初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【要注意】軽自動車には軽油を非常に危険?走行不能にも?原因と注意点を総まとめ

軽油、ガソリン、天然ガス、電気など車の燃料には様々なものがあります。最近は燃料の入れ間違えによるトラブル多発しているようです。 セルフ式のガソリンスタンドが増えており、ガソリンと軽油は入れる人自身が両方を選べるようになっていることもあり、取り違えが起こりやすく、その中でも軽自動車に軽油を入れてしまうトラブルが多いそうです。これにはどのような危険があるのでしょうか。注意点をまとめました。

軽油を間違えて入れてしまったらどうなる?

給油

↑軽油は緑色と決まっています

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)によると、1か月の間に燃料の入れ間違えによる救援依頼が全国で269件あったそうです(2015年12月の調査結果)。
中でも、ガソリン車に軽油を入れてしまう間違いが多いそうです。また、この件数もあくまでJAFに依頼があった件数ですので、実際はもっと多いことが考えられます。
なぜ間違って軽油を入れてしまうのでしょうか。また、間違えて入れてしまうと、どうなってしまうのでしょうか。

軽油を間違えて入れてしまう原因は?

ガソリンスタンドの画像

出典:©Shutterstock.com/ Natalja Nikolaeva

車で一番普及しているものはガソリンを燃料とする車ですが、その次に多いのが軽油を燃料とするディーゼル車です。
一般的なガソリンスタンドでは、必ずガソリンと軽油が選べます。
そして、軽油はガソリンよりも安いです。そのために、間違いやすいのかもしれません。

軽自動車だから軽油?

軽油を間違えてしまう理由で多いものが、軽自動に軽油を入れてしまう勘違いが多いと言われています。
「軽」自動車だから「軽」油だろうという思い込みをしてしまうわけですね。
ガソリンスタンドで入れてもらう時にはお店の人が間違えることはまずありません。セルフ式のスタンドで自分で入れる時に間違えてしまうということです。

軽自動車に軽油を入れてはなりません!

デミオ

デミオ

↑コンパクトカーならディーゼル車の場合もあります。最近の代表はマツダデミオ

普通の白ナンバーの車でしたら、同じ車種でもガソリン車とディーゼル車があります。
しかし、現在の軽自動車では、ディーゼル車はありません。ですので、軽自動車に軽油を入れても良いという場合はありません。
軽自動車には必ずガソリンと覚えておきましょう。

軽油を入れるディーゼル車についてはこちら

うっかりの間違いにも注意!

燃料について十分かっている方は、セルフ式のスタンドで給油される方も多いと思います。
だいたいのスタンドでは、大体はレギュラーガソリン、ハイオクガソリン、軽油の3種類から自分で選択しなければなりません。
疲れている時や、他に意識が行っている時などに半ば無意識のうちに軽油を選んで入れてしまう事もあるそうです。
知っていても「うっかり」で間違えてしまうことがあるんですね。

軽油を間違えて入れると走行不能に?

出典:©Shutterstock.com/Dudarev Mikhail

ガソリン車に軽油を入れてしまうと危険と言われていますが、どのようになるのでしょうか。
また、万が一間違えてしまった時にはどのようにすればよいのでしょうか。

軽油を入れたエンジンは発火するほど危険な状態

ガソリンと軽油がどれぐらいの割合で混ざっているかによっても異なりますが、まずエンジンの回転が不調になります。
ほぼ軽油だけの状態となると(つまり、ガソリンがほぼない状態で軽油を満タン入れてしまった時など)、エンジンは黒煙を出して泊まってしまいます。最悪の場合には、エンジンから発火する可能性もあるそうです。

軽油を間違え入れてしまった時の対処法

そのままエンジンを動作させ続けることは大変危険です。
しばらくの間は走行できますが、すぐに車を停車させてJAFなどのロードサービスに連絡し、救護してもらいましょう。
なお、JAFの会員になっていれば車を問わずロードサービスをほとんどの場合無料で利用できます。会員でない方でも料金を支払えば利用できます。
エンジンをかける前に気が付いた時にはほとんどの場合、燃料を再び入れ替えるだけで済みます。
エンジンを動かしてしまった場合には、状態にもよりますが、エンジンの洗浄や、部品が損傷してしまうことで交換となったりと、高額の費用がかかる可能性があります。

普段車の給油をしない方は特に気をつけて!

出典:©Shutterstock.com/Maria Sbytova

レンタカーやカーシェアリングなど、車に乗る機会が少ない人に間違える傾向があるとのこと。
特に軽自動車を借りるときには気を付けてくださいね。

給油ノズルはどこのスタンドでも必ず赤はレギュラー、緑は軽油、ハイオクは黄色と分けられています。軽自動車には緑は絶対使えない!と覚えておきましょう。

ハイオク車にレギュラーガソリンを入れるとどうなるの?

車のトラブルに関する情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す