MOBY

【意味ない?】ポンピングブレーキの必要性とは?やり方や悪い例なども紹介

車の性能が上がった現在ではポンピングブレーキは意味がないという意見も聞かれるようになりましたが、一部の車においてはまだまだ必要性があり、有効な運転テクニックです。スムースなポンピングブレーキのやり方や、悪いポンピングブレーキの例もご紹介します。

ポンピングブレーキとは?

アクセルペダル ブレーキペダル

教習所などでは今でも「交差点などで停車する前には、何度かに分けてブレーキペダルを踏む」と教えているところもあるので、これをポンピングブレーキと思われている方も多いのではないでしょうか。

本来のポンピングブレーキは、タイヤがロックしやすい滑りやすい路面でブレーキをかけた際に、タイヤがロックしそうになったらブレーキペダルを少し緩め、タイヤが転がり始めたらまた踏み込むというペダル操作を繰り返すことを言います。

この間ブレーキの効き具合を調整しているだけなので、後続車から見るとブレーキランプは点灯したままに見えます。

これは車のABS(アンチロックブレーキシステム)がまだ一般的ではなかった頃からある運転テクニックで、ABSの付いていない車ではポンピングブレーキをすることで減速中の車の安定を保ち、制動距離を短くする効果があります。

教習所で習うブレーキ操作は予備制動

教習所で習うブレーキ操作は、自車が減速または停車しようとしていることを後続車に知らせる「予備制動」と呼ばれるもので、ポンピングブレーキではありません。

減速または停車までにブレーキを数回に分けて踏むので、ブレーキランプが点滅することもポンピングブレーキと異なります。

予備制動で車が停まるまでの停止距離が短くなると思われがちですが、ブレーキペダルの踏みなおすことで空走距離が延びるので、停止距離は逆に長くなってしまうことになります。

ABS(アンチロックブレーキシステム)に関する情報はこちらの記事

ポンピングブレーキの必要性とは

夜間 交差点 ブレーキランプ

乗用車のABSはすでにほとんどが標準装備となっていますが、商用車などではまだオプションになっている車種もありますし、中古車ではABSの付いていない車も流通しています。

特に雪道などではタイヤが滑りやすい状態になるので、ABSが付いていない車ではドライバーが代わりにタイヤをロックさせないように制御するポンピングブレーキはとても有効なテクニックと言えます。

ABSが装着されている車では一般的なドライバーのブレーキ操作より細かい制御が可能になっていますが、ABSが作動するような運転は車が予期しない挙動をしてしまうこともあります。
ABSを前提とした運転ではなく、危険回避のための最後の手段と考えるべきでしょう。

ポンピングブレーキのやり方

雪道 走る車

ポンピングブレーキのやり方を紹介する前に、まず前提として滑りやすい路面では車間距離をとり、エンジンブレーキなども併用してブレーキペダルを踏む前に十分スピードを落としておくことが必要になります。
これにより操作に余裕が生まれ、万一の際でも落ち着いて対処できます。

減速を始める時は車の姿勢が乱れないようにハンドルは切らず、まっすぐな状態にしておきます。

ブレーキペダルをゆっくり踏み込んで車が減速したことを感じたら少しブレーキペダルを緩め、減速が足りない時はもう1度ブレーキペダルを踏み込みます。

ブレーキペダルをずっと踏み込んだままではタイヤがロックして滑り始めてしまいますし、緩めた状態では十分な減速ができなくなります。
タイヤがロックしない範囲でブレーキを踏む量をコントロールして車のスピードを落としていくのがポンピングブレーキです。

このとき、通常のブレーキのように車を前傾させず、なるべく一定の姿勢を保ったまま減速するのがコツです。

カーブを曲がる場合はそのまま惰性で曲がり、途中でブレーキやアクセルを操作しないようにすると安全に曲がることができます。

ポンピングブレーキ中に滑っているかな?と感じたときは

ポンピングブレーキの途中で「滑っているかな?」と感じたときは、わずかにハンドルを左右に切ってみるとタイヤが滑っているかどうか確認できます。

車の進む方向に変化がなければタイヤがロックして滑り始めていることになりますので、ブレーキを踏む量を少なくしてタイヤを回転させるようにします。

滑り始めてしまった時の対処法

それでも滑り始めてしまったときはブレーキを完全に戻し、車が滑っている方にハンドルを切って車体が真っすぐに向くようにします。

車の姿勢が戻ったら、改めてポンピングブレーキをしてスピードを落とします。

慌ててブレーキを踏んでしまうと余計に止まらなくなってしまうので、落ち着いて操作するようにしましょう。

繰り返しになりますが、常に滑るかもしれないことを予測をして、あらかじめ十分な車間距離をとってスピードを落としておくことが重要です。

雪道に強い車に関する情報はこちらの記事

ポンピングブレーキの悪い例

ブレーキランプ

ポンピングブレーキはブレーキペダルを調節する加減が難しいものです。
スムースなブレーキ操作に慣れるまで、以下のような点に注意すると良いでしょう。

ブレーキを踏み過ぎてしまう

ポンピングブレーキはタイヤがロックしないギリギリの制動力で減速できるのが理想です。ブレーキを強く踏み込み過ぎてしまうと、タイヤがロックするだけでなく車の姿勢も乱れやすくなります。

ブレーキの踏み込み時は車の挙動変化などに注意して、適切な制動力をタイヤに伝える練習をしましょう。

ポンピングブレーキと加速を繰り返す

最初のうちはなかなか思った速度に調整できず、スピードが落ちすぎてしまうこともあるでしょう。

安全なスピードで運転するためであっても、加減速を繰り返すと後続のドライバーに混乱を招きますし、それだけスリップの危険も増えることになります。

むやみにスピードを出すことは控えて、ポンピングブレーキは必要最小限で行うようにしたいですね。

ABS非装着車ではポンピングブレーキを使いこなして安全運転

ブレーキランプ ストップランプ

ポンピングブレーキの意味や必要性、やり方などについて解説しましたが、いかがでしたか?

教習所で習うものは本来の意味でのポンピングブレーキとは異なるということを、初めて知ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今でこそ乗用車でABSは標準装備となっていますが、ABSの付いていない中古車も現役ですし、商用車ではオプションになっている車種もあります。
ABS非装着車ではタイヤがロックしないようにドライバーがコントロールしなければならないので、ポンピングブレーキは有効な運転テクニックとなります。

ABSの付いていない車を運転される際にはポンピングブレーキを思い出して、安全でスムースな運転を心がけましょう。

他のドライブテクニック・運転技術に関する情報はこちらの記事

雪道の運転に関する情報はこちらの記事

ブレーキに関する情報はこちらの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す