初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサスLX を買う前に】日本での評価は?口コミや実燃費など最終チェック

レクサスLXといえば、レクサスで最も大きいSUV車であり、トヨタ・ランドクルーザーのレクサス版というイメージが強いです。そこで、疑問に思うのがレクサスLXとトヨタ・ランドクルーザーの違いはどこにあるかということです。ここではレクサスLXのスペック、実燃費、オーナーの評価、口コミ、人気のカスタムまでトヨタ・ランドクルーザーとの違いを含めて紹介したいと思います。

レクサスLXとは?

初代レクサスLX

1996-1997レクサスLX450

レクサスLXが登場したのは1996年に北米で発売されたのが始まりで、それまではトヨタ・ランドクルーザー(以下・ランクル)として海外で販売されていました。上画像は初代レクサスLXで、現在でもランクルとレクサスLXは、両方とも海外で購入可能ですが、北米ではレクサスLXのほうが人気のようです。

そして、この時から通常のランクルからフロントグリル、ヘッドライト、バンパー、ホイールなどをレクサス仕様にし、内装は本革シート、木目調のインパネと高級感を出し販売。もともとSUV車大国であったアメリカにレクサスLXはまだ認知度が薄く、このモデルは不人気のまま、たった1年だけ販売された後にモデルチェンジをしました。

2代目レクサスLX

レクサス LX470

モデルチェンジにより、トヨタ・セルシオと同じ4.7リッターV型8気筒エンジン(2UZ-FE型)を搭載し、内装にパワーシート、乗車の際のステップ灯、暗視ライトなど高級SUVとしての装備を多く取り入れ、このモデルから大ブレイクを果たします。

アメリカの市場調査およびコンサルティング会社JDパワー社の初期品質調査で高級SUV部門のトップとなりました。

3代目レクサスLX

●3代目レクサスLX前期型

2007年にフルモデルチェンジをし、この時の型式がURJ200となり、現在のKXおよび200型ランクルとなりました。

●3代目レクサスLX中期型

2012年にマイナーチェンジが行われ、この時から現行のレクサスのデザインアイコンであるスピンドルグリルが採用されました。

●3代目レクサスLX後期型

現行型レクサスLX

2015年9月に日本で発売されるようになり、現在のモデルにマイナーチェンジされました。
外観では今までより吊り目のフロントランプとなり、よりシャープでエッジの効いたスタイリングになりました。

スピンドルグリルはより大きく威圧的なフロントマスクなり、一目でレクサスLXであるとわかるぐらいの存在感です。

レクサス LX ボディ フレーム

車体は旧モデルより大きくなり、ボディは今までで最高の軽量で高剛性なものになり、オフロード走行性能は、ボディに受ける大きな過重にも耐えるものになっています。

車の骨格であるフレームとキャビンを分離させるモノコックボディになり、走行時に路面から伝わるロードノーズや振動を車内まで伝わりにくくし、街中、高速道路、オフロードでも乗り心地は最高に良いものとしています。頑丈なボディにしていたとしても、乗り心地を犠牲にしないあたりはレクサスらしいところです。

さらに防錆の素材を採用することにより、アンダーボディやエンジンフード、フレームに至るまで車体金属部分の腐食を抑えています。これは、海岸沿いや塩湖、さらには熱帯地区など、姉妹車のランクルを過酷な場所で走らせる世界中のユーザーに対応できるような施しをしており、世界で愛されるランクル・レクサスLXの理由がこういったあたりから理解できます。

レクサス LXの走行モード

オフロード走行にトラクションやブレーキを最適化するハイテクシステムは満載です。車内にあるモードセレクタースイッチは、5つの走行モードで路面状況に応じたドライブモードが選択できる「Multi-Terrain Select(マルチテレインセレクト)」が搭載されています。

路面状況に応じたモードにモードセレクタースイッチを選択すると、自動でサスペンションやブレーキ油圧制御、4輪の駆動力が最適に分配化を設定してくれます。

マルチテレインセレクト
ROCK岩場や岩石の多い路面で使用
ROCK&DIRTモーグル路や岩石路などの凹凸の激しい路面で使用
MOGULモーグル路、段差路・溝、斜面・V溝、登降坂などの凹凸の激しい路面で使用
LOOSE ROCKがれき路、ブッシュ路などの土と石が混じった滑りやすい路面で仕様
MUD&SALDぬかるみ、砂地路、深雪路、ダート路などの滑りやすい路面で使用

オフロード走行でのモード選択に加え、オンロードでの走行も快適にできるようにDrive Mode Select(ドライブモードセレクト)がありさらにCUSTOMIZEモードを選択すれば、パワートレイン、シャーシ、空調の組み合わせを自由に選択可能になり、ドライバーの好みに細かく設定も可能です。

ドライブモードセレクト
COMFORTサスペンションを、しなやかな乗り心地を実現する制御に切り替えます
NORMAL走りと燃費のバランスに優れ、さまざまなシーンでのドライブに適しています
SPORT Sよりダイナミックで力強い加速感が得られる走りを提供します。
ECOパワートレーンと空調を燃費優先の制御に変化させます
CUSTOMIZEパワートレーン、シャシー、空調の制御をカスタマイズできます。
SPORT S+走りのポテンシャルをフルに引き出し、エモーショナルな走行を実現します


ZX DOUBL…
940.0万円
本日の在庫
176
平均価格
577.1 万円
本体価格
96 ~ 978 万円

レクサスLXのスペックや価格は?

レクサスLXとランクルの違いを見るため、スペックと価格をそれぞれ見ていきましょう。

レクサスLXとランドクルーザーのスペック

現行型 レクサス LX

●寸法、車重、定員

レクサスLXトヨタ・ランドクルーザー(ZX)
全長、全幅、全高(mm)5,065、1,980、1,9104,950、1,980、1,870
ホイールベース(mm)2,8501,870
トレッド前(mm)1,6451,645
トレッド後(mm)1,6401,640
最低地上高(mm)225225
最小回転半径(m)5.95.9
室内長、室内幅、室内高(mm)2,760、1,650、1,1702,690、1,640、1,170
車両重量(kg)2,7202,690
車両総重量(kg)3,1603,130
乗車定員(名)88

●性能

レクサスLXトヨタ・ランドクルーザー(ZX)
JC08モード走行燃料消費率
(国土交通省審査値)(km/L)
6.56.7
主要燃費改善対策可変バルブタイミング可変バルブタイミング

現行型 レクサスLXエンジン

●エンジンスペック

レクサスLXトヨタ・ランドクルーザー(ZX)
型式3UR-FE1UR-FE
種類V型8気筒DOHCV型8気筒DOHC
使用燃料無鉛プレミアムガソリン無鉛プレミアムガソリン
総排気量(L)5.6624.608
内径×行程(mm)94.0×102.094.0×83.0
圧縮比10.210.2
最高出力[NET [kW(PS)/r.p.m.]277 (377) / 5,600234(318)/5,600
最大トルク[NET] [N・m(kgf・m)/r.p.m.]534 (54.5) / 3,200460(46.9)/3,400
燃料供給装置電子制御式燃料噴射装備電子制御式燃料噴射装備
燃料タンク容量(L)9393
駆動方式4輪駆動 (フルタイム4WD)4輪駆動 (フルタイム4WD)
トランスミッション8 Super ECT
(スーパーインテリジェント8速オートマチック)
6 Super ECT
(フレックスロックアップ付スーパーインテリジェント6速オートマチック)

レクサスLXとランドクルーザーの価格

車種メーカー希望小売価格(消費税込み)
Lexus LX11,000,000円
ランドクルーザー(ZX)6,825,600円

LXとランクルのスペックを見比べてみれば、ボディやフレームなどは共有する姉妹車であっても、エンジン、ミッションは全く違います。
LXは、ランクルより排気量は1,000ccも大きく、馬力も約60馬力もパワーがあります。ベースのシャシーは同じですが、中身はほとんど別物であり、価格が約400万円も高いLXですが、その理由は納得できます。

ここからはレクサスLXで気になる①内装の豪華さ②実燃費と評価・評判③人気カスタムに絞って紹介します。

次のページ

この記事の執筆者

池田ゆうきこの執筆者の詳細プロフィール

車も好きですが、実はバイクも好き。車の得意分野は1980年代・1990年代の国産ピュアスポーツカーと軽自動車で、国内・海外のモータースポーツは常にチェックしています。最近はイギリス車やフランス車にも興味有り。...