初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【確認】車両進入禁止の標識の正確な意味とは?車両通行止めとの違いは?

数ある道路標識の中でも、よく似ていて間違えやすいのが「車両進入禁止」と「車両通行止め」の標識です。本記事では、車両進入禁止と車両通行止めの正しい意味や両者の違い、違反した場合の罰則について解説しています。

車両進入禁止と車両通行止め 標識の意味の違いは?

道路標識

道路交通法における道路標識の中でも、とくに混同しやすいのが「車両進入禁止」と「車両通行止め」かもしれません。
どちらも形や色が似ているばかりか、名前や意味まで似ているので間違いやすいのです。

本記事では、そんな「車両進入禁止」と「車両通行止め」の違いや正しい意味、違反した場合の罰則についても解説しているので、曖昧に覚えてしまっている方はこの機会に再確認しましょう。

車両進入禁止の標識の意味と違反した場合の罰則は?

車両進入禁止

車両進入禁止 道路標識

車両進入禁止の標識は、その名称の通り車両が一定の方向に進入することを禁止する標識であり、設置する場所に応じて、補助標識が共に設置されることもあります。
補助標識には、通行してはいけない車両や時間帯等が表記されており、この補助標識が設置されていない場合、歩行者を除く全ての車両が進入禁止となります。

この「車両」というのは、日本の道路交通法において「自動車」や「原動機付自転車」、「軽車両」のことを指しており、要するに車輪の付いた乗り物のことです。
ただし、エンジンを切ったバイクや自転車は歩行者と同様の扱いになるので、車両進入禁止標識の対象外となります。

■自動車
一般的に「乗用車」と呼ばれる車全般を指します。
■原動機付自転車
一般的に「原付」や「スクーター」と呼ばれる125cc以下の二輪車を指します。
■軽車両
原動機(エンジン)を持たない車両の総称であり、自転車やリヤカー、人に先導された牛や馬といった動物もここに含まれます。

車両進入禁止標識は、主に一方通行の道路に設置されていることが多く、逆方向から来た車との鉢合わせを防ぐために設置されています。
車両進入禁止標識を無視して進入した場合、道路交通法における通行禁止違反となり、反則金と減点2点が科せられてしまいます。

■通行禁止違反の罰則

反則金違反点数
原付5,000円2点
小型特殊
二輪6,000円
普通
7,000円
大型9,000円

道路交通法 第8条

歩行者又は車両等は、道路標識等によりその通行を禁止されている道路又はその部分を通行してはならない。

出典:道路交通法 第一章 第8条より引用

車両通行止めの標識の意味と違反した場合の罰則は?

車両通行止め

車両通行止めの標識は、その名称の通り車両の通行を止める標識です。
この標識がある場所は、車両を通行させることはできません。
こうして書くと車両進入禁止とどこが違うのか分かりにくいので、以下に表記します。

対象進入禁止の方向
車両通行止め全車両全方向
車両進入禁止全車両(補助標識による例外あり)設置場所のみ(反対側は進入可能)

要するに車両通行止め標識とは、車両の通行を例外なく全方向で禁止する標識なのです。
そのため、この標識は主に歩行者天国や工事現場に設置されます。

ただし、エンジンを切ったバイクや自転車に関しては、車両進入禁止標識と同様に歩行者扱いとなるので、標識があっても通行は可能です。
また、車両通行止め標識を無視して進入した場合の罰則に関しても、通行禁止違反となるので、反則金や違反点数は車両進入禁止標識を無視した場合と同様です。

道路標識の意味をしっかり覚えよう!

車両進入禁止 道路標識

車両進入禁止と車両通行止めの意味の違いはわかりましたか?

どちらもよく似ていて分かりにくいですが、赤地に白線一本が一方通行(車両進入禁止)、白地に赤斜線が車の通行禁止(車両通行止め)と覚えておけば、分かりやすいはずです。

道路標識は車の運転をする上で、覚えておかなければならない基本中の基本ですので、免許は取れたけど標識の記憶が曖昧という方は、しっかり覚えなおしておきましょう!

標識や違反に関連するおすすめ記事はこちら!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す