MOBY

ホンダのK20Aエンジンとは?最強の2リッターNAエンジンはF20Cより速いのか?

2リッターNAエンジンで最強と呼び声が高いホンダのK20Aエンジン。レッドゾーンまで一気に回転数が跳ね上がる官能的なエンジン音はホンダファンにはたまりません。そんな、K20AエンジンにはホンダS2000に搭載されるF20Cエンジンというライバルがいます。そこでどちらが速いのか検証してみたいと思います。

K20Aエンジンとは

まずはK20Aエンジンについて説明していきたいと思います。
K20Aエンジンは、ホンダが製造する中型車種用に開発されたエンジンであり、ホンダを代表するスポーツカーであるインテグラタイプRからファミリーワンボックスカーのステップワゴンにも用いられたエンジンでした。

「CO2の削減(燃費の向上)」と「排気ガスのクリーン化」を両立させるとともに、エンジンパワーは犠牲にせず、しっかりとパワーが出るエンジンを目指し、ホンダは「i-シリーズ」と称し、VTECエンジンのK20Aを開発したのです。

ホンダ独自のVTEC(ブイテック)エンジンとは

エンジンに送り込まれる燃焼ガス(ガソリンと空気の混合気)を吸気する際に、ピストンの上下動に伴うバルブの開閉時間(バルブタイミング)・リフト量をエンジンの回転数が低回転時と高回転時により制御されるのがVTECエンジンです。

i-VTEC(アイ-ブイテック)エンジンとは

i-VTECのiはintelligent(インテリジェント)の頭文字からとっており、今までのVTEC機構に加え、吸気バルブタイミングの位相も連続的に制御するVTC(Variable Timing Control)を組み合わせた、高知能可変バルブタイミング・リフト機構を搭載した新世代VTECエンジンをi-VTECエンジンと呼ぶようになりました。

K20Aエンジンとは違うF20Cエンジンとは

F20CエンジンはホンダS2000専用に開発されたエンジンであり、VTEC機構は使われてもi-VTECエンジンに用いられたVTCは使われていません。
エンジンの回転数が高回転時のとき出力を出すために、バルブやピストンなど軽量な鍛造性のものを使っています。
i-VTECエンジンよりスポーツカー向けのエンジンと言えるでしょう。

F20Cエンジン詳細

●弁機構:DOHC VTEC チェーン駆動 吸気2 排気2
●排気量:1,997cc
●内径×行程:87.0mm×84.0mm
●燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)
●最高出力:184kW(250PS)/8,300rpm
●最大トルク:218N·m(22.2kgf·m)/7,500rpm

ホンダS2000に関連する記事はこちら

K20Aエンジンには標準仕様とR-Specが存在する

K20Aにはファミリーカーなどに搭載する標準タイプとスポーツカー仕様のR-Specが存在します。
上画像のものは標準タイプのもので、R-Specのものと違いエンジンヘッドが黒くなっています。
標準仕様とR-Specのエンジンスペックから2機の違いを見ていきましょう。

K20Aエンジンの共通な詳細スペック

●弁機構:DOHC i-VTEC チェーン駆動 吸気2 排気2
●排気量:1,998cc
●内径×行程:86.0mm×86.0mm
●燃料供給装置形式:電子制御燃料噴射式(PGM-FI)

標準仕様のパワー

●最高出力:114kW(155PS)/6,000rpm
●最大トルク:188N·m(19.2kg·m)/4,500rpm

R-Specのパワー

●最高出力:165kW(225PS)/8,000rpm
●最大トルク:215N·m(21.9kg·m)/6,100rpm


これからわかるようにK20AのR-SpecはF20Cと同じくかなりのハイスペックなもので、S2000以外のホンダの2リッタースポーツカーに搭載されてきました。

K20Aエンジン・R-Spec搭載車種は

F20CはホンダS2000に搭載されているのはご存知でしょうが、K20AのR-Specはどのような車種に搭載されているか見ていきましょう。

ホンダ・S2000の中古車情報はこちら


タイプS 無限ハ…
298.0万円
本日の在庫
272
平均価格
217.2 万円
本体価格
69 ~ 480 万円

ホンダ シビックタイプR(型式FD2)

ホンダ シビックタイプR 型式FD2

2007年から2010年まで販売された3代目となるシビックタイプRです。
4ドアセダンでありながら、スポーツカーとして十分なボディ剛性があり、多くのレースで活躍してきた車です。

ホンダシビックタイプR(型式:EP3)

シビック TYPE R EP型

出典:https://ja.wikipedia.org/

2代目となるホンダシビックタイプRはシビックに初めてK20A・R-Specが搭載された車です。
この車に関してはイギリスで生産されたもので、日本に輸入車として入ってきたため、中古車市場での流通量は非常に少ないです。

ホンダ・シビックの中古車情報はこちら


タイプR 全国2…
479.0万円
本日の在庫
498
平均価格
157.4 万円
本体価格
6 ~ 550 万円

ホンダ インテグラタイプR(型式DC5)

出典:https://ja.wikipedia.org/

2001年から2006年まで販売された2代目となるインテグラタイプR。
K20A・R-Spec搭載の車ではもっともメジャーで中古車市場でも流通量は多く、非常に人気のあったスポーツカーです。
現在も中古車相場は同クラスの中では高値で取引されています。

ホンダ・インテグラの中古車情報はこちら


タイプR 後期最…
139.8万円
本日の在庫
244
平均価格
101.1 万円
本体価格
18 ~ 259 万円

ホンダ アコードユーロR(型式:CL7)

2002年から2008年まで販売されたアコードユーロR。ホンダの人気セダンであるアコードの走り、居住性、快適性やデザインの良さをそのままにK20A・R-Spec搭載でスポーツという性能にさらにこだわり走りに磨きをかけたものです。

ホンダアコードの中古車情報はこちら


LX ナビ バッ…
221.4万円
本日の在庫
289
平均価格
92.3 万円
本体価格
3 ~ 279 万円

ホンダ・シビックタイプRに関連する記事はこちら

K20AエンジンとF20Cエンジンはどちらが速いのか


K20AとF20Cを天秤にかけるとするなら、それぞれが搭載されている車がどちらが速いかというところに着目してみれば、K20Aを搭載したシビック、インテグラ、アコードにくらべS2000が速いです。
エンジンのみならず、S2000の車体はオープンカーでありながらボディ剛性は固く、スポーツカーとしての要素を十分に与えられ作られたています。
駆動方式もよりスポーティーなFRであり、S2000のコンパクトな車体でのコーナーリング速度はスーパーカーでもついていけないと言われるほどです。
一方、シビック、インテグラ、アコードの駆動方式はFFであり、すべて実用性も考えられた乗用車です。
そんな車がレーシングエンジンのようなK20Aを搭載して速いというのがホンダ車の売りかもしれません。

K20AエンジンとF20Cエンジンの対決動画

しかし、エンジンのみで考えればF20CはS2000のみに特化したスペシャルエンジンであり、他の車体へ搭載するには向いていないエンジンです。
過去にトヨタAE86やBMW3シリーズにF20Cを搭載した車をビデオで見たことありますが、それ以外はF20Cエンジンを移植された車は見たことがありません。

一方で、K20Aは多くのエンジンチューナーがチューニングを行っていたため、改造に関するノウハウは多くあり、K20Aへエンジンスワップされたチューニングカーは非常に多いです。
中には、ヴィーマックやアリエルアトムといったメーカーはホンダからエンジン供給を受け、K20A搭載した独自の車両を販売するほどで、それだけ万能型エンジンであるといえます。

どちらが最強かは、どんな車でも速くしてしまう優等生タイプがK20A、S2000との組み合わせで秀でた速さをもつ天才型がF20Cといったところでしょう。

K20AエンジンとF20Cエンジンについて特集してみましたが、いかがでしたか。
どちらのエンジンもNA2リッター最強といってもいいでしょう。
それだけ優秀なエンジンを作り上げたホンダの技術力には驚かされます。
しかし、すでにこの2機は製造していないのが残念ですね。
ホンダにはK20A、F20Cといった伝説に残るエンジンをまた造ってほしいです。

シビック・S2000などVTECエンジン搭載車について関連記事はこちら

スポーツカーに関連する記事はこちら

エンジンに関連する記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す