MOBY

導流帯(ゼブラゾーン)とは?意味と道路交通法での走行・駐車・違反

道路の交差点付近にある縞々模様のことを通称ゼブラゾーン、正式には導流帯と言います。普段何気なく通過している導流帯にはどのような決まりがあるのでしょうか。 そもそも侵入しても良い場所なのか、違反や注意点などについてと、似たような標示についてもまとめて解説します。

ゼブラゾーンの正式名称を知っていましたか?

ゼブラゾーン=導流帯

出典:https://ja.wikipedia.org/

↑右折レーン手前の部分が導流帯

導流帯というとあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、見たらすぐにわかりますよね。道路にある、白の縞々模様の部分のことです。ゼブラゾーンとも呼ばれています。
普段は何気なく通り過ぎているかもしれませんが、どういった意味があるのでしょうか。
免許を取得されている方も、一度は確認しているはずですが、忘れているかもしれません。もう一度確認してみましょう。

導流帯(ゼブラゾーン)はどんなところにある?

だいたいが交差点の付近にあります。特に右折レーンや左折レーンなど、新しく車線が増える手前などに設けられています。

導流帯(ゼブラゾーン)の意味は?

導流帯は、道路交通法による「道路標示」に当たります。
道路標示には「規制標示」と「指示標示」があり、導流帯は指示標示に当たります。
具体的には「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令」(昭和三十五年十二月十七日総理府・建設省令第三号)(現在は内閣府・国土交通省)で規程されています。
導流帯はこれにより「車両の安全かつ円滑な走行を誘導する必要がある場所」と示されています。

導流帯(ゼブラゾーン)に入ったら違反?

導流帯(ゼブラゾーン)に入っても違反ではない!

入っても大丈夫です。その目的の通り、走行を誘導するためのものなので、そこに侵入してはいけないとはどこにも明示されていません。もちろん、走行したことによる罰則もありません。規制ではなく、指示標示の場合には違反とはなりません。
しかし、多くの方がむやみに導流帯に入る場所ではないと認識しています。簡単に入るべき場所ではないでしょう。
しかし状況によっては侵入しなければならない判断をすることもありえます。例えば、右折レーンに入りたいのに直線の方が混雑していて進めない状態などです。

導流帯(ゼブラゾーン)侵入時に気を付けなければならないこと

↑このような場合には当然入ってはいけません

その場合には、対向車線にはみ出す危険がないかをよく確認するのと同時に、同じ方向の車線でも導流帯が終わった後から右折レーンに入る車両がないかをよく確認してください。
この右折レーン前に導流帯から入ってきた車と導流帯が終わった後に右折レーンに入る車との接触事故というのが多いです。
そうなると、導流帯から入ってきた車の方に過失の割合が多くなると判断されることが多いようです。多くの方が導流帯から車は走ってこないと思い込んでいます。

導流帯(ゼブラゾーン)に駐車はできる?

駐車などは導流帯の内と外に関係なく、その場の交通規制に従ってください。
交差点の途中にある場合などには駐車をできる場合はほとんどありません。駐車して走行してくる車を妨げるようなことをしてはいけません。

導流帯(ゼブラゾーン)に似て非なるもの

導流帯と似たような道路標示があります。どのようなものがあるのでしょうか。

立入り禁止部分

道路交通法第十七条第六項の道路標示により、車両の通行の用に供しない部分であることを表示することとされた部分です。規制標示となるので守らなかった場合には違反となる可能性があります。
導流帯と同じ模様ですが、周囲が黄色のラインで囲われているのですぐにわかります。危険回避のためや歩行者の安全を図るためなどに設けられる部分となりますので、ここには入ってはいけません。

停止禁止部分

道路交通法第五十条第二項の道路標示により、車両及び路面電車がその進行しようとする進路の前方の車両及び路面電車の状況により停止することとなるおそれがあるときは入つてはならない部分とされた部分です。これも規制標示となるので守らなかった場合には違反となる可能性があります。
道路に面して消防署や警察署などの緊急車両の出入りがある部分にあるものですね。
そのまま走行して通過してしまうことには問題ありませんが、信号待ちなどで停車することは禁止されています。

横断歩道

横断歩道も指示標識で、道路交通法第二条第一項第四号に規定する横断歩道であることを示す部分です。横断歩道は指示標識とされています。
横断歩道も縞々模様なんですね。もちろん歩行者が通行するための部分です。

路上障害物の接近

出典:https://ja.wikipedia.org/

これも良く見かけるもので、導流帯と非常によく似ています。車道における路上障害物の接近を示す必要がある場所とされています。
導流帯と違うのは、道路が分岐や合流する部分の前に設けられていて、そのまま進んでしまうと障害物にぶつかってしまう場所にあるんですね。道路標示に関する命令でも指示標識や規制標示とは規程されておらず、「区画線」とされているだけです。ここにも必要以上に侵入すべきではないでしょう。

導流帯(ゼブラゾーン)についてお分かりいただけましたか?

シマウマ 画像

導流帯に限らず道路標示は複雑で、教則本にもはっきりと記載されておらず、法令まで読み込んで確認しないと分からない場合も多いです。

それでもはっき分からず疑問に思った場合には警察署などにも確認した方が良いかもしれませんね。
こういった事について考えてみることで安全運転への意識が高まるかもしれません。

その他の意外と知らない交通ルール・マナーについてはこちら

この記事の執筆者

EightHoursADayこの執筆者の詳細プロフィール

書籍の編集者が本業でライターもやっています。 好きな車は欧州の大衆コンパクトカーやステーションワゴンなどの実用車やマイナーな国産車。 人気がなく、一般的に日の目を見ない車などにも光を当てていきたいです。 車だけではなく道路や交通法規ネタなんかも好きです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す