MOBY

【プジョー・508】クリーンディーゼル搭載のフランス高級セダンの価格と性能・燃費は

プジョーの508にクリーンディーゼルエンジンが搭載されたモデルが新たに発売されました。他社に先立って小型ディーゼルエンジンを開発してきたプジョー。クリーンディーゼルエンジン搭載のプジョー・508の気になる価格と性能、燃費について詳しく解説していきます。

クリーンディーゼル搭載のプジョー・508 GTってどんな車?

プジョー・508 GT

現行車 プジョー・508 GT

「プジョー・508」はフランスの自動車メーカー「プジョー」が2011年から製造をしている高級セダンです。

同車の407と607の発売が終了して、珍しい2車種の後継車として開発されたのがプジョー・508です。
ボディタイプに4ドアセダンと5ドアステーションワゴンがラインナップされています。

日本で発売されているプジョー・508は新しくクリーンディーゼル「BlueHDi」が「プジョー・508 GT」に搭載され、より環境に優しくありながらも、パワーと出力を向上させました。

この記事ではそんなクリーンディーゼルエンジン搭載モデルについて解説していきます。

クリーンディーゼルの詳しい解説はこちら

プジョー・508 GTの新車価格

クリーンディーゼル搭載 プジョー・508 GT

現行車 プジョー・508 GT

新車価格:4,340,000円

新たにクリーンディーゼルエンジンが搭載されたプジョー・508 GTはいわゆる「サルーン」と呼ばれる高級のセダンの一つです。

サルーンに関連する記事はこちら

プジョー・508の中古車価格はこちら


SW グリフ ブ…
358.0万円
本日の在庫
80
平均価格
270.3 万円
本体価格
99 ~ 420 万円

プジョー・508 GTの性能

プジョー・508GT

現行車 プジョー・508 GT

全長:4830 mm
全幅:1855 mm
全高:1455 mm

ホイールベース:2,815 mm
車両総重量:1,650 kg
乗車定員:5
駆動方式:FF
トランスミッション:6AT
エンジン:2.0リッター4気筒SOHCターボディーゼル
出力:133kw(PS HP)
トルク:400N・m(kgf・m)

プジョー・508 GTの「GT」の部分からわかるように同車は高速走行性能に優れた乗用車といえます。
「GT」とはフランス語でグランツーリスモのことで、スポーツ性能と乗り心地の療法が両立されたセダンにつけられるイニシャルです。

プジョー・508 GTの燃費

現行車 プジョー・508 GT

燃費性能(JC08モード):18 km/L

クリーンディーゼルエンジン搭載のプジョー・508 GTは18 km/Lという良好な低燃費性でありながらも、ヨーロッパで発売されている1.6Lガソリンエンジンモデルよりもパワーは+9%、トルクは+67%も向上させました。

尚、クリーンディーゼルエンジン「BlueHDi」を採用していることで」エコカー減税対象でもあります。
最大で約194,600円も優遇されるようです。

エコカー減税の詳しい解説はこちら

プジョー・508 GTのライバル車 DS5(旧シトロエン)

現行車 DS・DS5

「DS5(旧シトロエン)」はプジョー・508 GTと同じくDセグメントの乗用車です。
プジョー・508 GTはセダンであるのに対してDS5はクロスオーバーSUVですが、フランス車、駆動方式、トランスミッション、そして価格といった共通する部分が多々あります。

プジョー・508 GTはクリーンディーゼルエンジンが搭載されているため、燃費と走行性などでシェアが別れるのではないのでしょうか?

プジョー・508 GTのクリーンディーゼルに期待


クリーンディーゼルエンジンが搭載されたプジョー・508 GTについて解説させていただきました。

ディーゼルエンジンを採用することで比較的に高額になってしまう傾向がありますが、プジョーが開発したプジョー・508 GTのクリーンディーゼルエンジンは低燃費でありながらも走行性を犠牲にしていない優れたエンジンと言えるでしょう。

多少高額になっても、乗り心地や走行性に妥協せずに低燃費なセダンがほしい方には選択肢のひとつになるのではないでしょうか?

ディーゼル車に関連する記事はこちら

セダン・外車に関連する記事はこちら

プジョーの新型自動車に関連する記事はこちら