MOBY

【三重県の道の駅おすすめランキングTOP10】松坂牛から世界遺産を望む温泉まで

2016年「伊勢志摩サミット」が開催されてから、TVや雑誌でも取り上げられることが多くなった「三重県」。三重県は、海あり・山ありで実は「食材の宝庫」なのです。本記事は、そんな三重県のおすすめ道の駅ランキングTOP10をご紹介します。絶品の松坂牛から世界遺産を望む温泉まで、どこも魅力たっぷりですよ。

三重県のおすすめ道の駅ランキング!

三重県は、人口約180万人(2016年12月時点)の中部地方に位置する県です。気候は年間を通して比較的温暖で、松坂牛・伊勢海老・あわびなど食材の宝庫となっています。

2016年に開催された「伊勢志摩サミット」で有名な志摩半島は、複雑な地形が特徴のリアス式海岸で、「日本3大リアス式海岸」の中の1つとなっています。

また、皇室の祖神といわれる「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が祀(まつ)られた「伊勢神宮」は、近年パワースポットとして女性にも人気で、2015年度の伊勢神宮への参拝客は約838万人となっています。
さらに、F1日本グランプリや8耐が開催されることで有名な「鈴鹿サーキット」は言わずと知れた「モータースポーツの聖地」ですよね。

三重県・道の駅おすすめランキングTOP10

eriさん(@3eri11)が投稿した写真 -


それでは三重県のおすすめしたい「道の駅」ランキングTOP10を10位から1位の順にご紹介していきます。

三重県・道の駅ランキング10位【道の駅いが】

「道の駅いが」は24hのコンビニあり

名阪国道伊賀サービスエリア下り側に位置する「道の駅いが」は、自動車専用道路から直接利用できる道の駅として「全国初」となります。

駅内には24時間利用可能なコンビニもあり、道の駅の外観は三重県伊賀市で誕生した「松尾芭蕉」にちなんで俳聖殿をイメージした八角形となっています。

「道の駅いが」のグルメ【忍者ソフトって何?】

トラック運転手の方から広まったピリ辛の「みそ焼きうどん定食」や、地元ではポピュラーな豚肉ステーキ「とんてき定食」はボリューム満点の定食です。

また、ソフトクリームの中になんと粒あんが隠れている「忍者ソフト」はクセになる味わいで、伊賀牛を使用した「伊賀牛コロッケ」とともに小腹が空いた際の強い味方となっています。

さらに、「芭蕉俵たぬきにぎり」は揚げ玉とおつゆが絶妙の俵型おにぎりで、何個も食べたくなる美味しさなのです。

【道の駅いがの基本情報】

・住所:三重県伊賀市柘植町6187-1
・電話:0595-45-3513
・営業時間:7:00~21:00(情報休憩施設・レストラン)
・休館日:無休
・駐車場:普通車75台 大型車66台 障害者用3台

三重県・道の駅ランキング9位【道の駅あやま】

「道の駅あやま」はそば打ち体験ができる

三重県の忍者の里「伊賀」にある「道の駅あやま」は、キャラクター「ひしみちゃん」が女性に人気です。
施設内には、三重県・伊賀地方の物産特売所があり「伊賀焼」と呼ばれる陶器の販売や、そば打ち体験ができる「玉の輿・そば打ち道場」があります。
そば打ちは、土・日の10:00から15:00まで実施していて、所要時間は2時間という本格的なコースで、費用は1人3,500円となっています。

「道の駅あやま」のグルメ【伊賀牛をお試しあれ】

道の駅あやまの一押しグルメといったら、地元「伊賀牛」をふんだんに使用した「伊賀牛うどん」です。

三重県のグルメといえば「松坂牛」は何といっても全国区ですが、実は地元では松坂牛に引けをとらないお肉として「伊賀牛」は有名なのです。

ぜひ「道の駅あやま」にお出かけの際には、試してほしい逸品です。また、地元のひしの実の粉が練りこまれた大判焼き「ひしみちゃん」は、キャラクター「ひしみちゃん」の焼き印が入っていて、程良い甘さが人気となっています。

【道の駅あやまの基本情報】

・住所:三重県伊賀市川合3370-29
・電話:0595-43-9955
・営業時間:9:00~18:00(トイレ・公衆電話・駐車場は24h使用可能)
・休館日:水曜日
・駐車場:普通車50台 大型車8台 障害者用2台

三重県・道の駅ランキング8位【道の駅海山】

「道の駅海山」は世界遺産・熊野古道がすぐ近く

三重県紀北町の国道42号沿いに位置する「道の駅海山(みやま)」は、2004年に世界遺産に登録された「熊野古道・馬越峠」の入口の近くにあります。

そのため、トレッキングや古道散策、観光客用のゆったりとした「休憩所」が準備されているので、利用者には嬉しい施設となっています。

また、山・海とも近いという立地を生かした地元ならではの特産品が有名で、中でも幻の牡蠣といわれる湖で養殖された「渡利の牡蠣」は、生臭さがなく身はふっくらとしていて、販売されるシーズンが到来するのを心待ちにしている人も多いのです。

「道の駅あやま」のグルメ【干物定食はふっくら熱々】

「海の駅海山」のおすすめといえば、まず幻の牡蠣「渡利の牡蠣」を使用した「牡蠣フライ定食」や「牡蠣のひつまぶし」です。

ふっくらクリーミーな牡蠣フライは、何個食べても飽きのこない味で、ひつまぶしは牡蠣の甘辛さとご飯が絶妙なのです。(*牡蠣はシーズンにより取扱いが無い場合があります)

また、一年を通じて味わえる「干物定食」は、その季節の旬の新鮮な魚を使用しているので、身が厚くジューシーです。

これも地元産のあおさを使ったお味噌汁とともに、大満足の和定食です。

【道の駅海山の基本情報】

・住所:三重県北牟婁郡紀北町相賀1439-3
・電話:0597-32-1661
・営業時間:9:00~18:00(8月のみ19:00)
・休館日:1月1日のみ
・駐車場:普通車34台

三重県・道の駅ランキング7位【紀宝町ウミガメ公園】

紀宝町ウミガメ公園はウミガメに会える

三重県紀宝町のウミガメ公園では、ウミガメの研究・飼育をしていて、生きたウミガメを水槽の上や水中窓から観察することができる全国でも珍しい道の駅です。

それというのも三重県・紀宝町の井田海岸は「ウミガメの産卵地」として有名な美しい海岸があるからで、ウミガメ公園では、生きたウミガメの他にもウミガメをモチーフにしたグッズや紀宝町の特産品が販売されています。

また、3階の展望テラスからは美しい「七里御浜」が一望できるのです。

「紀宝町ウミガメ公園」のグルメ【濃厚なソフトクリームが絶品】

地元では有名な濃厚な牛乳「大内山牛乳」を使用したソフトクリームは、ぜひ味わってほしい絶品ソフトクリームです。バニラ、チョコバニラミックス、抹茶など、どれもペロリと食べられてしまう美味しさですよ。

また、レストランで食べることができる「しらす丼」は、ふっくらした「しらす」がたっぷりと入っていて、大満足のどんぶりです。

さらに、三重県熊野地方の郷土料理「めはり寿司(高菜おにぎり)」は大きさもさることながら、さっぱりとした味わいがやみつきになること間違いない美味しさです。

【紀宝町ウミガメ公園の基本情報】

・住所:三重県南牟婁郡紀宝町井田568-7
・電話:0735-33-0300
・営業時間:8:30~19:00(3月~10月) 8:30~18:00(11月~2月)
・休館日:年中無休
・駐車場:普通車46台 大型車5台

三重県・道の駅ランキング6位【ありまの村・お綱茶屋】

「ありまの村・お綱茶屋」は世界遺産「花の窟」に隣接

「ありまの村・お綱茶屋」は、熊野古道とともに世界遺産に登録された「花の窟(いわや)」に隣接する道の駅です。

「花の窟」は日本最古の神社とされ、社殿はなく高さ45mの巨大な岩をご神体にしていて、近年はパワースポットとして人気を集めています。

「ありまの村・お綱茶屋」は木をふんだんに使用し、情緒あふれる建物となっていて、施設内には「花の窟」の歴史・由来を説明する資料館や地元の「古代米」を使用した特産品が数多く販売されています。

「ありまの村・お綱茶屋」のグルメ【古代米を味わう】

三重県・熊野地方の特産品「古代米・イザナミ米」を使用した「みたらし団子」「お綱もち」「うどん」「おにぎり」など、「ありまの村・お綱茶屋限定品」は、ぜひ一度味わってほしい美味しさです。

また、地元産の酸味と香りが特徴的な柑橘類「新姫(にいひめ)」を使用した「新姫ソフト」は、さわやかでさっぱりした味わいであっという間にペロリと食べられてしまいます。

【ありまの村・お綱茶屋の基本情報】

・住所:三重県熊野市有馬町137
・電話:0597-88-1011
・営業時間:10:00~17:00
・休館日:年中無休
・駐車場:普通車13台 バス2台

三重県・道の駅ランキング5位【道の駅関宿】

「道の駅関宿」は足つぼと畳でリラックス

三重県・亀山市関町にある「道の駅関宿(せきじゅく)」は東海道47番目の宿場町であった「関宿」の入口に位置する道の駅です。宿場町をイメージした木造・瓦葺きの建物が特徴的で、ドライブの疲れを癒すのに最適となる畳敷きの休憩室が完備されています。

また、足つぼを刺激することができる石が敷かれた「健康遊歩道」も設置されていて、ドライバーに優しい道の駅となっています。

「道の駅関宿」のグルメ【ご当地亀山ラーメンで決まり】

三重県・亀山地方のご当地ラーメンといったら「亀山ラーメン」。
ここ「道の駅関宿」でも「亀山ラーメン」が味わえます。

亀山ラーメンは、オリジナルブレンドの味噌をベースにした牛骨味噌ラーメンで、三重県産の小麦を使用した麺と、三重県産のきのこを使用していることなどの基準をクリアした「ご当地ラーメン」なのです。

見た目よりあっさりしていて、味噌ときのこの風味が何とも味わい深いラーメンで、ぜひ一度食べて欲しい逸品ですよ。

【道の駅関宿の基本情報】

・住所:三重県亀山市関町新所674-8
・電話:0595-97-8200
・営業時間:9:00~18:00(トイレ・公衆電話・駐車場は24h使用可能)
・休館日:年中無休
・駐車場:普通車54台 バス7台

三重県・道の駅ランキング4位【道の駅奥伊勢おおだい】

「道の駅奥伊勢おおだい」はイベントが多彩

三重県・多気郡の奥伊勢地方に位置する「道の駅奥伊勢おおだい」は、毎月1度イベントが開催され地元の人や観光客の間でも人気となっています。

イベントはその季節にマッチしていて、例えば12月には冬至イベントとして「ゆず鍋」や「かぼちゃ羊羹」が無料で振るまわれたりします。
また、地元のシイタケ、大内山牛乳を使った乳製品、宮川の鮎なども人気の特産品となっているのです。

「道の駅奥伊勢おおだい」のグルメ【本日の駅弁を味わう】

「まごころ食堂」の超人気メニューが「本日の駅弁」です。「本日の駅弁」は平日限定ですが、1日35食限定の日替わり定食で、値段はなんと700円とリーズナブルでご飯の大盛りサービス無料の絶品定食なのです。

また、古代米に鹿肉・豚肉を使用したハンバークを載せた「大台ロコモコスペシャル」や「伊勢うどん」など、店内の明るく開放的な雰囲気とともに、オリジナリティ溢れるメニューが勢揃いしています。

【道の駅奥伊勢おおだいの基本情報】

・住所:三重県多気郡大台町佐原663-1
・電話:0598-84-1010
・営業時間:8:00~18:00(トイレ・駐車場は24h使用可能)
・休館日:1月1日~1月2日
・駐車場:普通車50台 バス3台 トラック6台

三重県・道の駅ランキング3位【道の駅・紀伊長島マンボウ】

「道の駅・紀伊長島マンボウ」はマンボウがいっぱい

駅名にもなっている「マンボウ」。
なぜか見ているだけでほっこりしてしまう姿のマンボウですが、昔から三重県では「マンボウ」を食べる風習があります。

ここ「道の駅・紀伊長島マンボウ」でも、マンボウ料理からマンボウグッズまで数多くのマンボウがいっぱいなのです。また、駅の場所も「熊野灘臨海公園」内にあるので、休憩や景観をゆっくり楽しむには最適なのです。

紀伊長島は、風光明媚で近くには観光地が数多くあるので、休憩にはぜひおすすめしたい道の駅です。

「道の駅・紀伊長島マンボウ」のグルメ【マンボウからウツボまで】

一押しなのは、やはり「マンボウ」。
マンボウ屋台で焼かれた「マンボウの串焼き」は、ぜひ試してみたい珍味です。

また、物産店で販売される「ウツボのから揚げ」は、お酒のおつまみに最適でウツボのイメージを一新してしまうほど。
ぜひ見つけた際には買ってほしい逸品です。

さらに、焼きたてのパンや「食事処マンボウ」の季節限定で味わえる「渡利の牡蠣・弘法かき」を使用した「カキフライ定食」も絶品ですよ。

【道の駅・紀伊長島マンボウの基本情報】

・住所:三重県北牟婁郡紀北町東長島2410-73
・電話:0597-47-5444
・営業時間:販売所8:15~19:00(休前日は20:00) レストラン8:30~18:30
・休館日:年中無休
・駐車場:普通車61台

三重県・道の駅ランキング2位【道の駅・パーク七里御浜】

「道の駅・パーク七里御浜」は熊野古道・浜街道が目の前

三重県の世界遺産・熊野古道の「浜街道」の目の前に位置する「道の駅・パーク七里御浜(しちりみはま)」。七里御浜は浜街道の目の前なのに加え「日本の自然百選」にも選ばれるほどの美しい浜なのです。

施設の3階「ごちそうダイニング」のテラスから眺める「七里御浜」の絶景は、その場所が道の駅であることを忘れてしまう程、お洒落で素晴らしいのです。

近くには「熊野速玉大社」「熊野那智大社」「熊野本宮大社」もあり、行く途中の休憩にもお食事にも最適な道の駅となっています。

「道の駅・パーク七里御浜」のグルメ【絶景を眺めビッフェで食事】

3階のこちそうダイニングでは平日の料理に加え、土・日・祝日には「ビッフェ料理」が楽しめます。ビッフェは大人1人で1,620円となっていて、約30種類のメニューが用意されています。

中でも三重県・尾鷲に水揚げされる「もちもちまぐろ」や「岩清水豚」「尾呂志米」「尾鷲みかん」など、地元のブランド食材を使用したメニューは、ぜひ一度食べてほしい絶品メニューとなっています。

七里御浜の美しい浜を眺めながらの食事は、感動すること間違いなしですよ。

【道の駅・パーク七里御浜の基本情報】

・住所:三重県南牟婁郡御浜町阿田和4926-5
・電話:05979-2-3975
・営業時間:9:00~18:00
・休館日:年中無休
・駐車場:普通車52台 大型車14台

三重県・道の駅ランキング1位【道の駅・飯高駅】

「道の駅・飯高駅」は温泉・食事・景観全てがベスト

三重県松阪市飯高町に位置する「道の駅・飯高駅」は、1000m級の山々に囲まれた風光明媚な道の駅です。そのため、登山客やハイキングなど観光客も数多く休憩施設として利用し、一年中を通じて賑わっています。

施設内には「日帰り温泉施設」もあり、ドライブで疲れた体もリフレッシュするには最適となっています。「道の駅・飯高駅」の「日帰り温泉」は、内湯も含めると12種類の湯船があり、温かさが持続する天然温泉となっていて、地元の方や観光客から絶大な人気を誇っています。

飯高町の季節を感じながら、ゆっくり湯船につかり、地元産の食材を使ったお食事を楽しめるというなんとも贅沢な「道の駅・飯高駅」を三重県道の駅ランキングの堂々1位とさせていただきます。

「道の駅・飯高駅」のグルメ【やはり松阪牛で決まり】

三重県松阪市といえば、やはり「松阪牛」ははずせませんよね。ここ「道の駅・飯高駅」の「レストランいいたか」でも一番人気はダントツの「松阪牛丼」です。

松阪牛丼は、松阪牛のA5ランクのお肉をたっぷり使用していて、松阪牛独特のとろけるような肉の食感は、一度食べたら必ずリピートしたくなるほどの絶品なのです。

他にも「松阪牛コロッケ丼」「松阪牛うどん」「松阪牛そば」もあり、みんなでシェアしながら食べてみるのもおすすめです。さらに、「松花堂弁当」は月替わりで地元産の食材をふんだんに使用した弁当で、こちらもすぐに終わってしまうほどの人気メニューとなっています。

【道の駅・飯高駅の基本情報】

・住所:三重県松阪市飯高町宮前177
・電話:0598-46-1111
・営業時間:温泉10:00~20:00 飯高茶屋7:30~14:00 レストラン11:00~19:00 物産店9:00~18:00 案内所10:00~18:00
・休館日:水曜日
・駐車場:普通車116台 大型車8台

三重県の道の駅はバラエティー豊か!

林道 田舎道 風景

三重県の道の駅ランキングTOP10をご紹介しましたが、三重県の道の駅は、温泉から松阪牛、世界遺産まで本当にバラエティー豊かですね。

ドライブ途中の休憩にもいいですが、それだけではもったいないほどの充実ぶりです。ぜひ一度出かけてみて下さいね。

おすすめドライブスポットに関する記事!

ドライブに関連するおすすめ記事!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す