MOBY

トンネル内追い越しは違法?状況別の追い越しから罰則や違反金についても

トンネル内では追い越しは原則はできないことになっています。ただし、状況によっては追い越しができる場合もあります。どんな場合にトンネル内での追い越しができるのか、また、その時気を付けなければならないこと、罰則などについてまとめました。

トンネル内での追い越しはできる?

出典 :©Shutterstock.com/muratart

トンネル内で追い越しができる、できないの答えは状況により「できる場合とできない場合がある」です。
ただし、基本はできないものと覚えておきましょう。
まずは道路交通法を見てみます。

道路交通法第30条第2号(追越しを禁止する場所)

車両は、道路標識等により追越しが禁止されている道路の部分及び次に掲げるその他の道路の部分においては、他の車両(軽車両を除く。)を追い越すため、進路を変更し、又は前車の側方を通過してはならない。
一 (略)
二 トンネル(車両通行帯の設けられた道路以外の道路の部分に限る。)
(以下略)

トンネル内は追い越しを禁止すると明示されています。そして、カッコ内に車両通行帯の設けられた部分は除外すると示されています。
トンネル内では追い越しができないと考えていた方は半分正解ですが、必ずしもそうではないことが分かります。

ただ、実際にはトンネル内での追い越しができる場合でも、危ない感じがして何となく避けたいと考える人もいるのではないでしょうか。
しかし、長いトンネルで前方の車が気になる時などには追越しをしたくなる場合も時にはあるものと思います。

追い越しをより安全に行うために、トンネル内で追い越す時に気を付けなければならない点も確認してみましょう。

トンネル内で追い越し可能な場合

トンネル

出典 :©Shutterstock.com/MiraPen

道路交通法30条にもある通り、トンネル内で車両通行帯(片側で2車線以上がある道路)がある場合です。

さらに、白線で区切られている場合です。白線には実線と破線がありますが、基本的にはトンネル外と同様にどちらも車線の変更ができることになりますので、追い越しも可能です。

もちろん、追い越し禁止の標識などがないかをよく確認してください。なお、白の実線の場合には追い越しは禁止の標識が設置されている場合もあるようです。
追い越しが終わったら、速やかに走行車線へと戻るようにしましょう。

トンネル内で追い越しができない場合

車両通行帯がない(片側1車線)トンネル

追い越しできないトンネル

出典 :©Shutterstock.com/Narisara Tawong

まず、道路交通法30条にもある通り、車両通行帯のないトンネルです。センターラインが白の破線であっても追い越しはできません。トンネル内が片側1車線の場合には、絶対に追い越し禁止だと覚えてください。

両通行帯がある(片側2車線以上)トンネル

追越ができないトンネル

↑車両通行帯があるものの、黄色線のために追い越しできません

次に、車両通行帯はあるものの追い越しができない場合です。
追い越しができないトンネルは、大抵の場合追い越し禁止の標識が設置されています。トンネル内にもありますが、大体はトンネルの入り口手前にも看板が設置されています。

気を付けたいのが車両通行帯が黄色の実線で区切られている場合です。
車両通行帯は、追い越し禁止を規制しているわけではありません。
進路の変更を禁止するものです。

車線を変更しない追い越しはできないために、追い越し禁止を同じ意味を持つこととなります。
追い越しをしなくても車線の変更自体が許されませんので、より注意が必要でしょう。

トンネル内で追い越し規制があった場合の罰則と違反金

ETC車載器 選び方 価格 違い

トンネル外での追い越し禁止と同じように、3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金で、過失の場合には10万円以下の罰金となっています。
交通反則通告制度の適用があり、その場合の反則金は普通自動車で9,000円です、2点減点です。

道路交通法の違反内容からその点数と罰金のまとめはこちら

トンネル内で追い越しする時に気を付けること

追い越し可能なトンネル

↑追い越しするならこんな場所が安心です

トンネル内では暗く、視界が良くなく圧迫感も感じられ、慣れていない方が追い越しをする時には緊張するかもしれません。
夜間の運転などと同じように考えて焦らずに、前方の車の動きと、周囲の確認をよくして、慎重に行いましょう。

また、できるだけ直線の区間で行い、視界が急激に変わる出入口では避けた方が良いかもしれません。

そして、トンネル内はオレンジ色の照明を使っている場合があるため、車両通行帯の線の色が分かりにくくなる時があるかもしれません。
黄色の線を白色と見誤ったりしないよう気を付けましょう。

トンネル内の追い越しは特に安全に気を付けて!

トンネル 規制標識

出典:https://ja.wikipedia.org/

トンネル内での追い越しのできる・できないを状況別に解説しましたが、いかがでしたか?
トンネル内での事故は、トンネル外に比べて様々な危険があります。そのため、トンネル外よりも規制が厳しくなっています。

特に高速道路などの長いトンネルでは2車線以上でも全面的に車線変更を禁止している場合が多くあります。また、カーブが多く見通しが悪いトンネルや車線が狭いトンネルも禁止となっている場合が多いようです。

トンネル内で追い越しができる場合にはより気を付けて行い、必要最低限とした方が安心かもしれないですね。

あなたの知らない道路交通法があるかも?不安な方におすすめの記事はこちら

高速道路での追越車線の危険性|動画で詳しく解説している記事はこちら

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す