初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【日産スポーツカー一覧】歴史ある名車と現行車種と新型情報も!

日本のモータースポーツは、自動車産業の草創期からクルマの性能、品質への挑戦でもありました。日本のスポーツカーの代名詞でもある日産GT-R。初代は、ハコスカ(スカイラインC10型)GT-Rから始まります。ブルーバード310、フェアレディZ、バイオレットSSS、シルビア、マーチターボなど懐かしのスポーツカーから復活が噂されるモデルまでまとめてみました。

日産スポーツカーの世界への挑戦

日産のモータースポーツは、1958年(昭和33年)、豪州大陸一周16,000kmを走破するトライアルラリーでクラス優勝を果たすことから始まります。
国内では、1966年(昭和41年)の第3回日本グランプリから参戦、1968年、69年にはR380で日本グランプリを制します。

日産スポーツカーの主な戦歴

1958年 豪州一周トライアルラリー ダットサン210型
1963年 第1回日本ブランプリ クラス優勝 フェアレディ1500
1968年 ’68日本GP  R381 総合優勝
1970年 サファリラリー 総合優勝 ブルーバード510型
1972年 富士GC スカイラインGT-R(KPGC110型)レース50勝達成
1973年 サファリラリー 総合優勝 240Z(S30型)
1974年(710型) スランゴールGP 総合優勝
1979年 サファリラリー 優勝 バイオレット(PA10型)
1984年 NISMO設立(日産モータースポーツインターナショナル)
1986年 JTCチャンピオン獲得 スカイラインRSターボ(R30型)
1989年 全日本ラリー選手権(Bクラス)優勝 マーチ(EK10FR型)
1990年 JTCシリーズチャンピオン スカイラインGT-R(BNR32型)
     全日本ラリー選手権 4連勝 ブルーバードSSS-R(HNU12型)
1993年 全日本GT選手権 年間チャンピオン GT-R(BNR32型)
1998年 スーパー耐久 シリーズチャンピオン GT-R(BCNR33型)
2002年 S耐久 年間タイトル獲得 GT-R(BNR34型)
2004年 S耐久 年間タイトル獲得 フェアレディZ(Z33型)
2006年 中国サーキット選手権 シリーズチャンピオン獲得 ティーダ
2007年 S耐・ST1クラス シリーズチャンピオン獲得 フェアレディZ(Z33型)
2008年 中国サーキット選手権 シリーズチャンピオン獲得 ティーダ
2014年 スーパーGT・GT500 年間王座獲得 GT-R
2015年 スーパーGT・GT500 2連覇達成 GT-R

日産スポーツカー①フェアレディ

フェアレディ 1500(SP310型)1962年-1970年

1961年、東京モーターショーで「フェアレディ1500」(2代目)を発表、翌1962年に販売されます。
シャシーなど先代から踏襲し、1.2Lからセドリックに搭載されていた1.5L直4OHVをチューンアップしたものに変更され、走行性能がアップします。
最高速度が、150km/hとなり本格的なスポーツカーとなっていきます。
1963年、第1回日本グランプリで優勝を飾ります。

▶販売期間:1967年~1970年
▶エンジン:直4OHV1.5L、1.6L、2.0L
▶駆動方式:FR
▶全長:3,910mm
▶全幅:1,495mm
▶全高:1,300mm
▶重量:910Kg

日産スポーツカー・フェアレディの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産スポーツカー②ブルーバード

日産ブルーバード(510型)1967年-1972年

日産 ブルーバード 510型

1967年に登場した3代目ブルーバード(510型)は、先代からボディを大型化しミドルクラスセダンとなります。
新開発のエンジンは水冷直4SOHCのL型で、スカイラインやフェアレディZにも搭載されるエンジンです。
ラインナップは1.3Lと「SSS」(スーパースポーツセダン)の1.6Lでした。
海外では、ラリーでの活躍などもあり人気を集め北米市場でヒットした初の日本車となります。

▶販売期間:1967年~1972年
▶エンジン:直4SOHC1.3L、1.4L、1.6L、1.8L
▶駆動方式:FR
▶全長:4,095mm
▶全幅:1,560mm
▶全高:1,420mm
▶重量:945Kg

日産スポーツカー・ブルーバードの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産・ブルーバードに関連する記事はこちら

日産スポーツカー③スカイライン GT-R

初代 日産スカイラインGT-R(PGC10型)1969年-1972年

日産 スカイライン GT-R 初代

スカイラインの中でもレース仕様として開発されたGT-R、その開発は1957年、日産と合併前のプリンス自動車時代に始まります。
ツーリングカーレースで活躍し、好評を博したプリンス・スカイラインを継承した3代目は、1966年に日産と合併後初となる「初代日産スカイラインGT-R」として1969年に販売されます。
「羊の皮を被った狼」の異名は先代プリンス・スカイラインGT-Bから引き継がれます。

▶販売期間:1969年~1972年
▶エンジン:直6DOHC2.0L(S20型)
▶最高出力:155ps
▶駆動方式:FR
▶変速機:5速MT
▶全長:4,395mm
▶全幅:1,610mm
▶全高:1,385mm

幻のケンメリGT-R(KPGC110型)1973年1月-4月

日産 ケンメリス カイライン GT-R

1973年の1月~4月のわずか3か月間しか販売されなかった2代目2000GT-R、その販売台数は197台と希少車となっています。

先代にも搭載されていたエンジン(S20型)が、1973年の排ガス規制に適合しなかったことで生産が終了となります。

▶エンジン:直6DOHC2.0L(S20型)
▶駆動方式:FR
▶変速機:5速MT
▶全長:4,460mm
▶全幅:1,695mm
▶全高:1,380mm

スカイラインの代名詞となっている丸型テールランプはこの初代から始まります。

日産スポーツカー④フェアレディZ

初代 日産フェアレディZ(S30型)1969-1978年

日産 フェアレディZ

1969年、先代のフェアレディに代わり販売されたフェアレディZは、北米市場を中心に爆発的にヒットすることになります。
北米では。「Z(ズィー)」の愛称で親しまれます。
サファリラリーでの総合優勝、モンテカルロラリー3位入賞など、ラリーで輝かしい戦績を残し、国内レースでも実績を残します。
エンジンは、スカイライン2000GT-RのDOHCのS20型、直6・2.0LとSOHCのL20型が搭載されます。
海外仕様は直6・2.4L(L24型)が搭載となります。
その後、フェアレディZは一時の中断があったものの現在に至るまでGT-Rと並びスポーツカーの代名詞となっているのは、ご承知の通りです。

▶販売期間:1969年~1978年
▶エンジン:直6DOHC2.0L(S20型)
      直6SOHC2.0L(L20型)    
      2.4L(L24型)、2.6L(L26型)、2.8L(L28型)
▶最高出力:150ps
▶駆動方式:FR
▶変速機:4速MT、5速MT、3速AT
▶全長:4,115mm
▶全幅:1,630mm
▶全高:1,285mm
▶最高速度:205km/h
※240Z(L24型)スペック

日産スポーツカー・フェアレディZの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産スポーツカー④バイオレット

日産バイオレット(710型)1973年-1976年

日産 バイオレット 710型

1973年、サニーとブルーバードの中間クラスを補完する車種として販売されます。
実質的にはブルーバードの派生の位置づけで型式710となります。
ラリーではスポーツグレードのSSSが活躍し、マレーシアのスランゴールGPで総合優勝
2代目(A10系型)1977年-1981年が、サファリラリーで4連覇を達成するなど活躍します。

▶販売期間:1973年~1976年
▶エンジン:直4OHC1.4L(L14型)    
      1.6L(L16型)、1.8L(L18型)
▶最高出力:115ps
▶駆動方式:FR
▶変速機:4速MT、5速MT、3速AT
▶全長:4,120mm
▶全幅:1,580mm
▶全高:1,375mm
※スペックはSSSモデル1.6L

日産 バイオレット2代目(A10型系)

サファリラリー4大会連続総合優勝した車両

日産スポーツカー・バイオレットの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産スポーツカー⑥シルビア

日産 シルビア(S110型)1979年-1983年

日産 シルビア

1979年、3代目シルビアが販売されます。
サニーとバイオレットとプラットフォームが共通のボディは、2ドアハードトップ、3ドアハッチバックの設定があります。
角型4灯ヘッドライト、センターピラーレスのハードトップは人気を集めヒット作となります。

1982年、シルビアをベースにWRC参戦のラリー仕様モデルの2.4L・FJ24型を搭載した240RSは、200台ほど作られます。
最高出力は、240ps(275ps:240RSワークス)
エンジンFJ24型は、市販のFJ20E型とは構造が異なる別設計の競技用でした。

▶販売期間:1979年~1983年
▶エンジン:直4DOHC2.0L(FJ20E型)    
▶最高出力:150ps
▶駆動方式:FR
▶変速機:4速MT、5速MT、3速AT
▶全長:4,400mm
▶全幅:1,680mm
▶全高:1,310mm
※スペックはRSモデル2.0L

日産スポーツカー・シルビアの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産スポーツカー・シルビアの最新情報や予想などはこちら

日産スポーツカー⑦スカイライン

日産スカイライン(R30型)1981年-1985年

日産 スカイライン R30 1981-1985

1981年、6代目スカイライン(R30型)が販売されます。CMキャラクター「ポールニューマン」を起用したことから「ニューマンスカイライン」の愛称で親しまれます。
1983年、マイナーチェンジで外観が変更され「鉄仮面」と呼ばれた後期型は走りを追求し、直4・DOHCのFJ20E型にターボチャージャー搭載の「2000ターボRS」が追加され、「史上最強のスカイライン」としてレースに参戦します。

▶販売期間:1981年~1985年
▶エンジン:直4DOHC2.0L(FJ20ET型)    
▶最高出力:190ps
▶駆動方式:FR
▶変速機:4速MT、5速MT、3速AT
▶全長:4,595mm
▶全幅:1,675mm
▶全高:1,360mm
※スペックは2000ターボRSモデル

レースで活躍した日産スカイラインGT-Rと日産GTRについてはこちら

日産スポーツカー⑧マーチターボ

日産マーチターボ(K10型)1982年-1992年

日産 マーチターボ K10

1982年に初代が登場したマーチ。当時のコンパクトカーカテゴリーは、トヨタ・スターレット、マツダ・ファミリア(ハッチバック)など、若者に人気車が競合していました。

初代マーチ(k10型)は、「マッチのマーチ」(CMキャラクター・近藤真彦氏)で人気でした。
なかでも1985年に登場したマーチターボ(MA10ET型)は、直4・SOHC、1,000CCのターボエンジンは85馬力、車重が700kgほどで当時その速さと走りが好評でした。

加えて、近藤真彦氏が、レースに参戦するなど話題を集めた一台です。
1989年、インタークーラー、ダブル過給機付きでモータースポーツ対応のマーチR(MA09ERT型/110ps)、マーチスーパーターボなども登場します。

▶販売期間:1982年~1992年
▶エンジン:直4SOHC1.0L(MA10S型)    
      直4SOHC1.0L(MA10ET型)マーチターボ
      直4SOHC0.930L(MA09ERT型)マーチR、マーチスーパーターボ
▶最高出力:85ps(マーチターボ)、110ps(マーチR)
▶駆動方式:FF
▶変速機:4速MT、5速MT、3速AT
▶全長:3,785mm
▶全幅:1,560mm
▶全高:1,395mm

日産スポーツカー・新型マーチの最新情報はこちら

日産スポーツカー⑨ブルーバード

日産ブルーバード(HNU12型)1987年-1991年

日産 ブルーバード 1987-1991

1987年、8代目ブルーバード(U12型)が販売されます。ブルーバード初の4WDシステム「アテーサ」にHICAS(電子制御四輪操舵機構)が搭載され、操縦安定性が向上します。

ラリー仕様の「SSS-R」には1800ツインカムターボSSS ATTESA LIMITED(CA18DET)ベースをNISMOがチューニングしCA18DET-Rが搭載され、185psの最高出力を誇ります。

▶販売期間:1987年~1991年
▶エンジン:直4DOHC1.8L(CA18DET型)    
▶最高出力:185ps
▶駆動方式:4WD
▶変速機:5速MT
▶全長:4,520mm
▶全幅:1,690mm
▶全高:1,375mm
※スペックはSSS-R

日産スポーツカー⑩パルサーGTI-R

日産パルサーGTI-R(N14型)1990年-1995年

日産 パルサーGTI-R 1991

パルサーは、1978年に登場したチェリーの後継車種でサニーの兄弟車です。現在、国内では後継車ティーダの販売とともにその名がなくなりましたが、アジア、オセアニア市場ではティーダ、シルフィがパルサーとして販売されています。

パルサーGTI-Rは4代目パルサー(N14型)の中でも当時のブルーバードSSS-Rのフルタイム4WDアテーサを搭載し、WRC参戦用に設計されました。

▶販売期間:1990年~1995年
▶エンジン:直4DOHC16バルブICターボ2.0L(SR20DET型)    
▶最高出力:230ps
▶駆動方式:フルタイム4WD
▶変速機:5速MT
▶全長:3,975mm
▶全幅:1,690mm
▶全高:1,400mm

日産スポーツカー・パルサーの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産スポーツカー・新型パルサーの最新情報はこちら

日産スポーツカー⑪フェアレディZ

日産フェアレディZ(Z33型)2002年-2008年

日産フェアレディZ Z33型

フェアレディZの5代目、2002年に販売されます。
2シータークーペのみの設定となります。搭載エンジンは3.5L(VQ35DE型)、最高出力280ps
2007年、スカイライン(V36型)に搭載された3.5L(VQ35HR型)に変更、最高出力が313psまで向上します。

▶販売期間:2002年~2008年
▶エンジン:V6DOHC3.5L(VQ35HR型)    
▶最高出力:313ps
▶駆動方式:FR
▶変速機:6速MT、5速AT
▶全長:4,315mm
▶全幅:1,815mm
▶全高:1,315mm

日産スポーツカー・フェアレディZの現在の中古車価格はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


日産スポーツカー・フェアレディZの最新情報はこちら

日産のスポーツカーの受け継がれた技術力!

日産 GT-R 東京オートサロン 2017

日産スポーツカー歴史ある名車と現行車種と新型情報をまとめてみましたが、いかがでしたか?

日産のスポーツカーはどれも名車ばかりで今でも続いているフェアレディZなどのシリーズがあります。
他社メーカーがスポーツカーを復活させ、新型車を投入しているなか、日産の新型スポーツカーの登場が待たれるところです。

ノートe-Powerで技術力の高さをあらためて証明して見せた日産。
スポーツカーのカテゴリーでも新型車投入を期待してやみません。

国産スポーツカーのランキングはこちら

スポーツカー全車種比較ランキングはこちら

中古スポーツカーのおすすめランキングはこちら

日産の中古車についてはこちら