初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車のACC(アクセサリー)電源とは?取り方から電源分岐についても

ETCやドライブレコーダーなどの電装品には必ずと言っていいほど使用されるACC(アクセサリー)電源。ACC(アクセサリー)電源とはどのような電源なのか、電気が流れるタイミングや用途などについて解説します。ACC(アクセサリー)電源の取り方や電源を分岐する方法も詳しくご紹介します。

ACC(アクセサリー)電源とは

ACC電源とは

車にETCやドライブレコーダーなどの電装品を取り付けるとき、最も使用される電源にACC(アクセサリー)電源があります。

アクセサリーを直訳すると付属品や装飾品という意味で、車の走行に直接影響のない電装品、例えばラジオなどあまり電力を必要としないものがそれにあたります。
エンジンを止めている状態でもラジオが聞けるのは、ACC(アクセサリー)電源に接続されているおかげといえるでしょう。

キーを回してエンジンを始動するタイプの車では、キーを挿す部分にACCやONなどの表示があると思います。
このとき、キーを1段回してACCの位置にした時にACC(アクセサリー)電源に電気が流れるようになっています。

近年増えているプッシュスタートボタンの車では、スタートスイッチを1回押すことでACC(アクセサリー)電源に通電されます。

いずれのタイプの車でも、キーをOFFにするとACC(アクセサリー)電源もオフになります。
このため時計など常に電源を必要とする電装品をACC(アクセサリー)電源に接続してしまうと、キーを抜くたびにリセットされてしまうので注意が必要です。

ACC(アクセサリー)電源の電飾品に関連する記事はこちら

車のACC(アクセサリー)電源以外にも電源がある

車のACC電源以外の車両電源

ACC(アクセサリー)電源以外にも車には複数の電源が用意されていて、用途や消費電力に応じて使い分けることができるようになっています。

常時電源

名前の通り、キーをOFFにしている状態でも常に電気が流れる電源で、時計やカーオーディオのメモリー、ルームランプなどに使用されています。
メーカーによって+BやBATTERY、BACKUPなどと表記や呼び方が違う場合があります。

イグニッション電源

キーをONの位置にした時に電気が流れる電源で、エアコンなど車のエンジンが動いて発電されている状態が前提となる消費電力の大きな電装品が接続されています。
イグニッション電源はIGやIGNなどと表記されます。

イルミネーション電源

車のライトスイッチに連動している電源で、カーオーディオの夜間照明などに利用されるのがイルミネーション電源です。
ILLUMIやILLUMINATIONなどと表記されることもあります。

ACC(アクセサリー)電源の取り方

電装品を取り付けるためには、どうしても車から電源を取る必要がありますね。
では、複数ある車両電源の中からどうすればACC(アクセサリー)電源を取ることができるでしょうか。

ACC(アクセサリー)電源 ヒューズボックス

ACC電源を取れるヒューズボックス

最も簡単で初心者向きなのが、ヒューズボックスからACC(アクセサリー)電源を取る方法です。

車の配線には漏電やショートに備えてヒューズが接続されています。
重要な電源配線でもあるACC(アクセサリー)電源ももちろんヒューズに繋がっていますので、ヒューズボックスのACC、車種によってはSOCKETやCIGAR、RADIOなどと書かれた場所にあるヒューズからACC(アクセサリー)電源を取ることができます。

ACC(アクセサリー)電源 オーディオ配線

ACC電源を取れるオーディオ配線

ACC(アクセサリー)電源の取り方としてヒューズボックスと並んでメジャーな方法が、車のオーディオ配線を使う方法でしょう。

カーオーディオには時計やラジオ、夜間照明などの機能も付いていることが多いので、パネルを外す手間はかかりますが、近くの配線から常時電源やイルミネーション電源を取ることもできるメリットがあります。

ACC(アクセサリー)電源 シガーソケット(アクセサリーソケット)

ACC電源を取れるシガーライター

最近の車では、シガーライターではなく車内電源用のアクセサリーソケットが付いていることも多くなりましたが、シガーソケット(アクセサリーソケット)でもACC(アクセサリー)電源を取ることができます。

ただし、輸入車や旧車のシガーソケットには常時電源が接続されているものも多くあります。

ACC(アクセサリー)電源と思って電装品を接続するとバッテリー上がりや電装品の思わぬ故障の原因になりますので、シガーソケットから電源を取る場合はどちらの電源が接続されているか必ず確認するようにしましょう。

その他の車両配線

車のどこにACC(アクセサリー)電源が使われているかが分かっていれば、車両配線から直接電源を取ることもできます。
少し知識と工具が必要になりますが、使いたい電装品までの配線を短くできることがメリットと言えるでしょう。

車のキーシリンダーやスタートスイッチは車両電源のスイッチにも使われていますので、その裏にある配線にもACC(アクセサリー)電源が接続されている、ということになります。

車のメンテナンスに便利な工具に関連する記事はこちら

ACC(アクセサリー)電源を電源分岐する方法

車のどこからACC(アクセサリー)電源を取り出すことができるかが分かりましたので、ここでは実際にACC(アクセサリー)電源を分岐する方法についてご紹介します。

ヒューズ電源による分岐

【アマゾン価格】424円(2017年1月現在)

ヒューズボックスからACC(アクセサリー)電源を分岐するためには、ヒューズ電源と呼ばれる製品を使用します。

取り出す元となるヒューズには主に平型、ミニ平型、低背(ていはい)の3種類があり、5A、10Aなどヒューズの容量によってそれぞれに適合する製品が決まりますので、取り付ける車に合ったものを選びましょう。

取り付ける際も検電テスターなどで極性を調べて、ヒューズから配線が出ている方を+側(バッテリー側)に挿すようにします。
これは交換したヒューズ電源のヒューズが切れた場合でも、配線で分岐させた先にある電装品が動かなくならないようにするためです。

このACC電源分岐ヒューズの現在の価格はこちらで紹介!

オーディオ配線から分岐する

【アマゾン価格】1,589円(2017年1月現在)

近年の車では、オーディオレスのグレードでもインパネまでオーディオ配線が来ていることが一般的です。
車両側のオーディオ配線のコネクターに、電源取り出しコネクターを挿し込むことで簡単にACC(アクセサリー)電源を分岐することができます。

電源取り出しコネクターはメーカー別に形状の違うものが販売されていて、ACC(アクセサリー)電源だけでなく常時電源やイルミネーション電源なども同時に分岐できるようになっています。

このACC電源分岐配線の現在の価格はこちらで紹介!

オーディオハーネスから分岐する

【アマゾン価格】1,200円(2017年1月現在)

車に社外品のカーナビやカーオーディオを装着している場合は、オーディオ配線にオーディオハーネスと呼ばれる変換コネクタが使用されていると思います。

オーディオハーネスにはあらかじめACC(アクセサリー)電源の分岐用配線が付いているものも多いので、そこから電源分岐することができます。

このACC電源分岐配線の現在の価格はこちらで紹介!

Y型の接続端子で電源分岐する

【アマゾン価格】181円(2017年1月現在)

もし分岐用の配線が無い場合でも、Y型の接続端子をACC(アクセサリー)電源の配線にギボシで接続することで同じように分岐させることができるようになります。

このACC電源分岐配線の現在の価格はこちらで紹介!

シガーソケット(アクセサリーソケット)から分岐する

【アマゾン価格】707円(2017年1月現在)

プラグタイプの電源取り出し配線を使うと、シガーソケットに挿し込むだけで簡単にACC(アクセサリー)電源を車内に分岐させることができます。

プラグ自体にスイッチが付いている製品もあるので、キーON以外の任意のタイミングで取り付けた電装品を動かしたい場合などに便利でしょう。

このACC電源分岐プラグの現在の価格はこちらで紹介!

車両配線から直接分岐する

エレクトロタップを使えば、配線の途中から直接ACC(アクセサリー)電源を分岐することができます。
ヒューズボックスや車両側のコネクターの場所に制限されることがないので電装品までの配線を短くでき、内装などに隠しやすくなるのがメリットです。

例えば、シガーソケット(アクセサリーソケット)用のプラグを使うとどうしても車内に配線が見えてしまうことになりますが、シガーソケット(アクセサリーソケット)の裏にある配線にエレクトロタップを利用すれば、パネルで配線を見えなくすることができます。

エレクトロタップを使用するときは、分岐させる配線がACC(アクセサリー)電源であるか十分確認をして、取り付けたい電装品の消費電力に合った太さの配線コードとエレクトロタップを使用するようにしてください。

このACC電源分岐配線の現在の価格はこちらで紹介!

ACC(アクセサリー)電源が分かれば電装DIYも怖くない!

ACC電源でDIY

ACC(アクセサリー)電源について、その用途や他の車両電源との違い、取り方や具体的な電源分岐方法などを解説しました。

エンジンをかけなくてもONになり、キーを抜けばOFFになるACC(アクセサリー)電源は電装品の電源として最も利用されることの多い車両電源です。

ACC(アクセサリー)電源の取り方は他の車両電源にも応用できるので、今までショップなどに取り付けを依頼していた電装品もDIYに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ACC(アクセサリー)電源に関連するおすすめの記事はこちら

車の改造に関連する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す