初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【BNR34型】R34 スカイラインGTRの歴史とスペックと現在の中古車価格は?

日本の誇るスーパーカーGTR、その中でも最後のスカイラインGTRとして生産終了後も未だに絶大な人気を誇るR34。今回はそのR34の歴史と中古車価格を紹介します。

R34 スカイラインGTRとは?

アイキャッチ画像

出典:©Shutterstock.com/Clari Massimiliano

スカイラインGTRとは日産の高級車スカイライン、その最上級グレードとして生産・販売されていたスポーツカーです。R34はその中の五代目にして最後の型(BNR34型)として1999年〜2002年に発売されました。

R34は「人に翼を。」というキャッチコピーのもと先代のR32型、R33型で確立されたスタイルを保ちながらもダウンサイジング、ヘッドライト・テールライトのデザイン変更など様々な部分が変更されました。

そんなR34は生産終了から10年以上経った今でも根強いファンが存在する名車なのです。

R34 スカイラインGTRのCM

アメリカでも大人気!


R34 スカイラインGTRは大ヒットカーアクション映画の「ワイルドスピード」の俳優であるポール・ウォーカーが劇中で乗ったことで、アメリカでも注目を浴びるようになりました。
またR34 スカイラインGTRが注目を浴びたことをきっかけに、90年代に発売された数々の日本製のスポーツカーも注目を浴びるようになりました。

そんなR34 スカイラインGTRは、生産終了から10年以上経った今もアメリカでは熱狂的なファンから愛され続けています。

ポールウォーカーの愛車についてはこちらの記事

R34 スカイラインGTRのスペック


R34 スカイラインGTRは1999年にR33型の後継機として誕生しました。

R33型で大型化され、不評だったボディはダウンサイジングにより再びホイールベースで55mm、全長で75mm小型化されました。空気抵抗を軽減する新しいエアロシステムが搭載しながらも、先代とほとんど変わらない重量に抑えられています。

また、エクステリアでは吊り目タイプのヘッドライトを採用するなど、より迫力のあるデザインに仕上がりました。

・エンジン:2568cc
・全長×全幅×全高:4600×1785×1360mm
・ホイールベース:2665mm
・車体重量:1540~1580kg (グレードにより若干異なる)
・最大出力:280ps
・最大トルク:40.0kgf

R34 スカイラインGTRの歴史

1999年〜2002年という短い期間の間に発売されたR34 スカイライン GTRにはどんな歴史があったでしょうか?
R34 スカイラインGTRのモデルを発売順にご紹介します。

GT-R (前期型)

1999年1月に乗用車であるR34スカイラインをベースに標準グレードとして発売されました。先代のR33型と比べ、ボディーサイズ、エンジン、トランスミッション、インテリアなどの多くが改良されました。

【車両価格】4,998,000円

GT-RミッドナイトパープルII

標準グレードをベースにGT-R Vスペック ミッドナイトパープルIIと合計で限定300台のみ発売されました。日本で量産車にマルチフレックスカラーを採用した最初の車と言われており、光の当たり具合、見る角度によって異なる色に見えるという特徴があります。(1999年1月発売)

【車両価格】5,147,000円

GT-R Vスペック

上位グレードとして発売されました。標準グレードと比較し、アドバンスドエアロシステム、専用サスペンション、フロントブレーキ導風板などが導入されました。(1999年1月発売)

【車両価格】5,598,000円

GT-R Vスペック ミッドナイトパープルII

GT-R VスペックをベースにGT-R ミッドナイトパープルIIと合計で限定300台のみ発売されました。(1999年1月発売)

【車両価格】5,748,000円

GT-R Vスペック N1

GT-R Vスペックをベースにレース仕様車として生産されたモデルです。レースに必要な機能のみを残し、ツインボールベアリングメタルターボチャージャー、大型空冷式エンジンオイルクーラー、大型リヤブレーキが代わりに導入されました。(1999年1月発売)

【車両価格】5,998,000円

GT-RミッドナイトパープルⅢ

標準グレードをベースに、ミッドナイトパープルIIの色の変化と光輝感をさらにアップさせたカラーリングであるミッドナイトパープルⅢを期間限定で取り入れたモデルです。(2000年1月発売)

【車両価格】5,148,000円

GT-R Vスペック ミッドナイトパープルⅢ

GT-R VスペックをベースにミッドナイトパープルⅢを期間限定で取り入れたモデルです。(2000年1月発売)

【車両価格】5,748,000円

GT-R (後期型)

R34 スカイラインGTRの後期型として発売されました。大型リヤブレーキローターが標準装備になり、フロントグリル・バンパーに多少の変更が加えられるなどのマイナーチェンジがなされました。(2000年10月発売)

【車両価格】5,048,000円

GT-R VスペックⅡ

Vスペックの後期型としてVスペックⅡが発売されました。NACAダクト搭載のカーボンファイバー製のボンネットを採用することで、4kgもの軽量化とタービン付近の温度の低下に成功しました。(2000年10月発売)

【車両価格】5,748,000円

GT-R VスペックⅡ N1

GT-R VスペックⅡをベースにレース仕様車として生産されたモデルです。GT-R Vスペック N1と同じく、レースに必要な機能のみが残されました。(2000年10月発売)
【車両価格】6,098,000円

GT-R Mスペック

GT-R VスペックⅡをベースに乗り心地と高級感を重視して作られたモデルです。専用ショックアブソーバー、専用ステアリング、手縫い本革シートなどが採用されました。(2001年5月発売)

【車両価格】5,950,000円

GT-R VスペックⅡ ニュル

R34 スカイライン GTRの生産終了を記念してGT-R Mスペック ニュルと500台ずつ、で1000台のみ発売された限定モデルです。専用N1ベースエンジン、専用スピードメーターなどが採用されました。(2002年2月発売)

【車両価格】6,100,000円

GT-R Mスペック ニュル

R34 スカイライン GTRの生産終了を記念しGT-R VスペックⅡ ニュルと500台ずつ、合計で1000台のみ発売された限定モデルです。R34 スカイライン GTRのモデルの中で一番高いモデルとなりました。(2002年2月発売)

【車両価格】6,300,000円

R34 スカイラインGTR中古車価格は?

出典:©Shutterstock.com/Clari Massimiliano

販売が終了してから15年近く経っているR34 スカイラインGTRですが、中古車市場では今も根強い人気を誇っています。最低価格は419万円(2016年12月現在)と最低でも新車発売時の価格と100万円ほどしか変わらない価格で取引されています。生産期間が短かったため、在庫数もかなり少なくなっています。

また、限定モデルであるGT-R VスペックⅡ ニュルやGT-R Mスペック ニュルなどにはプレミアがつき、1200万円ほどと発売時の倍の値段で取引されているものもあります。


中古車情報
システムメンテナンス中


スカイラインGTRの完成形「R34 スカイライン GTR」


R34 スカイライン GTRの歴史とスペックと現在の中古車価格ついてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

数多くの人に惜しまれながら生産終了となったR34 スカイライン GTRは、NISSAN GT-Rとしてその魂を引き継ぎながらも全く新しい車に生まれ変わりました。数多くのファンが存在するGT-R、今後にも期待ですね!

日産 GTRに関する記事はこちら

R34 スカイラインGTRの後継モデルに関する記事はこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集部の車好き大学生。大学では自動運転について研究中。好きな車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。現在の愛車は18歳のころ20万円ほどで購入した9年落ちのキューブキュービック。日々自分で修理・カスタムしながら乗っています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK