初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

長い車ランキングTOP10|全長の長い車はやっぱり運転がしづらい?【最新版】

大きい車ってかっこいいですよね。圧倒的な存在感に、誰もが一度は憧れるものです。全長が長いとあらゆる面で余裕を持った造りにすることができます。例えば大きなエンジンを載せたり、衝撃を緩和させるスペースを大きく取ったり、大きなカーゴルームを持てたりします。そこで、現行モデルの中で全長の長い車をまとめてみました。 ここでは、5ナンバーや3ナンバーの普通自動車の中で、純粋に全長(車の長さ)をもとにランキングしました。

長い車は存在感抜群

ロールスロイス ファントム クーペ 2013年型

大きい車ってかっこいいですよね。
圧倒的な存在感やゆったりと優雅に走る姿に、誰もが一度は憧れるのではないしょうか。
全長が長いとあらゆる面で余裕を持った造りにすることができます。

例えば大きなエンジンを載せることができますし、事故での衝撃を緩和させるスペースを大きく取れたり、多人数が優雅にくつろげる広大な室内空間や、大量の荷物が積載可能なカーゴルームを持てたりします。
大きな車体は周囲へのアピール効果が抜群です。

そこで、現行モデルの中で全長の長い車をまとめてみました。
車の長さというと、大人が4人乗って窮屈ではないかということで、ホイールベースの長さで評価されます。
ここでは、5ナンバーや3ナンバーの普通自動車の中で、純粋に全長(車の長さ)をもとにランキングしました!
また、日本車と外車をわけてランキングしたので、スケールの違いも実感することができます。

【長い車ランキング日本車第10位】

トヨタ ・ヴェルファイア/アルファード

トヨタ ヴェルファイア 外装

■【全長】4,935mm

見るからに精悍な顔つき、その後ろ姿は風格を帯び、思わず振り返りたくなる。
それがトヨタ・ヴェルファイア /アルファードです。
全長4,935mmのボディに、3.5Lのエンジンを、また2.5Lエンジンにトヨタ自慢のハイブリッドシステムを搭載したモデルがあります。

ヴェルファイアハイブリッドの出力は152PSで、ミニバンのハイブリッド車の中ではトップクラスです。
最小回転半径は5.6mで、扱いやすいモデルと言えます。
内装はトヨタらしい妥協を排したデザインとマテリアルが、上質な空間と強烈な個性を両立させています。
室内はゆとりの空間であり、くつろぐためのあらゆる装備が整っています。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中



中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング日本車第9位】

日産・フーガ

日産 フーガ Cool Exclusive 2015年

■【全長】4,945mm

KY51型フーガが堂々のランクインしました。
ハイパフォーマンスな走りとプレミアムセダンならではのゆとりに満ちた走りを心ゆくまで愉しむために作られた車です。
370GT type-Sは、全長4,945mmのボディにVQ型エンジン3.7Lを積み、最高出力は333PS、最小回転半径は5.7mで申し分のない性能です。

フーガは、駐車場から街中、そして高速道路に至るまであらゆるシーンに対応する世界最高峰の全方位セーフティ機能を採用しています。
日産自動車の渾身の1台といえるでしょう。


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング日本車第8位】

トヨタ・ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー 外装

■【全長】4,950mm

トヨタ・ランドクルーザーは世界に認められる本格4WDです。
ランドクルーザーは、全長4,950mmのボディに4.6Lのエンジンを積み、車両に備わる全てのタイヤを駆動するAWD方式(All Wheel Drive・Four Wheel Drive)を採用しています。
最小回転半径は5.9mです。
無骨な雰囲気を感じさせる外観からは想像できないほどの快適装備があります。

例えば、シートヒーターだけではなく、ステアリングヒーターや前後左右独立温度コントロールフルオートエアコンを装備しています。
オフロードだけではなく、地球上のあらゆる道とあらゆる人々の生活を想定し、最も厳しい基準で作られたランドクルーザー。
どんなに過酷な場所であっても、人や物を運び、帰ってくることが必然であり、高い信頼性があるからこそ、60年以上もの間、世界中で愛されている1台となっています。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング日本車第7位】

トヨタ・クラウンマジェスタ

トヨタ クラウンマジェスタ

■【全長】4,970mm

トヨタ・クラウンマジェスタはまさにトップ・オブ・クラウン。
GWS214型の6代目クラウン マジェスタは、ボディサイズが全長4,970mmで全幅1,800mm、排気量は3,5Lであることから、堂々たる高級車と言えます。
クラウンの頂点にあるモデルにふさわしく3.5Lの2GRエンジンは、爽快な加速と力強いトルクによるゆとりの走りを提供します。
静かで滑らかな走りと快適な居住空間を見事に両立させた車です。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング日本車第6位】

光岡自動車・ガリュー

■【全長】4,980mm

光岡自動車の5人乗りセダン、L33型の5代目ガリューは2015年9月から生産が開始されました。
ガリュー25STは、全長4,980mmのボディにクラシカルなフェイス、QR25エンジンが走りを快適にします。
常識にとらわれることなく、大人げないと言われても構わずに自分なりの哲学を持ち、自分流に生きること。
そんな光岡自動車のポリシーを実感することができるのが、このガリューです。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング日本車第5位】

ホンダ・レジェンド

ホンダ レジェンド 2014年式

■【全長】4,995mm

5代目ホンダ・レジェンドは、ホンダ肝いりの車です。
先進技術が詰め込まれた車といえるでしょう。
全長4,995mmに382PSを誇る3.5L i-VTECエンジンに3モーターを組み合わせたパワートレインは高級車のイメージ通りの優雅な走りを実現しました。
最小回転半径は6.0mと若干大きめです。
Honda SENSINGやブラインドスポットインフォメーションなどの安全装備も目を見張ります。
レジェンドはホンダの伝説になったのです。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング日本車第4位】

レクサス・LX570

レクサス LX570 外装

■【全長】5,065mm

LX570は高級車メーカーのレクサスが放つ、究極のSUVです。
フェイスマスクからうかがうことのできる力強さとともに、世界中の過酷な大地を、余裕の表情で走り抜ける走破性を実現した車です。
全長5,065mm、全幅1,980mmという大柄なボディに5.6Lのエンジンを搭載し、最高出力は377PS。最小回転半径は5.9mでした。
下手なスポーツカーよりも高性能な車に仕上がりました。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング日本車第3位】

日産・シーマ

日産 シーマ 2012年型

■【全長】5,120mm

日産自動車が意地とプライドをもって完成させたのがHGY51型の5代目シーマです。
フロントマスクは洗練と威厳が調和しています。
全長5,120mm、全幅1,845mmの堂々たる車体は高貴な存在感が漂い、シーマにふさわしい車格感あるデザインを生み出しています。最小回転半径も5.3mと乗りやすいサイズとなっています。
エンジン性能も申し分なく、燃費は16.6km/L(JC08モード)、最高出力364PSと、驚異的な数字を示します。

格調高いロングノーズの美しいFRプロポーション。
そのノーズ内には日産が理想としたシンプルでインテリジェントなハイブリッドシステムが収まっています。優れた走行性能を支えるプラットフォームの資質を余すことなく発揮させており、フロントミッドシップ搭載による理想的な前後重量配分が可能になっています。
乗り手を魅了する車となっています。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング日本車第2位】

レクサス・LS600hl

レクサス・LS600

■【全長】5,210mm

レクサス・LSは、目にした一瞬に熱い思いが湧いてきていつでも夢中にさせる車に違いありません。
レクサスのフィロソフィーを最も濃密に体現するフラッグシップセダンLS600hl。
その全長は5,210mm、「威風堂々」という言葉はこの車のためにあるようなものです。

5L 2URエンジンは394PSをたたきだし、2,320kgという重たいボディをどこへでも運んでくれます。
最小回転半径は5.9mとなっています。
匠の技とクリエイティブな感性が融合した、アーティスティックなデザインは本物の証です。
鮮烈のダイナミズムと、洗練されたフィーリングとともに味わう空間のしつらえにおける心地よさすべてを持っています。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング日本車第1位】

トヨタ・センチュリー

トヨタ センチュリー 外装

■【全長】5,270mm

トヨタのフラッグシップセダン、GZG50型の2代目センチュリーが第1位でした。ボディサイズは、全長5270mm×全幅1890mmというボディサイズは、完全無欠の3ナンバー登録車、いわゆる”高級車”です。
国産車では唯一のV型12気筒DOHCエンジン(1GZ-FE)を搭載し、約2トンある重たい車体をスムーズに走らせます。
最小回転半径は5.7mで、前述のレクサスLS600hlよりも小回りが利きます。

そもそもセンチュリーは、企業や官公庁向けの企業車・公用車として開発されました。
後部座席に座る人たちを最優先に考えた室内は、すべての贅を尽くした最上の空間となっています。
真摯な車づくりの姿勢と熟練の職人たちが築き上げた英知が熟成された最高級の車と言えるでしょう。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


全長の長い車ランキング 番外編

トヨタ・ハイエースワゴン

トヨタ ハイエース ワゴン

■【全長】5,380mm

ハイエースワゴンは、普通自動車免許で運転できる10人乗りのミニバンです。
ハイエースワゴンの最上級モデルであるハイエース・グランドキャビンは、全長5,380mmあり、積んでいる2.7Lの2TRエンジンは160psです。
トルクは24.8kgf・mで、10人乗りの車としてのスペックは若干心もとないかもしれませんが、ミニバンならではのスタイリングは圧巻です。
全長があるので、乗り回しが大変と思いますが、最小半径は6.1メートルと意外と小回りが利きます。

長い車は乗りにくい?

ランキング結果

国産車の中で、純粋に全長の長い車TOP10をまとめてみると、次のような結果になりました
【第10位】トヨタ・ヴェルファイア/アルファード 4,935mm/5.6m
【第9位】日産・フーガ 4,945mm/5.7m
【第8位】トヨタ・ランドクルーザー 4,950mm/5.9m
【第7位】トヨタ・クラウンマジェスタ 4,970mm/5.3m
【第6位】光岡自動車・ガリュー 4,980mm/5.5m
【第5位】ホンダ・レジェンド 4,995mm/6.0m
【第4位】レクサス・LX570 5,065mm/5.9m
【第3位】日産・シーマ 5,120mm/5.3m
【第2位】レクサス・LS600hl 5,120mm/5.9m
【第1位】トヨタ・センチュリー 5,270mm/5.7m

ほとんどの車が高級車にカテゴライズされ、4,900ミリメートル以上になりました。
日本の狭い道路事情を考えると、全長の長い車は乗り回しが大変だと感じるかもしれません。
ショッピングモールの駐車場で何度も切り返すことが必要だったかもしれません。
見通しの悪い交差点で運転席から身を乗り出しても車が見えなかったかもしれません。
確かに不便でしたが、各自動車メーカーは知恵を絞ってなんとか日本の道路事情に合うように努力しています。

例えば最小回転半径で比較すると取り回しが利くように作られています。全長の長い車第1位のセンチュリーの最小回転半径は5.7mですが、これは全長4,645mmのプリウスアルファが5.8mであることを考えるとかなり小回りが利くようになっていると言えるでしょう。

乗りやすくするための技術

日産 フーガ アラウンドビューモニター

トヨタのパノラミックビューモニターや日産のアラウンドビューモニターのように、空から見ているような視点でクルマの周囲が確認できる技術もあります。
これは、クルマの真上から見ているかのような映像によって、駐車を容易に行うための支援技術です。
クルマの真横や斜め後ろなど、クルマのまわりには目の届きにくいところがあります。
全長が長ければ長いほど見づらくなります。
けれどもこの装置があれば、周囲の状況を視認でき、見えにくい障害物であっても気付くことができます。
こうした技術の進歩によって、徐々にですが大柄な車でも乗りやすい環境が作り出されてきていると言えるでしょう。

全長の長い車ランキング 外車編です。

【長い車ランキング外車第10位】

キャデラック・エスカレード

キャデラック エスカレード ESVプラチナム GMT900 2008年

■【全長】5,195mm

全長5,195mm全幅2,065mmというフルサイズのSUV。
V型8気筒6.1Lのエンジンを積み、最高出力は426PSを誇ります。
成功のシンボルとして、セレブリティや起業家に愛されている車です。

【長い車ランキング外車第9位】

BMW・Li xDrive

BMW M760Li xDrive

■【全長】5,250mm

全長5,250mmのボディに圧倒的なパフォーマンスを発揮する新開発BMW M Performance(6L V型12気筒DOHCツインターボエンジン)を搭載し、その性能は最高出力610PS、最大トルクは81.6kgmとまさにダイナミズムを極めています。
人の心に強い印象を残す究極の一台と言えるでしょう。

【長い車ランキング外車第8位】

メルセデス・ベンツ・Sクラス

メルセデス ベンツ Sクラス

■【全長】5,250mm

全長5,250mmなので前述のBMW・Li xDriveと同サイズです。
エンジンもV型12気筒6Lツインターボチャージャーでほぼ同じサイズですが、出力は530PSとBMW・Li xDriveよりもやや控えめです。
最小回転半径は5.7mなので、全長は長いですが小回りが利く車です。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング外車第7位】

リンカーン・ナビゲーター

リンカーン・ナビゲーター 2012年

■【全長】5,290mm

フォードの最高級ブランド、リンカーンの大型高級SUVで、全長5,290mm、全幅2,010mm、V型6気筒3.5Lツインターボエンジンを積んでいます。
熱狂的なファンも多く、カスタマイズされた車がよく走っています。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング外車第6位】

メルセデス・ベンツ・Vクラス アヴァンギャルド エクストラロング

メルセデス・ベンツ V350 Grand Edition 2014年

■5,380mm

全長が5,380と長いのですが、最小回転半径は6mと意外と小さく扱いやすいミニバンです。
直列4気筒2.1Lターボチャージャー付のエンジンで使い勝手の良い荷台と、メルセデス・ベンツらしい居住空間を合わせ持った1台です。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング外車第5位】

ロールス・ロイス・ゴースト EWB

ロールス・ロイス ゴースト 2015年ドバイ国際モーターショー

■【全長】5,400mm

ロールス・ロイスの特徴を受け継いだシンプルかつモダンなデザインは独特な雰囲気を醸し出しています。
パワートレインはV型12気筒6.6LツインターボエンジンにZF製8速ATの組み合わせ、最高出力570PSをたたき出します。
ベースグレードから170mm全長を伸ばし、すべてを後席の足元の広さを確保するために用いられました。
リアシートへの乗降性を考慮してドアは観音開きが採用されています。
さらなる快適なくつろぎの空間が作り出されています。

【長い車ランキング外車第4位】

メルセデス・ベンツ・マイバッハ

メルセデス・マイバッハ S600 2015年

■【全長】5,460mm

メルセデスの最高級車マイバッハ。Sクラスをベースにしてパワフルな走りと快適な居住空間を作り出しました。
V型12気筒6Lエンジンを積んでいます。
最小回転半径は6mなので、意外と短い車です。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング外車第3位】

ベントレー・ミュルザンヌ

ベントレー ミュルザンヌ 2014年

■【全長】5,575mm

ラグジュアリーとパフォーマンスの両方を純粋に表現したベントレー・ミュルザンヌ。
V型8気筒6.8Lツインターボエンジンが最高出力512PSをたたき出し、力強い走りを実現しています。
ミュルザンヌは、デザインや内装、エンジニアリングの技術の頂点を示しています。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング外車第2位】

シボレー・サバーバン

シボレー サバーバン

■【全長】5,689mm

シボレーのサバーバンは全長5,689mmという全長を誇ります。
エンジンは、シボレー・タホと共用のV型8気筒5.3Lを積んでいます。
フルサイズのボディにOHVエンジンを載せているので、まさに”アメ車”ということができます。

この長い車の現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


【長い車ランキング外車第1位】

ロールスロイス・ファントム エクステンデッド

ロールスロイス ファントム

■【全長】6,090mm

現行モデルではもっとも全長が長かったのはロールスロイス・ファントム エクステンデッドでした。
外装も内装もまさに最高級の車です。
落ち着いたシルエットだけではなくV型12気筒6.8Lエンジンでどこまでもなめらかで力強く乗る人を運びます。
まさに至上の1台と言えるでしょう。

全長の長い車まとめ

メルセデスベンツ S550

長い車ランキングはいかがだったでしょうか。
意外と小さく見える車がランクインしていたり、シボレー・タホ(5,180mm)やハマーH2(5,171mm)のように全長が長そうに見える車でもわずかな差でランクから外れたりしました。
各メーカーが作り出した技術と人間の英知が結合することによって大きなボディサイズの中にゆとりと力強さが生み出されていました。
これからも、車に乗る人も見る人も魅了する大きくてかっこいい車を作って欲しいものです。

大きい車に関連する記事はこちら

小さき車ランキングの記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK