MOBY

【エブリイで車中泊するならこれを読め】おすすめグッズ・マットやカーテンまとめ

スズキのエブリイ、エブリイワゴンはトップクラスの室内サイズを誇る軽キャブバンです。長年愛されるこのエブリイワゴン、車中泊にも適している!?エブリイとエブリイワゴンのスペック、室内空間、評価、車中泊を楽しむためのアイテムなどをご紹介します。

スズキのエブリイってどんな車?

スズキ エブリイの画像

エブリイはスズキから販売されているワンボックス軽キャブバンです。
商用車がエブリイ、乗用車はエブリイワゴンの名前で販売されています。

1982年に初代モデルが発売されてから30年以上も長く愛されている車で、各社にOCM供給(他社ブランド販売)されており、マツダからスクラム、日産からクリッパー、三菱自動車からミニキャブバンなどの名前で一部変更されて販売されています。

軽キャブバンの中でトップクラスの荷室の広さを売りにしており、商用に使用する場合でも多くの荷物を運べるようになっています。

乗用車のエブリイワゴンも多彩なシートアレンジが可能で、車中泊を想定したフルフラットモードも用意されています。
さらにちょっとした工夫をほどこす事で、エブリイワゴンなら快適に車中泊を楽しめるようになります。

エブリイのCM

スズキ・エブリィのスペック

■エンジン性能
総排気量(L)  0.658
最高出力(kW/rpm)ネット   36<49PS>/5,700
最大トルク(N・m/rpm)ネット   62<6.3kg・m>/3,500

・ターボモデル
最高出力(kW/rpm)ネット   47<64PS>/6,000
最大トルク(N・m/rpm)ネット   95<9.7kg・m>/3,000

■Jc08モード燃費
17.4km/L~20.2km/L
14.6km/L~19.6km/L(ターボモデル)


■サイズ
全長(mm)  3,395
全幅(mm)  1,475
エブリイ
全高(mm)  1,800 (ハイルーフの場合1,895)
エブリイワゴン
全高(mm)  1,815 (ハイルーフの場合1.910)

軽バンについてはこちらも必見

スズキ・エブリィの室内空間

スズキ・エブリイワゴンの室内サイズは、

室内長(mm)  2240
室内幅(mm)  1355
室内高(標準ルーフ車)(mm)  1315
室内高(ハイルーフ車)(mm)  1420


となっており、軽キャブバンでトップクラスの室内サイズを誇ります。

リヤシートのスライド幅は180mmあり、前の乗員との距離が1080mmほど確保できるため、空間を広々と使う事ができます。

様々なシートアレンジも可能で、フルフラットモードにすれば車中泊にもぴったりです。
ただし、そのままだと段差があるので、快適に過ごすためにはマットなどを準備したいところです。

スズキ・エブリィの評価

渓流釣りなどに出かけて車中泊をするようなユーザーや、アウトドアレジャーのために遊び道具をいっぱいに積んで出かけるユーザーなど、エブリイワゴンの広い室内空間と使い勝手を求めるユーザーが確実に存在する。

出典:http://review.kakaku.com/

エブリィワゴンの良いところは、圧倒的に広い車室空間はもちろん、電動スライドドアやオートエアコンなどの装備があり、インテリアの質感も高いことです。また、ターボの走りはなかなか刺激的で、剛性感も高いです。同年代に発売されたワゴンRよりも1クラス上の風格を備えています。(ワゴンRがお買い得グレードだったせいもありますが。。)

出典:http://review.kakaku.com/

前車のミニバンより荷室も広く大人4人がゆったり乗れますね。
私の場合は、連休時等の車中泊が主な使用用途の為、前席
土足厳禁にしております。

出典:http://review.kakaku.com/

エブリイワゴンはやはり荷室の広さが高く評価されており、車中泊に利用する方も大勢いらっしゃるようです。

内装の作りこみや、リヤヒートシーターなどの装備も高評価。
走行性能や乗り心地もおおむね満足といった評価が多く見受けられます。
ただ、燃費に関してはさほど良いとは言えないので、あまり期待しないほうがよいでしょう。

エブリイ車中泊仕様紹介動画

実際にエブリィで車中泊をして見た方の撮影した動画です。

室内にマットを引くことで快適に睡眠をとることができそうですね。

大人数でない限り、かなり落ち着いた車中泊を行うことができるのではないでしょうか。

スズキ・エブリィで車中泊を楽しむ際に用意しておきたいアイテム

エブリイは車中泊に向いた広い室内空間を持ちますが、快適に車中泊を楽しむためにはある程度準備をしておきたいところです。

amazonなどで簡単にそろいますので、車中泊用アイテムを揃えて車中泊を楽しみましょう。

マットレス

マットレス

出典:https://www.amazon.co.jp/

エブリイは車中泊に向いたフルフラットモードを備えていますが、わずかな段差はあるので、そのまま寝るのはやや厳しいと言えるでしょう。

そのため、マットレスなどを用意しておきたいところです。

画像のマットレスは中材がウレタンフォームで出来ており、エアーベッドよりも快適な寝心地を提供してくれます。

硬めで4cmの厚みがあるので、多少の段差はカバーしてくれます。

6つ折りに畳んでコンパクトに収納できるので、使わない時も邪魔にならず便利です。

本体サイズ:幅60×奥行180×高さ4cm
収納時サイズ:幅60×奥行30×高さ24cm

amazonでの価格は4072円から。

これまでエアーマットを使用していました。今回、この製品に替えてから寝心地が一気に良くなりました。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

エブリイワゴン専用ベッドキット

車中泊用ベッドキット

出典:https://www.amazon.co.jp/

本格的に車中泊を楽しむなら、車内にベッドを作ってしまうのもありかもしれません。
画像の商品は車体への加工なしで素人でも10分程度で設置可能というものです。

ベッドの下部に収納スペースができるので、多くの荷物を積み込みつつ車中泊を楽しむ事が可能です。

amazonでの価格は68380円から。

サンシェード

車内用カーテン

出典:https://www.amazon.co.jp/

車の中で眠る時は外からの光や視線が気になるもの。
カーテンやサンシェードがあれば、光や視線を遮って安眠を助けてくれます。

また、盗難防止や、冷暖房の効果アップにも役立ちます。

レールは両面テープや補強ネジで止める事ができます。
エブリイタイプのOEM供給者でも利用できます。

amazonでの価格は16800円から。

インバータ

インバータ

出典:https://www.amazon.co.jp/

車のDC112V電源をAC100V電源に変換してくれるインバータ。
ノートPCやDVDプレイヤーなどを車内で利用したい場合はあると便利です。

シガーソケットとバッテリーに接続する事ができ、バッテリーに接続する場合は定格出力280wまでの電気製品を利用できます。

シガーソケットから電源を取るタイプのインバータは定格出力150wのものがほとんどなので、電力消費量がやや大きめの商品を利用したい場合はこちらの商品を検討してもいいかもしれません。

amazonでの価格は3460円から。

この大きさで低格280W使えるので非常に便利です。
ただ、注意です。
シガレットからとる場合は、説明書にあるとおり 150Wを超える場合は使えず、
バッテリから直接取ることになります。その接続コード(2m)がついています。
シガレットコネクターには、15Aヒューズ(計算上は180W)がついているので、使うとこのヒューズが飛んでしまいます。
配線とか自分でできない場合は、ディーラーとかに頼むしかありません。

出典:https://www.amazon.co.jp/

バグネット(網戸)

車中泊用バグネット(網戸)

出典:https://www.amazon.co.jp/

バグネットは車用の網戸です。
夏場など、締め切った室内に風を通したい時などに便利です。

網状になっているので、アウトドアで窓を開けても虫や外のゴミなどを通しません。
装着は被せるだけで簡単に取り付けが行え、すぐに取り外しが可能です。

防犯の観点から、眠る時は窓を開けっぱなしにせず、休憩の時に利用するのが良いでしょう。

amazonでの価格は1186円から。

車中泊で使いました。
2枚1セットになっているところが良いです。
ネットは窓にかぶせるだけです。
黒いので、外からの視線も多少遮ってくれます。
空気の通りは、窓を締め切るよりはだいぶ良いです。
蚊も入ってきません。

出典:https://www.amazon.co.jp/

スズキ・エブリィで車中泊をする時は準備を整えて快適に楽しもう!

スズキ エブリイの画像

エブリイ、エブリイワゴンは軽ながら広い室内が売りで、車中泊にも適した車です。

とは言え、何の準備もなしではゆっくり休む事は難しいでしょう。

エブリイで車中泊を楽しむ時は、車中泊用のアイテムを揃えて快適に楽しんでください。

車中泊をする方はこちらも必見

車中泊におすすめのグッズはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す