MOBY

車の運転中のイヤホン使用は違反になるのか?条件や罰金や減点について

車の運転中のイヤホン使用は、非常に危険な行為です。都道府県によっては、条例違反となる場合もあります。本記事では、そんな車の運転中のイヤホン使用について、違反になる条件や違反した場合の罰金、減点等について解説しています。

車の運転中のイヤホン使用は違反?

ハンズフリー

車を運転中、気分を盛り上げるために音楽を聴くことってありますよね?
そして、さらに音楽への没入感を高めるために、イヤホンを使う人もいると思います。

しかし、この運転中にイヤホンを使用するという行為は、あまり推奨されません。
周囲の音が聞こえなくなって危険な可能性もあるため、イヤホンの使用方法や地域によっては、罰則が科せられる場合もあります。

本記事では、そんな運転中のイヤホン使用が違反になる条件や、違反した場合の罰金、減点等について解説しています。

運転中のイヤホン使用は安全運転義務違反?

実は、車を運転中にイヤホンを使用すること自体は、道路交通法違反になりません。
なぜなら、道路交通法にはイヤホン等の使用を禁止する条項が無く、運転の妨げにならないのであれば、着用しながら運転しても問題ないとされているからです。

しかしながら、イヤホン着用時に事故を起こしてしまった場合、道路交通法第70条の規定により、安全運転義務違反となる可能性があります。
これは、周囲の音が聞き取れないほどの大音量でイヤホンを使用していた場合、安全運転の義務を怠った危険運転と判断されてしまうからです。

また、イヤホンを使用していなくても、車内のスピーカーから大音量で音楽を流した状態で事故を起こした場合、安全運転義務違反と見なされることがあります。

道路交通法 第70条

(安全運転の義務)
第七〇条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

出典:http://law.e-gov.go.jp/

運転中のイヤホン使用が違反になる条件は?

道路交通法においては、運転中のイヤホン使用は禁止されていません。
しかし、都道府県単位では、自動車や自転車等の運転中にイヤホンの使用を禁止する条例を出している場合もあるので、注意が必要です。

例として、神奈川県では2011年の5月から全国に先がける形で、神奈川県道路交通法施行細則の改正を行い、イヤホン等の使用を禁止する条項を追加しています。

神奈川県道路交通法施行細則第11条(運転者の遵守事項)

(2) 第5号
大音量で、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽等を聴く等安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態で自動車、原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。

出典:http://www.police.pref.kanagawa.jp/

ただ、この条文は非常に曖昧であり、イヤホンを使用していても十分周囲の音が聞き取れる音量であれば、違反にはならないとも解釈されています。
そのため、イヤホンを使用して運転している所を警察に呼び止められたとしても、ほとんどが注意だけで済む可能性が高いです。

ただし、周囲の音が聞こえなくなる密閉型イヤホンだと、音量が小さくても違反になる可能性があるので注意しましょう。

なお、神奈川県以外でも同じような条例が制定されつつあるので、普段イヤホンを使用している方は、遠出をする前に目的地や通過地点の条例を調べておくといいかもしれません。

運転中のイヤホン使用に対する罰金、減点は?

罰金

安全運転義務違反で捕まった場合の罰則

道路交通法の安全運転義務違反で捕まった場合、以下の罰則が科せられます。

■違反点数
2点
■罰則
3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金
■反則金
大型車・中型車:1万2千円
普通車:9千円
二輪車:7千円
原付:6千円

ただし、安全運転義務違反だけで摘発されることは稀にしかありません。
多くの場合、それに付随した交通安全義務違反で摘発されます。

運転中のイヤホン使用による条例違反で捕まった場合の罰則

神奈川県の場合、違反点数はありませんが、代わりに交通反則切符(通称:青切符)を切られ、反則金を支払う必要があります。

■反則金
大型車・中型車:7千円
普通車・二輪車:6千円
原付:5千円

音楽を楽しみながら安全運転でいこう!

ドライブ ペット

出典 :©Shutterstock.com/ Soloviova Liudmyla

車の運転中のイヤホン使用に対する罰則の情報はいかがでしたか?

運転中のイヤホン使用は、音量が大きくなければ注意だけで済み、違反にはならない可能性が高いと書きましたが、それでも危険性の高い行為であることに変わりはないので、できるならイヤホンを使わず、車内のスピーカーを使用して適切な音量で音楽を聴くようにしましょう。

イヤホンを使用しなければ、同乗者との会話もクリアに聞きとることができ、みんなで同じ音楽を楽しむことができますよ!

意外と知らない自動車の法律に関連する記事はこちら!

この記事の執筆者

しんどうこの執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す