MOBY

【要注意】道路のセンターライン(中央線)の種類と意味とは?

黄色や白、実線や破線、その組み合わせなど様々な種類がある道路のセンターライン(中央線)。それぞれに正確な意味を理解していますか。標識とセットで考えなければならないこともあり複雑です。センターラインの基本となる考え方を分かりやすくま

センターライン(中央線)とは

センターラインは道路交通法で「中央線」と呼ばれるもので、センターライン(中央線)を道路の中央として、車両はその左側を通行しなければならないとされています。
なお、道路上に描かれた線には車両通行帯と路側帯と分ける線や、片側2車線以上の道路にある車両通行帯を分ける線などもありますが、センターラインとは言いません。また、ルールも少し違ってきます。ここではセンターライン(中央線)の場合を解説していきす。

センターラインは道路を左と右に分けるもの

中央分離帯

出典:https://ja.wikipedia.org/

↑中央分離帯も、道路交通法上では中央線とされています

センターラインは、通行区分の左側と右側を分けるものですが、色や線で様々なパターンがあって、非常に分かりにくいのではないでしょうか。
センターラインではなく、中央分離帯によって物理的に反対車線にはみ出すことができない場合の中央線は分かりやすいですが、線の種類によっては反対車線へのはみ出しが可能な場合や、禁止されている行為などがあるので、詳しく見てみましょう。

センターラインの基本は3種類

様々なバリエーションがあるセンターラインですが、基本となるのは白色の実線、白色の破線、黄色の実線の3パターンで、いずれも実際に良く見かけるものです。あとはこれを強調したものや、組み合わせて応用しているものです。この3つの決まりを覚えておけば間違いないでしょう。
「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」(内閣府・国土交通省)を元に確認します。

白色実線の場合

白色実線

命令では「道路の右側部分にはみ出して通行してはならないことを特に示す必要がある道路に設置する場合」となっています。
白色実線の場合には、センターラインからはみ出してはいけないと覚えておきましょう。
片側2車線以上の広い道路や、片側が車両通行帯によって車線が区切られていないくても中央からはみ出さないで追越しができる余地のある道路のセンターラインに使われています。

白色破線の場合

白色破線

出典:https://ja.wikipedia.org/

命令では「白の実線以外の場所に設置する場合」となっています。
つまり、はみ出してしまっても良い場合ということになります。センターラインが白色破線の場合で、追い越し禁止の道路標識もなければセンターラインをはみ出して追越しをしてもよいということになります。
また、白の実線の道路よりも狭い道路の中央線に使われており、センターラインからはみ出さなければ追越しができない道路とも言えます。
はみ出す場合には、対向車が来ないことに十分注意をしてください。

黄色実線の場合

黄色実線

出典:https://ja.wikipedia.org/

センターラインが黄色の場合は、追い越しができないと認識している方も多いのではないでしょうか。
命令では「追越しのため右側部分にはみ出して通行することを禁止する場合」と規定されています。
つまり、追越しを禁止しているのではなく、はみ出しを禁止しているものです。
はみ出さなければ追越しができるとも考えられますが、実際には追い越しができる余地のない比較的狭い片側1車線の道路の中央線に使われています。そのため事実上追越しができない状態となっています。また、追越し禁止の標識がセットで設置されていることも多くあります。

複数を組み合わせたセンターラインの場合

複数を組み合わせたセンターライン

出典:https://ja.wikipedia.org/

ドライバーを悩ませるのが複数の線を組み合わせているセンターラインです。
ただ、基本の3パターンを覚えていれば簡単です。自分の通行している側に描かれている線に従えばよいのです。

まず、同じ種類の線が2本の場合には、単に強調しているものと考えて問題ありません。
実線と白色破線の組み合わせでは、白色破線側の車線だけはみ出しが許されているものと考えてください。

さらに、時には黄色実線に白い破線が挟まれているセンターラインなんていうようなものもあります。ただし、走行している車線に一番近い方で考えれば良いのです。
自分が通行している側の線が白色の破線でない限りはすべてはみ出しはできないと覚えておけば簡単ですね。

センターラインが動く場合もある

移動するセンターライン

出典:https://ja.wikipedia.org/

↑道路鋲と標識板で中央線の位置を表示

渋滞が激しい複数の車線がある道路では、時間帯などによってセンターラインの位置が変わる場合があります。
当然、道路にペイントしているわけではなく、道路にランプを埋め込んだ道路鋲として標示しています。合わせて、可変の標識板で遠くからも事前に分かるようにしてあります。

目立つようになっていますが、慣れていない人がこの場所を通る場合、通る時間によってセンターラインの位置が違うことに戸惑うはずです。
知らないうちに対向車線にはみ出してしまい、正面衝突などの事故も起こっているので、細心の注意が必要です。

センターラインと一緒に標識にも注意!

センターライン 標識

出典:https://ja.wikipedia.org/

センターラインの種類と意味はいかがでしたか。基本さえ覚えておけば間違うことはないはずです。
しかし、センターラインだけに注目していてはいけません。実際には道路標識との組み合わせで確認が必要です。追い越し禁止以外にも、指定方向外進行禁止、車両横断禁止、転回禁止(Uターン禁止)などもよくある規制ですので、標識にも気を付けて運転してくださいね。

愛車の現在の買取査定額を確認したい方はこちら

事故車買取の<タウ>査定申込促進プログラム

あまり聞き慣れない導流帯(ゼブラゾーン)の解説はこちら

本当に理解している?標識のおさらいができるまとめ記事はこちら

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す