MOBY

車についた鳥のフンが取れない時の落とし方|未然に防ぐ予防・対策とは?

車に付いてしまった取れない鳥の糞。あなたは正しい落とし方を知っていますか?本記事では、車に付着した鳥のフンの除去方法と、フンの付着を未然に防ぐ対策法を紹介しています。

車に付いた鳥のフン! 取れない時はどうする?

自動車の天敵、鳥のフン。
車に付いてしまうと見栄えも悪く、おまけに塗装にもよくありません。
できることなら、すぐにでも除去したいですよね?

しかしながら、なかなか取ることができない頑固な鳥のフンは、取り方を間違えると車に余計な悪影響を与えてしまいます。
本記事では、車に付いた鳥のフンの正しい取り方と、フンが車に付くのを未然に防ぐことができる対策法について紹介しているので、鳥のフンで困っている方は是非ご覧になっていってください。

取れない鳥のフンの除去方法

タオルと洗剤・洗車のイメージ画像

鳥のフンは塗装を剥がす!

鳥のフンは酸性が強く、車体に付いたものを放置していると塗装面を剥がしてしまいます。
そうなってしまうと、鳥のフン自体を除去できたとしても、塗装剥げだけは残ってしまい、塗装を磨くか塗り直すかしなければならないので、無駄にお金と労力を消費することになるのです。

ですから、愛車に付いた鳥のフンを見つけたらすぐに除去する必要があります。

鳥のフンはふやかして取れ!

鳥のフンは車に付いてから経過した時間によって、除去方法も変わってきます。

■出したての鳥のフン
目の前でフンを付けられたという場合、すぐにティッシュ等で拭き取りましょう。
跡を残さずにフンを除去できます。

■付いてから数時間~1日の鳥のフン
乾燥した鳥のフンを無理に除去しようとすると、塗装も一緒に剥がれてしまいます。
力任せに擦って除去するのではなく、水分をたっぷり含ませたタオルやアルコールタイプのウェットティッシュ等で、優しく拭き取るようにしましょう。

■付いてから1週間以上経過した鳥のフン
カラカラに乾燥した鳥のフンは強力に固着します。
ちょっと濡らした程度では除去できないので、ぬるま湯に浸したタオルやキッチンペーパー等をフンに被せて、30分くらい放置しましょう。
フンが十分にふやければ、軽く拭き取ることができるはずです。

■雨の日に除去する
濡らしたタオルやら放置してふやかすやらが面倒くさいという方には、雨の日に鳥のフンを除去することをおすすめします。
雨の日であればフンも最初から水分を含んでいるので、拭き取るだけで済みますよ。
ただし、これは車が屋根なしの駐車場に停めてある場合に限ります。

鳥のフンの付着を未然に防ぐ対策とは?

電線 鳥

出典:http://www.photo-ac.com/

非常にやっかいな鳥のフンですが、車への付着を未然に防ぐ対策法も存在します。

■鳥よけグッズを使う
最もスタンダードな方法です。
CDや模造の鳥、強力な磁石等をぶら下げるだけで、その周辺に鳥が近づかなくなります。
鳥よけグッズは100円ショップやホームセンター等で扱っています。

■サイドミラーを隠す、車にカバーをかける
鳥は車のミラーに興味を示すことが多く、フンの付着もサイドミラー周りの被害が多く報告されているので、駐車中の車はサイドミラーを畳んでおきましょう。
ミラーが畳めない車種の場合、車そのものにカバーをかけてしまう方法もありです。

■犬や猫を飼う
犬や猫といったペットを外で飼えば、鳥が怖がって近づくかなくなることもあるようです。
ただし、カラスは頭がいいので、逆に犬や猫をからかって遊ぶこともあります。
また、犬や猫が車におしっこをひっかけたり、タイヤで爪とぎをすることもあるので、この方法はあまり現実的ではないかもしれません。

■電力会社に連絡する
これは、自宅周辺に鳥の集まる電線等がある場合に限った方法ですが、その地域を管轄するする電力会社に「鳥のフンで困っている」と連絡をすれば、無料で鳥よけのワイヤーを電線の上に設置してくれるそうです。
規模にもよりますが、施工自体は大体半日程度で終わるそうなので、電線にとまった大量の鳥に困っている方は、物は試しで連絡してみて下さい。

鳥のフンに気を付けよう!

車の天敵も予防と対策を覚えていれば安心

鳥のフンがボンネットに落ちた車

出典:©Shutterstock.com/iordani

車に付いた鳥のフンの落とし方と、車への付着を未然に防ぐ対策法はいかがでしたか?

どんなにカッコイイ車でも、ボンネットにフンが付いていたらしまりませんよね。
塗装も剥がしてしまうし、運と違って付いていても何にもいいことはないので、フンを見つけたら直ちに除去してしまいましょう!

洗車に関連するおすすめの記事はこちら!

この記事の執筆者

しんどうこの執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す