MOBY

【装甲車まとめ】96式装輪装甲車やストライカーなど車種紹介と中古購入情報

日本では一般人が戦車や装甲車などの軍用車両を保有するには厳しい制限が課せられています。しかし、所有が絶対に不可能かと言えばそんあことはありません。今回は96式装輪装甲車、ストライカー 装甲車、九七式軽装甲車などの代表的な装甲車を例に挙げながら日本で購入が可能な装甲車について解説します。

装甲車の購入・維持は意外とハードルが低い?

イタリア陸軍のチェンタウロ戦闘偵察車

チェンタウロ戦闘偵察車

2013年に放映されたアニメ「ガールズ&パンツァー」を契機として戦車や装甲車などの軍用車両の人気が高まりを見せています。アニメや映画、ゲームをきっかけに「戦車や装甲車を思いっきり乗り回してみたい」と思った人も少なくはないと思います。

しかし、日本は武器に関する法規制が厳しく、一般人が戦車を乗り回すことはおろか、所有についても極めて制限が課せられています。

仮に戦車を手に入れたとしても、車両運送法により重量25tを超える車両は特別な許可がなければ公道を走ることができませんし、キャタピラ履きの車両を運転するためには大型特殊免許が必要になります。

そこでクローズアップされるのが装甲車です。装甲車とはその名の通り、装甲を備えた軍用車両のことで、一般的には装輪車両(車輪で駆動する車両)を指します。

装甲車の中には105mm戦車砲を装備したチェンタウロ戦闘偵察車のような例もありますが、自衛隊の軽装甲機動車のような乗用車サイズのものも多く、装輪式のため普通免許で運転ができます。

こうした小型の装甲車ならば戦車を購入・維持するよりもずっとハードルは低くなり、乗用車、あるいは商用車としてナンバーをつけて走ることも不可能ではないようです。

96式装甲車は購入できるのか?

96式装輪装甲車

陸上自衛隊の96式装甲車は、73式装甲車の後継として96年に登場した兵員輸送用の装甲車です。

96式装甲車は装輪のためトレーラーなどの運搬手段が不要で、乗用車と同等のスピードで移動が可能な機動性を持つことが特徴で、装軌式と比べて維持・整備コストが低いことが大きなメリットとなっています。

武装は96式擲弾発射機を搭載したA型と、12.7㎜重機関銃を搭載したB型の2種類あります。

96式装輪装甲車は現用の自衛隊装備ですし、自衛隊は民間への車両払い下げを行っていないため、一般ユーザーが手に入れることはできません。したがって中古車としての流通もありません。

将来、96式装甲車が現役を退くことになっても、装甲車両は用途廃止後の管理が厳格なため、一般人が実車を入手することは事実上不可能なようです。自衛隊仕様のジープやトラック、高機動車、オートバイのようにマニアがスクラップとして入手し、それを修復して乗るということは不可能なようです。

ストライカー装甲車は購入できるのか?

ストライカー装甲車

ストライカー装甲車は、米陸軍が緊急展開部隊向けに採用した装輪装甲車シリーズで、米海兵隊が運用中のLAV25(ピラーニャ3)をベースに開発されました。

ストライカー装甲車は兵員輸送型のM1126ストライカーICVを基本として、偵察車型のM1127ストライカーRV、105mm戦車砲を搭載した火力支援自走砲型のM1128ストライカーMGS、迫撃砲搭載型のM1129ストライカーMCなどの数種類の派生型が存在します。

現在までに4600両以上のストライカー装甲車が生産されています。

米海兵隊のLAV-25

自衛隊と違って米軍は用途廃止後の装備を民間に払い下げることがしばしばあります。
これまでにもジープやハンヴィー、軍用トラックなどの非装甲車両から、装甲車や戦車などの戦闘用車両に至るまでさまざまな車両が中古車、あるいはスクラップとして民間に売却されています。

しかしながら、ストライカー装甲車はバリバリの現用兵器です。
冷戦末期に生産されたM1エイブラムス戦車、ベトナム戦争期に生産されたM113装甲兵員輸送車やM88戦車回収車が未だに現役であることを考えると、ストライカー装甲車が用途廃止となるのは早くても20〜30年のことでしょう。

その際にストライカー装甲車が払い下げられるかどうかは国防総省の決定次第です。
最近の兵器はハイテク化が著しく、機密情報の塊となっていますから、ストライカー装甲車が払い下げられるかどうかは何とも言えません。

また、仮に払い下げられたストライカー装甲車を日本に輸入したとしても、全幅が2.72mもあるため、車両運送法で規定されている2.5mの車幅制限を超えてしまうことからナンバー取得は難しいと思います。

九七式軽装甲車は購入できるのか?

九七式軽装甲車

九七式軽装甲車は旧日本陸軍が開発・運用した装軌(キャタピラ)式の装甲車です。
九七式軽装甲車は37mm戦車砲を装備しており、一見すると戦車のようにも見えますが、日本陸軍の分類では装甲車となります。

九七式軽装甲車は払い下げを受けようにも、旧日本陸軍が解体されてから70年以上が経過しており、現実的な入手手段としては、国内や海外で放棄されている車両を探して入手するか、海外のミリタリーコレクターや博物館から購入するしか方法がありません。

終戦直後から1950年代までなら、旧日本軍の戦車や装甲社は砲塔を外し、車体にブレードをつけて改造ブルドーザーや警察の治安車両として使用する姿が見られました(40年代後半の東映争議で九七式戦車改造の装甲車が出動しています)。

しかし、これらの車両のほとんどが役目を終えてスクラップにされており、国内で旧軍車両を見つけるのはほぼ不可能な状態にあります。あとは海外の古戦場に遺棄された車両を持ち帰る方法がありますが、こちらは相手国の許可を受けなければ日本への輸入はおろか動かすことも許されていません。

これらの旧軍遺棄兵器は、東南アジアの国々にとっては観光資源のひとつとなっており、よほどのことがなければ輸出許可は降りません。

東映争議に出動した97式戦車改造治安車両

九七式軽装甲車は、ロシアのクビンカ博物館をはじめ世界各国の戦車博物館に収蔵されており、現存車両の中には個人所有のものもあるようです。これらの車両が海外のミリタリーコレクター向けのオークションに出品される可能性はあります。

ただし、旧枢軸国軍の車両は残存数が少なく、希少性が高いために売買価格も極めて高価です。現実的に旧軍車両の入手は極めて困難としか言いようがありません。代替手段としては映画用に製作された実物大の稼働プロップ(撮影用模型)を入手する方法があります。

九五式軽戦車の稼働プロップ

九五式軽戦車のプロップ

出典 :Copyright©️ 2016 山崎龍 All Rights Reserved.

御殿場の株式会社カマドでは、映画「ウインドトーカーズ」の撮影用に製作された九五式軽戦車の実物大プロップを輸入した実積があります。

この車輛は本物の九五式軽戦車を忠実に再現しており、パワートレインにフォードFシリーズトラックのものを流用しているので、信頼性も高く、よく走るそうです。ただし、保安基準に適合していないため、ナンバー取得や公道走行はできません。

九五式軽戦車のプロップの購入価格は公表されていませんが、少なくとも本物を入手し、レストアすることを考えれば、それよりは費用はかかっていないはずです。アメリカには劇用車専門の販売業者がありますので、こうした忠実なレプリカを入手する方法があるわけです。

一般ユーザーが購入できる装甲車はあるのか?

↓自衛隊の軽装甲機動車。自衛隊は払い下げを行っていないため、自衛隊の装甲車は購入が不可能。

軽装甲機動車

それでは一般人が入手可能で、ナンバーを取得して公道を合法的に走れる装甲車はないのでしょうか?

実はあります。

ここからは日本国内に輸入された民間所有の装甲車について紹介して行くことにしましょう。

BRDM-2

BRDM-2

出典 :Copyright©️ 2016 山崎龍 All Rights Reserved.

BRDM-2は旧ソ連の偵察戦闘車です。前任のBRDM-1がBTR-40をベースとしているのに対し、BRDM-2は車体から新規に設計を起こされました。

車体後部にV型8気筒ガソリンエンジンを搭載し、船型の車体と車体後部に1基のウォータージェット推進装置による水上走行能力を持ち、タイヤの気圧集中制御システム、赤外線暗視装置などを備えます。

生産は1963年から開始され、89年の生産終了までに2万台以上がラインオフしました。
生産終了から四半世紀が経過した現在でもロシアや東欧、中南米、アフリカ、アジア、中近東など世界30カ国で8,000台以上が運用中です。

BRDM−2

出典 :Copyright©️ 2016 山崎龍 All Rights Reserved.

写真の車両は筆者が2年前に首都高速で撮影したもの。キャリアカーに載せられて移動して行くBRDM2の姿を偶然見かけて言葉を失いました。BRDM-2の車体は真っ白に塗装され、国連軍を示す「UN」の文字が大きく書かれています。

あとで調べたところ、某サバイバルゲーム・フィールドに置かれていた車両とのこと。BRDM-2はサイズ的に保安基準を満たしていますし、ガソリンエンジン車なのでNoxPM規制を受けません。

この車輛はナンバー登録されていないようですが、ナンバー取得も可能だと思います。
海外の払い下げ品専門業者やミリタリー・オークションでは邦貨換算で300〜500万円程度で取引されているようです。

個人輸入やナンバー取得は一筋縄では行かないとは思いますが、不可能ではないようです。

M3ハーフトラック

M3ハーフトラック

出典:https://upload.wikimedia.org/

M3ハーフトラックは第2次世界大戦でアメリカ陸軍が使用した兵員輸送用の半装軌車両(車名の由来は「半装軌」を意味する英語から)です。

M3ハーフトラックは装甲トラックの後輪を装軌式とした単純な構造の装甲車ですが、パワフルなエンジンを搭載し、前輪も駆動輪としたことから高い走破性を発揮しました。

第2次世界大戦終結までに派生型を含めて53,813台が生産され、大戦後もアメリカの友好国を中心に各国で運用されました。1950年代には発足間もない陸上自衛隊にも供与され、80年代まで運用が続けられました。

上記の動画の車両はアメリカから自衛隊に供与された車両の生き残りのようです。手続き上、アメリカからリース扱いにされたM3ハーフトラックは用途廃止後にアメリカ政府へと返却されました。

しかし、旧式化したM3ハーフトラックをアメリカ本土に持ち帰って処分するのは手間も費用もかかるため、日本の業者に払い下げたようです。

そのほとんどがスクラップとして処分されたようですが、中には通関証をつけて登録可能な状態で払い下げられた車両もあったようで、上記の動画で登場した車両はそうした車両の1台だと思われます。

この車輛のようにレストアされた動態車両は極めて稀少ですが、スクラップ同然に放置された車両なら国内で見つけることができるかも知れません(筆者はほかにM3ハーフトラックの派生型のM16対空自走砲の民間所有車を見たことがあります)。

書類さえ残っていれば、動画はの車両のようにレストアして公道を走ることもできるはずです。

フェレット装甲車

フェレット装甲車は50年代にイギリス・ディムラー社が開発した偵察用装輪装甲車です。
この車輛は偵察任務用の高速性能を重視して小型・軽量な車体に、パワフルなロールスロイス製直列6気筒エンジンが搭載されました。

フェレット装甲車は4,409台が生産され、イギリス陸軍をはじめ英連邦諸国や中東・アジア諸国で運用されました。イギリス陸軍では退役しましたが、輸出国の一部では現在でも現役に留まっています。

写真の車両は筆者の友人の山崎元彰氏が個人輸入した車両です。熱狂的なエンスージアストだった山崎氏は、今から5年ほど前に「装甲車両を輸入し、ナンバーを取得して公道を走る」ことを目標としたプロジェクトをスタートさせました。

しかし、海外から装甲車を個人輸入してナンバーを取得するためには、すでに現地でナンバー登録がされており、民間車両としてインボイスが発給される必要がありました。

それらの条件を満たした車両を海外の専門サイトで捜していると、新車同様のコンディションを持つ、63年型フェレット装甲車が偶然売りに出されているのを見つけたそうです。
ですが、そこからの道程もまた大変でした。

輸入実績のない特殊な車両ということで税関と事前折衝を何度も重ね、輸入許可が下りる見込みが立ったところでエージェントを雇って購入と輸出入手続きを行い、さらには日本の車両運送法への適合改造などを施し、念願のナンバー取得を実現したのは4年前の春のことでした。

フェレット装甲車に普通乗用車のナンバーをつけて街へ繰り出すと大変な注目を浴びます。
小型車両サイズとは言え、軍用の装甲車が街中を走るのだから目立たないわけがありません。

その模様を動画サイトに投降したところ、ネット上で大いに話題となり、それが映画関係者の耳に入って、映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー」に指揮車として登場することになったそうです。

装甲車は男のロマンである

フェレット装甲車

出典:https://ja.wikipedia.org/

装甲車についてのまとめ記事はいかがでしたでしょうか?

装甲車は男のロマンです。

手に入れるのは難しく、ナンバー取得のハードルは高く、払い下げ品の中古車でも価格は高価で、車重が重いので燃費は思いっきり悪い上、普通の乗用車や商用車と違って実用性は皆無です。

そんな装甲車を手に入れて愛好するのは、装甲車に対する熱い思い・・・ロマンがなければ不可能です。

今回は日本で購入できる可能性がある装甲車を含めてご紹介しましたが、戦車ほどではないにしろ装甲車を購入して愛車とするには並大抵の覚悟ではできないようです。
ですが、情熱さえあれば装甲車を個人輸入してマイカーとして楽しむことも不可能ではありません。

どうしても欲しいという方は諦めずにトライしてみてくださいね。

そのほかの戦車や特殊車両のおすすめ記事はこちら!

この記事の執筆者

山崎 龍この執筆者の詳細プロフィール

1973年1月東京生まれ。自動車専門誌の編集を経てフリーライターに。自動車専門誌を中心に、航空、ミリタリー、映像作品、オタクカルチャー、政治などの 様々なジャンルに寄稿する雑文ライター。 著書に『最強!連合艦隊オールスターズ』『萌えだらけのクルマ選び』(共にイカロス出版)、『「...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す