初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ETCのセットアップ&再セットアップは自分で出来る?業者と料金や時間で比較

高速道路を利用するためにはETCの利用が必須とも言えます。それぐらい現金払いとの価格差が出る場合も多くあります。ETC車載器を車に取り付けると必ず必要となるのがセットアップという作業。自分でもできるのでしょうか。ETCのセットアップをしなければならない場合と、その方法などについてまとめました。

ETCのセットアップとは

ETC車載器はセットアップという作業をしないと使うことができません。セットアップとは、個別の車載器と、取り付けてある車固有の情報(車両番号など)を紐付けることを指します。セットアップをすることにより、ETCシステムははじめて利用する車両を特定することができるので、適切な料金の計算ができるようになります。

ETCのセットアップは自分でできる?

車載器の取り付けは自分ですることができますが、セットアップは個人ではすることができません。登録店しかこのセットアップ作業をすることができないようになっています。
この仕組みは一般財団法人ITSサービス高度化機構という団体が管理しています。

ETCのセットアップが必要になる場合

↑ETC車載器

それでは、どのような場合にセットアップが必要となるのでしょうか。

新規にセットアップする場合

まずは通常よくあるパターンで、新品の車載器を取り付ける場合です。お店で売っている状態の新品の車載器はセットアップされていませんので、必ず必要です。

再セットアップをする場合

ナンバープレートが変わった時、車載器を別の車に付け替えた時などに、現在の車の情報と一致させるために再度のセットアップが必要です。
中古車を買った時や、人から譲ってもらった時など、元から車載器が付いていた場合に再セットアップが必要です。

ETC2.0対応のための再セットアップ

↑ETC2.0ではこんな情報も

ETC2.0対応の車載器でETC2.0のためのセットアップがされていない場合、この新しい機能を使用することができません。そのため再セットアップが必要です。
カーナビと連動して渋滞情報を把握したり、ETC2.0現在の料金割引の制度があるため、今後も需要が増えるものと予想されています。

ETCのセットアップができる業者

先ほど説明したように、ETCのセットアップは決められた業者しかできません。ITSサービス高度化機構のサイトから探すことができます。

ディーラーや中古車販売店、カー用品専門店だけではなく、身近なガソリンスタンドや整備工場でもできることがわかります。

ETCのセットアップにかかる料金

セットアップにかかる料金は業者によって違います。だいたいは3,000円以内で収まるところが多いようです。キャンペーンなどで更に500円程度の割引があることもありますので、事前にお店に確認してください。

ETCのセットアップにかかる時間

セットアップする業者によって、オンラインセットとオフラインセットアップという方法があります。
オンラインセットアップはその場で通信機能を使ってすぐに作業を完了をすることができるので、1時間以内で済ませることができます。
オフラインセットアップはFAXや宅急便などの書類のやり取りで行います。そのため、完了するまでに1週間程度かかります。
急いで使いたい場合は、どの方法となるかを事前にセットアップ業者に確認しましょう。

ETCのセットアップを頼むときに必要なもの

セットアップを頼みに行く前に、必要なものは以下の3点です。これがないとセットアップ出来ませんので、必ず持って行きましょう。
1.車載器
2.車検証
3.本人確認できる運転免許証等
先にセットアップだけしてもらって後から自分で取り付ける場合には、車そのものは必要ないということですね。

ETCの再セットアップ忘れに注意!

↑ETCは正しく利用しましょう

中古車で買ってナンバーが変わった場合や、車を変更した際に以前の車から付け替えた場合など、忘れずに再セットアップをしてください。現在のETCシステム上、通過する時には以前のセットアップ情報でもそのまま通過できるようになっていますが、いつどうなるかわかりません。また、ETCの利用規約に違反してしまいます。
軽自動車から普通自動車に乗せ換えた場合などは特に注意が必要です。料金区分も違ってきますので、最悪、詐欺罪に問われる可能性もあります。

ETCのセットアップは専門業者に

↑最近はETC専用の出入口も増えています。セットアップに問題があると対応できない場合もあるので気をつけて!

高速道路の料金を現金払いより割安で利用できるETC。これを利用するために、車載器を取り付け費用はできればかけたくないという方もいるでしょう。車載器自体の取り付けは、電装品の取り付けに慣れている方なら自分で出来ますが、セットアップまでは自分ではできません。
新規のものだけではなく、再セットアップが必要な場合にも、必ず専門店でセットアップを行い、正しくETCを利用しましょう。

年会費がかかるクレジットカードを作るのは損!年会費無料のETCカードがおすすめ

発行会社オリエントコーポレーションポイント還元率1.0%~17.5%
年会費永年無料付帯保険なし
ETCカード年会費永年無料ETCカード発行手数料無料

オリコカードザポイントはクレジットカード自体の年会費無料、ETCカードの年会費も無料で作れるカードです。

また、一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%のところ、オリコカードザポイントは2倍の1.0%、入会から半年間はさらに倍の2.0%にもなるので、ETCカード利用でもポイントがどんどん貯まってお得です。

すぐにETCカードが欲しい人におすすめのクレジットカード

急な旅行でETCカードがすぐに必要な場合や、ETCカードを作るのを忘れていてなるべく早くカードを作りたい場合は、最短即日発行可能なセゾンアメックスカードがおすすめです。

カードを申し込んで、審査回答が届き次第セゾンカウンターでカードを受け取れば、申し込んだその日のうちにクレジットカードを受け取れ、セゾンカウンターで引き続きETCカードを作りたい旨を説明すると、その場でETCカードも発行してもらえます。
※クレカ申し込み時にETCカードを申し込むと、郵送で送られてくるので、必ずセゾンカウンターでETCカードを申し込むようにしてください。

セゾンパール・アメリカンエキスプレス・カード

発行会社クレディセゾンポイント還元率0.5%(海外1.0%)
年会費初年度無料(次年度以降は1,000円+税)
年に1度でも利用すれば年会費無料
付帯保険なし
ETCカード年会費無料ETCカード発行手数料無料

セゾンブルー・アメリカンエキスプレス・カード

発行会社クレディセゾンポイント還元率0.5%(海外1.0%)
年会費初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
ETCカード年会費無料ETCカード発行手数料無料

「アメックス」と聞くと、審査が厳しいんじゃないかと考えたり、年会費が高いんじゃないかと考えたりすると思うのですが、セゾンアメックスカードはセゾンカードを発行しているクレディセゾンが発行しているカードなので、高校生を除く18歳以上の学生や主婦でも申し込めます。

また、セゾンパールアメックスであれば年に1回でもカード利用すれば年会費無料になる「年会費実質無料」なカードですし、セゾンブルーアメックスは年会費3,000円(税別)という格安で海外旅行保険が最高3,000万円まで自動付帯しているなど、補償が充実したカードです。

ETCに関するその他の情報はこちら

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す