初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ヴェゼルで車中泊するならこれを読め】おすすめグッズ・マットやカーテンまとめ

ホンダのヴェゼルは2年連続でSUV販売台数ナンバーワンを獲得した人気のコンパクトSUVです。この人気SUVのヴェゼルで車中泊を楽しむ事は可能なのでしょうか?ヴェゼルのスペック、室内空間、評価、車中泊を楽しむ上で揃えておきたいグッズなどをご紹介します。

ホンダ・ヴェゼルってどんな車?車中泊にも向いてる?

ホンダ・ヴェゼル

ヴェゼルはホンダから発売されているクロスオーバーSUVです。
2013年に初代モデルが発売されました。

2014年、2015年と新車販売台数でナンバー1を獲得した、非常に人気の高い車です。
コンパクトSUVながら、ミニバンのようにゆったりとくつろげる室内空間を持ち、高性能な防音材を採用する事で高い静粛性も実現しています。

ガソリン車とハイブリッド車がラインナップされており、最廉価モデル以外はホンダの安全技術パッケージ「HONDA SENSING」が標準で搭載されています。(装備しない仕様も選択可能)

人気のコンパクトSUV、ヴェゼルは車中泊にも向いているのでしょうか?

ホンダ・ヴェゼルのに関する情報はこちらの記事

ホンダ・ヴェゼルのスペック

ホンダ・ヴェゼル 内装

▶ガソリン
排気量:1.5L
最高出力:131ps/6600rpm
最大トルク:15.8kgfm/4600rpm
JC08モード燃費:20.6~19.0km/L

▶ハイブリッド
排気量:1.5L
最高出力:132ps/6600rpm
最大トルク:15.9kgfm/4600rpm
モーター最高出力:30ps
モーター最大トルク:16.3kgfm
JC08モード燃費:27.0~21.6km/L

全長:4,295mm
全幅:1,770mm
全高:1,605mm
重量:1,180~1,270kg(ハイブリッド:1,270~1,390kg)
荷室容量:393L
最小回転半径:5.3m
ガソリンタンク容量:40L(ハイブリッド:43L)

ホンダ・ヴェゼルの内装

ホンダ・ヴェゼル シートアレンジ
ホンダ・ヴェゼル ラゲージスペース

車中泊をするにあたって気になるのは室内の広さです。

ヴェゼルはホンダの特許技術「センタータンクレイアウト」により燃料タンクを前席下に収め、後席の空間を広く利用できるようになっています。
後席の荷室高は83cmと余裕のある高さで、ワイドな開口部によりラゲッジスペースに荷物を積み込みやすくなっています。

様々なシートアレンジも可能なため、車中泊の際もちょっとした工夫で快適に眠れる空間を作り出せます。

室内寸法は、
長さ×幅×高さ 1,930mm×1,485mm×1,265mm

となっており、よほど身長の高い方でなければ足を伸ばして眠る事ができるでしょう。
前席以外はある程度フラットになるとはいえ、前席を倒して足を伸ばす場合はシートの段差がありますので、車中泊用のマットは用意したいところです。

ホンダ・ヴェゼルの評価

【総合評価】
小型車、ハイブリッドは初めてですが、室内の広さ、加速、安定性、燃費と別に気にかかる所なくストレスを感じることなく使用できると思います。


【良い点】
この排気量でこれだけの走り、室内の装備、外観、価格と得した気分です。ロードノイズが大きいとよく書き込みを見ますが私は全く気にならず静かに感じます。


【悪い点】
悪い点は特にありませんが、内装の色のバリエーションが少ないと思います。もう一つRSには前席パワーシートが標準装備であればよかったと思います。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
ちょうどいい大きさのSUVでハイブリッドで装備がいっぱい、
文句なしです。

【良い点】
ハイブリッドの自然なパワーは気持がいいです。
室内は居心地がよく質感も最高。
USBもさりげなくついていて親切。
後部座席のドアはピラーに取っ手がついていてデザイン的にも優れる。

【悪い点】
いまのところなし。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
乗り心地がとてもいい車です。外観や内装など高級感があり女性にも好まれると思います。


【良い点】
市街地などの燃費は16~17キロ位です。高速走行で燃費20キロ位でお財布にやさしいです。
運転席からの視界が広く見やすく運転しやすいです。

【悪い点】
乗っている限りでは今のところありません。

出典:http://www.goo-net.com/

室内の広さは概ね高評価です。車中泊にも十分な広さを備えています。
しかし段差やスキマ等、そのままの状態では寝づらいので、専用のマットレスを用意しておきたいところです。

また、走行性能も評価されています。
足回りはやや硬めとの声がありますが、こちらは賛否両論で、好みによるといったところです。

ホンダ・ヴェゼルで車中泊をする際に揃えておきたいグッズ

ホンダのヴェゼルは車中泊に適した室内空間を備えていますが、快適に車中泊を楽しむためには十分な準備をしておきたいところです。

できれば揃えておきたい車中泊用のグッズをいくつかご紹介します。

ホンダ・ヴェゼルでの車中泊におすすめグッズ|車中泊用マットレス

アウトドアグッズを取り扱うFIELDOORから販売されている高密度ウレタンフォームマットレスです。

暑さが10cmあるので、車内の多少の段差も和らげてくれます。
使用しない時はコンパクトにまとめて収納でき、使う時もバルブを開くだけなので準備が簡単です。
また、高密度のウレタンフォームがエアーベッド以上に心地よい寝心地を実現しています。

サイズ (約)195cm×60cm×10cm ※収納時 : (約)φ25cm×60cm

この車中泊グッズのAmazonでの現在の価格はこちら!

ホンダ・ヴェゼルでの車中泊におすすめグッズ|サンシェード

車中泊をする際は、周囲の視線や防犯が気になるところ。
差し込む光をシャットアウトして安眠するためにも、カーテンかサンシェードを用意しておきたいものです。

ヴェゼル専用のサンシェードなら、窓の形にぴったりフィットし、視線や外の光を遮ってくれます。
リヤ用とフロント用が別れているものがありますので、準備する際はご注意ください。

この車中泊グッズのAmazonでの現在の価格はこちら!

ホンダ・ヴェゼルでの車中泊におすすめグッズ|インバーター

車内で電気製品を利用するなら、DC12VからAC100ボルトに変換してくれるインバーターも用意しておきたいところです。

USBポートも用意されており、USBにつなぐ機器の充電も可能です。
スマホ、ノートパソコン、ゲーム機、DVDプレイヤーなどを車内で利用できます。
消費電力の大きい家電製品などは利用できないものもありますので、利用可能な消費電力を確認してご利用ください。
定格出力は150Wです。

本体サイズ8.5×6.5×4cm
コード長43cm
ACコンセント1つとUSB2ポート2口(2.1A・1A)

この車中泊グッズのAmazonでの現在の価格はこちら!

ホンダ・ヴェゼルでの車中泊におすすめグッズ|電気ケトル

車内でカップラーメンなどを食べる時に重宝する電気ケトル。画像の商品はDC12V、DC14Vの電源で利用できます。
上記のインバーターでは利用できないので注意が必要です。

容量は480mlで、コーヒーなら2.5杯、カップ麺なら一つが作れます。

この車中泊グッズのAmazonでの現在の価格はこちら!

ホンダ・ヴェゼルでの車中泊におすすめグッズ|LEDランタン

車内での明かりとしてLEDランタンもあると便利です。
画像の商品は、ソーラー発電が可能で、コンセントでも充電できます。

連続点灯時間は4.5~10時間で、スマホの緊急充電も可能となっています。
懐中電灯としても使用でき、防災グッズとしても役に立ちます。
いざという時も電池なしで使用できるのは安心ですね。

この車中泊グッズのAmazonでの現在の価格はこちら!

車中泊グッズを揃えてホンダ・ヴェゼルで快適な車中泊を楽しもう!

ホンダ・ヴェゼルの性能、ホンダ・ヴェゼルで車内泊をする際に必要なグッズなどを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

ホンダのヴェゼルは十分な室内空間があり、車中泊を楽しむのに適したSUVです。
後席はほぼフラットになり、全席を倒してスライドさせれば足を伸ばせる広い空間が確保できます。

しかし車内で快適に過ごすためにはある程度の準備は必要です。
車中泊用グッズを揃えて、快適な車中泊をお楽しみください。

車中泊のおすすめ関連記事はこちら!

他のSUVに関する情報はこちらの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す