MOBY

自動防眩式ルームミラーとは?仕組みやおすすめ製品紹介から取り付け方まで

「自動防眩式ルームミラー」という単語を初めて聞いた人もいるのではないでしょうか。後続車のライトがルームミラーに反射して眩しい時に自動で眩しさを軽減する機能です。自動防眩ミラーの仕組みや効果、取り付け方、おすすめ製品を紹介します!

自動防眩ミラーとは?普通のルームミラーと違うの?

自動防眩ミラーとは?

自動防眩(ぼうげん)ミラーとは、ルームミラーの装備の1つです。
防眩とは、眩しさを防ぐこと、強い光を和らげることを指します。
自動防眩ミラーは夜間の走行中の後続車のヘッドライトがルームミラーに反射して眩しい時に、「自動で」光の反射を抑えてくれる機能です。

通常のルームミラーの下部にも防眩のためのレバーがついているものがありますが、これは「手動で」防眩するためのものです。
自動防眩ミラーは北米や欧州の車には当たり前についているのですが、日本ではあまり装備されていません。

自動防眩ミラーの効果は?

自動防眩ミラーをつけると、後続車のライトの光の反射を抑えられます。
そのことで2つの効果があります。

自動防眩ミラーの効果その1:片手運転やわき見運転の防止

手動防眩ミラーの調整するために、片手運転やわき見運転(他に気を取られながら運転)になることを防ぐ効果があります。

自動防眩ミラーの効果その2:強い光で目の前が見えなくなる状態を防止

目の明順応と暗順応によって目の前が見えなくなる状態を防ぐ効果です。
後続車のヘッドライトがルームミラーに反射して眩しいと感じたその瞬間は、目の前が見えない状態(暗順応から明順応した状態)になります。

その目の前が見えない状態から見える状態になる(再び暗順応する)までの時間は数秒かかります。
目の前が見えなくなった状態の数秒間に、予期せぬことが起こることもあるでしょう。

自動防眩ミラーがあることで、夜間も安全運転できます。

自動防眩ミラーの防眩機能の仕組みは?

防眩機能の仕組みは?

ルームミラーが防眩機能の働いている状態になると、通常よりも光の反射率が抑えられます。
仕組みはいろいろありますが、手動の防眩ミラーはレバーで角度を変えることで反射率80%の表面反射を反射率20%の裏面反射に切り替えます。

自動防眩ミラーの場合は、内蔵されているセンサーが強い光を感知すると、ミラー内部のジェル状の層が反応しミラーの反射率を自動調整する仕組みです。

手動の防眩ミラーだと目の前が見えない危険な状態になってから調整することになりますが、自動であれば強い光を意識することなく、運転に集中できますね。

自動防眩ミラーの取り付け方

自動防眩ミラーの取り付け方

取り付けの基本的な流れは、既存のルームミラーを外し、自動防眩ミラーを取り付け、配線をして完了です。
概要を紹介しますが、自動防眩ミラーの取扱説明書の記載を確認しながら作業することをおすすめします。

既存のルームミラーを外す

ルームミラーの根元の固定部分が現在主流の「ウェッジマウント」であれば、取り外しとその後の取り付けも簡単です。
年式の古い車や車種によっては、固定部分の種類(カムロックタイプなど)が異なり、別途アダプターが必要になることもあります。

自動防眩ミラーを取り付け

既存のルームミラーがついていた部分に自動防眩ミラーを取り付けます。

配線をする

車種や自動防眩ミラーの種類によって作業内容は変わりますが、ルームミラーにモニターが付属しているものなどは作業の難易度が上がります。
ですが、オーディオやナビなどを取り付けたことがあればできる内容ではないかと思います。
最後に配線カバーを取り付け、きれいに整えて完了です。

@nigorizake.kazuが投稿した写真 -


自動防眩ミラーを取り付けたい!おすすめ製品紹介

おすすめ自動防眩ミラー「Gentex(ジェンテックス) GENK2AM」

Gentex(ジェンテックス) GENK2AM

出典:http://amzn.to/

【アマゾン価格】20,929 円(2016年12月現在)

世界初のエレクトロクロミック自動防眩ミラーを開発したジェンテックスは、自動車メーカー各社の純正自動防眩ミラーにも採用されています。
シンプルな自動防眩ミラーが欲しい人におすすめです。

この自動防眩ミラーの現在の価格はこちらで紹介!

おすすめ自動防眩ミラー「MAXWIN(マックスウィン) MR433」

MAXWIN(マックスウィン) MR433

出典:http://amzn.to/

【アマゾン価格】21,565円(2016年12月現在)

ルームミラーをモニター付に変えたい人におすすめなのがこちらです。
4.3インチ液晶ミラーモニター付きで、DVDプレーヤーとの接続、バックカメラと連動もできます。
自動輝度調整機能もついているため、より安全運転できます。

この自動防眩ミラーの現在の価格はこちらで紹介!

おすすめ自動防眩ミラー「Beat-Sonic(ビートソニック)MMA2」

Beat-Sonic(ビートソニック)MMA2

出典:http://amzn.to/

【アマゾン価格】28,872円(2016年12月現在)

この商品も4.3インチ液晶ミラーモニター付きです。
バック時にバックカメラへの自動切換えやDVDの映像を映すことも可能です。
日本の企業の製品のため、取扱説明書が日本語なのも嬉しいポイントです。

自動防眩ミラーで安全運転しましょう

自動防眩ミラーで安全運転しましょう

自動防眩ミラーの解説からおすすめ商品の紹介まで解説させていただきましたがいかがでしたか?

海外では主流の自動防眩ミラーですが、日本ではあまりメジャーではないのが残念ですね。
夜間の運転が多い人にとっては、とても役立つ装備ですので、取り付けの検討をしてみてはいかがでしょうか。

車のミラーに関連する記事はこちら

車用グッズに関連するはこちら

この記事の執筆者

あかねこの執筆者の詳細プロフィール

自動車部品メーカーで庶務をしていましたが、車の勉強は始めたばかりです。 愛車はダイハツ・ムーヴラテ、憧れの車はトヨタ・S-FR。 スポーティでかわいい顔立ちの車が好きです!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す