初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新型C-HRvsハリアー】トヨタSUV徹底比較!モテるのは?

ついに発売となったトヨタのC-HR。ワンクラス上のモデルにはラグジュアリーSUVを謳うハリアーが存在しますが、どのような住み分けがされているでしょうか? 今回はこの2種種の特徴と性能を徹底的に比較してみたいと思います。

トヨタ 新型CHRの特徴

ついにトヨタからもコンパクトSUV登場

トヨタ C-HR

東京モーターショー2015で初公開されて以来、話題となっていたC-HRが、2016年12月に発売されました。
小型SUVは現在世界中で人気があり、日本でさえもほとんどのメーカーがラインナップしていました。
その人気市場にトヨタもようやく参入できたというわけです。

特徴はなんといってもクーペのような美しいスタイルを持ったリヤデザインですが、トヨタにはもう一つ同じようなデザインコンセプトを持った車がありますね。
それは高級ミドルサイズSUV、ハリアーです。
トヨタ ハリアーは2017年6月にマイナーチェンジされ、さらに魅力が向上しました。

どちらも美しいスタイルが魅力のモデルですが、それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。
今回はこの2車種を徹底比較したいと思います。

新型ハリアー試乗レビュー記事はこちら

トヨタ ハリアーの特徴

高級クロスオーバーSUVとして人気

トヨタ 新型 ハリアー 2017年型

ハリアーはトヨタが製造・販売するクロスオーバーSUVです。
1997年の登場以来、高級感のあるプレミアムSUVとして人気のモデルです。
2013年のフルモデルチェンジで現行型となる3代目ハリアーが発売されました。
2017年には外装や内装だけではなく新たなエンジンモデルが追加されるマイナーチェンジが行われました。

ハイブリッドエンジン搭載モデルもラインナップされており、SUVながらも高い燃費性能を誇ります。

トヨタ新型ハリアーの最新情報と燃費や比較に関してはこちら

【C-HR VS ハリアー 】デザインと内装を比較!

ハリアーのエクステリア・内装

トヨタ 新型ハリアー 2017年 マイナーチェンジモデル
トヨタ 新型ハリアー 2017年 マイナーチェンジモデル6

高級感でC-HRに優る?

ハリアーはラグジュアリーSUVとも言われるように、乗員がくつろげる空間と高級感を出すためにサイズは大きくなっています。
日本のような細い道ではやや気を使う場面もあるでしょう。

高級さと落ち着きつつもスポーツ性が強調されたデザインは、やはりアウトドアよりもオンロードが似合うイメージです。

全長:4,725mm
全幅:1,835mm
全高:1,690mm
重量:1,580~2,015kg(ハイブリッド:1,770kg~2,085kg)
荷室容量:456L
最小回転半径:5.3m~5.7m
ガソリンタンク容量:60L(ハイブリッド:56L)

C-HRのエクステリア・内装

CHRはハリアーよりもコンパクト

ボディサイズはC-HRの方が一回り小さく、Cセグメントに分類されます。コンパクトSUVとは言え、実際目にするとそれなりにボリュームが感じられますが、日本の交通事情を考えれば、こちらの方が運転はしやすいと言えそうです。

高級感のある内装はハリアーはもちろんですが、C-HRも同クラスの国産車と比べてもかなり健闘していると言えます。

一点気になるのが、全高です。ハイブリッドモデルでは全高を1,550mmに抑えており、多くの立体駐車場に対応可能となっています。ガソリンエンジンモデルはわずかに全高が高く、都市部に住む人にとっては意外に重要なポイントだったりします。

全長:4,360mm
全幅:1,795mm
全高:1,565mm(ハイブリッド:1,550mm)
重量:1,470kg(ハイブリッド:1,440kg)
荷室容量:318L
最小回転半径:5.2m
ガソリンタンク容量:50L(ハイブリッド:43L)

【C-HR VS ハリアー 】スペックと価格を比較

ハリアーの性能と価格

トヨタ 新型ハリアー 2017年 マイナーチェンジモデル

ハリアーのガソリン仕様車は2.0L自然吸気エンジンと2.0L列4気筒直噴ターボエンジンのモデルがあります。
ターボエンジンモデルでは低回転域から、高トルクを発生させるため、「なめらかな走り出し」を実現しています。

燃費もこのクラスにしては良好な数値となっています。
一般道でも10km/Lを下回ることは少なそうです。

ただ、オンロード向きのSUVであっても四駆モデルの方がキャラクターには合っていると言えるでしょう。

一方のハイブリッドモデルは2.5Lエンジンに、モーターの組み合わせでガソリンエンジンを大幅に上回るスペックを持っています。

【スペック】
▶ガソリンエンジン
2.0L自然吸気エンジン
排気量:2.0L
最高出力:151ps/6,100rpm
最大トルク:19.7kgfm/3,800rpm
JC08モード燃費:16.0km/L(4WD:15.2km/L)

2.0L直噴ターボエンジン
排気量:2.0L
最高出力:170ps/5,200~5,600rpm
最大トルク:35.7kgfm/1,650~4,000rpm
JC08モード燃費:13.0km/L

▶ハイブリッド
排気量2.5L
最高出力:152ps/6,100rpm
最大トルク:21kgfm/3,800rpm
モーター最高出力:211ps
モーター最大トルク:41.7kgfm
JC08モード燃費21.4~21.8km/L

【車体価格(2016年12月現在)】
▶ガソリンエンジンFF:295~438万円
▶ガソリンエンジン4WD:314~457万円
▶ハイブリッド4WD:377~495万円

C-HRの性能と価格

CHRは1.2Lのガソリンターボエンジンと、1.8Lのハイブリッドモデルになります。どちらのモデルも過不足のないパワーが特徴です。ガソリン仕様モデルはアイドリングストップを装備していないためクラスとしての燃費は特別良いわけではありません。

オーリスの1.2Lターボが20km/hに迫る数値を出していることから、もう少し検討してほしい部分でもあります。ハイブリッドモデルになると燃費は倍近い数値になります。

悩ましいのがハイブリッドモデルに四駆の設定がないこと。SUVということを考えれば、四駆が欲しいところですが、プリウスのSUV版と言われるようにハイブリッドである点もこの車の大きな魅力です。

しかし、いずれマイナーチェンジなどでハイブリッドに四駆、ガゾリン車にFFが追加になる可能性は十分ありそうです。

▶ガソリン
排気量:1.2Lターボ
最高出力:116ps/5200rpm
最大トルク:18.9kgfm/1500rpm
JC08モード燃費:15.4km/L

▶ハイブリッド
排気量:1.8L
最高出力:98ps/5200rpm
最大トルク:14.5kgfm/3600rpm
モーター最高出力:72ps
モーター最大トルク:16.6kgfm
JC08モード燃費:30.2km/L

【車体価格】
▶ガソリンエンジン4WD:251~277万円
▶ハイブリッドFF:264~290万円

【CHR VS ハリアー】選ぶならどっち?

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【新型C-HRvsハリアー】トヨタのSUV徹底比較!買うならどっち?

高級クロスオーバーSUVハリアーと2016年に新発売された新型C-HR、どちらもトヨタが販売する人気のSUVですが、あなたならどち...

  • トヨタ C-HR
  • トヨタ ハリアー
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

コンパクトSUVのC-HRとラグジュアリーSUVのハリアーを比較してきましたがいかがでしたか?
どちらもとっても魅力的なモデルであはありますが、いざ、購入となると、モデルやグレードの選択は非常に悩ましいですね。

動力性能よりも高級感のあるデザインを重視するひとにはハリアーのガソリンエンジンモデル、見た目に恥じない動力性能を求めるのであれば、ハリアーの2.0L直噴ターボエンジンかハイブリッドモデルがおすすめです。

C-HRは”速い車”ではありませんが、試験走行を重ね、車の基本性能としては申し分ない仕上がりです。
現段階では「SUVを名乗るなら、四駆は外せない」という人はガソリンエンジンモデル、スタイル重視で燃費も大事という人にはハイブリッドモデルがおすすめです。

また、扱いやすいサイズと斬新なデザインも大きなアドバンテージとなるでしょう。

ハリアーについてより詳しく知りたい方はこちら

ハリアー・CH-Rと関係の深い車

SUVに関するおすすめ記事

新型ハリアー試乗レビュー記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す