MOBY

【準中型免許とは】いつから?取得方法&費用や積載量から限定解除や普通免許との違いは?

運転免許に、新たな区分が設置されることはご存知ですか?その名も「準中型免許」です。中身を見てみると、非常にややこしい制度でもあり、非常に重要な制度でもあります。今回は、準中型免許とはどういう制度で、何のための制度なのか、どのように取得するのか、といった内容で、詳しく説明していきたいと思います。

準中型免許とは?

中型免許と普通免許との違い

免許証

準中型免許とは、運転免許において新しく設けられる種類のことで、正式名称を「準中型自動車免許」といいます。

まだ施行されていないので、聞き覚えの無い方は多いと思います。この免許は、普通免許と中型免許の中間に置かれることとなります。

準中型免許はいつから取得できる?

運転している人

準中型免許は、平成29年の3月12日に施行される予定です。いつから取得できるかというと、その日から可能になります。

平成27年に、国会で改正道路交通法が提出、可決され、決定しました。中型免許が登場したのは、平成19年のことなので、10年越しの新免許の登場となります。

ちなみに、普通免許と同じく、18歳以上の条件で取得が可能です。

準中型免許で乗れる車両の最大積載量と最大総重量は?

最大積載量

準中型免許で乗れる車両の最大積載量は4.5トン、最大総重量は7.5トンとなります。

現行の普通免許は、最大積載量3トン、最大総重量5トンなので、準中型取得により、4トントラックなどの小型貨物自動車を18歳から運転できるようになります。4トントラックの「4トン」とは、積載量のことを指すので、普通免許では乗ることができません。

準中型免許で乗れる車両の乗車定員は?

乗員定員は普通免許と変わらない!

乗車定員

準中型免許で乗れる車両の乗車定員は、結論から言うと普通免許と変わりはなく、「10人以下」という条件が付けられています。
「10人以下」という条件は、8トン限定の中型免許以下の免許に付与される条件となっています。

なので、マイクロバスなどの小型バスの運転でも、準中型免許では不可能です。

準中型免許を取得するメリットとデメリットとは?

メリット デメリット はてな 考える人

準中型免許取得のメリットについて

今回の改正の大きなポイントは、「流通業界の新卒採用」をスムーズにすることと言えます。
高校卒業時の新卒者が、流通系の会社に入社し、4トントラック以上の車両の運転が必要になったときにわかりやすいメリットが挙げられます。

4トントラックは現行の普通免許では運転できませんし、運転可能な中型免許も「普通免許取得から2年が経過していること」と「20歳以上」という条件が付けられているため、高卒新卒者にとっては八方ふさがりの状態ができてしまいます。

これを解消するのが、18歳から取得できる準中型免許の存在と言うことができるでしょう。

準中型免許取得のデメリットについて

端的に言うと、制度がややこしくなることがデメリットと言えます。道路交通法改正の度に、これまでの普通免許の既得権を保護するために、免許に「限定」の文字が付きます。

改正されたからといって、運転できる車両は変わりませんが、免許の名前が変わるというのは単純に混乱しますよね。

普通免許が勝手に準中型免許に変わってしまうって本当?

重要なポイント

普通免許が勝手に準中型免許に変わってしまうのは本当です。
先ほど言ったように、普通免許の既得権は保護されますが、名前が変わるのです。

平成19年の改正から平成29年の改正の間に、普通免許を取得した方は、「5トン限定」の準中型免許に変わります。
なぜこんなややこしいことをするかというと、改正後の普通免許と区別をつけるためなのです。

改正後の普通免許と準中型免許の区分けはどうなる?

疑問 ポイント

改正後の普通免許は、現行の普通免許よりも運転できる車両の条件が狭くなります。具体的には、最大積載量が2トン未満、最大総重量が3.5トン未満となります。

つまり、改正後の普通免許では2トントラックは運転できませんが、現行の普通免許が限定の準中型免許に変更になっても2トントラックは運転できます。

この区分けは、普通免許で乗れる車両を狭めることで、慣れないトラックを運転する人による事故を削減する効果も期待されています。

これから準中型免許を取る場合の取得方法とは?

取得方法は普通免許と同様!

トラック数台

準中型免許の施行日から、教習所にコースが追加されるので、そこで取得します。普通免許と同様、学科教習と場内・路上教習が行われます。

ちなみに、検定で使用される車両は、ダブルキャブのトラックとなります。ダブルキャブ採用の理由は、次に検定を行う人を載せるためとのことです。

準中型免許における限定解除とは?

免許 限定解除

現行の普通免許は、改正後は5トンの限定付きの準中型免許に変更となりますので、この限定を解除するという意味の「限定解除」となります。

現在は現行の普通免許を所持していて、今後4トントラック等を運転する必要が出てきた人が行うことになるでしょう。

準中型免許の限定解除は、これまでの中型限定解除やAT限定解除と同様に、教習所で行うものです。

限定解除の場合は、学科教習はなく、技能教習が4項目あるのみで、解除は比較的容易であると言えますね。

中型免許の限定解除についてはこちらの記事

準中型免許の取得にかかる時間と費用について

費用

施行前ですので、準中型免許の限定解除の料金プランを提示している教習所は現在確認できません。しかし、目安として中型の限定解除の費用を簡単にご紹介します。

8トンの限定一種であれば、おおよそ100,000円前後で、二種の場合は150,000円前後となります。

つまり、準中型免許の限定解除はそれよりは下回る可能性が高いでしょう。
かかる時間は、技能教習が4項目しかないので、早ければ1日で完了するでしょう。

現在人気の合宿免許プランはこちら

全国各地から選ぶ合宿免許ドリーム

免許合宿についてはこちらの記事

準中型免許は運送業界の若い力を後押しする!

運転業界 若い力

中型免許の取得方法、費用や積載量から限定解除や普通免許との区分けについてまで紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

準中型免許の登場は、運送業界へ就職する若者にとっては大きなメリットとなります。トラックの運転とは無関係な方も、運転できる車両に変更はないので安心です。

逆に大いに関係があるという方は、ややこしい制度かもしれませんが、強く関心を持ってみても良いかもしれませんね。

他の免許に関する情報はこちらの記事

この記事の執筆者

小真太郎この執筆者の詳細プロフィール

マツダ車がお気に入りです。車全般に興味を持って、日々過ごしています。 どうぞ宜しくお願いします。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す