初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【マツダ スポーツカー一覧】歴史と現行車種と新型ロータリースポーツ復活へ

世界で唯一のロータリーエンジンを搭載したスポーツカーを量産販売した、マツダ自動車。そのマツダの歴代のスポーツカーは、今見ても色あせない、素晴らしい車ばかりです。そんなマツダのスポーツカーについて、それぞれの車種の魅力を紹介します。

マツダの歴史

マツダ エンブレム

マツダは広島に本社を置く、1920年に創業された自動車会社です。

現在でもデミオやロードスター、アテンザなど人気車種を取り揃えているマツダですが、今までにたくさんの個性的なスポーツカーで世界中のファンを魅了してきました。

ロータリーエンジンで有名なマツダの歴代スポーツカーと、新型スポーツカーの情報をご紹介します。

マツダ車に関連するおすすめ記事!

マツダの誇る伝説のスポーツカーコスモスポーツ

マツダ コスモスポーツ

マツダのスポーツカーといえば、ロータリーエンジンが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。ロータリーエンジンを量産車に搭載して販売しているのは世界でマツダだけという、非常に高い技術の要求されるエンジンなんです。

そんなロータリーエンジン搭載のスポーツカーの原点となったのが「コスモスポーツ」です。

1964年の第11回東京モーターショーでは、マツダの松田恒次社長が広島の本社からモーターショー会場までコスモスポーツに乗って登場したのは今でも語り番ている逸話ですね。

マツダ コスモスポーツについて詳しくはこちら!

日本を驚かせたマツダ サバンナRX-7

マツダ サバンナ RX-7

1978年にデビューしたサバンナRX-7。デビュー当時は第二次オイルショックの真っ只中で、スポーツカーの販売は不可能とも言われていましたが、マツダの高い技術力、そして熱い意志により、ロータリーエンジンを搭載したRX-7はデビューしました。

ロータリーエンジンによる低重心な車両設計や、リトラクタブルヘッドライトなど、特徴的な車両性能で多くのファンを魅了しました。

マツダ RX-7について詳しくはこちら!

ロータリースピリットを受け継いだ2代目RX-7 FC3S

マツダ RX-7 FC3S

「心地よい緊張感」が感じられる車をコンセプトに開発された、2代目RX-7。FCの愛称で呼ばれることが多いですね。

人気走り屋漫画、「頭文字D」にも登場しているので、日本のスポーツカーファンで知らない方はいないでしょう。654cc×2の2ローターロータリー13B型エンジンを搭載し、185psを発生しました。

軽量なロータリーエンジンにより、理想的な前後配分を達成。軽快なスポーツ走行の楽しめる車として人気を博しました。

マツダ 2代目RX-7について詳しくはこちら!

日本の誇る至高のロータリースポーツ 3代目RX-7 FD3S

マツダ RX-7 FD3S

RX-7と聞いたらこのモデルを思い浮かべる方が最も多いのではないでしょうか。
日本の誇る伝説級のスポーツカー、三代目RX-7(FD)です。

流れるような美しいボディライン、そして徹底的に無駄を削ぎ落とされた車体とロータリーエンジンが実現した高い走行性能は、多くのスポーツカーファンを魅了しました。

2002年に生産を終了しましたが、今でも根強い人気があり、国内外問わず様々な場面で活躍しています。

RX-7が新たなロータリーエンジンを搭載して復活するとの情報もあり、そちらの最新情報も要チェックです。

マツダ 3代目RX-7について詳しくはこちら!

革命を起こした「RX-8」

マツダ RX-8 後期型

ロータリーエンジンを搭載しながらも、4ドア4シーターを実現したRX-8。観音開きのドアを備えているなど、その高いデザイン性も相まって、多くの自動車ファンから評価されていました。

根強いファンも多く、ファミリーカーとしてRX-8に乗るオーナーもいるほどです。

そんなRX-8ですが、環境性能がネックとなり、多くのファンに惜しまれつつも生産が終了してしまいました。

マツダ RX-8について詳しくはこちら!

オープンカーの代名詞 マツダ ロードスター

マツダ 歴代 ロードスター
マツダ ND ロードスター

オープンカーといえば、真っ先に思い浮かぶのがマツダのロードスターではないでしょうか。

ライトウェイスポーツカーとして、1989年に製造が開始されました。
発売以来、予想以上の売れ行きを見せ、他のメーカーからもライトウェイオープンカーが発売されるなど、オープンカーブームの火付け役となりました。

世界一多く売れたオープンスポーツカーとして、ギネスブックにも登録されています。

現行型マツダ ND ロードスター

マツダ ND型 ロードスター

2015年に発売された、現行ロードスター。「誰もが夢中になって童心に戻れるデザイン」を目指し、開発されました。

先代のロードスターから100kgもの減量を達成し、高い走行性能を実現しました。

また、1.5Lの水冷直列4気筒により、パワフルな走行を楽しむことができます。

今現在、日本のメーカーから発売されているスポーツカーの代表的1台と言っても過言ではない、そんな素晴らしいスポーツカーです。

現行型ロードスターについて詳しくはこちら!

次期ロータリースポーツ 新型「RX-VISION」

マツダ RX-VISION

第44回東京モーターショーで姿を見せた「RX-VISION」。ロータリーエンジンを搭載する、マツダの次世代スポーツカーとして登場しました。

今までのマツダのスポーツカーには見られなかった、ロングノーズが目を引きます。

RX-VISIONは、新型「RX-9」の名称で発売されるのではないかとも言われており、実際にまたロータリーエンジンのスポーツカーが発売される日が来ることを、期待するばかりですね。

新型RX-VISIONについて詳しくはこちら!

素晴らしいマツダのスポーツカーたち

マツダ ロードスター

マツダの誇る歴代のスポーツカーを紹介しました。製造年が古い車であっても、今でも色あせない素敵なかっこよさがありますね。

マツダ特有のロータリーエンジンスピリッツや、ロードスターに見られる走りの喜びを徹底的に追求したクルマ造り。
他にはない、マツダ車に乗ることでしか得られない喜びがきっとそこにはあるはずです。

多くの人々を魅了しているマツダのスポーツカー、次はロータリーエンジンを搭載した車が登場するのに期待したいですね。

マツダに関連するおすすめ記事!

スポーツカーに関連するおすすめ記事!