初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ハイソカーとは?意味や歴史からシーマなどの代表車種までご紹介

80年代にブームとなった「ハイソカー」、今はすっかり死語になってしまいました。ハイソカーの意味や歴史、ブームの背景からトヨタ・マーク2三兄弟やトヨタ・クラウン、トヨタ・ソアラや日産・シーマなどの代表車種について解説いたします。

ハイソカーってどんな意味?

ハイソカーとは、High society car(上流階級向けの車)を略したものです。
もちろん、和製英語なのでネイティブの方に使っても意味が通じません。

一般的には1980年代に販売された大ヒットを記録したトヨタ・マーク2、チェイサー及びクレスタのいわゆるマーク2三兄弟と、同じくトヨタのクラウン、ソアラをハイソカーとして指すことが多いようです。
なお、ほぼ同時期に「シーマ現象」と言われる程、ブームを巻き起こした初代日産・シーマについてはハイソカーに含まれるかどうかについては賛否両論があります。

今回は記事では、当時を代表する車ということで日産・シーマもハイソカーに含めて解説していますのでご了承ください。

ハイソカーブームの歴史

トヨタ ソアラ 初代 内装

1968年に日産・ローレルがデビューした際に広告で使用された「ハイオーナーカー」が上級小型乗用車を指す言葉としてよく使われていました。
1980年代半ば、白色のマーク2三兄弟が爆発的に売れた際にも、当初は「ハイオーナーカーブーム」と言われていました。
そんな中、当時人気のあった自動車専門誌の「ホリデーオート」(モーターマガジン社)が「ハイソカーブーム」と名付けて誌面で使用したことから「ハイソカー」という呼び名が広まっていったのです。

ハイソカーブームの背景

ハイソカーブーム以前はマーク2やクラウンには中高年の男性が乗る車というイメージがありました。
若者に人気があったのは日産・スカイラインやトヨタ・セリカといった走りのイメージが強い車だったのです。

しかし、トヨタが1982年のマイナーチェンジでマーク2三兄弟に当時最新の直列6気筒ツインカム24バルブの高性能エンジンを搭載したことで一気にスポーティなイメージが高まりました。
豪華でしかも速い車、ということで若い世代からも支持されるようになったのです。
また、バブル経済前夜、日本経済が右肩上がりで豊かになり高級嗜好が高まったこともハイソカーブームを後押ししたのです。

ハイソカーの代表車種 トヨタ・マーク2(X70系)

「美しき正統 Mark 2」

トヨタ マーク2 5代目 外装

1984年にフルモデルチェンジされ、5代目にとなったマーク2は大ヒットを記録してハイソカーブームを確たるものとしました。
スーパーホワイトの端正な外装にワインレッドの高級感あふれる内装に加え、発売翌年には日本初のツインカムツインターボ仕様を追加するなど高い走行性能も実現しているのが特長です。
CMキャラクターは九代目松本幸四郎さんでした。

トヨタ・マーク2の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・マーク2に関連するおすすめ記事はこちら

ハイソカーの代表車種 トヨタ・チェイサー(X70系)

「TOYOTA GT-SALOON」

トヨタ チェイサー 3代目 外装

1984年に発売された3代目のチェイサーです。
初代チェイサーが日産・スカイラインへの対抗馬として誕生したことを受け継ぎ、この3代目でもスポーティなイメージを引き継いでいます。
マーク2と共通の4ドアHTのボディを採用していますが、車体色のCピラーとフロント回りのデザインで差別化を図っています。
CMキャラクターに映画「ビッグウェンズデイ」の主演俳優ジャン・マイケル・ヴィンセントを起用し、マーク2とクレスタよりもアクティブなイメージを強調していました。

トヨタ・チェイサーの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ハイソカーの代表車種 トヨタ・クレスタ(X70系)

「トヨタの最高級パーソナルセダン」

マーク2三兄弟の最後発として1980年4月に発売されたのが初代クレスタです。
その半年後にマーク2とチェイサーがモデルチェンジして追従するという、変則的なデビューでした。

1984年にはマーク2、チェイサーと同様にクレスタもモデルチェンジした2代目が発売されました。
クレスタはセダンボディを採用することでよりフォーマルなイメージを強調していたのが特長です。
CMキャラクターは俳優の山崎努さんでした。

トヨタ・クレスタに関する情報はこちらの記事

トヨタ・クレスタの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ハイソカーの代表車種 トヨタ・クラウン(S12型)

「いつかはクラウン」

トヨタ クラウン 7代目 外装

1983年にフルモデルチェンジして7代目となったトヨタ・クラウンは、直線主体の端正な4ドアハードトップがメイン車種でした。
この世代からオーナー自らがハンドルを握るパーソナルカーとしても人気を集めるようになったのです。

Cピラーに「クリスタルピラー」と呼ばれる、光沢のある樹脂製のパネルを採用したことがスタイリング上の特長となっています。
また、マイナーチェンジで2L車に日本車初のスーパーチャージャー仕様を発売したことも話題となりました。

トヨタ・クラウンの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・クラウンに関連するおすすめ記事はこちら

ハイソカーの代表車種 トヨタ・ソアラ(Z10型)

「未体験ゾーンへ」

トヨタ ソアラ 初代 2.0GT

1981年に発売されたトヨタ・ソアラは当時のトヨタが持てる技術をつぎ込み、世界に通用するGTカーとして開発されました。
端正なクーペスタイルに2.8Lツインカムエンジン、世界初のデジタルメーターなど数々の魅力的な装備にあふれていましたが、「スーパーホワイト」というボディカラーもユーザーの目を引きつけました。

ソアラの製造過程で新たに導入した塗装設備により輝くような純白の塗装が可能になったのです。
他メーカーで同様の塗装を実現するのにはそれから数年以上経ってからでした。
このスーパーホワイトがクラウンやマーク2三兄弟にも採用され大ヒットしたことから、ハイソカーのイメージカラーとなっていったのです。

トヨタ・ソアラの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ・ソアラに関連するおすすめ記事はこちら

ハイソカーの代表車種 日産・シーマ(FPY31型)

「きっと、新しいビッグ・カーの時代が来る」

日産・シーマはバブル経済のまっただ中の1988年に発売された3ナンバー専用のハイオーナーカーです。
発売当初、500万円前後の高額車が年間36,000台も売れたことで「シーマ現象」と言われるまでの社会現象ともなりました。
日本初のV6ツインカムターボの強力なパワーで、テールを沈ませながら加速するシーマの姿はバブル時代を象徴するシーンでした。

日産・シーマの現在の中古車価格


中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


右肩上がりの好景気が生んだ夢の高級車、それがハイソカー

日産 シーマ 2代目

いかがでしたでしょうか。
バブル崩壊後、ハイソカーに変わりRV車がブームになると共に、ハイソカーという言葉も忘れ去られて行きました。
コンパクトカーやミニバンといった身の丈にあった車が主流の現在から見ると、誰もが高級車に憧れたかつての日本が眩しく思えてきます。
ハイソカーブームは日本の景気が右肩上がりに良くなっていった時代の象徴だったのかもしれません。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

名車に関連するおすすめ記事はこちら

セダンに関連するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK