初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサスES 新型 最新情報】日本発売日は2018年秋!価格やスペックは?

レクサスは2018年4月25日、北京モーターショーにて新型ESをフルモデルチェンジし世界初公開しました。外装デザインを大幅に変更したほか、レクサス新型ESの日本発売日は2018年秋頃を予定していることを正式に発表。価格・スペックやエンジンについて最新情報をまとめてお伝えします。

レクサス新型ES フルモデルチェンジ 最新情報!

レクサスは北京モーターショーで新型ESを世界初披露

レクサスは4月25日、北京モーターショーにて新型ESを世界初公開しました。
このフルモデルチェンジについてレクサスは、「新型ESは、これまで世界中でご愛顧頂いてきたお客様の期待を超えるため、ESの原点と言える「上質な快適性」をさらに進化させました。また、新世代LEXUSとして、デザインや走りも大きな変革を遂げています。」と述べています。

北京モーターショー2018のその他の注目車種はこちら

【レクサス新型ES】外装・内装デザイン

エクステリア(外装)デザイン

レクサスは、この新型ESのデザインについて「新世代のレクサスを象徴する変革」としています。
新たに採用したGA-Kプラットフォームがもたらす重心の低さを活かし、スポーティーな「ワイドロー」のスタイルを実現。

また、レクサスの特徴であるスピン度グリルは、全体的にシャープなESのデザインをさらに強調する工夫が施されています。

【レクサス新型ES】インテリア(内装)

レクサス独自の空間コンセプトに基づいて設計された内装。
「上質な快適性」を更に進化させ、広く快適な室内空間を実現しています。
メルセデスベンツ EクラスやBMW 5シリーズを意識し、より洗練された高級感のある内装デザインに仕上がっています。

新型ESのライバル車についてはこちら

新型ES(海外仕様)ボディサイズ

全長全幅全高
4,9751,8651,445
ホイールベース車両重量乗車定員
2,870-5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

参考:現行型ES ボディサイズ

全長全幅全高
4,9101,8211,450
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7941,6205
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【レクサス新型ES】エンジンスペック・燃費性能・グレード構成

発表されたグレードはハイブリッドとFスポーツの2つ

米国で販売されている現行モデルには3.5L V型6気筒モデル「ES 350」と、2.0L 直列4気筒のハイブリッドモデル「ES 300h」がラインナップされています。

詳しくは後述しますが、日本国内で販売されていたレクサスHS(ハイブリッド専用セダン)が、販売終了となったため、レクサスHSの穴を埋めるハイブリッドモデルであるレクサスES 300hのみが日本国内に導入されるのではないかと言われていました。

今回、4月25日の発表ではハイブリッドモデルとFスポーツの2モデルについて言及されています。

2.5L ハイブリッドシステム

今回のレクサス新型ESの発表で公開された「2.5L直列4気筒エンジン」は、高い動力性能と環境性能を両立し、同時に優れたレスポンス(アクセルの踏み込みに対してのエンジンの反応)を実現するとのこと。

ただし、具体的な燃費性能についての言及はありません。

また、バッテリーを小型化しリヤシート下に配置したことで、軽量化や低重心化・荷室の拡大にも貢献しています。

導入グレードは「ES 250h」or「ES300h」と「Fスポーツ」?

レクサス公式から、今回のレクサス新型ESのグレード構成に関しての発表はありません。
ただし、発表の内容から判断すると、今回導入されるのはハイブリッドの「レクサス ES 250h」もしくは「レクサス ES 300h」と「Fスポーツ」になるとみて間違いないでしょう。

【レクサス新型ES】新車車両価格は?

レクサス ES 現行モデル

4月25日の発表では、レクサス新型ESの新車車両価格に関する情報はありません。
最新の予防安全機能が追加される場合、現行モデルより多少値上げされることが予想できます。

現行モデル(米国仕様)の2018年4月現在の車両価格は以下です。

・ES 350:約417万円〜
・ES 300h:約448万円〜

「ES」の実質的な後継車「HS」の中古車情報はこちら

最新「HS」中古車情報!

本日の在庫数 429
平均価格 173.5万円
本体価格 59.8〜445万円
Pick up!
Pick up!

【レクサス新型ES】GA-Kプラットフォームを採用

レクサス新型ESは、新型カムリをベースにするという噂もありましたが、GA-Kプラットフォームを採用しました。

新プラットフォームの採用により、剛性の強化・低重心化、高い操縦安定性を確保するなどレクサス独自の「すっきりと奥深い走り」の実現にあらゆる点で貢献しているとのこと。

【レクサス新型ES】予防安全装備・自動運転

レクサスセーフティシステム 新旧比較

レクサス新型ESに搭載される予防安全装備・自動運転は、2017年11月に発表された、第2世代版の予防安全パッケージ「Lexus Safety System +(レクサスセーフティシステム+)」となります。
ちなみに、同パッケージは、2018年より日本、北米、欧州を中心に順次各車に導入していくことを明らかにしています。

レクサス ESとは?【おさらい】

日本ではトヨタ ウィンダムの名称だった

レクサス 初代ES250

レクサス ESとはレクサスのプレミアムミドルセダン。1989年に北米でレクサスを展開する際にLSと同時に販売された車でもあり、長くレクサスの中核を担うモデルです。
車名のESは高級なセダンを意味する「Executive Sedan(高級 セダン)」に由来しています。

現在発売されているモデルは6代目であり、北米や中東など、世界各国で発売されています。日本では「ES」という車名で発売されたことはありませんが、過去には別の車名として発売されていた経緯があります。

初代:トヨタ カムリプロミネント
2〜4代目:トヨタ ウィンダム

5代目以降は日本国外専売モデルとなっており、日本国内ではトヨタ・レクサスブランドともに販売を行っていません(2018年4月時点)。

国内でESの販売終了後はレクサスからハイブリッド専用車「HS」が販売されていました。国内においてはESの実質的な後継車であったHSが、2018年3月に販売終了となったことからESが国内で復活するのではないか、と話題になっていました。

レクサス HSについてはこちら

【レクサス新型ES】日本を発表!発売日は2018年秋

レクサス新型ESの最新情報についてご紹介してきました。

気になる日本発売日に関してですが、レクサス公式から「2018年秋を予定している」とアナウンスされています。

日本発売日が待ち遠しいですね。
レクサス新型ESに関して、続報が入り次第、随時更新していきます。

レクサスの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!