初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

北米向け新型オデッセイ フルモデルチェンジ最新情報!発売日は2017年内?燃費や価格など

2017年1月、ホンダ北米向け新型オデッセイがついに世界初公開されました。5代目となる北米向け新型オデッセイのデザイン・内装をはじめ、搭載される最新の装備や価格、燃費などの最新情報をご紹介します。

2017年北米国際自動車ショーで北米向け新型オデッセイが世界初公開!

発表された ホンダ 新型北米向けオデッセイ

ホンダ 新型 北米向け オデッセイ 2017年モデル

2017年1月9日(現地時間)、アメリカのミシガン州デトロイトで開催される「2017年北米国際自動車ショー」において、北米向け新型オデッセイが世界初公開されました。

北米向けオデッセイは1999年に登場しており、今回フルモデルチェンジされた新型オデッセイは5代目にあたります。

今回発表される新型オデッセイについてホンダは、
「洗練された新しいエクステリアデザイン、パワートレイン、ファミリーユーザーに満足いただけるパッケージや先進の安全運転支援システムを装備するなど、上質な走りと使い勝手を兼ね備えたモデル」
と報じています。

北米向けオデッセイとは?

ホンダ ラグレイト(北米向けオデッセイ)

ホンダのミニバン・オデッセイの1代目は北米に輸出されたものの、サイズやエンジンが小さいとの声もあり、国内ほどのヒットとはなりませんでした。
そこでホンダは国内向けスペックとは異なる北米版オデッセイを生産することを決意し、「ラグレイト」の名前で1999年、北米版オデッセイを発表しました。

国内向けモデルよりも大きなエンジンとボディのラグレイトは、ホンダの思惑通り北米で大ヒットし、今では北米で6年連続してミニバン販売台数1位を獲得する人気車種となっています。
国内向けオデッセイとは異なる性格の車のため、国内にもコアなファンが存在します。

ホンダというメーカーと創業者についての記事はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ 北米向け新型オデッセイの外装(エクステリア)デザイン

ホンダ 新型 北米向け オデッセイ 2017年モデル
ホンダ 新型 北米向け オデッセイ 2017年モデル
ホンダ 新型 北米向け オデッセイ 2017年モデル

北米向け新型オデッセイはフロントヘッドライトとテールライトにLEDを採用しています。
デザインは空力性能にも優れたなめらかなボディラインです。
スライドドアのレールをウィンドウ下に隠すなどの細かな配慮によって、エレガントな外観に仕上がっています。

歴代の北米向けオデッセイのデザインコンセプトを残しつつも、より新しく、2017年モデルらしいデザインに仕上がっています。

ホンダ 北米向け新型オデッセイの内装(インテリア)デザイン

北米向け新型オデッセイでは、多彩なシートアレンジを可能にするマジックスライドや、マイク、スピーカー赤外線カメラを駆使して広い室内空間で離れて座る乗員同士を「つなげる」機能を追加したとしています。

スピーカーやヘッドフォンを通して、ドライバーが後部座席の乗員に話しかけることができる「Cabin Talk(キャビントーク)」機能が搭載されています。

遮音ガラスや3層のドアシールを採用するなど、ノイズ低減を徹底しストレスの少ないコミュニケーションを目指しています。

またクラス最大(米国のミニバンとして)の荷室容量を確保しています。

ホンダ 新型 北米向け オデッセイ 2017年モデル

北米向け新型オデッセイには、7インチカラー液晶ディスプレイメーターや、8インチの高解像度オーディオタッチスクリーンや"Apple CarPlay"と”Android Auto”に対応したインフォティメントシステム機能が与えられています。

また2列目、3列目シートに座る乗員用の10.2インチディスプレも用意されます。

ホンダ 新型 北米向け オデッセイ 2017年モデル

2列目シートには中央席を取り外して、左右の座席をスライドさせることができる「マジックスライド」機能を採用しています。
チャイルドシートを装着したままでも3列目に簡単に乗り込むことができます。

その他多彩なシートアレンジで、様々なシーンに対応することができます。

ホンダ 北米向け新型オデッセイにLTEが搭載【最新情報】

ホンダ 北米向けオデッセイの車載Wi-Fi

ホンダ 北米向けオデッセイの車載Wi-Fi

発売が待たれている北米向け新型オデッセイですが、超高速データ通信サービスの4G LTE車載Wi-Fiが搭載されることが発表されました。
月に20ドルで動画や音楽が無制限で楽しめます。

4G LTE車載Wi-Fiが採用されたミニバンはオデッセイが世界初です。
日本での発売についてはいまだ言及されていませんが、LTEが搭載されている車と聞いて、心惹かれる方は少なくないでしょう。

ホンダ 北米向け新型オデッセイのパワートレイン

2016年12月20日 ホンダが発表した新型オデッセイのイメージ画像

ホンダ 新型 オデッセイ イメージ画像 2017年モデル

今回ワールドプレミアされた北米向け新型オデッセイは、3.5L V型6気筒 i-VTECエンジンを搭載しています。

独自開発された9速または10速ATと組み合わせることで、力強い走りとなめらかな加速感を実現。
最高出力は先代より32馬力アップとなる280馬力となります。

また主要グレードには、ホンダの最新安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が標準装備されます。

他にも軽量化とボディ剛性アップを実現させ、シャシーはハンドリングの精密さと上質な乗り心地が追求されています。

ホンダ 北米向け新型オデッセイの燃費性能

北米仕様 ホンダ オデッセイ エンジン

北米向け新型オデッセイのパワーユニットに関する情報は公開されましたが、2017年1月現在は燃費性能に関する公式情報はありません。

さらなる発表を待つ他ありませんが、エンジンやトランスミッションが明らかになっていることからも、詳細な環境性能が近いうちに公になると予想されます。

【参考】日本仕様 ホンダ・オデッセイの燃費(5代目・現行モデル)

ハイブリッドエンジン:24.4〜26.0km/L
直噴2.4Lガソリンエンジン:13.0〜14.0km/L
2.4L ガソリンエンジン:12.8〜13.8km/L
JC08モード燃費

ホンダ・オデッセイ 現行モデルの北米仕様と日本仕様を比較!

北米仕様 ホンダ・オデッセイ(現行モデル 4代目 2017年型)のフロントビュー

米国ホンダ オデッセイ 北米仕様 4代目 2016年型 外装:エクステリア2

日本国内仕様 ホンダ・オデッセイ(現行モデル 5代目 2016年型)のフロントビュー

ホンダ オデッセイ 5代目 2016年型 外装/エクステリア

北米仕様 ホンダ・オデッセイ(現行モデル 4代目 2017年型)のリアビュー

日本国内仕様 ホンダ・オデッセイ(現行モデル 5代目 2016年型)のリアビュー

ホンダ オデッセイ ハイブリッド 5代目 2016年型 外装:エクステリア リアビュー

北米仕様 ホンダ・オデッセイ(現行モデル 4代目 2017年型)の内装(インテリア)・インパネ

日本国内仕様 ホンダ・オデッセイ(現行モデル 5代目 2016年型)の内装(インテリア)・インパネ

北米ホンダの車と高級ブランド「アキュラ」についての記事はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダ オデッセイ北米仕様と日本国内仕様の違いは?

ボディサイズの比較

 北米仕様 日本仕様
全長5,1544,830
全幅2,0121,820
全高1,7371,685
ホイールベース3,0002,900

※単位:mm

北米仕様の方が日本国内仕様に比べて大きくなっています。

エンジン・スペックの比較

北米仕様日本仕様 
ガソリンエンジンハイブリッドエンジンガソリンエンジン
V6 3.5L SOHC i-VTEC直4 2.0L DOHC i-VTEC
モーター
直4 2.4L 直噴 DOHC i-VTEC
直4 2.4L DOHC i-VTEC
251PSエンジン:107kW (145PS)
モーター:135kW (184PS)
直噴:140kW (190PS)
129kW (175PS)
339N・m (34.5kgf・m) エンジン:175N・m (17.8kgf・m) 
モーター:315N・m (32.1kgf・m) 
直噴:237N・m (24.2kgf・m) 
225N・m (23.0kgf・m) 

北米仕様は、V型6気筒 3.0L ガソリンエンジンのみですが、日本国内仕様は直列4気筒ガソリンエンジンを主軸に3つのタイプが採用されています。

トランスミッション・駆動方式の比較

北米仕様日本仕様
6速ATCVT
FF(2WD)FF(2WD)・4WD

2017年発表のホンダ 北米向け新型オデッセイの新車価格

車両価格についての公式公表はされていません。
現時点では、もう少し概要が明らかにならないと価格予想もできない状況です。
こちらは続報を待ちましょう。

ホンダ 北米向け新型オデッセイの発売日は?

ホンダ 新型 北米向け オデッセイ 2017年モデル

今回のホンダの発表は北米モデルについてのみとなっており、日本国内販売モデルのモデルチェンジ情報はありません。
北米モデルについては、2017年発表、2018年の発売となるだろうと推測されます。

現在、北米のホンダでは現行モデルの2017年型が発売中となっているため、最短で2018年型から新型となることに期待できます。

北米仕様のオデッセイと日本仕様のオデッセイはボディ、エンジンが異なりモデルチェンジ時期も異なっているため、国内仕様のモデルチェンジも同時期に行うという推測には至らないでしょう。

今後の北米向け新型オデッセイの情報に期待!

ホンダ ロゴ

©Shutterstock.com/ Jonathan Weiss

2016年1月、ホンダの米国現地法人が報じた、北米仕様新型オデッセイの2017年北米国際モーターショーでの発表の内容と日本国内仕様の現行モデルとの比較はいかがでしたか?

今後の北米向け新型オデッセイの情報は、MOBYでご案内いたしますので続報を楽しみにしていてください!

各メーカーの新型車情報はこちら

ホンダに関するおすすめ記事!

ミニバンに関するおすすめ記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す