初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車の牽引フックの後付けは可能?取り付け方法から車検での注意点まで

牽引フックは車を牽引するためだけでなく、手軽に取り付けできる上に、おしゃれなドレスアップアイテムとしても人気があります。 牽引フックの後付け方法、車検での注意点、牽引免許、牽引フックの使い方を紹介!

牽引フックの役割は「車を牽引するため」「ドレスアップ」

ラリー車の牽引フック

牽引フックはその名の通り、他の車を牽引したり、自分の車を牽引してもらったりするためのものです。
実際のレースでは、車両の事故や故障で車が走行不能になる可能性が高いため、牽引フックを必ずつける決まりがあります。
バンパー周辺に黄色や赤色など目立つ色の牽引フックが取り付けられているのを見たことがあるでしょう。

他にも牽引フックをつける意味に「ドレスアップ」もあります。
牽引することはほとんどないけれど、牽引フックをつけることによって、レーシングカーをイメージさせるドレスアップができます。
比較的簡単に取り付けができるため人気があります。

牽引フックの取り付け方法動画紹介

まずは、車の取扱説明書や車両を確認して、牽引フックの場所や取り付ける場所を確認しましょう。
バンパーにふたがあり牽引フックを取り付けるネジ穴があるものや、車両にフックをかけられる穴があるものなど、様々な種類があります。

いろいろな車両の牽引フック

まずはこの動画で、牽引フックにはいろいろな種類があることを確認しましょう。

牽引フック取り付け(ダイハツ ハイゼットカーゴ)

バンパーにあるふたを開けて、ネジ穴に車に付属している牽引フックを取り付ける動画です。

リア牽引フック取付(ムニーシエラJB43)

スズキ・ジムニーにリア用牽引フックを取り付ける動画です。

車種や取り付ける牽引フックによっては、短時間で取り付けが完了します。
簡単にドレスアップできるところが牽引フックの嬉しいところですね!

牽引フックのおすすめ商品とその選び方についてはこちら

牽引フックをつけて車検に臨むときの注意点

車検(車両保険)のイメージ画像

牽引フックは指定部品のため、ついていても「自動車の構造・装置の軽微な変更」にあたるため、車検にとおすことも可能です。
ただし「道路運送車両の保安基準」など、守らなければいけない項目があります。

・鋭い突起がない
・リベット・溶接による取り付けをしない
(工具等を使わない「簡易的取付(蝶ネジ等)」または工具等を使って取付する「固定的取付(ボルト・ナット等による)」で取付する。)
・牽引フックを取り付けたときの寸法が全長±3cm、全幅±2cm、全高±4cmの範囲に収まる

第18条 車体の外形その他自動車の形状は、鋭い突起がないこと、回転部分が突出していないこと等他の交通の安全を妨げるおそれがないものとして、告示で定める基準に適合するものであること。
(道路運送車両の保安基準)

出典:国土交通省HPより引用

使用過程における自動車について、軽微な変更となる自動車部品の取り付けについては、構造等変更に係わる諸手続きを簡素化し、平成7年11月22日から実施しました。
この場合の軽微な変更とは、
1.自動車部品を装着したときに寸法(長さ、幅及び高さ)及び車両重量が一定範囲内である 場合。
2.指定する自動車部品(以下「指定部品」という。)を溶接またはリベット以外の取り付け方法により装着した場合
が該当し、この場合には、諸手続きが不要となります。
(構造装置の軽微な変更時の取扱いについて)

出典:国土交通省HPより引用

普通自転車を牽引フックで牽引するとき「けん引免許」は不要!

「けん引免許」がないと、牽引できないのでは?と思っている人もいるでしょう。
実はけん引免許は「車両総重量が750kgを超える車」を牽引するときに必要になってくるため、普通自動車であれば基本的に問題ありません。

ですが、故障車などを牽引する場合以外に、プライベートで必要になる場合は「キャンピングカーの運転」です。
もしもキャンピングカーの購入を考えている人は、まずはけん引免許を取得することから始めましょう。

キャンピングカー

牽引フックとロープを使って牽引しよう!

けん引ロープをつける

ドレスアップの目的で牽引フックをつけている場合は、あまりけん引をすることはないかもしれません。
ですが、もしものことを考えて、牽引の方法を覚えておきましょう。
また、後付けした牽引フックの中には、強度が低く牽引に適していないものもあるため、耐荷重を必ず確認しましょう。

用意するものは、牽引専用のロープと白い布です。
けん引する車と故障車は5m以内で、ロープには白い布をつけます。

牽引するときの注意点は、自分の車だけでなく2台分の車の長さがあると意識して、速度を一定に走行します。
牽引されている車(故障車)は、ブレーキをかけながらロープがたるまないように走ります。
スピードを出し過ぎると、ロープの引っ張られる衝撃などでバンパーや車体を破損する可能性がありますので、気をつけましょう。

平地で故障車の牽引

牽引フックを取り付けてみましょう!でも車検は要注意

牽引フックの画像

出典 :©Shutterstock.com/Richard Thornton

牽引フックの取り付け方法から車検での注意点など紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
牽引フックは牽引するためだけでなく、ドレスアップにも役立つとても優秀なアイテムですが、車検の時は注意が必要です。
取付してあると「おっ!」と思われること間違いなしです。
愛車を自分好みの牽引フックで彩ってみてはいかがですか?

牽引フックのおすすめ商品についてはこちら

牽引するキャンピングカー?キャンピングトレーラーについてはこちら

車検についてはこちらも要チェック

この記事の執筆者

あかねこの執筆者の詳細プロフィール

自動車部品メーカーで庶務をしていましたが、車の勉強は始めたばかりです。 愛車はダイハツ・ムーヴラテ、憧れの車はトヨタ・S-FR。 スポーティでかわいい顔立ちの車が好きです!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す