メルセデス・ベンツから究極のハイパフォーマンススポーツカー「AMG GT」が登場!

AMG(エイエムジー)という、メルセデス・ベンツのチューニング部門であり、メルセデス・ベンツの上級高性能モデルやスポーティーなパーツに冠されるブランドから新型モデルが発売!その名も「AMG GT」この記事では「AMG GT」という車を紹介していきます。

メルセデス・ベンツ「AMG GT」とは?

出典:http://www.j-sd.net/

出典:http://www.j-sd.net/

「AMG GT」は、2013年秋に生産を終了した同社の「SLS AMG」という車の実質的な後継車にあたります。

メルセデス史上で最も美しい車になる!と2014年に海外で発表され、2015年5月には日本仕様も発表されました。

これぞスポーツカーの古典的プロポーションです。前後フェンダーが張り出し、「コークボトル・シェイプ」が強調されています。

メルセデスのハイパフォーマンスモデルを担ってきた「AMG」は、この発表を機に「メルセデスAMG」と名前を変更しています。

6月22日にベンツAMG GTがライブ配信で初公開!

出典:http://www.carscoops.com/

メルセデスベンツAMG GT Rの発表会がライブストリーミングで配信されることが発表されました。
ライブストリーミングは2016年6月24日16時45分(GMT。日本時間では2016年6月25日0時45分)から配信されるそうです。

メルセデスベンツAMG GT Rのストリーミング配信はこちらから!

要チェックですね!

ベンツAMG GTは究極のライトウェイトスーパーカー

メルセデスベンツ AMG GT

AMG GT基本スペック

エンジン:4.0L DOHC V型8気筒ツインターボガソリンエンジン
最高出力:462ps/6000rpm
最大トルク:61.2kg・m/1600~5000rpm
燃料タンク容量:75L
駆動方式:FR
トランスミッション:電子制御7速AT

「AMG GT」のパワーは、最高出力462PS & 600Nmの4.0L V8エンジンにデュアルクラッチ式7速トランスミッションが採用され、最高出力は585ps、最大トルク700Nmになると言われています。0-100km/h加速をわずか4秒でこなすほどのスペックで、0-100km/h加速値3.6秒、最高速度318Km/hという動作性能を誇るようです。
また最高速度は時速304キロでリミッターが動作する設定になっています。

メルセデスのエンジニアは車重を軽くする為にアルミニウム素材からスチール、マグネシウムなどをボディ製造の際使用したそうです。
その結果AMG GTの車重は1540キロで抑えられています。

ベンツAMG GTは理想的な前後重量配分を実現!

出典:http://www.diseno-art.com/

真横から見るとキャビン(座席)が後退しているのが良く分かります。
リアホイールの少し前にドライバーが座る形になっており、これで前後重量配分が「47対53」となっています。

出典:http://carblogzero.seesaa.net/

前後重量配分が「47:53」とありましたが、これは唯一無二のハンドリングと新次元の俊敏性をもたらす「AMG GT」の前後の重量配分を表しています。

リアよりもフロントが軽いのが、理想的なスポーツカーにするための方程式なのです。
F1カーはそれの究極で、リアにエンジンがありフロントが細くなってるのもそのためです。

しかも「AMG GT」はフロントにエンジンがありながら、できるだけ中心にエンジンを持ってくることでこの重量配分が実現しました。

ベンツAMGのスポーツカーらしい内装(インテリア)

出典:http://www.carsensor.net/

ステアリングホイールは下部が真っ直ぐなDシェイプ、センターコンソールに様々なスイッチが並んでいて、ミッションモードを、エフィシェンシー・スポーツ・スポーツプラス・インディビデュアルの4つに変えられます。
それにより、瞬時にその場に応じた走りが楽しめます。

適度なタイト感が演出されたスポーティーなインテリアです。
ハンドル位置は右と左から選べます。

ベンツAMG GTはレースの血を引き継いだ1台!

F1レースは、世界最高峰の自動車レースです。
その中でも、現在メルセデスはコンスラクターズ1位になってます。
他に、GT300という市販車ベースの自動車レースがありますが、そこでも上位に入っています。
この「AMG GT」はそのノウハウ、技術力がつまった、まさにスポーツカーです。

値段も他の海外高級スポーツカーに比べ、比較的安い、1500万円からとなっています。
安いと言っても、かなり高額ですがお値段以上の走り・性能が詰め込まれています。
コストパフォーマンスが大変いいクルマになってます。

合わせて読みたい記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す