初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサスES 新型 最新情報】日本発売日はある?価格・スペックを予想

2018年4月18日、レクサスは4月25日から開催される北京モーターショーで新型ESをフルモデルチェンジし世界初披露することを発表。外装デザインが明らかにわかる動画も公開しました。レクサス新型ESの日本発売の可能性や価格・スペックやエンジンについて最新情報をまとめてお伝えします。

レクサス新型ES フルモデルチェンジ 最新情報!

レクサスは北京モーターショーで新型ESを世界初披露

本日(2018年4月18日)にレクサスは、4月25日~5月4日に開催される北京モーターショーで、新型ESを世界初公開すると発表しました。
このフルモデルチェンジについてレクサスは、「新型ESは、これまで世界中でご愛顧頂いてきたお客様の期待を超えるため、ESの原点と言える「上質な快適性」をさらに進化させました。また、新世代LEXUSとして、デザインや走りも大きな変革を遂げています。」と述べており、どのような変化、進化があったのかに注目が集まっています。

新型ESの外装を明らかにしたレクサス公式予告動画

4月11日にレクサスが車名を伏せて予告したティザー画像

レクサス 新型車 ティザー

本日の新型ESのフルモデルチェンジに先立ち、4月11日にレクサスが北京モーターショー2018にて新型車を世界初公開することを予告。
このときは車名を伏せてティザー画像を1枚公開しました。特徴的な縦柄のスピンドルグリルとヘッドライトの目尻の切れ目と、それまでにリークされた情報と照らし合わせ、この新型車は「ES」であろうかと予想していました。
その予想は的中、まもなく開催される北京モーターショーでの公式発表にさらなる期待が高まります。

【レクサス新型ES】エクステリア(外装)

レクサス ES 現行モデル フロント

サイド

リア

レクサス新型ESの外装デザインに関する情報はありません。
以下の噂・予想が本当であれば、新型ESは今まで以上にスポーティーで迫力のあるデザインに仕上がっていることが予想できます。

・ティザー画像は新型ESである
・新型ESはGSと統合される

【レクサス新型ES】インテリア(内装)

レクサス ES 現行モデル インパネ

後部座席

レクサス新型ESの内装デザインに関する情報はありません。
メルセデスベンツ EクラスやBMW 5シリーズを意識した、より洗練され、高級感のある内装デザインに仕上がっていることは間違い無いでしょう。

新型ESのライバル車についてはこちら

【レクサス新型ES】ボディサイズ

レクサス新型ESのボディサイズに関する情報はありません。
現行モデルから大きく変わる事はないと予想できます。

参考:現行型ES ボディサイズ

全長全幅全高
4,9101,8211,450
ホイールベース車両重量乗車定員
2,79451,620
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【レクサス新型ES】エンジンスペック・燃費性能・グレード構成

ES 300h(ハイブリッド)が日本導入との見方も

レクサス ES 現行型エンジン

レクサス新型ESのエンジンスペックや燃費に関する情報は一切なく、現段階では予想も難しい状況です。

米国で販売されている現行モデルには3.5L V型6気筒モデル「ES 350」と、2.0L 直列4気筒のハイブリッドモデル「ES 300h」がラインナップされています。

詳しくは後述しますが、日本国内で販売されていたレクサスHS(ハイブリッド専用セダン)が、販売終了となったため、レクサスHSの穴を埋めるハイブリッドモデルであるレクサスES 300hのみが日本国内に導入されるのではないかという見方もあります。

【レクサス新型ES】新車車両価格

レクサス ES 現行モデル

レクサス新型ESの車両価格に関する情報はありません。
最新の予防安全機能が追加される場合、現行モデルより多少値上げされることが予想できます。

現行モデル(米国仕様)の2018年4月現在の車両価格は以下です。

・ES 350:約417万円〜
・ES 300h:約448万円〜

「ES」の実質的な後継車「HS」の中古車情報はこちら

最新「HS」中古車情報!

本日の在庫数 380
平均価格 180.3万円
本体価格 69.1〜460万円
Pick up!
Pick up!

【レクサス新型ES】ベース車両は新型カムリ?TNGAプラットフォーム?

レクサス新型ESは、新型カムリをベースにするという噂もあります。
もともと、日本での旧型カムリが、海外でレクサスESとして販売されていた背景もあり、レクサスESが新型カムリベースとなる可能性は否定できません。

ただし、MOBY編集部では、実質的に同程度のボディサイズであるカムリのレクサス版となるにしても、標準規格とするために開発された「TNGAプラットフォーム採用」と打ち出すのではないか、と予想しています。

【レクサス新型ES】予防安全装備・自動運転

レクサスセーフティシステム 新旧比較

レクサス新型ESに搭載される予防安全装備・自動運転についての情報はありません。
ただ、レクサスは2017年11月に第2世代版の予防安全パッケージ「Lexus Safety System +(レクサスセーフティシステム+)」を発表し、2018年より日本、北米、欧州を中心に順次各車に導入していくことを明らかにしています。

レクサス新型ESにも「Lexus Safety System +(レクサスセーフティシステム+)」が標準装備されることが予想できます。

レクサス ESとは?【おさらい】

日本ではトヨタ ウィンダムの名称だった

レクサス 初代ES250

レクサス ESとはレクサスのプレミアムミドルセダン。1989年に北米でレクサスを展開する際にLSと同時に販売された車でもあり、長くレクサスの中核を担うモデルです。
車名のESは高級なセダンを意味する「Executive Sedan(高級 セダン)」に由来しています。

現在発売されているモデルは6代目であり、北米や中東など、世界各国で発売されています。日本では「ES」という車名で発売されたことはありませんが、過去には別の車名として発売されていた経緯があります。

初代:トヨタ カムリプロミネント
2〜4代目:トヨタ ウィンダム

5代目以降は日本国外専売モデルとなっており、日本国内ではトヨタ・レクサスブランドともに販売を行っていません(2018年4月時点)。

国内でESの販売終了後はレクサスからハイブリッド専用車「HS」が販売されていました。国内においてはESの実質的な後継車であったHSが、2018年3月に販売終了となったことからESが国内で復活するのではないか、と話題になっています。

レクサス HSについてはこちら

【レクサス新型ES】日本導入なるか!発売日は?

レクサスHSが日本でも販売終了し、日本発売の可能性はある

レクサス ES 現行モデル

レクサス新型ESの最新情報についてご紹介してきました。
新型ESはGSと統合され、日本でも発売されるとの噂があります。
新型ESの発売日に関する情報はありませんが、予定通り北京モーターショー2018で初公開となれば、2018年内発売開始となる可能性も否定できません。

日本発売の真相は明らかになっていませんが、2018年3月にはレクサスESの実質的な後継車であった、ハイブリッド専用のミドルサイズセダン「レクサス HS」が日本でも販売終了となっており、このタイミングで日本に導入されるとの見方は妥当だと言えます。

MOBYでは今後も新型ESに関する最新情報を追っていきます。新型ESの初公開が予想されている北京モーターショーの初日、4月25日の続報に期待です。

レクサスの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!