初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタC-HRvsホンダヴェゼル】人気SUVライバル車徹底比較!燃費や価格差は?

SUVの人気が過熱する中、ついに市場に投入されたトヨタC-HR。発売はやや遅かったですが、熟成された走りとスタイリッシュなフォルムは、競合車たちを凌駕しています。日本ではSUV販売ランキング1位に輝くホンダのヴェゼルがありますが、C-HRはその座を奪うことはできるのでしょうか?今回はこの2車種を徹底的に比較します!

トヨタC-HRはどんな車?

↓C-HRの外装・エクステリアデザイン

トヨタ CHR G 新型 2016年

↓C-HRの内装・インテリアデザイン

C-HRは先日発売されたばかりのコンパクトSUVです。プラットフォームはハイブリッドで実績のあるプリウスのものを流用し、ホイールベースは若干短くしてあります。

内外装共に非常に凝ったデザインとなっており、ルーフ、リヤエンドの形状からSUVクーペにも位置付けられます。

パワートレインは世界戦略車という事もあり、日本ではやや馴染みの薄いダウンサイジングターボを採用しています。そして、もうひとつは、プリウス譲りの好燃費を実現するハイブリッドモデルのグレードがあります。

ユーティリティに関しては、見ての通りデザイン重視という点が強く、トランクはライバルに比べるとやや少なめになっています。その代わり、後部座席シートを倒して使えば、競合車にも見劣りしない容量を確保しています。

斬新さとスポーティさを兼ね備えるリヤサイドウインドウは、後方視界はやや悪いという指摘もあります。購入されるのであれば、バックカメラは必須オプションとなりそうです。

また、ハイブリッドモデルは全高が1,550mmに抑えられているのでほとんどの立体駐車場に対応しています。ガソリンエンジンモデルはわずかにオーバーしているので、都市部に住む人にとっては、悩ましい点かもしれません。

CH-Rの大きさについて

全長:4,360mm
全幅:1,795mm
全高:1,565mm(ハイブリッド:1,550mm)
重量:1,470kg(ハイブリッド:1,440kg)
荷室容量:318L
最小回転半径:5.2m
ガソリンタンク容量:50L(ハイブリッド:43L)

ホンダ ヴェゼルはどんな車?

↓ヴェゼルの外装・エクステリアデザイン

ヴェゼルの内装・インテリアデザイン

ヴェゼルは2013年に発売されたフィットをベースとするコンパクトSUVです。C-HRよりも随分と速い段階で発売され、国内のSUV販売台数ナンバー1という実績を持つ車です。動力源にはC-HRと同じく、ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルがラインナップされています。

C-HRとボディサイズやデザインコンセプトが近いこともあり、比較されることも多いですが、実用面ではヴェゼルがやや勝ります。

ホンダお得意のセンタータンクレイアウトを採用しているため、後部座席を含む荷室のアレンジが豊富で、デザインだけではない実用性もヴェゼルの大きな武器となります。トランク容量もクラス最大級となっており、旅行やアウトドアでも大活躍してくれることでしょう。

全長、全幅は両者さほど変わりありませんが、全高はヴェゼルが高めに設定されているため、車内空間にもゆとりがあります。そのかわり、立体駐車場に収容することは難しいでしょう。

全長:4,295mm
全幅:1,770mm
全高:1,605mm
重量:1,180~1,270kg(ハイブリッド:1,270~1,390kg)
荷室容量:393L
最小回転半径:5.3m
ガソリンタンク容量:40L(ハイブリッド:43L)

【C-HR VS ヴェゼル 】スペックと価格を比較

C-HRの性能と価格

トヨタ C-HR

ガソリン仕様モデルはヨーロッパを中心に人気となっているダウンサイジングターボエンジンを搭載しています。排気量はわずか1.2Lながら1.8L車並みのパワーを発揮します。

実はこのエンジン先に発売されていたオーリスに搭載されている1.2Lエンジンと同じものです。オーリスはヨーロッパ市場も意識しており、Cセグメントの代名詞ゴルフを意識しているため燃費は19.4km/Lと抜群に良くなっています。

C-HRのターボエンジンはアイドリングストップを搭載していないため、やや燃費は劣る傾向にあります。実燃費は10km/L代前半と思われます。

ハイブリッドモデルでは30.2km/Lと抜群に良くなり、ヴェゼルよりも良い数値が出ています。やはりハイブリッド技術ではトヨタに一日の長があるということでしょうか。しかし、現状では四駆モデルはガソリン車のみ、FFモデルはハイブリッド車のみと、選択幅の狭いグレード展開となっている点はやや残念ですね。

▶ガソリン
排気量:1.2Lターボ
最高出力:116ps/5200rpm
最大トルク:18.9kgfm/1500rpm
JC08モード燃費:15.4km/L

▶ハイブリッド
排気量:1.8L
最高出力:98ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgfm/3600rpm
モーター最高出力:72ps
モーター最大トルク:16.6kgfm
JC08モード燃費:30.2km/L

【車体価格】
▶ガソリンエンジン4WD:251~277万円
▶ハイブリッドFF:264~290万円

ヴェゼルの性能と価格

ヴェゼルのガソリン仕様モデルは1.5Lと少し大きいですが、税金区分は変わりありません。エンジンの動力性能は若干劣りますが、ハイブリッドでなくても燃費は良好です。

もちろんハイブリッドの方がさらに燃費は良いですが、200万円以下から購入できると考えれば、ガソリンエンジンでも十分経済的です。C-HRに比べると相場が50万円近く安いので、価格を考慮すれば、今後もヴェゼルは購入候補に十分入るでしょう。

また、C-HRよりもグレードが多く、ガソリン車のFFと四駆、ハイブリッド車のFFと四駆、どちらもラインナップされているので、より自分好みのグレードを選べるのもヴェゼルのメリットです。

エンジンはガソリン車がCVT、ハイブリッドが7速DCTなので、走行フィーリングも購入時には確認しておきたいところです。

▶ガソリン
排気量:1.5L
最高出力:131ps/6600rpm
最大トルク:15.8kgfm/4600rpm
JC08モード燃費:20.6~19.0km/L

▶ハイブリッド
排気量:1.5L
最高出力:132ps/6600rpm
最大トルク:15.9kgfm/4600rpm
モーター最高出力:30ps
モーター最大トルク:16.3kgfm
JC08モード燃費:27.0~21.6km/L

【車体価格】
▶ガソリンエンジン:192~239万円
▶ハイブリッド:227~288万円


中古車情報
システムメンテナンス中


CH-Rとヴェゼル、どちらを選びますか?

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【トヨタC-HRvsホンダヴェゼル】人気コンパクトSUV対決!買うならどっち?

人気のコンパクトSUV対決!今回はホンダの人気モデルと、トヨタが発売したばかりのクロスオーバーSUVとの対決です。トヨタ C-...

  • トヨタ C-HR
  • ホンダ ヴェゼル
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

C-HRとヴェゼルの比較はいかがでしたか?
同じコンパクトSUVですが、ややデザイン重視なのが、C-HR。

しかし、それでも空間効率は考えられており不便と感じることはありません。特に両者を比較したときに、立体駐車場に対応しているのは無条件でC-HRのハイブリッドのみとなります。後部座席も見た目よりも余裕があり、よほど身長が大きい人でなければ狭いと感じることはないでしょう。

ヴェゼルは乗る人に優しい車となっており、トランク開口部は低く、後部座席も膝周りはだいぶ広くとってあります。荷物をたくさん積む、後ろに人を乗せる機会が多いという人はヴェゼルの方が快適に過ごせるでしょう。

現状では、最新型のCH-Rがやや優勢な気もしますが、逆にヴェゼルを安く購入するチャンスになるかもしれません。
いずれにしても、試乗をしてみるなどしっかりと吟味して納得のいく車種を選んでくださいね。

C-HRに関するおすすめ記事はこちら

ヴェゼルに関するおすすめ記事はこちら

コンパクトSUVについてもっと知りたい方におすすめ