車です。

車名の由来は、「個性(individuality)」を表すと同時に、「革新(innovation)」と「知性(intelligence)」の3つを意味を兼ね備えたうえでの”i(アイ)”と、「品質(quality)」の意味を表す上での”Q(キュー)”をあわせて"iQ(アイキュー)"と名付けられました。

トヨタiQのコンセプトカー

2007年に9月にドイツで行われたフランクフルトモーターショーでiQのコンセプトカーと発表し、翌年のフランスで行われたパリサロンで正式に市販モデルが公表されました。
発売当初は、排気量1,000cc直列3気筒エンジンを搭載したモデルのみでした。

6速マニュアル車をライナップに追加

2009年に排気量1,300㏄直列4気筒エンジンを搭載したモデルが登場し、2010年には、アイドリングストップ&スタート機構「TOYOTA Stop & Start System」がある6速MT(マニュアル)も登場しました。
この時、新しいスポーツパッケージ「100G→」、「130G→」、「130G→レザーパッケージ」を設定し、→は「ゴー」と呼びます。しかし、このモデルは2012年5月には無くなり、2010年から2012年までしか販売されませんでした。

最終グレードには7速シーケンシャルシフトマチック

トヨタ iQ

最終的に、販売が終了直前でのグレードは、
排気量1,000ccのエンジンを搭載したモデルで2人乗りの「100X 2シーター」、
キー忘れ防止ウォーニング(ブザー)を装備した「100X」、
タイマー付熱線式リヤウインドゥデフォッガーを装備した「100G」の3つです。
そして、排気量1,300ccのエンジンを搭載したモデルでは、
ブラックファブリックシート、メッキ加飾マニュアルエアコンを装備した「130G Xパッケージ」、
本革巻きステアリングを装備した「130G」、
16インチアルミホイールを装備した「130G レザーパッケージ」、
アイドリングストップシステム「TOYOTA Stop&Start System」を採用した「130G MT」、「130G MT レザーパッケージ」の4つがありました。
このとき「130G」、「130G レザーパッケージ」、「130G Xパッケージ」のCVTトランスミッションには、クラッチレスでありながらマニュアル感覚でシフトチェンジが可能な7速シーケンシャルシフトマチック機能がつき、まさにマイクロプレミアムカーにふさわしい高性能な車でした。

トヨタiQのCMはこちら

トヨタiQの中古車検索はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタiQのライバル車は

トヨタiQのライバル車 スマート・フォーツークーペ

スマート

トヨタiQのライバル車はスマート・フォーツークーペだとよく言われています。
フォーツークーペのボディサイズは、全長2720mm・全幅1560mm・全高1540mmであり、トヨタiQが全長2,985mm ・全幅1,680mm ・全高1,500mmであるため、確かにボディサイズはそっくりです。

しかし、スマート・フォーツークーペは排気量1,000ccで2人乗りのみであり、4人乗れるiQとは乗り物としては同じ自動車でも全く違っており、エンジン搭載位置でも、リアエンジンリア駆動のスマート・フォーツークーペと、前方のエンジンを搭載し駆動方式がFFのトヨタiQは、同じ車で作りは全く違います。

よって、スマート・フォーツークーペはトヨタiQとライバル関係にあるとは言いにくいところがあります。

トヨタiQのライバル車 フィアット500

フィアット500

妥当なライバルだと思える車は、フィアット500だと思います。
トヨタiQの販売はすでに終了しており、中古車のみでの購入になります。

そこで、トヨタiQの購入の時に中古車店の売り手と値段交渉をする際は、他のお店で売られているフィアット500の売値を提示して比較しながら値段交渉をすれば、より値引きができるでしょう。

トヨタiQと他車との比較
車種全長全幅全高ホイールベース乗車定員エンジン排気量価格
トヨタiQ2,985mm1,680mm1,500mm2,000mm2・4名996cc・1329㏄1,326,857~1,830,857円
フィアット500 1.2Pop3,570mm1,625mm1,515mm2,300mm4名875ccターボ・1,240cc1,998,000円
スマート フォーツー2,690mm1,660mm1,550mm1,873mm2名999cc1,990,000円

トヨタiQのライバル車に関連する記事はこちら

トヨタiQのライバル車の中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタiQのスペック

トヨタ iQ 特別仕様車 130G

ここではトヨタiQのスペックを紹介していきたいと思います。トヨタ初のプレミアムマイクロカーということもあり、他の車では見られないユニークな値があちこちで見ることができます。

トヨタiQの寸法

100G、100X、100X2シーター
※【 】内は130G Xパッケージ、130G、130GMT
型式DBA-KGJ10
ボディタイプハッチバック
ドア数3ドア
乗車定員4名(100X 2シーターは2名)
全長×全幅×全高2,985mm×1,680×1,500mm
【3,000×1,680mm×1,500mm】
ホイールベース2,000mm
トレッド前/後1,475/1,460mm
室内長×室内幅×室内高1,560×1,515×1,145mm
車両重量890kg

トヨタiQのエンジンスペック

トヨタ iQ シフトノブ

100G、100X、100X2シーター130G Xパッケージ、130G、130GMT
エンジン型式1KR-FE1NR-FE
最大出力68ps(50kW)/6,000rpm94ps(69kW)/6,000rpm
最大トルク9.2kg・m(90N・m)/4,800rpm12.0kg・m(118N・m)/4,400rpm
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
総排気量996cc1,329cc
内径×外径71.0mm×83.9mm72.5mm×80.5mm
圧縮比10.511.5
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)EFI(電子制御式燃料噴射装置)
燃料タンク容量32リットル32リットル
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン

トヨタiQの燃費・性能

100G、100X、100X2シーター、
130G Xパッケージ、130G
130GMT
環境仕様JC08モード仕様20.8km/リットル21.2km/リットル
駆動系駆動方式FFFF
トランスミッションCVT(無段変速車)6MT
変速比 【CVT】2.386~0.426-
変速比 第1速【MT】-3.538
第2速【MT】-1.913
第3速【MT】-1.310
第4速【MT】-1.029
第5速【MT】-0.875
第6速【MT】-0.743
後退2.5053.333
最終減速比5.4033.736
足回り系最小回転半径3.9m3.9m

トヨタiQの実燃費は?

ガソリンスタンド 給油

100G

カタログとは程遠く、チョイ乗りを繰り返す街中運転では10~13km/l程度、高速では19km/lぐらい。エコカーとはいいづらい。燃費、燃料計はオモチャ。

出典:http://review.kakaku.com/

通勤で15前後、遠出で20前後です。
こちらも可もなく不可もなく。

出典:http://review.kakaku.com/

130G

エアコン使用の町乗りで14.5くらいエアコン未使用町のりで16くらい
下道遠乗りで16~18、高速遠乗りで18~20位です。

出典:http://review.kakaku.com/

130MT

街乗り15Km/L、遠出20km/L、最悪12Km/L(山岳地帯の高速道路)。

出典:http://review.kakaku.com/

排気量1,000ccのトヨタiQは、リッターあたり10~15km、高速道路で19~20km。1,000ccでリッターあたり10kmは、かなり悪いように思えます。
トヨタiQの口コミでは、エアコンをつけると燃費が悪くなり、エンジンパワーが低下するのが顕著に現れることがあるようで、走行する季節によっての燃費の上下があるようです。これはあまりよくないです。

排気量1,300ccのトヨタiQは、街乗りでリッターあたり12~18km、高速道路で18~20kmあたりでこのエンジンに関しては、エアコンによる燃費やパワーの上がり下がりはないようです。
エンジンの振動も抑えられ、安定した性能を発揮しています。
購入するなら1,300㏄のエンジンがいいかもしれません。

トヨタiQの内装は?

トヨタ iQ 特別仕様車 130G 内装

車は小さいですが、内装はスマートかつプレミアム感がある質感の高いインテリアです。
逆三角形の中にスイッチ類やエアコンの送風口が集められているデザインは、センタークラスターはマンタをモチーフにしたものです。

トヨタ iQ 内装 シート

エアコンは、オートマ車の場合オートエアコンが装備されていますが、マニュアル車はマニュアルエアコンです。
この辺は、オーナーによって賛否両論です。
しかし、マニュアル車を好む方には大きな問題ではないです。また、縦にダイヤルが3連で並んでいるスタイルが逆に良いとする方もいます。

角度調整可能な丸形の室内灯は、白色のLEDが装備され、広範囲の照射が可能です。



コンビネーションメーターは、メインにスピードメーターでタコメーターは右下に約100°の回転域でメーター針が回ります。
オートマ車では問題ありませんが、マニュアル車にとってはタコメーターはもう少し大きいほが良いでしょう。

メーターの左側には、マルチインフォーメーションディスプレイが装備され、エコ運転の範囲がひと目でわかるエコゾーン表示が設定されていたり、外気温、ラジオチャンネル表示など、小さい中に多数の情報が表示され便利です。



後部座席はかなり窮屈です。
トヨタの紹介には、大人3人、子供1人が乗れることを押し出しているので、大人4人乗車は後部座席に座る方が相当窮屈な状態で座ることになります。
しかし、後席に座ってもひざ周りに窮屈さを感じさせないように配慮、前席のシートバックが薄型になっています。

室内長は短いですが、室内幅は1,515mmでトヨタ・カローラやプリウスよりも長く、2人で乗らないのであれば、広さにゆとりを感じれます。

後部座席は、5:5分割可倒式リヤシートというものを採用し、肩口のレバーを引き上げ、外したヘッドレストをリヤシートの上に置いた後、そのまま前へ倒すワンモーションバックロックが採用されています。
そして、シートバック両側前倒し状態での荷物スペースは、232ℓの容量で大型スーツケース1個積載可能です。

トヨタiQには、もしもの事故のために9つのエアバッグを標準搭載しています。

後部座席のSRSリヤウインドゥカーテンシールドエアバッグと、助手席側のSRS シートクッションエアバッグはトヨタiQが世界で初めて搭載しました。
小さな車でも安全対策はかなり力を入れています。

トヨタiQの口コミは?

トヨタiQを普段使っているオーナーは自らの愛車をどのように感じているのでしょうか。
良い点、悪い点に分けて、口コミを見ていきましょう

トヨタiQの良い点

外観が個性的。購入動機はこれに尽きる。
長距離の燃費が良い。(長距離:19~22km/L 街乗り13~16km/L)

出典:http://www.goo-net.com/

小さな車体で小回り抜群!燃費もかなり良く、
自分のiQは通勤で20km/Lを超えています。
それにコンパクトな室内は夏や冬の空調使用時、驚く程効率的です。

出典:http://www.goo-net.com/

個性的な外観やショートホイールベースであるため小回りがきくところは、トヨタiQのオーナーが共通してメリットとして考えています。
燃費に関して賛否両論で、オーナーの乗り方や車体の状態で燃費の値にの大きな幅があるように思えます。

トヨタiQは4人乗りですが、ほとんどのオーナーが2人乗りでの充実感は感じながらも後部座席の窮屈感は思った以上にあるみたいで、後部座席にはあまり人を乗せたくない意見が多く、2人乗りと割り切っています。

トヨタiQの悪い点

ホイールベースが短いので速度があがると直進安定性に不安がでるとおもいます。
高速道路では当たり前ですが法定速度を守らないといけないでしょうね…

出典:http://www.goo-net.com/

バックには慣れが必要
エンジンの振動が低速時に車体に共鳴するところ
収納が少ない

出典:http://www.goo-net.com/

ホイールベースが短いため、高速での直進安定性が少なく、パワー不足感を感じているオーナーも多いです。
小さい車特有のデメリットですが、エンジンパワーを考慮すると1,300ccのほうを購入したほうが無難です。

トヨタiQのカスタムカーは?

トヨタiQにはどのようなカスタムを施し、オーナーは楽しんでいるのでしょうか。メーカー純正のカスタム車から、オーナーこだわりのカスタム車まで見ていきたいと思います。

トヨタiQ GAZOO Racing tuned by MN

トヨタが展開する「Gazoo Racing」が、「見る者・乗る者をトリコにする、スパイスの効いたマイクロレーサー」をコンセプトに、130G MTをベースとした限定車「iQ GAZOO Racing tuned by MN」が3,550,000円で限定100台のみ販売され、受注開始から一週間ほどで全台数を完売しました。

アストンマーチン・シグネット

アストンマーチン・シグネットは、トヨタiQをベースにアストンマーチンがカスタマイズして販売していた車で、価格はなんと4,750,000円!

トヨタiQをイギリスに輸出し、イギリスの職人達は計150時間かけてシグネットを仕上げ、また日本に輸入するそうです。
フロントグリルは、アストンマーチンのDB9やヴァンキッシュのようなデザインで、アストンマーチンのエンブレムが輝かしく見えます。

トヨタiQは、レーシングカーとしての十分なポテンシャルがあります。
エアロパーツや大径のホールに大きなウィングをつけると、ここまでCoolなスポーツカーになってしまいます。

トヨタiQの評価は?

これまで、トヨタiQの実燃費や口コミなどオーナーの評価を見ていき、良い評価をしている人、悪い評価をしている人まちまちでした。
トヨタiQが発売してから販売終了するまでの販売台数は約3万台であり、トヨタ・ヴィッツが年間で約10万台も売れており、トヨタ・アクアはすでに販売台数100万台の大台に載せました。
これらから、トヨタiQがいかに不人気車であったことがわかります。なぜここまで売れなかったのでしょうか。

さまざまな賞を受賞できたトヨタiQ

トロフィー

トヨタiQはさまざまな賞を受賞しています。
2008年にグッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)を受賞し、さらに2008-2009の日本カー・オブ・ザ・イヤーも獲得。
スタイリッシュなデザインとトータルで良質な車であることを社会的に認知されていました。

実際に求められる車とは不一致だったトヨタiQ

降下 データチャート

多くの栄誉を得ることができたトヨタiQですが、人気のない車になった理由は、トヨタの理論的な理想とする車とユーザーの欲しがる車の不一致からだと思われます。
自動車市場では高燃費で5人乗ることができ荷物もそこそこ積むことができるコンパクトカーが人気であり、トヨタ・ヴィッツやアクアがビッグセールスを続けています。

市場が求めている車には、大容量で荷物が積めることがどのような車でも共通して求められることで、小さくてスタイリッシュだけど、鞄一つだけ持った人が乗る車が受け入れられないことは明確です。

よって、トヨタiQがオシャレでスマートな車だけど、実際は実用的でなかったということが不人気の理由です。

トヨタiQはロマン溢れるマイクロカー!

トヨタ iQ 外観

トヨタiQについてまとめてみましたが、いかがでしたか?
最終的にトヨタiQは不人気のまま販売終了となりましたが、日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得するほど自動車業界で認められた魅力ある車です。

オーナーはさまざまは評価をしていますが、実際のところトヨタiQに満足しています。
トヨタiQは小さくても魅力的で憎めないヤツだと思います。

愛車の現在の買取査定額を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

コンパクトカーについての記事はこちら

トヨタの人気コンパクトトールワゴン・ルーミー/タンクについてはこちら

トヨタのおすすめ中古車ランキングとその中古価格まとめはこちら

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す