MOBY

【全損とは】車の全損事故の基準と車両保険での買い替えや修理について

自動車保険には、自分の車の損害に対して修理費として保険金が支払われる車両保険があります。車両保険に入っている場合には、損害の程度などに応じて支払われる保険金が決まりますが、損害の程度によって「分損」と「全損」に分けられ、それに応じた保険金を受け取ることができます。全損の基準や修理、買い替えについてまとめました。

全損・分損とはどのような状態か

全損の説明の前に、まず半損との違いと理解しておきましょう。

分損の状態とは

分損とは、事故による損害を修理する金額が、車両保険金額内で収まる場合をいいます。つまり、ほぼ修理は可能な状態と言えます。

全損の状態とは

自動車事故

一方、全損とは、まずは全損という言葉通りに本当に修理が不可能な状態まで損害を受けた場合を言います。

しかし、全損の考え方はそれだけではありません。損害した車両の「時価額」を上回る場合にも全損とされます。つまり、修理が可能であってもその損傷を修理するよりもその車を買った方が安いと判断されれば、全損扱いとなるのです。

このほか、盗難に遭って車を発見することができなくなってしまった場合にも、全損と判断されます。

全損と判断される基準(修理が可能な場合)

交通事故

修理が不可能で全損、盗難されて見つからないので全損と判断されるというのは誰にでも分かりやすい基準だと思いますが、修理可能でも全損となるのは具体的にはどのような基準なのでしょうか。
もう少し詳しく見てみましょう。

先ほど、損害した車両の「時価額」を上回る場合と説明しましたが、これは保険の契約時(通常は1年に1度)の時点です。事故を起こした時の価格ではないことがポイントです。

そして、この金額は市場価格に基づいて設定されています。この 市場価格というのはオートガイド社が発行している「自動車価格月報」(通称「レッドブック」)とを元に保険会社は決めているようです。

この価格は、中古車市場での価格を平均したものと考えられていますが、実際よりはやや低めに出る傾向があるようです。

車両保険に関する情報はこちらの記事

全損だともらえる保険金はどれぐらい?

保険

この契約時の時価額で決めた、車両保険の上限までの保険金を受けとることができます。

保険金は事故に遭ってしまった車の修理にも使えますし、代わりに新しい車に買い替える時にも使うことができます。

ここで大切なのは、保険契約時の時価額です。
新車に近い車であれば購入時の価格近くまで車両保険が設定できますが、10年以上経過した車だと、市場価格はほとんど無くなってしまい ます。

具体的な例だと、修理が可能で、修理代に40万円かかる場合、20万円の価値しかない車であれば全損扱いとなり、20万円までしか保険金が出ません。残りの20万円は自己負担するしかありません。

買い換えるにしても、20万円で買うことができる車はほとんどないでしょう。諸費用などもかかります。そのため、かなりの自己負担を覚悟しなければなりません。

保険の契約は1年ごとです。車の時価額は年々下がっていきます。どこまで車両保険をかけ続けるのかはよく考えた方が良さそうですね。

全損で修理する場合

事故イメージ

事故による損害がひどい場合でも、これまで乗っていた車に思い入れがあったりすると、修理できる限りは直してでも乗りたいと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、修理費があまりに高額だと自己負担が多くなることが気になる点です。そのような人のために、「車両全損修理時特約」という特約があります。

これは車両保険の上限額を超えた修理費用まで保険金が出ます。

現在の車がとても気に入っていて、長い間乗っていきたいという思いが最初から固まっている人は、この特約を検討してみてはいかがでしょうか。

また、逆の立場で「対物超過修理費用補償特約」というものもあります。これは加害者側が、相手側に修理費の差額が上回った分を補填する特約です。自分の保険に車両全損修理時特約がなくても、相手方の保険で物超過修理費用補償特約があれば修理費用の自己負担がなくて済む可能性もあります。

これら特約の部分は保険会社によっては金額の上限や、割合などが決まっていたり、呼び名も異なるので、よく確認してみてください。

全損で買い替える場合

車とお金

全損となった場合、もちろんその保険金を使って新しい車を買うことも可能です。

先ほど説明したように、車両保険の契約期間は1年間のものがほとんどです。そのために、契約後すぐに全損となった場合と、1年ぐらい経過してから全損となった場合には差が出ます。

例えば、契約時の評価額が100万円の車だとしたら、車両保険は100万円までとなります。その後すぐ事故となって同じ車に買い換える場合と、数か月後に買い換える場合では、後者の買い替えの方が自己負担が少なくなるかもしれませんね。

また、先ほど修正の時に説明した特約で、上回った費用をカバーできるかもしれません。

ただし 、保険会社によっては購入時に使えるもの、使えないものなどの条件があるのでやはり確認が必要です。

全損扱いの盗難の場合

車泥棒

盗難された車が発見されずに全損として保険金を受け取ってしまった場合、後から発見されたとしても元の車は戻ってきません。

しかし、60日以内に発見された場合に限っては、受け取った保険金と引き換えに、元の車を受け取ることができます。

盗難に遭うことはほとんど無いと思いますが、どうしても元の車を取り戻したい!という人は覚えておきましょう。

盗難されやすい車種はこちらの記事

全損を心配して車両保険に入った方か安心?

自損事故

車の全損事故の基準と車両保険での買い替えや修理について紹介してきましたが、いかがでしたか?

最後に、車両保険に入っていない場合はというと、もちろん自分の過失分に関しての修理代は出ません。自損事故など相手がいない場合には一切出ないということですね。

相手にも過失があった場合には、その割合だけ修理費用が出ることになります。また、保険金が出るとは言っても免責金額(一定の自己負担) の設定など、契約によって様々です。
まずは契約している保険の内容をよく確認してみてくださいね。

これから車両保険の加入を検討している人は車の価値や愛着なども考えてみてはいかがですか。

自動車保険のお見積もりはこちら!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

事故を起こした時の対処法はこちらの記事

自動車保険に関する情報はこちらの記事

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す