初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキの次世代技術のエネチャージとは?メリット&デメリットから仕組みや評判まで

スズキの次世代技術、エネチャージをご存知ですか?車が走る時には、メーターやオーディオ、ナビなどさまざまな装備品に電力を使いますよね。その電力はこれまでガソリンによって発電されていました。しかし今まで使っていなかったエネルギーを有効活用することによって、ガソリンを使わずに発電を可能にさせたのがエネチャージなんです!今回はそんなエネチャージと、エネチャージがさらに進化したS‐エネチャージについてご紹介します。

スズキ次世代技術「エネチャージ」とは?

スズキのエネチャージをご存知ですか?これらのCMを観たことがある方も多いかと思います。

エネチャージは低燃費を実現したスズキの次世代技術として、現在注目を集めています。また、さらに低燃費を実現したS‐エネチャージと呼ばれる技術も誕生し、スズキの低燃費システムはさらに進化を遂げています。

今回はそんなスズキの次世代技術、エネチャージとS‐エネチャージについて解説します。

エネチャージはどんな仕組みなの?

通常の電力の発生方法は?

山道 運転 視界

車が走るとき、ナビやメーター、オーディオなど様々な装備品に電力を使います。これまで車は、その電力をガソリンで発電していました。

オルタネータという車の部品をご存知ですか?
オルタネータとは発電器のことなのですが、このオルタネータはエンジンを回すことによって発電します。

エンジンを回すためにはガソリンが必要です。ですから、従来の車は発電するためにガソリンが必要だった、というわけです。

発電のためにガソリンを使うと、燃費もその分悪くなってしまいます。低燃費を実現するためには、まずこの発電の仕方を工夫する必要があったんですね!

エネチャージの仕組みとは?

ガソリンスタンド 給油ホース

エネチャージは、先ほどご紹介したオルタネータを減速エネルギーによって発電させます。車が走っているとき、アクセルから足を離しても、車はすぐに止まらず走り続けますよね。

これは慣性によるもので、減速エネルギーと呼ばれています。この減速エネルギーが働いているとき、アクセルは踏んでいませんから、ガソリンは使わずにエンジンは回っていることになります。

減速エネルギーによって回るエンジンの力で、オルタネータを回して発電させるのがエネチャージの仕組みになります。

ガソリンを使っていないときに発電していることになりますから、ガソリンの無駄な消費を抑えることができます。

エネチャージで作った電力はどこに貯めるの?

バッテリー・電池のイメージ画像

出典 :©Shutterstock.com/Oleksandr Kostiuchenko

これまで、たくさんの電力を作ることは出来ても、その電力を貯めておく場所がありませんでした。

また通常の車の電力は鉛バッテリーに貯めているのですが、この鉛バッテリーは常に満充電の状態を保たなければならないため、走行中もずっと発電しなければならず、これが無駄な燃費消費に繋がっていました。

しかしエネチャージでは、発電した電力を鉛バッテリーに加えリチウムイオンバッテリーに貯めることが可能になりました。リチウムイオンバッテリーは充電効率がよく、たくさんの電力を貯めておくことができますし、短時間で電力をたくさん貯めることができるんです!

つまり、減速エネルギーによって発電した電力だけで、走行中に必要な電力をまかなえるようになった、ということです。

エネチャージで作った電力はどこに使えるの?

スピードメーター タコメーター

鉛バッテリーとリチウムイオンバッテリーに貯めた電力は各装備品に供給されます。電力が必要な装備品が車にどれくらいあるかご存知ですか?

実は電力が必要な装備品は20ほど言われています。とても多いですよね。

リチウムイオンバッテリーに貯めた電力はそのうち9の装備品に供給されます。メーター、ストップランプ、オーディオ、ナビなどになります。電力を使う装備品のほぼ半分をエネチャージによって発電できるんです!

さらに進化したS‐エネチャージの登場!

S‐エネチャージとは?

続いてS‐エネチャージをご紹介します!

S‐エネチャージはこれまでに紹介してきたエネチャージがさらに進化したものです。加速時にISG(Integrated Starer Generator)と呼ばれるモーター機能付発電機によってエンジンをアシストすることによって、さらに低燃費が実現しました!

また発電した電力を充電していたリチウムイオンバッテリーもS‐エネチャージ車専用のものとなり、充電性能、電装品への給電機能ともにモーターアシストに必要な大電流に対応しています。

S‐エネチャージの魅力は?

エネチャージがさらに進化したS‐エネチャージの魅力をご紹介します。

車は通常、アクセルペダルを踏み込んだときに、ガソリンの消費量が増えます。加速するために大きなパワーが必要になるからですね。

しかしS‐エネチャージは加速した際にモーターアシストを作動させエンジンの負担を減らします。

モーターでアシストする分だけエンジンの出力を抑えることが出来ますから、消費するガソリンの量も減らすことができるんです!加速性能はそのままで、低燃費を実現しています。

またISGのスターターモーター機能によってエンジンを再始動する際の音も静かになりました!これまでのアイドリングストップ車はセルモーターを使ってエンジンを再始動させていたのでギヤの嚙み込み音が気になるものでした。

しかしISGはプーリーとベルトを使用するためスムーズにエンジンを再始動できるんです!

エネチャージのメリットとデメリットは?

車 お金

出典 :©shutterstock / create jobs 51

エネチャージのメリットはやはり燃費の良さが第一に挙げられます!

小さなエンジンで電力を作るのは、ガソリンも消費してしまいますしエンジンにとってもとても負担が大きくなります。

しかしご紹介してきた減速エネルギーによって発電し電力を作ることによって、ガソリンの節約にもなりますし、エンジンの負担も減らすことができます。

燃費が良くなることに加え、エンジンへの負担が減るため加速もスムーズになるんです!ドライブや旅行などの長距離運転もたのしくなりそうですよね。

デメリットとしては価格がエネチャージやS‐エネチャージ搭載車となると通常より高くなることが挙げられます。

例えばハスラーの価格帯は約107万円からですが、S‐エネチャージ搭載車のハスラーの価格帯は約126万円からとなります。

購入後、ガソリン代の負担は減ることはお財布にも優しく嬉しいですが、エネチャージ搭載、S-エネチャージ搭載だと価格も上がりますから、購入時は予算なども含めよく考える必要があります。

S-エネチャージ搭載車一覧!

2017年1月現在の、S-エネチャージ搭載車をご紹介します。スズキを代表する人気軽自動車に搭載されています。

現在は以下の6車種にS-エネチャージが採用されています。これからさらにS-エネチャージが採用される車種は増えて行くのではないでしょうか。

S-エネチャージ搭載車①ハスラー

ハスラー X サマーブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ

S-エネチャージ搭載車②スペーシア

スズキ スペーシア T 2015年

S-エネチャージ搭載車③スペーシアカスタム

スペーシア カスタム XS 2015年式

S-エネチャージ搭載車④スペーシアカスタムZ

スペーシアカスタムZターボ フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ

S-エネチャージ搭載車⑤ワゴンR

ワゴンR FZ

S-エネチャージ搭載車⑥ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー T 2015年式

エネチャージの評判は?

エネチャージ解除の時の、イラストかわいい #ハスラー #hustler #エネチャージ

Takashi Saitoさん(@takashi3110saito)が投稿した写真 -



やはり燃費の良さを評価している方が多いですよね!またスムーズな加速やキビキビとしたハンドリングを実感している方も多いです。

エネチャージを解除する際のモニター表示がかわいいなど、試乗してみなければわからない細かな部分も好評です!

エネチャージ搭載車を試乗してみよう!

エネチャージ搭載車を試乗しよう

エネチャージは燃費の良さがバツグンですが、やはり乗り心地や運転感覚も気になってくるかと思います。またエネチャージだからこその加速のスムーズさもぜひ体感してみるためにも、試乗してみることをおすすめします!

ぜひ素敵なエネチャージ搭載車と出会い、運転してみてくださいね!

次世代技術に関連する記事!

スズキ車に関連するおすすめ記事!