初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【車検の指定整備工場と認証整備工場の違い】認定整備工場とは基準が違う!ポイントは基準の緩さ?

車検を実施することができる整備工場には、運輸支局から許可を受ける必要があるのですが、基準によって認証整備工場と指定整備工場に分けられます。 それぞれの工場では、できること、できないことが決まっています。また、どんな特徴があるのでしょうか。さらに間違いやすい認定整備工場についても解説します。

車検はどんな整備工場に頼んでいますか?

車検は自分で陸運局に持ち込むという以外の方は整備工場にお願いすることになると思います。
道路運送車両法により、車検のための自動車の分解整備を行おうとする場合は、地方運輸局長の認証を受けなければならないとされているからです。
そして、この整備工場にもいくつかの種類があるのはご存知でしょうか。
まずは認証整備工場と指定整備工場の違いについて解説します。

そもそも車検て何をするの?という方はこちら

認証整備工場と指定整備工場の違いは

大きく分けると、車検ができる整備工場は「認証整備工場」と「指定整備工場」の2種類に分けられます。

認証整備工場とは

一定の規模の設備があり、技術を持つ整備士がいる工場に対して、地方運輸局長が「認証」をすることで、その整備工場は車検を行うことが認められます(道路運送車両法第78条第1項・認証)。
この車検ができる工場のことを「認定整備工場」と呼びます。
この認証工場に車検を依頼した場合には、認証工場は自社で整備をした後に、運輸支局に車を持ち込み、検査を受ける必要があります。自社で検査まで完結する設備等を持っているわけではありませんが、一概に技術力がないというわけではありません。
ただし、車検のための日数がかかる場合が多いかもしれません。

指定整備工場とは

「保安基準適合証」

↑指定整備工場で車検を受けた場合には「保安基準適合証」が交付されます。

一般的に「民間車検場」とも呼ばれる種類の整備工場です。その名のとおり、その整備工場で検査をすることが認められているからです。自社で検査を行うことができるよう、地方運輸局長から「指定」を受けているために、指定整備工場と呼ばれます(道路運送車両法第94条の2第1項・指定自動車整備事業の指定等)。もちろん指定を受けるためには認証整備工場である必要があります。自社工場で検査ができるということは、運輸支局と同じような精度の設備を備えおり、技術力を持った整備士がいます。基準に合わない車を通してしまうことが分かった場合には営業停止の処分を受ける可能性もあります。そのため、一定の水準が保証されているとも言えるでしょう。
指定工場であれば、その工場で検査をした後にその証明として必要書類を運輸支局に持ち込むだけで済むのです。そのために、短時間で検査を終えることができます。また、検査基準を厳しくしている傾向もあるようです。

認定整備工場とは

整備工場 工具の画像

この他に、認定整備工場と呼ばれるものもあります。優良認定工場とも呼ばれます。
これは、特に一定の基準を満たしている認証整備工場を「優良な整備工場」として認定する制度です(道路運送車両法第94条・優良自動車整備事業者の認定)。
これは認証整備工場の場合もありますし、指定整備工場の場合もあります。
ただ、いずれにしても国が優良な整備工場だと認めているということで、それなりの水準はクリアしているものと考えて良いでしょう。

車検ができる整備工場はどれぐらいあるの?

整備

平成27年度の国土交通省統計の工場数によると、認証整備工場は92,252、指定整備工場は29,750、優良認定工場は2,891となっています。
優良認定工場数が少ないのは、認定されることによるメリットが少ないため申請をしていない工場が多いとも言われています。

ディーラー等に車検を頼んでいる場合は

整備工場の様子

車検はいつもディーラーに頼んでいるという方も、関係ない話ではありません。
ディーラーにも整備工場の機能があり、そのほとんどは指定工場となっています。自社で車検を完結することができるからですね。
もちろんガソリンスタンド等に車検を頼む場合も、そのガソリンスタンドに整備工場の機能がなければ、いずれかの整備工場で持ち込んで行うことになります。

車検は良い整備工場と出会うきっかけ

車検のイメージ画像

指定整備工場や認定整備工場は、認証整備工場よりも基準が厳しく設定されているということがお分かりいただけたと思います。
しかし腕の良い整備士は整備工場の種類を問わずいます。また、あなたの車との相性もあるでしょう。
整備工場のお世話になるのは車検だけではありません。長く付き合っていくことができる良い整備工場を見つけてくださいね。

車検に関連するおすすめの記事

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す