MOBY

【レクサスRX カスタム】エアロ等おすすめパーツまとめ&カスタム画像集

レクサスで売り上げが好調なレクサスRXは、姉妹車のトヨタ・ハリアーも大人気で、レクサス・トヨタのSUV車の牽引する車です。初代トヨタ・ハリアーの時からラグジュアリーSUV車としてカスタムをしているハリアーは多く、レクサスRXの誕生からもカスタムはどんどん進化しています。ここではエアロなどのおすすめパーツと最後にカスタム車画像を紹介したいと思います。

レクサスRXとは

レクサスRX

レクサスRXはトヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」から販売されているSUV車です。
「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」をコンセプトに1997年に北米で発売され、レクサスがまだ展開されていなかった日本ではトヨタ・ハリアーとして販売されました。

北米市場で大人気となり高級クロスオーバーSUVという新たなジャンルを確立した、自動車業界に大きな影響を与えた車でもあります。
そして、現在はレクサスブランドのRXとハリアーもトヨタブランドで継続して販売しています。

カスタム車としても、SUV車にラグジュアリー感を出したエアロパーツやホイールを取り付けるカスタム手法はハリアーが始まりとされ、SUV カスタムでも影響を与えた車です。

レクサスRXのおすすめホイール!オシャレは足元から!

レクサスRXホイールWORK EMOTION D9R

出典:https://www.amazon.co.jp/

レクサスRXは標準グレードで18インチ、version Lでは20インチまで大きいホイールが装着されています。
ホイールカスタムでは22インチぐらいまで径を大きいホイールを取り付ける方が多く、中には24インチのホイールを取り付けている方もいます。ここまで大きくするとレクサスRXがさらに迫力あるSUV車に見えます。

上記の画像のホイールの購入はこちらから!

レクサスRXおすすめホイールはこちらで紹介!

ホイールのメンテナンスに関連するおすすめの記事

レクサスRXのおすすめカスタムエアロパーツ&フロントグリル

レクサスRXのエアロパーツ

レクサスRXエアロパーツF

出典:https://www.amazon.co.jp/

上記の画像のエアロパーツの購入はこちらから!

レクサスRXエアロパーツR

出典:https://www.amazon.co.jp/

SUV車の車高を低く見せるためにはエアロパーツ装着が最適です。
ホイールとの相性もありますが、レクサスの特徴であるスピンドルグリルを大きく見せ迫力を増すエアロが多く見られます。

上記の画像のエアロパーツの購入はこちらから

レクサスRXおすすめエアロパーツを紹介!

フロントグリル

レクサスRX フロントバンパー

出典:http://amzn.to/

レクサスRXの前期型であれば、グリル交換でフロントマスクが大きく変わります。
後期型のスピンドルグリルのような大きな開口ではないので、グリスの形状でカッコよさ演出してみてはいかがでしょうか。

上記画像のフロントグリルの購入はこちらから!

レクサスRXのおすすめ内装パーツ

車内を居心地良いものに!

レクサスRXドライブモードセレクターカバー

出典:http://amzn.to/

内装はもともと豪華であるレクサス車であるため、カスタムする場所はあまりないように思えます。
あとはドライバーの好みに各スイッチの周りやハンドル、シートにアレンジを加えてみる感じでしょう。
ここではドライブモードセレクターカバーを取り付け、ステンレス調にすれば、スポーティーな雰囲気になり、こだわり感がかなり出ます。

上記画像の内装パーツの購入はこちらから!

レクサスRXのおすすめマフラー&サスペンション

マフラー

レクサスRXマフラー

出典:href="https://hb.afl.rakuten.co.jp/

音のチューニングは重要です。
自らがドライビングしているときに走行音をカッコよくできれば走りをよりヤル気にさせてくれるでしょう。
しかし、周りに迷惑にならないよう触媒が付いて、音がうるさ過ぎないものにしましょう。

上記画像のマフラーの購入はこちらから!

サスペンション

●ダウンサス

レクサスRXダウンサス

出典:http://amzn.to/

●車高調

レクサスRX車高調

出典:http://amzn.to/

コーナーリングでの安定や、車高を低く見せたいのでればサスペンションカスタムが威力を発揮します。エアロパーツを取り付けなくても、サスペンションで車高を下げれば、それだけでも外観はカッコよくでき、車高のみ下げるのであれば、ダウンサスのみの交換で十分です。

そして、走行性能も良くしたいのであれば車高調の交換がおすすめです。

次のページ

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...