初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

運転適性検査とは?K型とOD型の結果パターンまとめ|意外と悪い結果かも?

運転適性検査の結果パターンを紹介します。K型とOD型って何?あなたは自分の運転に自信がありますか?それとも、運転は苦手ですか?運転適性検査で自分の運転の性質を見極めることが、安全運転につながるはずです!運転適性検査は、時往々にして、受験者のもつ自己イメージとテスト結果が示唆する内容にギャップが生じることがあります。思ったよりも悪い結果が出たというのなら、もしかしたらあなたは、自分の想像以上に悪い運転をしているのかもしれません。

運転適性検査とは?

運転適性検査

みなさんは、運転免許を取得した際におこなった「運転適性検査」を覚えていますか?
あるいは、これから取るという人は自動車学校ではどんなことをするのか気になっていると思います。
「運転適性検査」というのは、いくつかの質問に答え、自分の運転パターンと注意すべき点を導き出すというものです。

教習所では実技と学科の前に運転に適した人物かどうか「適性検査」を行います。
ただ、「運転適性検査」は実技試験・技能試験とは異なり、あくまでも「検査」です。
結果が悪かったからといって、「落ちる」ということはありません。

運転適性検査は「自分の運転の性格を理解する」ことを目的に実施されます。
自分の運転の性格を理解した上で、安全運転を心がけましょう。

それでは、実際にどのようなことが分かるのか、K型・OD型の2種類のテスト結果パターンを見てみましょう。
また、結果からわかる運転の際に「心がけるポイント」も合わせてご紹介しているので、しっかりチェックしてくださいね。

【運転適性検査】『警察庁方式運転適性検査K型』の結果パターン

警察庁方式運転適性検査K型では、6つの運転タイプに分類されます。

【結果パターン】
1:状況判断の遅い人
2:動作は早いが正確さに欠ける人
3:神経質な傾向のある人
4:気分の変わりやすい人
5:攻撃的な傾向にある人
6:自己中心的な傾向にある人

【心がけるポイント】
1:複雑な状況でも潜んでいる状況を見抜き、適切な行動をしましょう
2:周囲の状況によく気を配り、一呼吸おいてから行動に移しましょう
3:バランスよく周囲に気を配り、リラックスした運転を心がけましょう
4:気分が沈んでいるときは運転を控え、気分転換をしてから車に乗りましょう
5:相手に譲る気持ちを忘れずに持ちましょう
6:自分の行動が他人に迷惑をかけていないか、振り返ってみましょう

【運転適性検査】『OD式(OD型)安全性テスト』の結果パターン

運転適性検査OD型

OD型では、「運転適性度」を5~1の5段階に分け、「安全運転度」もA~Eの5段階に分けます。
そして、それぞれの評価の組み合わせで大きく4つのタイプに分かれます。

【結果パターン】
1:安全運転タイプ(5A、5B、4A、4B)
2:もらい事故傾向タイプ(2A、2B、2C、1A、1B、1C)
3:重大事故傾向タイプ(5D、5E、4D、4E、3D、3E)
4、 事故違反多発タイプ(2D、2E、1D、1E)

※3C、3B、3C、5C、4Cのタイプは基本的に「安全運転タイプ」に近いですが、状況により変わる可能性があります。

【心がけるポイント】
1:絶対に事故をおこさないわけではありません。油断は禁物です
2:複合操作が必要な場面での運転に注意しましょう
3:自分の運転技術を過信することなく安全運転を心がけましょう
4:どんな心構えが大事なのかを考え、細心の注意を払い運転をしましょう。

【運転適性検査】インターネットで簡単にテストしてみよう

以上が、K型、OD型の結果パターンです。
自分の癖や特徴を知ることで、より安全運転を心がけることができますね。
しかし、高齢者を除けば運転適性検査は、免許を取得するときだけに行うのが一般的。
今の自分はどのような運転をしているのか、知りたいという人も多いのではないでしょうか。
そこで、インターネットで運転適性診断を受けられるサイトを紹介します。

運転適性検査が行えるサイトです

こちらのサイトは、6つの結果パターンに分かれ、特にどの性質が高いのかを教えてくれます。

【結果パターン】
1:攻撃性
2:情緒薄弱性
3:衝動性
4:虚栄心
5:神経過敏性
6:自己中心性

攻撃性が現れている方は、落ち着いた運転を心がける、人にイライラしないように努力するなどしてみるといいかもしれません。

運転適性検査で安全運転を

運転適性検査で安全運転を

運転適性検査についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
筆者は、言われてみたら確かにそんなテストも受けた気がする…という程度の記憶だったので、さっそく「自動車運転適性診断心理テスト」を受けてみました。
つい気の緩んだ運転になりがちだった昨今、良い刺激になりました。
自分の性格を今すぐに治すことは難しいですが、特性を知り、注意することは簡単にできますよね。
ぜひ、最近の自分の運転に自信のない人は受けてみてください!
そして、違反・事故ゼロのドライバーになれますように!

安全運転に関連するおすすめの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す