MOBY

車のACC(アクセサリー)電源とIG(イグニッション)電源はどう違う?タイミングがポイント?

車の電源の基本は結構簡単です。キーを指していれば停車中でも動くACC電源、走行中に動くIG電源に加えて、キーを抜いても動く常時電源があります。エンジンの動力をオルタネーターが電気に変えてバッテリーに蓄積、その電力でセルモーターがまたエンジンを動かす…車の電気系統の仕組みを代表的な電装品と共にご紹介します。

ACC(アクセサリー)電源とは?仕組みを解説

出典 :©Shutterstock.com/ gangnavigator

ACC電源とは?

オーディオなどの電装品を買った際、DIYに挑戦してみよう!と取説を開いても、「赤線をACC電源につないで…」といった記載を見てフリーズしてしまう方も多いのではないでしょうか。

でも、車の電源と電装品の関係は非常にシンプルです。

その電装品は何時どのタイミングで電源を必要とするか、それだけです。ACC電源について、具体例を挙げましょう。

例えばカーラジオなどは、運転の合間の休憩でエンジンを停止させた状態でも聞けますが、自宅の駐車場に車を入れてキーを外した状態であれば、必ず消えています。

ラジオの消し忘れでバッテリーが上がった、ということはまず無いはずです。このようなことを実現してくれるのが、ACC電源です。

ACC電源が入るタイミング

ではACC電源が入るタイミングについて、細かく見ていきましょう。

キーを挿すタイプであれば、エンジンが動くまでに何段階かキーが止まる箇所があります。

通常は、差込口にOFF→ACC→ON→STARTとあり、ACCは完全停止状態であるOFFから一つ目です。

プッシュスタートボタンのタイプであれば、1回だけ押したときになります。いずれも、エンジンが完全に動き切る一歩手前の段階です。

確かに、カーナビやオーディオなどは、エンジンがかかりきる前に動き出すことは、皆さんも経験的にご存じなのではないでしょうか。

ACC(アクセサリー)電源が使われている電装品

カーナビ・カーオーディオ

カーナビ

ACC電源が使われるケースは、前述の通り、エンジン停止状態でも使えて、かつ消費電量がさほど大きくない場合です。代表的なものが、カーナビとカーオーディオでしょう。

これらに何故ACC電源が使われるのかは、利用シーンを考えればすぐわかりますね。

カーナビはナビとしては基本走行中に使いますが、停止中もDVDやTVを見るのに使われることがあります。

また、オーディオにしても、長距離運転の休憩中に音楽やラジオを聴くことも多いことでしょう。

ETCカード

ETCゲート

あと代表的なものにはETCが挙げられます。ETCについては、ACC電源でなくてはいけない、というよりも常時電源(車が完全停車した状態でも利用できる電源)である必要がない、と言った方が良いかも知れません。

常時電源は、社内のデジタル時計やカーラジオの設定などを維持するために使われます。本来であれば、ETCもPAやSAで車が完全停止することを考えますと、高速道路ゲート進入時の情報を維持しておくために常時電源につなぐ必要があるように思えます。

ですが、ETCはカードそれ自体にゲート進入時の記録を記憶させる機能が備わっています。

そのため、わざわざ常時電源を使って無駄にバッテリーを消費させる必要がないため、ACC電源で十分なのです。

ドライブレコーダー

【ユピテル DRY-AS400WGc】
GPS機能の付いた400万画素のドライブレコーダー
Amazon参考価格:15,000円

シガーソケット ドライブレコーダー

出典:http://amzn.to/

ACC電源を利用する電装品で有名なものは、近年は価格が下がったこともあり大変注目されているドライブレコーダーがあります。

運転中の映像をすべて記録してくれるツールで、事故を起こしたときなど責任の所在を明確にするために重宝されています。

また、それ以外にも音声や速度、GPSを使った位置情報が記録されるなど、お役立ち機能が満載です。事故発生時以外にも、ドライブ中の車内の様子や景色などを記録して思い出作りなど、新たな楽しみ方もあります。

ただし、停車中の当て逃げなども記録したい場合は、ACC電源だけでなく常時電源にも接続する必要がありますので、注意が必要です。

IG(イグニッション)電源とは?その仕組みを解説

スピードメーター オドメーター

IG(イグニッション)電源の仕組み

IG(イグニッション)電源はこれまでにご説明したACC電源、そして常時電源とは大きく異なる性質をもつものです。

「イグニッション(ignition)」とは、発火や点火装置の意味です。言葉の意味通り、イグニッションはエンジン内の混合気に点火するために使用される部品です。

つまり、IG(イグニッション)電源は車のエンジンをかけるために使用される電源です。

ACC電源や常時電源はエンジン停止時に取りますが、IG電源はエンジン稼働中、オルタネーター起動後に取ります。(オルタネーターとは、エンジンの回転を利用して発電する装置のことです。)

走行中に自家発電しているオルタネーター起動後に取るIG電源が主電源で、停止時に蓄電してあるバッテリーからとるACC電源や常時電源は補助電源と考えればわかりやすいでしょう。

IG(イグニッション)電源が入るタイミング

IG電源は前述のとおり、エンジン稼働時に取る電源です。キーを回すタイプの車であれば、キーを最後まで回し切って、エンジンが動き始めたときに同時に動きます。

プッシュスタートボタンであれば、ボタンを2回押したタイミングです。

なお、IG電源は2つのタイプがあります。ACC電源と同時並行で動くタイプと、ACC電源を遮断するタイプです。

キーシリンダーを最後まで、STARTの位置に回すと一度起動したカーナビやステレオが一瞬落ちます。

これは、エンジン起動時に全電流をエンジンに集中させるべくACC電源を遮断するためです。一度エンジンがかかってしまえば、キーはONの位置に戻ってACC電源とIG電源が両方使えるようになります。

IG(イグニッション)電源が使われている電装品

セルモーター

車 鍵 シリンダー セルモーター

出典 :©Shutterstock.com/ Stason4ik

さて、ここでIG電源を入れてから実際にエンジンが回るまでの動きを見てみましょう。

エンジンは、一度動き始めてしまえば、その後はガソリンによるエンジンの爆発力で自動的に動き続けることができます。でも、最初の1回ばかりはバッテリーの電源に頼って動かさざるを得ません。

そこで使われるのがセルモーターです。

IG電源が入るとセルモーターが起動し、先端の歯車が飛び出します。その歯車がエンジンの歯車とかみ合い、エンジンを強制的に稼働させます。

その後、ガソリンが噴射され、点火プラグ(スパークプラグ)で着火すると、今度はその爆発力でエンジンが自動的に回り続けるようになります。

ワイパー・ウインカー

車 フロントウィンドウ ワイパー

IG電源を使うかどうかの判断基準は幾つかありますが、基本的には停止中には動かす必要がない、という点です。

代表的なものとしては、ウインカーやワイパー、メーターなどです。

最も、メーカーによってはワイパーなどがACC電源で動く場合もあるようですが、補助電源であるバッテリーの余計な消費は極力控えたいので、基本的にはこれらはIG電源に接続されています。

ACC電源とIG電源の違いをまとめ

チェックリスト イラスト

ACC(アクセサリー)電源とIG(イグニッション)電源の違いについて、一番大きな、かつ根本的な違いは「エンジン停止時に使えるか否か」です。

IG電源とACC電源の使い分けはひとまずは消費電力によって決まります。あるいは、電装品そのものの性質から言って、停止中に使うのが望ましいか、走行中が望ましいのか、といった視点でも使い分けがなされます。

利用方法については、ACC電源はキーシリンダーを一つ回した段階、あるいはプッシュスタートボタンを一回押すことで利用可能になります。
一方IG電源は、キーシリンダーを最後まで回した後、プッシュスタートボタンを二回押した後になります。

ACC・IG電源を理解しておこう!

手のひら 車

車のACC電源とIG電源の違いについてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

電装品のDIYなどについては、電源をどこから取るか、ヒューズボックスかシガーソケットか、といったことがクローズアップされます。

でも、一つの電装品を安全に利用するのに最適な電源の取り方について正しく判断するためには、その電装品の利用シーンや設計思想のみならず、車のバッテリーの容量や消費電力、安全性といった様々なことに配慮する必要があります。

また、車のトラブルで一番多いのはバッテリー上がりと言われていま
す。

急なトラブルに慌てないためにも、あるいは本格的なトラブルに至る前に危険を察知して適切なメンテナンスを行えるようになるためにも、車の電源に関する知識は大切です。

自動車用語に関するおすすめ記事!

車のトラブルに関するおすすめ記事!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す