MOBY

【車中泊におすすめの道の駅ランキング】場所に困ったら&車中泊禁止場所やマナーにも注意!

車中泊におすすめの道の駅の場所をご紹介します。車中泊する場合、道の駅は便利で魅力的ですが、できるだけ安全で快適な所を探す必要があります。そのうえで、利用者側も車中泊のマナーを守ることも大切です。この記事では、それらをご説明するほか、車中泊の場所に困ったときの探し方、車中泊禁止の場所なども含めてまとめていますのでご覧ください。

車中泊ができる道の駅の場所とは


道の駅での車中泊とは|仮眠との違いは?

車で長距離を旅行する場合に、宿泊先を確保することは非常に大切ですね。

最近は道の駅が多数できており、基本的に駐車場やトイレが24時間利用できますので、大変便利になっています。

道の駅での車中泊と仮眠の違いは?

道の駅は本来、休憩のための施設であって仮眠程度は許されますが、車中泊はできない建前になっています(国土交通省の見解)。

仮眠と車中泊のボーダーラインが何時間か微妙ですが、一応そのような建前があるということも頭に入れておく必要があります。
ただし、実際には多くの人が道の駅で車中泊をしているのも事実であるとお伝えしておきます。

車中泊の場所を考えるポイント

車中泊を考える場合に、最も大切なことは何といっても「安全」です。
道の駅の状況によっては、暴走族のたまり場になっているなど、安全でないこともあり得ます。
当然のことですが、安全には最大の注意を払い、トラブルに巻き込まれないようにする必要があります。

次に考えるポイントは「快適であること」で、騒音、明るさなどで睡眠の妨げにならない環境が確保されることが大切です。
駐車場の中では普通は端の方が静かですが、安全上は逆にリスクが増すこともありますので、総合的に判断する必要があります。

次のポイントは、疲れを取るため「リフレッシュできる環境にあること」です。
その点では温泉など入浴施設が道の駅内にあればベストですが、あるいは道の駅の近くにあればそれも有効です。

このようなポイントから車中泊の場所を考える必要がありますが、多くの点で満足できるのが以下に紹介するRVパーク併設の道の駅であるといえます。
有料になりますが、おすすめの施設です。

RVパークとは

RVパークとは、一般社団法人日本RV協会が推進し、オートキャンプ場などで、安全かつ快適に車中泊できる施設を公認しているものです。

認定基準としては、24時間利用できるトイレがあること、100Vの電源があること、ごみ処理できること、余裕あるスペースがあることなど、車中泊に適したものになっています。

RVパーク全体では全国に84施設(2017年1月現在)となっており、道の駅の中でもRVパークの認定を受けている所が出ています。
実際には道の駅の駐車場の一角をRVパークエリアとして設定するものです。

キャンピングカーではない普通の車もOKで、1泊1,000~2,000円の利用料が必要ですが、安全のためには代えがたいものと考えますがいかがでしょうか?

そこで、以下の記事でもRVパークが併設された道の駅を中心にご紹介したいと思います。

車中泊に便利なフルフラットになる車の記事はこちら

車中泊におすすめ道の駅ランキング【第6位】

青森県道の駅つるた・鶴の里あるじゃ|岩木山の麓

@littlewing64wが投稿した写真 -


概要・特色

青森県の岩木山の北東、弘前市と五所川原市の間の国道339号線沿いにある道の駅です。

津軽富士の麓で開放的な環境でゆっくりすることができ、また当地は「津軽のへそ」とも呼ばれるローケーションにあるため、青森県各地への足がかりとすることもできます。

道の駅の中では珍しく、車中泊OKとホームページでも記載している所ですので、安心して利用できます。
温泉は道の駅からほど近い所に日帰り温泉「つるまい温泉」などがありますので、これも魅力です。

アクセス

・東北自動車道の大鰐弘前ICから国道339号線で約40分
・青森市から国道7号線、101号線で約50分

基本情報

【営業時間】 駐車場・トイレ=年中無休、24時間利用可(無料)、 売店=原則9:00~18:00(1月1日定休)、レストラン=10:30~18:00(1月1日定休)
【電話番号】 0173-22-5656
【住所】 青森県北津軽郡鶴田町大字境字里見176-1
【駐車場】 普通車77台、大型車10台、身障者用7台
【車中泊】OK

周辺の見どころ

○鶴田町・・・丹頂鶴自然公園は近くでもありぜひ訪れたいスポットです。
○弘前方面・・・弘前城などの市内や津軽岩木スカイラインなどのドライブがオススメです。
○津軽半島方面・・・太宰治ゆかりの金木町をはじめ、十三湊、龍飛崎方面へのドライブも楽しめます。
○青森市方面・・・青森市内から下北半島、あるいは八戸方面へ行くこともできます。

この車中泊ができるおすすめ道の駅の公式ホームページはこちら

この車中泊ができるおすすめ道の駅の周辺地図はこちら

車中泊におすすめ道の駅ランキング【第5位】

山形県道の駅たかはた「まほろばステーション」|米沢方面


概要・特色

山形県~宮城県を結ぶ国道13号線沿い、米沢からもほど近い所にある道の駅です。
道の駅の向かい側には、「まほろばの里高畑」を象徴する神社や公園もあり、歴史に触れながらゆっくりすることもできます。

ここはRVパークも併設されており、安心して車中泊できる所ですのでおすすめします。
ただし、RVパークは冬季閉鎖となりますので、ご注意ください。

アクセス

・山形自動車道の山形蔵王ICから約50分
・米沢市から国道13号線で約20分

基本情報

【営業時間】 駐車場・トイレ=年中無休、24時間利用可(無料)、 売店=9:00~17:30(冬は17:00まで)、レストラン=10:00~16:45(冬は10:30~16:00)
【電話番号】 0238-52-5433
【住所】 山形県東置賜郡 高畠町大字安久津2072-1
【駐車場】 普通車59台、大型車9台、身障者用3台
【EV充電器】あり
【RVパーク】12月~3月は閉鎖、トレーラーも含め4台可能、利用料1,500円/台・1泊、電源あり、ごみ処理あり、シャワーあり

周辺の見どころ

○高畑町・・・童話の浜田広介記念館、まほろば古の里歴史公園、高畑ワイナリーなどがオススメです。
○米沢方面・・・米沢城址、上杉神社などのある米沢市内に短時間で行くことができます。
○山形市方面・・・国道13号線を北上すれば山形市、天童市、山寺、蔵王などのスポットがたくさんあります。

この車中泊におすすめ道の駅の公式ホームページはこちら

この車中泊におすすめ道の駅の周辺地図はこちら

車中泊におすすめ道の駅ランキング【第4位】

愛媛県道の駅虹の森公園まつの|宇和島~四万十方面

道の駅虹の森公園まつの

出典:https://ja.wikipedia.org/

概要・特色

愛媛県宇和島市の東で高知県との県境に近く、清流四万十川の上流近くにある道の駅(国道381号線沿い)です。
虹の森公園という大きな公園があり、そこが道の駅となっている施設で、公園では四万十川の魚を展示した水族館や各種体験施設もあり、一日を過ごすこともできます。

駐車場の一角がRVパークとなっていますので、安心して車中泊ができる所です。
また、川の対岸に日帰り温泉「森の国ぽっぽ温泉」もありますので、これも魅力ですね。

アクセス

・松山方面からは松山自動車道の三間ICから約20分
・高知方面からは高知自動車道の四万十中央ICから約1時間20分

基本情報

【営業時間】 駐車場・トイレ=年中無休、24時間利用可(無料)、 売店・レストラン・おさかな館(水族館)=基本10:00~17:00(原則は水曜日定休、ただし春休み・GW・夏休み・冬休みは営業)、なお施設により時間が異なることがありますので、要確認
【電話番号】 0895-20-5006
【住所】 愛媛県北宇和郡松野町大字延野々1510-1
【駐車場】 普通車140台、大型車10台、身障者2台
【EV充電器】あり
【RVパーク】トレーラーも含め5台可能、利用料1,000円/台・1泊、電源あり、ごみ処理あり

周辺の見どころ

○松野町・・・足摺宇和海国立自然公園の滑床渓谷など自然を楽しむことができます。
○宇和島方面・・・宇和島城や市内の町並み散策、宇和海展望、グルメなどが楽しめます。
○松山方面・・・松山城や道後温泉など多くの観光スポットがあります。
○四万十・高知方面・・・足摺岬から高知市、室戸岬など四国南岸のドライブも楽しめるコースです。

この車中泊におすすめ道の駅の公式ホームページはこちら

この車中泊におすすめ道の駅の周辺地図はこちら

車中泊におすすめ道の駅ランキング【第3位】

山梨県道の駅南きよさと|清里高原の足がかりに

Hiroさん(@y.hiroo)が投稿した写真 -


概要・特色

中央自動車道からもほど近い清里高原の入り口付近にある道の駅です。
RVパークも併設されていますので、安心して車中泊することができます。

この道の駅からケーブルカーで花の森公園に行くことができ、展望台、体験農場などもあり、一日を楽しむのにもおすすめです。
温泉は約5kmの所に「たかねの湯」があり、手軽に利用することができます。

アクセス

・中央自動車道の須玉ICから清里方面へ国道141号線で約10分

基本情報

【営業時間】 駐車場・トイレ=年中無休、24時間利用可(無料)、 売店=8:30~17:00(1・2月は火曜日定休)、レストラン=9:30~16:00(1・2月は火曜日定休)、BBQコーナーあり、ただし営業日など要確認
【電話番号】 0551-20-7224
【住所】 山梨県北杜市高根町長沢760
【駐車場】 普通車312台、大型車6台、身障者用2台
【EV充電器】1器
【RVパーク】トレーラーも含め5台可能、利用料1,000円/台・1泊、電源あり、ごみ処理あり

周辺の見どころ

○清里高原・・・清泉寮、美森、萌木の村など観光スポットがたくさんあります。
○小諸方面・・・国道141号線沿いに北上し、佐久、小諸、軽井沢方面へのドライブもおすすめです。
○諏訪方面・・・八ヶ岳の南側を回り、蓼科や諏訪方面へのドライブも魅力のコースです。

この車中泊におすすめ道の駅の公式ホームページはこちら

この車中泊におすすめ道の駅の周辺地図はこちら

車中泊におすすめ道の駅ランキング【第2位】

山口県道の駅阿武町|萩方面|温泉も!


概要・特色

山口県の日本海側、萩市と島根県益田市との間にある道の駅です。
実は日本で道の駅を初めて実験的にトライした道の駅発祥の地であり、記念のモニュメントなどもあります。

ここもRVパークも併設されていますので、安心して車中泊ができる所です。
また、日帰り温泉や温水プールがあり、グルメなども楽しめるおすすめのスポットです。

アクセス

・萩市から国道191号線で島根県益田市方面へ約20分
・益田市から国道191号線で約50分

基本情報

【営業時間】 駐車場・トイレ=年中無休、24時間利用可(無料)、 売店=10:00~18:00(年末年始休み)、レストラン=10:00~21:00(原則第1・3・5水曜日定休、年末年始休みなど要確認)、日帰り温泉=10:00~21:00(原則第1・3水曜日定休、年末年始休み)、温水プール=13:00~20:00(夏場は10:00からオープン、原則第1・3水曜日定休、年末年始休み)
【電話番号】 08388-2-0355
【住所】 山口県阿武郡阿武町大字奈古2249
【駐車場】 普通車134台、大型車5台、身障者用7台
【EV充電器】1器
【RVパーク】トレーラーも含め4台可能、利用料1,000円/台・1泊、電源あり、ごみ処理あり

周辺の見どころ

○萩市方面・・・明治維新の志士たちを輩出した所として、また萩焼などもあり、多くの観光客が訪れる所です。
○長門市方面・・・青海島や油谷湾などの海岸沿いの観光や、秋吉台方面へ行くことができます。
○山口市方面・・・浄瑠璃寺五重塔、湯田温泉、防府天満宮などを巡ることができます。

○島根県方面・・・益田市、津和野町(森鴎外の出身地として有名)などへ進むことができます。

この車中泊におすすめ道の駅の公式ホームページはこちら

この車中泊におすすめ道の駅の周辺地図はこちら

車中泊におすすめ道の駅ランキング【第1位】

石川県道の駅ころ柿の里|能登半島|温泉も!

概要・特色

能登半島の中央部の西側海岸近くにあります。
輪島方面や和倉温泉方面への休憩地として、また「なぎさドライブウェイ」などのドライブも含めて利用する人が多い道の駅です。

車中泊はRVパークが一般駐車場の一角に併設されていますので、安心して宿泊できます。
また、日帰り温泉施設や足湯もありますので、利用者にも大好評です。

アクセス

・羽咋市から国道249号線で北(輪島方面)へ約20分

基本情報

【営業時間】 駐車場・トイレ=年中無休、24時間利用可(無料)、 売店=平日9:00~17:30(火曜日定休)、レストラン=11:00~22:00(第3火曜日定休)、日帰り温泉=6:00~23:00、足湯=9:00~16:00、
【電話番号】 0767-32-4831
【住所】 石川県羽咋郡志賀町末吉新保向10
【駐車場】 普通車166台、大型車2台
【RVパーク】トレーラーも含め5台可能、利用料2,000円/台・24時間、電源あり、ごみ処理あり

周辺の見どころ

○金沢方面へは車で1時間15分ほどで行くことができます。
○輪島へも約1時間で行くことができ、さまざまなスポットを楽しめます。
○砂浜を走行できるとして人気の千里浜「なぎさドライブウェイ」までは30分ほどで行くことがでます。

この車中泊におすすめ道の駅の公式ホームページはこちら

この車中泊におすすめ道の駅の周辺地図はこちら

車中泊の場所に困ったら

道の駅併設のRVパークがおすすめ

RVパークについては、前記のとおり車中泊に適した施設を認定しているものです。
道の駅でも駐車場の一角をRVパークとしている所もあり、5施設を紹介しましたが、まずここをおすすめします。

道の駅でも車中泊がOKの所もある

RVパークではありませんが、車中泊をOKしている道の駅もあります。
具体的には前記の青森県の「道の駅つるた・鶴の里あるじゃ」をご紹介しましたが、他にもあるかもしれませんので、できるだけそういう所をおすすめします。

RVパークのエリア外利用

前記の道の駅併設のRVパークが安全ですが、もしそこが満車の場合には、RVパーク以外の駐車スペースを利用させてもらうことも考えられます。
RVパークは夜間駐車が前提の体制がとられていますので、近くのスペースも比較的に安全と考えられます。

高速道路のサービスエリア・ハイウェイオアシス

道の駅とは違いますが、サービスエリアやハイウェイオアシスの駐車場などは24時間オープンしていますので、場所に困ったときには頼りになります。

サービスエリアとパーキングエリアの違いをご存知ですか?

車中泊のマナー



長時間滞在は避ける

RVパークの場合は基本的に1泊を前提としていますが、それ以外は宿泊を前提としていませんので、長時間居座ることは避ける必要があります。

スペース枠外の利用は避ける

仮に隣のスペースが空いていても、いつ利用者が来るかもしれませんので、自分のスペース枠外の利用は避けましょう。

調理などはしない

車中泊となると食事が付きもので、中には自分で調理したい人もおられるかもしれません。
しかし、普通の道の駅ではもちろん、RVパークのスペースでも、基本的には調理はしないのがマナーです。
尚、RVパークの場合は、スペース内に椅子などを持ち出すことは認められています。
RVパーク以外ではスペース的にも無理と思われます。

電源の無断使用はしない

RVパークでは100V電源が用意されていますので問題ありませんが、普通の駐車場では無断でコンセントを利用することは控える必要があります。

車中泊が禁止されている場所・道の駅

@littlewing64wが投稿した写真 -


前記のように基本的には道の駅での車中泊は避ける必要がありますが、中には看板などで特に注意されている所もあります。
以下に禁止といわれる道の駅の例を名前だけご紹介します。
ただし、禁止の看板などが撤去されていることもありますので、ご承知ください。

なお、参考のためにいいますと、車中泊禁止といわれる道の駅でも多くの場合は車中泊をしている人もいるのが実態のようです。

北海道・東北エリア

・北海道 道の駅知床らうす
・北海道 道の駅さるふつ公園

関東・中部エリア

・静岡県道の駅伊東マリンタウン
・静岡県開国下田みなと
・山梨県道の駅なるさわ
・岐阜県道の駅馬瀬 美輝の里

関西・西日本エリア

・和歌山県道の駅奥熊野古道ほんぐう
・徳島県道の駅大歩危(長時間駐車禁止)

車中泊をおすすめする理由

fuuu-u.tgさん(@fukitg)が投稿した写真 -


車中泊をするのにおすすめの道の駅をご紹介しましたが、いかがでしたか?
車で遠くに旅行するときに、宿泊場所の確保は重要ですが、車中泊は費用が安く、時間的にも自由がきくなどでおすすめです。

車中泊の場所としては道の駅が便利ですが、その中でも車中泊を認めている場所が安全ですので、今回はご紹介しました。
車中泊のマナーも守って楽しい旅ができますよう願っています。

道の駅に関連する記事はこちら

車中泊に関連する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す