MOBY

【イーロン・マスクの名言集】テスラCEOの資産や火星を走行するであろう愛車は?

テスラCEOのイーロン・マスクを紹介します。愛車が火星を走る?テスラCEOの資産は?そんな噂・疑問や、イーロン・マスクの歴史とともに、彼の名言や関連本も見ていきましょう。特に名言は、思い切り首を縦に振ってしまうようなものばかりですよ。

【テスラCEOの資産】イーロン・マスクってどんな人?

#elonmusk #girişimcilik

İTÜ Girişimcilik Kulübüさん(@itugirisim)が投稿した写真 -


テスラ・モーターズ、そして、スペースXのCEOを務めるイーロン・マスクの資産が110億ドル、日本円にして約1兆円に達したそうです。

映画『アイアンマン』のモデルでもあるイーロン・マスクとは、どのような人なのでしょうか。その歴史を手繰り寄せてみましょう。

イーロン・マスクの子ども時代

1971年6月28日、南アフリカ人の技術者である父親と、カナダ人の母親のあいだにイーロン・マスクは生まれました。
南アフリカ共和国で生まれた彼はたいへん本の好きな子どもで、勉強もできたため1年早く小学校に入学します。
10歳でコンピュータを購入し、独学でプログラミングを始め、「Blaster」というソフトウェアを開発したのはわずか12歳のことでした。
そして1988年、17歳になった彼は家から独立し、母親の親戚の住むカナダへ渡ります。

アメリカへの移住と起業

トロントへの引っ越しとクイーンズ大学への入学を経て、イーロン・マスクは幼いこところから行きたいと願っていたアメリカへ移住します。
ペンシルベニア大学ウォートン・スクールで学位を取得後、高エネルギー物理学を学ぶためにスタンフォード大学の大学院へ進みますが、2日で退学。1995年、弟のキンバル・マスクとともに、オンラインコンテンツ出版ソフトを提供するZip2社を起業しました。

資産の拡大

テスラ モデルS 2016年

その後Zip2はコンパック社のAltaVista部門に買収され、イーロン・マスクは3億700万ドルの現金とストックオプションで3,400万ドルを手に入れます。
1999年には、オンライン金融サービスと電子メールによる支払いサービスを行うX.com社の共同設立者となり、同社は1年後にコンフィニティ社と合併。2001年にPayPal社となります。
2002年、PayPal社をeBas社に売却。同じ年、30歳で宇宙ロケット会社のスペースX社を設立します。
宇宙探査や再生可能なクリーンエネルギーの追求に取り組んだイーロン・マスクは、電気自動車会社であるステラモーターズ社に投資し、2008年に同社の会長兼CEOに就任しました。
意外なことにイーロン・マスクは、テスラ・モーターズとスペースXが上手くいく確率は10%前後であると述べています。
それでも現在、優秀な人材が彼のもとへ集まっているといいます。

イーロン・マスクによる数々の名言

略歴を見れば、イーロン・マスクという人は才能と先見の明を持ち、いとも容易く資産を手に入れたように見えます。
しかし、成功といえるところまで来るまでには「ガラスを食べ、地獄の底を覗き込む毎日」が続いたといいます。
そんな彼の言葉の数々には、私たちが生きるためのヒントが隠されていることでしょう。

勇気をもって前向きに

ときに謙虚に、我慢強く

創造する力

現実を見極める力

お金とは

イーロン・マスクの愛車は火星を走る?

大学生のイーロン・マスクは、将来人類にとって最も重要になるものを考えたといいます。
すなわち、「インターネット、持続可能エネルギー、そして複数の惑星での生活」です。そして現在、イーロン・マスクはまさに「持続可能エネルギー」と「惑星での生活」の実現を果たすべく、大がかりな取り組みを行っています。

まずスペースX社では、「惑星での生活」を現実にするために「惑星間輸送システム」の構築を計画しています。いわく、「地球の人間が移住するなら火星がぴったり」。
このシステムは火星への輸送を想定しているのでしょう。

しかも、既存の方法で火星へ行くためにはスペースX社の試算で100億ドルかかりますが、これを20万ドルまで下げるのが目標というから驚きです。20万ドルといえばアメリカの住宅平均価格なのですから。

イーロン・マスクは言います。
「誰もが火星に行きたいわけではありません。地球から出たい人はほんの一握りの人たちでしょう。しかし、ある程度の人は火星に行ってみたいと思い、実現可能な旅にお金を払えるようになるのです」

そして、イーロン・マスクがCEOを務めるステラモーターズのコンセプトは「持続可能なエネルギーへ、世界の移行を加速する」。電気自動車のみを開発している同社は、それまでスピードの出なかった一般的な電気自動車の常識を覆す「ステラ・ロードスター」を発表しました。
一切空気を汚さずに、フェラーリよりも早く、ポルシェより安く、というのがステラモーターズのこだわりです。

実は、イーロン・マスクはもともと自動車に強い関心を持ち、1999年、28歳のときに約1億円で「マクラーレンF1」を手に入れています。

同車は2007年で彼の手元を離れたということですが、彼の未来の愛車(もちろん、電気自動車でしょう)が火星を走る日は、そう遠くないかもしれません。

イーロン・マスクに関する本

本 イラスト フリー素材

最後に、イーロン・マスクに関連する著書をいくつか紹介します。

イーロン・マスクに関する著書


イーロン・マスク 未来を創る男
 アシュリー・バンス 著、斎藤栄一郎 翻訳
 講談社

史上最強のCEO イーロン・マスクの戦い
 竹内一正 著
 PHP研究所

イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者
 竹内一正 著
 朝日新聞出版

イーロン・マスク 破壊者か創造新か
 竹内一正 著
 朝日新聞出版

天才イーロン・マスク銀河一の戦略
 桑原晃弥 著
 経済界

イーロン・マスクのおすすめする著書

指輪物語
 J.R.R.トールキン 著、瀬田貞二 翻訳、田中明子 翻訳
 評論社

(「指輪物語」や「Foundation(アメリカのSF小説)」と言ったヒーローの本を読むたびに、世界を救う義務があるのだと感じるよ)

銀河ヒッチハイク・ガイド
 ググラス・アダムス 著、安原和見 翻訳
 河出書房新社

(問いかけの内容が適切であれば、答えはシンプルになるんだ)

アインシュタイン その生涯と宇宙
 ウォルター・アイザックソン 著、二間瀬敏史 監訳、関宗蔵 翻訳、松田卓也 翻訳、松浦俊輔 翻訳
 武田ランダムハウスジャパン

強さの秘密-なぜあなたは床を突き抜けて落ちないか
 J.E.ゴートン 著、土井恒成 翻訳
 丸善

誰も信じないことを現実に

Falcon 9 ready for launch at Vandenburg AFB, California. Attempting to land on our droneship this time.

Elon Muskさん(@elonmusk)が投稿した写真 -


「20万ドルで火星に」「火星で電気自動車を走らせる」。そんなことが現実に起きうるなんて信じられますか?おそらく、イーロン・マスクを知らなければ信じないでしょう。しかし、彼の偉業を、そして言葉を知ってしまったあとでは、実現することのようにも思えます。

そして、将来火星を走るのは、イーロン・マスクの愛車だけではなく、あなたの愛車でもあるかもしれないのです。そんな未来を夢みて、あるいは、彼のような素晴らしい人物になるための指針として、関連本を読んでみるのもいいかもしれません。

テスラに関するおすすめ記事!

電気自動車に関する記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す