MOBY

【危険】タイヤの空気圧は今は高くしない?高速道路での走行リスクや燃費についても

タイヤに関して気にしなければならないのは磨耗や痛みなどのタイヤ自体の状態だけではありません。空気の入れ方を一つ取っても乗り心地や走行性能も変わってきます。また、トラブルの原因となる可能性もあります。この記事では正しいタイヤの空気圧の確認方法、空気圧が低いことのリスクなどについて紹介していきます。

タイヤの空気圧を知っていますか?

空気圧計

当たり前のことですが、タイヤは車の中で唯一地面と直接している部分です。それだけにとても重要な部分で、タイヤの空気は一度入れて終わりではありません。

放っておくと少しずつですが、次第に空気は抜けていってしまい空気が少ない状態となります。そのため、定期的に空気の補充が必要となりますが、どれぐらい入れたら良いのでしょうか。

ガソリンスタンドやカー用品専門店などでもタイヤに空気を入れてもらうことはできますが、お店の人にお任せという人も多いのではないでしょうか。また、高速道路を走行する場合には多め(空気圧を高め)の方が良いなどと聞いたことがある人もいるかもしれません。これは本当でしょうか。

タイヤの空気圧について気をつけなければならないことと、適正な空気圧についてに考えてみましょう。

タイヤエアゲージのおすすめ人気ランキングはこちら

タイヤの適正空気圧は車によって違う

タイヤ 適正空気圧

タイヤの空気圧は「kPa(キロパスカル)」「kgf/㎠(キログラムフォース/平方センチ)」「bar(バール)」「PSI(ピーエスアイ)」などの単位で表します。車が生産される国によって、使われる単位が異なりますが、国際的に推奨されているのはkPaです。

いずれにしても、適正空気圧はこれらの単位で取扱説明書や、多くの車は運転席のドアを開けた部分に表示があります。適正な空気圧というものはこれぐらいが標準的というものはありません。車によって決まったものがあるのです。

また、前輪、後輪で違っていたり、荷物(乗車人数)をどれぐらい乗せているかで指定が変わる場合もあります。まずは自分の車の適正空気圧を知ることからはじめましょう(レンタカーなどの場合でも念のため確認しておきましょう)。

タイヤの空気圧は高くしない?

タイヤの空気圧は昔は高かった!

タイヤ 整備

高速道路を走る前には空気圧を高めにした方が良い、という話を聞いたことがある人もいるのではないかと思います。

タイヤは高速で回転をしていると遠心力が掛かってきて、押しつぶされてきます。さらに熱を持つと破裂しやすくなるのです。タイヤの耐久性が現在よりも低かった時代には、空気圧が低めだと特にこういった現象が起きやすく、高速道路を走行する前には空気圧を高めにと言われていました。

しかし、これは以前の時代の話として考えていただいて問題ないと思います。現在ではタイヤの耐久性もあがっており、走る道路に区別してわざわざ変える必要はありません。適正な空気圧であれば、一般道路でも高速道路でも大丈夫です。

とはいえ、先ほど説明したように、タイヤの空気は入れた瞬間からわずかですが抜けていきます。また、燃費や乗り心地の面から考えても、特に一般道路、高速道路の区別なく、適正空気圧よりも高め(10%程度)にしておくのが安心でしょう。

タイヤの空気圧が適正でないと起きるリスク

特に高速道路走行時は要注意!

タイヤ バースト

出典 :©Shutterstock.com/MIA Studio

タイヤのバーストについてはこちらの記事

一番危険なのがバースト(破裂)のリスクです。

これは先ほど高速道路の話でも説明したように、タイヤの空気圧が低いと起きやすく大変危険です。

空気圧が低いと一般道路でも高速道路でも同じようにバーストのリスクがありますが、走行中の速度が速ければ速いほど、バーストした時のコントロールも難しくなります。高速道路上でもしバースト起これば非常に危険で、事故に繋がる可能性が高まります。そのため、高速道路に行く前には念入りに確認した方が良いでしょう。

また、タイヤの空気圧が低い状態で走行を続けると抵抗が増えて磨耗しやすくなります。その結果、タイヤの痛みも早くなり、寿命も短くなります。その結果、やはりバースト等のリスクが高くなってくるとも言えるでしょう。

タイヤの空気圧と燃費

タイヤの空気圧が適正でないと燃費が悪くなる!

タイヤがパンクした時の対処法は

リスクの他にも、タイヤの空気圧が低いと燃費が悪くなります。抵抗が増えるということは、それだけ燃費の悪化にも繋がります。

特に適正値よりも低くなってくるとかなり燃費が悪化してきます。
バースト等のリスクもある上に燃費も悪化するとなれば、タイヤの空気圧が低い状態では何も良いことがないということになりますね。

タイヤの空気圧が低いと、経済的にも、環境的にも良くないのです。

タイヤの空気圧は日ごろの点検から

タイヤ 空気圧 チェック

何より大切なのが日ごろからの空気圧の確認です。だいたい1か月に一度の空気圧チェックが必要です。

ガソリンスタンド等で空気を入れてもらう時には、指定よりもやや高めと頼むが良いでしょう。

しかし、セルフサービスのガソリンスタンドを利用する場合には、時には自分で空気圧のチェックと空気を入れる作業をしなければならないかもしれません。自分の乗っている車の適正な空気圧と、空気圧のチェックの仕方、空気の入れ方などを覚えておくと安心ですね。

車の点検・メンテナンスに関する記事はこちら!

タイヤのおすすめメーカーランキング

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す