初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【80年代の旧車ベストテン】国産車・アメ車の傑作の今の中古車価格まで紹介

1980年代を代表する「国産車・アメ車」の名車トップ10をまとめています。80年代にはどのような時代背景があったのか?をまじえて、旧車と呼ばれる「国産車」「アメ車」の傑作品の紹介から、現在の中古車価格まで、魅力たっぷりの名車がずらり勢揃いしています。

自動車が最高に輝いていた80年代

シボレー レトロ アメ車

日本では70年代に始まった厳しい排ガス規制への対応がようやく終了し、DOHCやターボといったハイメカニズムが大衆車にまで採用されるようになりました。
右肩上がりの経済に押されるように毎年魅力的なモデルが発表され、今なお名車の呼び声の高い世界的に通用するような国産車が続々と生まれていきました。

アメリカ車は日本車の台頭や品質面での低下に悩まされながら、「強いアメリカ」を象徴するハイパフォーマンスモデルも発売されるなど明るい兆しも見えてきました

80年代はこんな時代でした

証券取引所

1980年代はアメリカが貿易赤字と財政赤字で低迷し、入れ替わるように日本が経済的に台頭していった時代でした。
1985年に先進主要5ヵ国(G5)が各国通貨を対ドルで一律10%程度切り上げることを決定したプラザ合意が契機となり、一気に円高ドル安が進みました。

日銀が円高不況対策として金利を大幅にひき下げた結果、銀行による貸し出し競争や過剰な不動産投資、証券投資につながり、80年代後半のバブル景気につながっていったのです。
高度成長期の重厚長大に対し軽薄短小という言葉に代表されるようにカジュアルなものが受け入れられる時代に変化していきました。

若い男性がお洒落なファッションに身を包んで、海辺のレストランまで彼女とドライブするようなデート企画が雑誌で紹介されるようになったのもこの時代です。
これまで一家に一台、家族の移動手段だった自動車が、よりパーソナルな移動空間へと変わっていったのです。

80年代の旧車ベストテン・アメ車【第10位】

プリムス(クライスラー)・ボイジャー

プリマス ヴォイジャー 初代 外装

日本のファミリーカーの主流、ミニバンのルーツがこのプリマス・ボイジャーと言われています。
日本には3代目からクライスラー・ボイジャーとして輸入されていました。
それまでの商業バンをベースにした車と異なり、FFの乗用車(クライスラーKカー)をベースにしていることから乗り心地も良く、低床で乗り降りがしやすいという特長があります。

プリマス・ボイジャーが発売されなければ日本でこれだけミニバンがメジャーな存在になることもなかったかもしれません。
米国カー&ドライバー誌の85年10ベストカーに選出されています。

80年代の旧車クライスラー・ボイジャーの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


80年代の旧車ベストテン・アメ車【第9位】

GM・ポンティアック・フィエロ

ポンティアック フィエロ 88年型 外装

FF車のエンジンと駆動系をそのままリアに移してミッドシップカーに仕立てるフィアットX1/9の手法を採用したアメリカ車初の量産型ミッドシップスポーツ車です。

発売当初はGMの予想を大幅に上回る人気を博したのですが、パワー不足のエンジン、俊敏性に欠けるハンドリングに加え、火災事故がたびたび発生するなど低い品質が相まって残念ながら人気は尻つぼみとなっていきました。
しかし、ミッドシップ+樹脂製のボディパネルという構成がフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーのレプリカを仕立てるのに最適ということでアメリカのカスタムカーメーカーに大人気となる珍現象を引き起こしました。

80年代の旧車ポンテアック・フィエロの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


80年代の旧車ベストテン・アメ車【第8位】

フォード・トーラス

フォード トーラス 初代 外装

85年当時、ホンダ・アコードやトヨタ・カムリといった日本車が席巻していたミッドサイズセダン市場にフォードが30億ドルという巨額の開発費をかけて投入した意欲作がフォード・トーラスです。

旧来の「アメ車」のイメージを打ち破る斬新なエアロデザインに、日本車勢にはなかったV6エンジン仕様も用意したことが功を奏して89年には悲願の全米販売No.1を達成します。

それ以降、トーラス、アコード、カムリの三つどもえ状態の販売トップ争いが繰り広げられました。モータートレンド誌が選ぶ86年のベストカーに選出されています。

80年代の旧車フォード・トーラスの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


フォード・トーラスの詳しい解説はこちら

80年代の旧車ベストテン・アメ車【第7位】

GM・ポンティアック・ファイアバード

©Shutterstock.com/ yauhenka

82年に同じくGMのシボレー・カマロの兄弟車として、カマロ同様に欧州車を意識した外装スタイリングで登場した3代目、リトラクタブルライトが特長的です。
なお、よく間違われるのですが「トランザム」はグレード名で、ポンティアック・ファイアバードが正式な車名となります。

ファイアバードを有名にしたのはなんといってもアメリカのテレビドラマ「ナイトライダー」。
劇中で人工知能をもったスーパーマシン、「ナイト2000」として大活躍したため実際のファイアバードをナイト2000にカスタマイズするユーザーが続出しました。

80年代の旧車ポンテアック・ファイヤーバードの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


80年代の旧車ベストテン・アメ車【第6位】

AMC・ジープ・チェロキー

©Shutterstock.com/ Divin Serhiy

83年にオールニューの4WDカーとしてデビューしたジープ・チェロキーはそれまでのトラックベースの4WDカーと異なり乗用車と同じモノコックボディを採用しているのが特長です。
開発・販売のAMC社がクライスラーに買収されたため、クライスラー・ブランドで引き続き販売されました。

ジープ伝統の悪路走破性はそのままにスタイリッシュな外装デザインが評判を呼びベストセラーカーとなりました。
郵便集配車に使用されていた右ハンドル車を利用し日本市場に右ハンドル仕様を用意し、ホンダのディーラーでも販売を開始したことも話題を呼び、日本でもヒットしました。

80年代の旧車ジープ・チェロキーの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ジープ・シェロキーの詳しい解説はこちら

80年代の旧車ベストテン・アメ車【第5位】

GM・キャデラック・フリートウッド

キャデラック フリートウッド 1987 外装

80年代に入り、アメリカ車もダウンサイジング化の波に飲まれることになりました。
豊かなアメリカの象徴、キャデラックもその例外ではなく85年に発売されたキャデラック・フリートウッドも大幅に小型化され、エンジンはV8OHV4.1L、しかも駆動方式はFFとコスト削減が図られました。

しかし外装は伝統的なキャデラックのフォルムを堅持し、「アメ車」のイメージそのままの赤い内装、ソファのようなベンチシートを備え保守的なユーザーにもアピールを欠かしませんでした。

80年代の旧車キャデラック・フリートウッドの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


キャデラックの詳しい解説はこちら

80年代の旧車ベストテン・アメ車【第4位】デロリアン・DMC-12

デロリアン DMC-12 外装

GMの副社長だったジョン・ザッカリー・デロリアンが独立して設立したDMC(Delorean Motor Company Ltd.)が81年に販売した唯一の量産車がデロリアン・DMC-12です。
デザインはジョルジェット・ジウジアーロでロータスが設計を請け負ったことから、当時のロータス・エスプリともデザインに共通するものがあり、大きく開くガルウィングドアが特長です。

高価格による販売不振や会社の不正経理、さらに創業者自身のスキャンダルが重なったことからDMC社は82年には倒産、総生産台数は約8,583台にとどまっています。
しかしその後、ご存知の通り映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の中で大活躍したことから、希少性も相まって現在はマニアの間でコレクターズ・アイテムとなっています。

アメ車:80年代の旧車ベストテン【第3位】GM・シボレー・カマロ

©Shutterstock.com/ Art Konovalov

82年にデビューした3代目のカマロは、旧モデルよりもダウンサイジングされ欧州市場も視野に入れた外装デザインで登場しました。
日本にはヤナセを通じて5L V型8気筒のZ28が導入されています。

本国では最強バージョンとしてIROC-Zという5.7Lのモデルが用意され、米国カー&ドライバー誌が選ぶ80年代で最もクールだった車の1台に選ばれています。

80年代の旧車シボレー・カマロの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


シボレー新型カマロの最新情報についてはこちら

80年代の旧車ベストテン・アメ車【第2位】

フォード・マスタング

フォード マスタング

4代目となるフォード・マスタングは生みの親であるリー・アイアコッカが開発に携わった最後のマスタングです。
さらに車体のコンパクト化は進められ、フォードの小型セダンにも用いられたFOXプラットフォームを採用したことから、FOXマスタングと呼ばれることもあります。

これまでの大排気量OHVエンジンに加え直列4気筒ターボエンジンも追加されるなど環境とパフォーマンスの両立に配慮し幅広いエンジンを搭載していた点も特長です。
「SVO」(Special Vehicle Operations)というハイパフォーマンスモデルやコンバーチブルの追加、大掛かりなマイナーチェンジを挟みながら、実に14年間にもわたり生産される長寿モデルとなりました。
87年及び88年度米国カー&ドライバー誌の10ベストカーに選出されています。

80年代の旧車フォード・マスタングの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


フォード新型マスタングの最新情報についてはこちら

80年代の旧車ベストテン・アメ車【第1位】

GM・シボレー・コルベット

シボレー コルベット 外装

©Shutterstock.com/ Barry Blackburn

83年に4代目としてデビューしたシボレー・コルベット(C4)は最新テクノロジーを駆使して軽量化に取り組み、これまでの大らかなアメリカン・スポーツから優れた操縦性を実現したスポーツカーに生まれ変わりました。

当時のGMのデザイナーの嗜好が色濃く反映したフェラーリの影響を感じさせる外装デザインも好評でした。
デビュー当初はまだ排ガス規制の対応で苦労していた時期のため205psと大人しかったエンジンも徐々にパワーアップしていき、最終的には300psまで引き上げられました。
89年には高性能バージョンのZR-1が追加され、さらに人気を博しました。

アメリカでの人気は相当なものがあり、モータートレンド誌84年度イヤーカーに選ばれたほか、カー&ドライバー誌の10ベストカーにも85〜89年にわたり連続で選出されています。

80年代の旧車シボレー・コルベットの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


シボレー新型コルベットの最新情報についてはこちら

80年代の旧車ベストテン・国産車【第10位】

スバル・レガシィ

スバル レガシィツーリングワゴン 初代

80年代、倒産の危機も噂されていた富士重工が現状を打破すべく、エンジンとプラットフォームを新規開発し、新たなブランドとして89年に発売したのがスバル・レガシィです。
電子制御アクティブ・トルク・スプリット4WDに220psを発揮する2L水平対向ターボを組み合わせ、WRCでも活躍したセダンのRSがイメージリーダーでした。

しかしレガシィを大ヒットに導いたのは、スタイリッシュな外装にハイパワー4WDターボを組み合わせたレガシィ・ツーリングワゴンです。
各社も後を追って同様のコンセプトのステーションワゴンを開発したものの、いずれもレガシィの牙城を崩すまでには至りませんでした。

80年代の旧車レガシツーリングワゴンの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


スバル新型レガシィの最新情報についてはこちら

80年代の旧車ベストテン・国産車【第9位】

トヨタ・MR2

トヨタ MR2 初代 外装

トヨタ・MR2は同社のカローラのエンジンと駆動系を活用して全長4mを切るコンパクトなミッドシップ車に仕立てた国産車初の量産型ミッドシップスポーツカーです。
俊敏なハンドリング、軽快に回る4A-Gエンジンなどミッドシプならではの魅力をぐっと凝縮したパッケージングが魅力です。

86年にはマイナーチェンジによりTバールーフとスーパーチャージャー仕様が追加されました。
これにより指摘されていたパワー不足は解消されましたが同時にハンドリングも若干マイルドな方向に修正されたので、前期型を好むマニアも多いようです。

84年度日本カーオブザイヤー及び米国モータートレンド誌の85年インポートカーオブザイヤーを受賞しています。

80年代の旧車トヨタ・MR2の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・MR2に関連する記事はこちら

国産車:80年代の旧車ベストテン【第8位】

ホンダ・アコード

ホンダ アコード 3代目 外装

85年に発売された3代目となるホンダ・アコードはこれまでスポーツカーにしか採用されていなかった4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用した低いフロントノーズとリトラクタブルヘッドライトが特長的です。
新開発のDOHCエンジン仕様も用意され、当時参戦していたF1のイメージとも相まってスポーティで知的なセダンとして人気を集め85年の日本カーオブザイヤーを受賞しています。

米国でもカー&ドライバー誌の10ベストカーに毎年ランクインするなどベストセラーカーとなりました。
また88年には北米で生産されていた左ハンドル仕様のクーペが初の逆輸入車として国内販売され話題になりました。

80年代の旧車ホンダ・アコードの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ新型アコードの最新情報についてはこちら

国産車:80年代の旧車ベストテン【第7位】

日産・シルビア

日産 シルビア 5代目 外装

当時スペシャリティカーの人気を独占していたホンダ・プレリュードの対抗馬として88年にデビューしたのが5代目となる日産・シルビアです。
「アート・フォース」のキャッチコピーの通りスタイリッシュなデザイン、エレガントな曲線基調の内装で当時の若者を中心に大ヒットしました。

オーテックジャパン製のコンバーチブルも用意されるなど、もともとは雰囲気を楽しむスポーツクーペ的な位置づけでした。
しかし、多くの車がFF化される中でFR方式を堅持したことが純粋に走りを楽しむユーザーからも支持を集めました。

米国向けにリトラクタブルヘッドライトを装備しリアをハッチバック化した180SXも国内で販売され強い人気を誇り、シルビアがモデルチェンジされた後も98年まで販売されました。

80年代の旧車日産・シルビアの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産新型シルビアの最新情報についてはこちら

80年代の旧車ベストテン・国産車【第6位】

三菱・パジェロ

©Shutterstock.com/ nitinut380

それまで三菱で生産していたジープを本格的なオフロード性能を保った上で、一般のユーザーにも使いやすいクロスカントリービークルをコンセプトに82年にデビューしたのが三菱・パジェロです。

パリ・ダカールラリーへの挑戦など非常にヘビーデューティーな面もありながら、4ドアバージョンやクラス初の4ATの採用など通常の乗用車からも違和感無く乗り換えられるようにバリエーションを拡大して行きました。

そんな中、87年に内装を豪華にした高級グレード、「エクシード」を発売したところ、折からのスキーブームも相まってメーカー自身が予想しないほどの大ヒットとなりました。
パジェロが現在の高級SUVブームの下地となったのかもしれません。

80年代の旧車三菱・パジェロの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


三菱新型パジェロの最新情報についてはこちら

現行の三菱・パジェロに関連する記事はこちら

80年代の旧車ベストテン・国産車【第5位】

マツダ・ファミリア

各社が小型車のFF化を進める中、最後発のマツダが発売したのがファミリアです。
初代フォルクスワーゲン・ゴルフの影響をうかがわせる直線基調のスタイルはシンプルかつクリーンでスポーティなものでした。
きびきびした操縦性も相まって、月間販売台数で王者トヨタ・カローラから7回も1位を奪うなど大ベストセラーカーになりました。

特にサンルーフを標準装備した1.5Lの赤いXGが大学生を中心とした若者に人気を呼び、Tシャツをシートカバーに代わりしたりフェンダーミラーを輸出用のドアミラーに変更するなどのドレスアップも流行りました。
80年の第1回日本カーオブザイヤーの受賞するなど、専門家からの評価も高く、当時苦境にあえいでいたマツダの救世主となりました。

80年代の旧車マツダ・ファミリアの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


マツダ・ファミリアの詳しい解説はこちら

80年代の旧車ベストテン・国産車【第4位】

日産・スカイラインGTR

排ガス規制の影響で16年途絶えていたGT-Rの称号が、8代目日産・スカイラインで復活しました。
ベースとなった8代目スカイラインも当時の日産が進めていた901運動(90年代までに技術で世界一を目指す)から生まれた高いレベルの運動性能をもった車でした。

さらにGT-Rは、「デビューから3年間はレースで負けないポテンシャルを秘めた究極のツーリングカー」を目的として、280psのハイパワーターボエンジンとそれを確実に路面に伝える電子制御トルクスプリット式4WDシステムで武装しました。

全日本ツーリングカー選手権に参戦したGT-Rはデビュー戦から優勝をかっさらい、以降、圧倒的な強さを発揮し、最終的に29連勝という偉業を達成、新たなGT-R伝説を打ち立てました。

80年代の旧車日産・スカイラインの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産・スカイラインGTRの詳しい歴史についてはこちら

80年代の旧車ベストテン・国産車【第3位】

トヨタ・ソアラ

トヨタ ソアラ 初代 外装

「未体験ゾーンへ」というキャッチコピーとともに81年に登場したトヨタ・ソアラはまさに国産車の新しい時代を開く高級クーペでした。

新開発の2.8Lの直列6気筒DOHCエンジン、フルデジタルメーター、ドライブコンピューターなどトヨタの最新技術を満載していたことも話題になりました。
発売時、速度無制限のアウトバーンでジャーナリスト対象の試乗会を開催して200km/hオーバーでの操縦安定性を体験させるなど、トヨタの自信の程がうかがえます。

81年の第2回日本カーオブザイヤーを受賞しています。

80年代の旧車トヨタ・ソアラの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・ソアラに関連する記事はこちら

80年代の旧車ベストテン・国産車【第2位】

トヨタ・セルシオ

アメリカでトヨタが新たに立ち上げた高級車ブランド、レクサスの最上位モデルとしてデビューしたLSの日本国内版としてトヨタ・セルシオは89年に発売されました。
振動や騒音を発生源にまでさかのぼって徹底的に対処する源流主義をスローガンとして開発された結果の圧倒的な静粛性、製造技術や品質管理方法の見直しが実現した高い品質は89年度日本カーオブザイヤーを受賞するなど高い評価を得ました。

さらに海外ではアメリカ市場のみならず、世界の高級車メーカーにも多大な影響を与えました。
例えばジャガーはセルシオの1UZエンジンを徹底的に分析し、新たなV8エンジンを開発したと言われています。

80年代の旧車トヨタ・セルシオの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・セルシオに関連する記事はこちら

国産車:80年代の旧車ベストテン【第1位】 マツダ・ユーノスロードスター

ユーノス ロードスター 初代 外装

ハイテク・ハイパワーの高性能車のデビューが相次いだ80年代後半、「人馬一体」をコンセプトに登場したオープン2シーターのスポーツカーがマツダ・ユーノス・ロードスターです。
最高出力は120psと標準的なものながら、屋根をオープンにして、コクコクと小気味よく決まる5速MTを駆使してのドライブは、忘れかけていた自動車を意のままに操る楽しみを思いださせるものでした。

ユーノス・ロードスターが与えたインパクトは日本だけにはとどまりません。
全世界での販売台数は43万台とスポーツカーとしては驚異的な売り上げを記録しています。
また、BMW・Z3やMGF、フィアット・バルケッタなどのフォロワーを生むなど、世界の自動車メーカーにも多大な影響を与えました。

80年代の旧車マツダ・ユーノスロードスターの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


マツダ新型ロードスターの最新情報はこちら

昔憧れた80年代の名車を手に入れるなら今が最後のチャンス?

80年代の名車、傑作車について見てきましたがいかがでしたでしょうか。
お父さんや親戚のお兄さんが乗っていたので懐かしいという方もいるでしょうし、昔憧れた車を今からでも購入したという方もいるかもしれませんね。

既に30年以上が経っている車もありますが、とても手が出せないようなプレミアム価格がついている車種はまだ少ないようです。
80年代になるとエアコンやパワーステアリング、パワーウインドウ等といった快適装備もほぼ標準装備になり、普段の街乗りでも不便はありません。
とはいえエンジン等の機能部品以外の外装部品などは欠品になっているものが多くなってきているようです。

また、日産・スカイラインGT-Rのように海外のコレクター向けに国内からどんどん流出している車種も出始めました。
今後、今回紹介した車種を始め、80年代の名車を入手、維持していくのはどんどん難しくなっていくかもしれません。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

旧車に関連するおすすめ記事はこちら

旧車のレストアに関連するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK