初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

塗ってはがせるフィルムスプレーとは?液体フィルムの使い方からおすすめ商品3選も

塗って剥がせるお手軽デコレーションアイテムの「フィルムスプレー」をご存知ですか?本記事ではフィルスプレーの使い方からおすすめの商品3選まで紹介しているので、是非ご覧になっていってください。

フィルムスプレーとは?

皆さんはフィルムスプレーというものをご存知ですか?
フィルムスプレーとは、簡単に言えば塗って剥がせる塗料のことなんです。
スプレー缶の中に液体フィルムというものが入っており、それを対象物に吹き付けることで、普通のカラースプレーの様に塗装することができます。
そして液体フィルムが乾燥すれば、塗装膜をそのままシールの様にベロンと剥がせます。

つまるところ、通常は塗ったらそれっきりで戻すことができない(戻せる場合もあるが面倒くさい)塗料によるペイントを、飽きたら剥がして別の色にするといった風に手軽に楽しむことができるスプレーなんです。

本記事ではそんなフィルムスプレーについて、使い方やおすすめの商品まで紹介しています。

フィルムスプレーの使い方は?液体フィルムを塗ろう!

フィルムスプレーの施工手順 ホイール編

フィルムスプレーは、愛車のちょっとしたイメチェンを手軽に行うことができます。
ホイールの色を変えたり、ボディにステンシルシートを当ててオリジナルのマーキングを追加するなど、発想次第で楽しみ方も無限に広がります。

また、自動車以外にも自転車や家電、家具などにも使用できるので、それらを同じ色に染めてしまえば、あなたのライフスタイルに統一感を持たせることが可能です。

ただし、液体フィルムには塗装に適した素材というものがあり、それ以外の素材だと塗った後に剥がすことができなくなる場合があるので注意しましょう。
また、塗装面に油膜や汚れが付いていると塗装が上手く乗らない場合があるので、塗装前には塗装面を綺麗にしておくようにしましょう。

フィルムスプレー使用上の注意

・フィルムスプレーは有機溶剤を使用しているので、使用前に目立たない所でテストをしてから、塗装するようにしましょう。
・ラッカー塗装面や傷んだ塗装面、プリントやフィルム仕上面といった、表面処理の弱い部分には使用しないでください。
・ゴム・木・布・発砲スチロール・プラスチックなど、液体フィルムが浸み込む素材や、有機溶剤で溶けてしまう素材には使用できません。
・自動車・バイクなどのライト類および、ホイールナットの締付部や取付面、塗装によって安全性が損なわれる部分には使用しないでください。
・塗膜が薄いと剥がしにくいので、十分な厚みが出るように塗装しましょう。
・液体フィルムは基本的に剥がすことができる塗料ですが、剥がした後に必ずしも元の状態に戻るという保証はできないので、綺麗に塗装する自信が無い部分や重要な部分などには、無理して塗装しないようにしましょう。

フィルムスプレーの使用例

車のホイール

水性であればこんな面白い使い方も!?

おすすめのフィルムスプレー3選をご紹介!

①S DESIGN TSM 塗ってはがせる 液体ラバー スプレータイプ 油性 マットブラック 400ml

■価格:2,467円(2016年12月現在のamazon価格)

こちらの商品はラバータイプのフィルムスプレーとなっており、塗装面にマットな質感を与えることが可能となっています。
また、塗装することで滑り止めや静電気防止、傷・汚れを防ぐ効果もあります。

速乾性で使い勝手も良く、カラーもブラックだけでなく全12色を揃えており、自動車から電子レンジ、スマートフォンケースまで様々な色に染め上げることができます。

このフィルムスプレーのAmazonレビュー

ホイールの塗装に利用しました。
公式動画の説明の通りトランプでマスキングし、
最初の一吹き目を薄めに(写真1枚目)スプレーすることで
垂れやムラもなく綺麗に塗装できました。
私は2缶で4本を塗装しましたが、
3缶ぐらいあると皮膜も厚くできるので良いと思います。
ド素人の私でも満足いく結果が得られましたのでおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このフィルムスプレーの購入はこちらから!

②S DESIGN TSM 液体フィルムスプレー グロスレッドクリア 400ml

■価格:3,791円(2016年12月現在のamazon価格)

こちらのフィルムスプレーは、高い透明度と強度、光沢を持った塗膜を形成します。
カラーは鮮やかなキャンディカラーを基本に、レッド・ブルー・ゴールドの3色を揃えます。
また、水性ですので、手に付いたとしても簡単に落とすことが可能です。

このフィルムスプレーのAmazonレビュー

ダマになりやすいのと、ダレやすいのが気になりましたが、それを分かっていて塗れば問題ないレベルです。発色もイイです。なにより水性でシンナー臭くないのが嬉しいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp/

何度も重ね塗りしないと色がのってこなかったのが少し残念です。
でも、ドレスアップには良い品と思いました。
機会有れば他の種類も試したいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このフィルムスプレーの購入はこちらから!

③FOLIATEC スプレーフィルムmini 150ml

■価格:1,998円(2016年12月現在のamazon価格)

ドイツのカー用品メーカー「FOLIATEC(フォリアテック)」のフィルムスプレーです。
ドイツ製ということもあって品質も高く、それでいて価格も安いので、非常にコストパフォーマンスの優れた商品となっています。
施工後は約30分で剥がせるようになり、缶1本でホイール二本分の塗装が可能です。

このフィルムスプレーのAmazonレビュー

smartのハイマウントストップランプに使用しました。炎天下でスプレーしましたが、初めは表面にポチポチができたため剥がしました。難なく綺麗に剥がれました。
距離感が掴めたので、再度スプレー。今度は綺麗に出来ました。
洗車機にかけても、剥がれません。

出典:https://www.amazon.co.jp/

車のフロントグリルを塗装したらすぐなくなりました。
塗装面の仕上がりはいい感じです。
どうせ剥がせるのなら、と
下地処理は面倒だったのでしてませんでしたが
思っていた以上にしっかりと塗装が乗ってくれたので良い感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

このフィルムスプレーの購入はこちらから!

フィルムスプレーで愛車のお洒落を手軽に楽しもう!

フィルムスプレーの使い方とおすすめの商品3選はいかがでしたでしょうか?

フィルムスプレーは本当に手軽に施工することができるので、初心者にもおすすめできるカーデコレーション用アイテムです。
気に入らなければぺりっと剥がして、次のお洒落を楽しみましょう!

MOBY編集部がラバーコーティングをやってみた記事はこちら

低予算で簡単に車をカスタムできるおすすめ商品はこちら

塗装前にやりたい!洗車に関連するおすすめ商品はこちら

その他のおすすめカー用品についてはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す